クラックスター【BLCD】

crack star

クラックスター
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

9

レビュー数
3
得点
128
評価数
30
平均
4.4 / 5
神率
70%
著者
媒体
CD
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
CROWN WORKS
収録時間
枚数
ふろく
フリートーク
発売日
JANコード
4560317789396

あらすじ

上京して一人暮らしをはじめて5年、毎日仕事に追われながらも充実した日々を送っていたシノ。
ある日の深夜、疎遠になっていた高校の同級生、ミオが訪ねてきた。
お金がなく住むところが決まっていないというミオに一晩泊めてくれ、と頼まれる。
少し雰囲気が変わった?と感じるが、少し抜けているところは相変わらず。
しかし、ひょんなことからミオが結婚間近の彼女がいたのに「男と浮気した」という噂を聞いてしまい――。
巻き込まれ系デキメン×訳あり野良ニャンコの再会センシティブラブ★

表題作 クラックスター

シノ(篠宮) → 中島ヨシキ

ミオ(小見) → 斉藤壮馬

あて馬
青山 → 岸尾だいすけ
その他キャラ
小山[森嶋秀太]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

リピートが止まらない♪

フリートークで初攻めだと仰った中島ヨシキさん、『愛の裁きを受けろ!』の脇役で拝聴した時も思いましたが、中村さんと少し似た系統の美声なんですね!演技もとても自然で聴きやすくて、将来有望なBL人材なのではないでしょうか。

斉藤壮馬さんといえばガラス細工のように繊細で儚げな喘ぎ演技という印象が強かったのに、この作品ではいったい何が起きた?ってくらい甘くドエロい喘ぎ方になってて動揺を隠しきれません…!
フリートークを聴いてどうやら色々熱心に勉強をなさってるんだなぁと感心しました。

お二人が息ぴったりで会話シーンもHシーンも臨場感ばっちり、キャスト買いとしてはたまらない一枚です。

5

今どきのBLCD

キャスティングが有難い。
年齢的にも等身大◎

卒後5年、高校同級生が上京した家に突然泊まりに来る。
しっかり者ヨシキ×家出猫壮馬。
家も仕事も世話してあげるなんて、いい奴だなシノ。

「そんなピンクなシノやだよ~?」からの「無理~」
壮馬くんはコメディエンヌの才能もある。

「なんで俺じゃダメなんだよ」は唐突に感じるが、
「食べられな~い」が可愛かったので、考えるのをやめた。
フニャフニャしている壮馬くんが可愛いし、
同級生男子がキャッキャしていて幸せ。

脇の岸尾さんはさすがの曲者感。
岸尾×壮馬を壁越しで聴きながら一人でするヨシキ。
お得感がある。
このシーンは岸尾さんも壮馬くんも婀娜っぽい◎

ヨシキ×壮馬は計3回。
告白タイムで急に長々と喋り出すCDは不自然なので、
さらっとした会話でよかった。
壮馬くんの「ゴム、ある?」が可憐。上目遣いで言っている感◎
「もう1回、する?」がエロすぎるだろ…(1度と言わずに2度3度!←合いの手)

翌朝、ヨシキの「あれ~?超普通じゃね?」もとてもいい。
明るくてあっけらかんとして可愛いが過ぎる。

彼の帰りを待っていて「鍋これから火にかけるところだよ」の幸せに溢れた声…!
最後に改めて告白、ラブい絡み。
「もう、入れて…」壮馬くんの犯され感は異常。
このシーンはとても短いのが残念。

後日談のほのぼのが微笑ましい!
「真っ直ぐ俺んとこ来てたらよかったんだよ」
「意外と愛されてんだなあ」
相思相愛ですね。可愛いなあ…。
ここからセッしちゃう若さも可愛い。
この絡みが濃いめ◎
と思った矢先、まさかのお預けというかなんというか!!
だから絡みはどれも消化不良!

1回目はスピード展開な上、ラブくはない。
2回目は超短いしFO。
3回目は前戯部分のみ。
1回でいいから、しっかりと聴かせてほしかった!

初回盤フリト。
予想外に落ち着いたトーンで始まる。
しかし、壮馬くんの第一声「結構エロかったね」
そういう人でしたねww

二人とも原作をしっかり読んで、自分なりの解釈をしているのが好感。
ここでも肉会の話をしていて有難い。
BLCDの話も有難い。
「見てるし買ってるし」??そうなの??

「先輩は呼吸で引っ張ってもらえる」
「BLCDほど相手の息遣いを集中して聴かなきゃ成立しない作品もない」
「細やかなバランスで成り立っている」
「相手に対するやさしさ」
BLCDは若手の登龍門だし、
先輩と組んで演技ができる場として機能していることが再確認できた。

続編の話。
ヨシキ「イチャイチャしてるだけの話とか」
一番うれしいやつですね。

壮馬くんはこれまで健気受けが多かったから、
「モノローグの多い役や、泣きながら感情を吐露する役を演じてきて、
それは自分としてはめっちゃやりやすい、没入できる」
やっぱりハマり役って本人もやりやすいと思っているんだなあ。

しかし「舐めたげよっか?とか超言いやすい」
だからあなたって人はww

最後はラジオネタ。

総括。
仲良し同年代の二人の可愛い話。
適度にエロくて、フリトも有難くて、
ライトに楽しめる今どきのBLCDかな?
ただ、感動するとかではないので、キャストファン向けだとは思う。

4

ライトでかわいい、けどエロい

原作既読。

原作をそのままCDに落とし込んでくれたようなイメージです。
原作片手に聴くのもオススメ。

ライトめで可愛らしいお話で、キャストの皆さんの演技もみんな自然体で
とても雰囲気のいい作品でした。

ミオ役の斉藤さん目当てで購入したのですが、
普段の軽いノリと絡みシーンの儚げな感じのギャップが絶妙でした。
絡みシーンは聴くたびにどんどんパワーアップしているなと思っていましたが、
今回はまた今までの作品と違い、吐息系喘ぎと声が出ている部分のメリハリがきいていて、
さらに幅が広がっている…!と驚かされました。
シノとの初えっちシーンの「ゴムある?」と「あっち向いてて」が可愛すぎました!

シノ役の中島ヨシキさんは初攻めとのことですが、まったく違和感がなく…!
今まで別の一般向け作品の1役しか聴いたことがなかったのですが、
すごく自然なイケボですね。日常にスッと溶け込んでいるというか、
(いい意味で)周りにいそうな人…という感じの声や演技がすごく良かったです。
絡みのシーンも過剰すぎず、淡泊過ぎずちょうどよかったです。
受け役は未視聴ですが、攻め役でもまた出てほしいです。

当て馬役の岸尾さん、同僚の方々もキャラが立っていて声や演技もそれぞれにすごく合っていて
脇役のみなさんにスポットを当てた話も読んでみたい、聴いてみたいと思いました。
個人的には小林さんのタクシーひろうシーンがお気に入りで、小林さんのお話が見てみたいです。


絡みシーンは岸尾さん演じる青山とミオの1回、シノとミオで3回(+短いものや妄想ネタがいくつか)ほどです。
どれも濃ゆい表現があるわけではないのですが、キャストさんたちの演技が良いおかげでとてもエロい雰囲気に仕上がっていますv
ちなみに、公式さん(作者さん?)も仰っていたかと思いますが、青山との絡みシーンでは腐女子の夢(?)である、BL界の壁になれます(笑)

全体の話の流れも可愛らしくサラッと聴けるもので、とにかくミオがカワイイ!切ないシーンもありつつ、可愛さが上回っている印象でした。甘々ほのぼの好きにはたまらないです。
お目当てのキャストさんがいる方、原作ファンの方、甘いお話が好きな方には是非おすすめです。

初回盤だとフリトCD(20分超!)がついていて、そちらも作品について・BLについて・仲良しの声優仲間うちの話…など、とても楽しかったです。キャスト好きの方はぜひこちらを!


9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ