ようこそ!BL研究クラブへ(初回限定版)

youkoso blkenkyuclub e

ようこそ!BL研究クラブへ(初回限定版)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

34

レビュー数
2
得点
47
評価数
11
平均
4.4 / 5
神率
63.6%
著者
媒体
CD
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
枚数
ふろく
フリートーク
発売日
JANコード
4580166732329

あらすじ

貧乏大学生・佐藤は、友人の要とハタから高額アルバイトの話をもちかけられる。
しかしそれはエッチな実験の被検体で…! ?

苦学生・佐藤は困っていたーーお金がないのだ。憂鬱な気持ちを抱えたまま大学へ向かうと、友人の要とハタからタイミングよくアルバイトの話を持ちかけられる。
詳細を聞かず飛びつく佐藤だったが、もちろん世の中そんなうまい話があるわけでもなく…。
蓋を開けてみると浣腸、射精管理、アナル拡張、乳首責めetc…大変エッチな実験の被検体で…!

表題作 ようこそ!BL研究クラブへ

幡祐介 → 増田俊樹

佐藤 → 白井悠介

石井要 → 佐藤拓也

佐藤 → 白井悠介

その他キャラ
先生[外崎友亮]/ 生徒[仲村宗悟]/ 松戸[横田大輔]/ 幡の父[橘潤二]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

久しぶりにBLコメディで笑った

コミックを読んでいて、これはコミックだから面白くCD化はちょっと…と最初は思っていました。
発売前のインタビューコメントからまっすー、さとたく、しらいむの3人の会話が楽しく、ぶっちゃけ内容よりも3人の掛け合いを聞きたくて購入しました。
しかし、実際に聞いてみるとなかなか面白いwwww
久しぶりにBLのコメディをCDで聞いて面白かったなと感じた気がします。
特に、メインキャストの3人が好きな方は楽しめるのではないかと思います!


幡祐介役→増田俊樹さん
 最初は原作の祐介のイメージしてた声と少し違い、こんな声だっけか??と戸惑いましたがさすが増田さんです。もう祐介は増田さんにしか演じられません。「ア●ル、いっきまーす!」やら「佐藤ちょろw」のセリフでもうよくぞ祐介を演じてくださったと感謝!!!
ギャグテイストの時と嫉妬して強引な時の演じ分けがよかったです。
あんなに可愛かった祐介君がお兄さんにちょっかい出された佐藤にどこ触られたの俺のものだよとジェラシーむんむんで声が低くなるのがほんと良き…
ギャグ声の時の可愛いお声とガラッと雰囲気が変わり雄顔を出してくるので思わずドキッとしてしまいました!


石井要役→佐藤拓也さん
 佐藤ではない方の佐藤さん(笑)フリトではかなり笑わせていただきましたw
ドSキャラで佐藤の嫌がることしたりBL読ませたりするのに、実は佐藤のことが好きで言葉には出さないけれどもその感情が表に出ているという演技がさすが佐拓です。
要君の恋愛を応援したくなります。
そして佐藤が描いてきたBLシナリオを音読するシーンは必聴です!!色んな佐拓が聞けますw


佐藤役→ 白井悠介さん
 祐介ではない方の悠介さん(笑)
ほんとお疲れさまでした、そして最高に笑わせてもらいました(笑
2人の攻めに翻弄され喘がされ、怒涛のBL感想を読み上げ、叫び転がり笑いそして喘ぐ・・・いやほんと白井さんお疲れ様ですw
この方はコメディ寄りの作品が凄く演じられていて楽しそうですし聞く側も楽しいのでもっとこういう役を演じてほしいですw
特にお気に入りなのは、祐介宅で妄想をした後の「なんつって」
なんつってにも様々なバリエーションがあり、中間には「なんつって☆」とセリフの語尾に☆すら見えました(笑
白井さんは最近様々なBL作品に出演なさっていますが、日に日に喘ぎが上手くなっている気がします…佐藤くんほんと可愛かったです…
個人的には、祐介のお兄さんに腕ひっぱられてキスされるところにすごく色気を感じました。
あとは要に猿轡かまされてンググと声をくぐもらせていたところとかもぐっときましたw



初回特典は中身のわりに少々高かった気もしますが、個人的にはまぁ満足です。
何より3人のフリトが面白いw
仲が良いのが会話でも感じられて、フリトだけで60分disc3とか作ってほしいです(笑
増田さんと佐藤さんに「悠介♡」って呼ばれてなぜか攻められる白井さんだったり、受けの佐藤の名前についつい反応しちゃう佐藤さんだったりwww
本編もフリトも個人的には面白く満足な作品でした。


コミカルにお話も進むので、内容だけ見るとかなり濃厚なプレイもあっさり聞けたりします。
キャスト3人好きな方以外にも、BLコメディ聞きたいなという人にもおすすめですねw

4

BLを外からみた作品

コミックス既読で聴きました。
タイトル通り、BLを外から中へと見ていく作品で、
所々痛い箇所や、それ説明しちゃうんだ・・・という所がありました。

内容はギャグです。

CDになって楽しかったのは、
佐藤拓也さんの七色の声と、まっすーの甘え声。

初回特典のCDは、このボリュームで
600円プラスか??となりましたが、
内容面白かったし、トラック2がショートトークだったので
個人的には満足です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ