私が欲しいのは 貴方自身です――

餌付けは夜半、あの部屋で

eduke wa yahan ano heya de

餌付けは夜半、あの部屋で
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×27
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
36
評価数
11
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784047347335

あらすじ

飲食店「思色」の店主・明月には秘密がある。それは学生の頃から身の回りの世話をしてくれていた世話係の砂川に血を与えていること。
彼は明月が高校生の時に吸血鬼に襲われ、“蝙蝠”と呼ばれる吸血鬼になってしまっていたのだ。
当時から砂川に想いを寄せていた明月は、血を与えることで自分の傍にいてくれるなら…と思っていたが……。

ホームラン・拳が贈る主従関係ラブストーリー。

表題作餌付けは夜半、あの部屋で

砂川・真哉の元世話係
明月真哉(あかつき しんや)・飲食店店主

同時収録作品次に会うとき紅の花咲く

佐野昭徳・理学療法士を目指している
西村高史・大学生

同時収録作品恋にも友情にも届かない

西塔一輝・高校生
斎藤光司・高校生

同時収録作品ゾンビサイクル/デイブレイク

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

これがこうなると、、、

飲食店「思色」を舞台にした3連作と、短編1作品の詰め合わせ。
表題作含めた3作品は登場人物もリンクしている。
最初は大学生同士の話。
以前から何となく顔を認識していた二人が、ある日飲食店で相席になり、荷物カゴにあったサボテンの鉢植えをきっかけに仲良くなって、、、。
この作品は普通にBL。
舞台となった飲食店「思色」とその店主に関してはあくまでも背景扱い。
2番目は高校同級生の話。
家庭に居場所のない二人がお互いに惹かれあう話。
この話と「思色」の関係はカップルの片割れ同士が店の常連で仲良しという関係。
この作品もまだ普通のBL、舞台の店は普通の飲食店。
そして表題作。
「思色」の2階には会員制の特別室があって…という所から、話は人外ファンタジーへと。
最後の短編はパンデミックで、こういうのがメリバっていうのかな。

2

私には評価が難しかった!好きなのとダメなのと混在!

なんというか、非常にレビューしにくい一冊。
ハッピー、アンハッピー混在で、
ハッピーな方はにんまりというか、派手な展開ではないけれど、
じんわり楽しめる三作品。
アンハッピーな方は、見方によれば充分ハッピー。
でも、とってももにょる……

表題作含め、前半三作品は一つのお店でつながっていて、
キャラクターもリンクしています。

相変わらず絵がとても綺麗で、砂川さんが特にお美しいですv

非BL作品の『蝙蝠の宿』とリンクしているとのこと。
こちらもちょっと読んでみようかなと。

やはり一冊の本としては評価は難しいけど、
ハッピーエンド至上主義の私としては、
どうしても読後感がすっきりしなくて、「萌×1」かなぁ……
前半気持ちよく読んでいただけに、残念。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ