ようこそ!BL研究クラブへ

youkoso blkenkyuclub e

ようこそ!BL研究クラブへ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神23
  • 萌×227
  • 萌15
  • 中立10
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
16
得点
278
評価数
81
平均
3.6 / 5
神率
28.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
シリーズ
G-Lish Comics ガーリッシュコミックス
発売日
価格
¥647(税抜)  
ISBN
9784908757570

あらすじ

貧乏大学生・佐藤は、友人の要とハタから高額アルバイトの話をもちかけられる。
しかしそれはエッチな実験の被検体で…! ?

苦学生・佐藤は困っていたーーお金がないのだ。憂鬱な気持ちを抱えたまま大学へ向かうと、友人の要とハタからタイミングよくアルバイトの話を持ちかけられる。
詳細を聞かず飛びつく佐藤だったが、もちろん世の中そんなうまい話があるわけでもなく…。
蓋を開けてみると浣腸、射精管理、アナル拡張、乳首責めetc…大変エッチな実験の被検体で…!

表題作ようこそ!BL研究クラブへ

幡 祐介,隠れドS・石井 要,キチク眼鏡/大学生
佐藤,貧乏大学生

同時収録作品好きにしちゃってごめんなさいね

今井,社長
大地,社員,バリタチ

その他の収録作品

  • あるある
  • つい確認しちゃう
  • 考える佐藤
  • 語りたい
  • 物価基準
  • 灯台下暗し
  • 大人のぬりえ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数16

これを読んで、春田さんについていこうと決めました!

パンツを人質にから、春田さんを作家買いしています。
が、今回の今作で、本当についていこうと決めました(^○^)
さらっとネタバレすると、主人公のことをかわゆすぎると萌えてる二人の攻めが、主人公を陥落するお話です。
とにかく、主人公がおばかかわゆすぎて!!!
BLゲームをつくるから、治験させて!な話に、最初はお金で乗る主人公。だんだん、身も心も変換させられてゆくのがかなり萌えました。
前作と比べると、テンポも、おばか具合も格段に楽しい!!
春田先生作品が楽しいと思われた方は、買いで間違い無いと思います!

2

ネタづくしのライトなエロコメ

あらすじから期待したほどマニアックなエロ本ではなかったので評価低めですが、春田さんのコミカルなノリが活きていて楽しく読めました。
テンポもよく、何も考えたくない時にちょうどいいおバカなエロコメディです。

貧乏大学生の〔佐藤〕が、金持ち大学生の〔要〕&〔ハタ〕コンビに言いくるめられて、あれよあれよと開発されちゃうお話。
まずはライトに前立腺開発で始まって、縄緊縛やら筆責めやらエロコスプレやらと次から次へとエッチなことをされまくっていますが、実験という体だしコメディ要素も強いので3人のプレイにエロい空気はあんまりないです。
それよりも短期間でBL漫画に毒され過ぎた佐藤が繰り広げる腐妄想(腐願望?)の方が確実にエロいw
ラブ要素は少なめで、くっつかずに終わっちゃうので、萌えが足りなくてBLとしてはちょっと物足りないかも。

表題作以外には短編が1本。
自称セックス上手のバリタチくんが、狙った相手を攻めてオトすつもりがあれよあれよと攻められちゃうお話。

描き下ろしは「腐女子あるある」
BLTサンドのBLだけがつい目に飛び込んできちゃったり、BL本を買ったらまずどこら続き辺にエロがあるのかを先に確認するのが習慣になってたり、ごはん代や時給をなんでもBL本1冊の値段で換算する癖が付いちゃってたり…
共感できる人多そうです。笑

なお、ここの出版社の電子はストア関係なく修正がキツイです。
本作では穴に入れている時の指や、悪魔のしっぽ型のアナルバイブなどまで白ぼかしでガッツリ消されていますので、修正を気にされる方は紙書籍を買われる方がいいかもしれません。

【電子】ひかりTVブック版:修正×(白ぼかし)、カバー下○、裏表紙×、特典ペーパー(1p)付き

1

今まで読んだ中でいちばんかも!

ラストが衝撃的で面白かった!!!!
わたしのやってほしいことが丸々つまってて、読み応えもあったし、BL好きの方は絶対見るべきだと思います!

0

作家さんの萌えに共感

二つの作品が収録されていましたが二つとも同じくらい面白かったです。
まず、表題作の方は、チョロい受けの佐藤くんがいいですね。いくらお金のためとはいえ、どう考えても怪しいバイト。親友だから信じてたのかもしれないけど、二人に好きなようにされて、かつ、そのチームに参加するっていう。チョロすぎるぞっ!佐藤!
途中から佐藤の腐男子化が進んで妄想が激しくなりますが、その妄想がなかなかいい感じです。幡くんのお兄さんの妄想ビジュアルと言い、手をくいっとひっぱられて連れ込まれる感じとか妄想じゃなく、ホントにしてほしかった。
二番目のお話はバリタチが逆にマウントとられちゃうお話でしたが、ほんと、バリタチと豪語している男に限って、組み敷かれるとメロメロのネコちゃんになるんですよね、漫画では。
要の軍服姿のどSキャラと言い、この作家さんの好みが物凄く共感できるので、他の作品も読んでみたいです。

0

あぁ~れぇ~BLへようこそ!

あれよこれよと、わんさかBL ポイントがてんこ盛りです。
ふふふ・・・、途中からは主人公のBL 的妄想がひた走り笑えます。

0

要受け!ください!

春田先生初読み。

よく"オモチャはいやだ要の指が良い"と悪魔の角を生やした男の子の広告をよく見るんですが、これだったんですね。

テンポが良くちょこちょこ笑えるような場面があって、萌えというよりはコメディ要素が強め。でもエロさはある。ドSな二人に身を任せ気持ちいいことを覚えさせられる佐藤が可愛かったです、、。二輪挿しはないです!!私のように二輪挿しを求めて購入しようとしてる方は注意してください(笑)描き下ろしででてきた腐女子に何度か同意した。ハタ×要、ください!!

同時収録作"好きにしちゃってごめんなさいね"
仕事先でタイプの男を見つけたゲイ(バリタチ)が、二人きりになる機会を掴んでその男を攻めちゃおうと張り切っていざ攻めてみたら、掘られちゃった☆って話。こっちは良かったです雰囲気が優しい社長が行為に至ると男前になるという…最高です。

表題作のみだと萌ですが、同時収録作がよかったので萌2で!

0

カラー扉のみの幡くん攻め要素もぇ…

作者さんの腐女子みを感じる一冊。
正直読み始めてギャグ路線なのは解ったのですがそこまで笑えることもなく…それよりも共感ウケ狙いかな〜とか絵のお上手な読み専⁉︎ていうくらい作者さん腐女子なのだろうな〜とか、どこか一歩下がってリアルを見つめてしまいました…展開的には妄想過多で、何かときらきらしている受け・(王道的にも3Pの場合=主人公)は可愛かったです。

よかったのはこれも主人公の妄想上でしたが攻めの一人・幡くんの妄想上のお兄ちゃん!(笑)からの幡くんふぇら〜までセットで。

それから、オチ!
よかった〜!本当はBL研究クラブ(読んでいる最中は妄想クラブの間違いじゃないのかと思いましたw) なんてタテマエで、攻めふたりが受けに対し恋心を抱いてて→落としたくてけしかけて……という!!よかった〜〜// ソ コ。

表題作以外の一作も、途中で「あっ…これは落としたい推定ノンケが実は攻めのS様…ってやつだ…」と気付くことはありつつ楽しい展開でした。 この攻めがね、本当に元々ノンケで元攻めを好きになったから〜っていう理由が良き。◎
ノンケ下克上…
▼以下お気に入り★台詞。
続き~元ノンケ攻め様から~

「いい子だ 腰引くなよ」

~元バリタチ受けニャ-...ンから~

「もっと…… 俺の中に出して♡」ワオ~~ン


因みに描き下ろし(もうほぼエッセイ笑)で幡(本編中では攻め)×要(こちらも本編中では攻め)との意見が出ていました、が
私的には余裕っぽい子を闇堕ちならぬ受け堕ちさせたいので要×幡どころか佐藤(本編中受け)×幡でたいへん美味しく。いた抱けます。ください。

ありがとうございました!

2

プレイと調教満載のエロコメディ

作者の春田さんの、パンツを人質に取られる先輩、という前作が面白かったので楽しみにしていた新刊でした。
今作も、面白かったといえば面白かったんですが、自分的にハードルを上げすぎたのもあるのか、前作ほどには…という感じでした。

内容は仲良しの大学生3人の3Pです。陣形は攻め2×受け1。
貧乏苦学生の受けは、ある日料金滞納により、アパートのガスを止められてしまう。そんな時、大学の友人2人から、高額バイトをしないかと誘われ即了承。でもそれは、BLのあれこれを実地で試す被験バイトだった…というストーリーです。

攻め2人がベンチャー立ち上げで? BLゲームを作るので、そのモニター的な役目を果たしてくれと言われ、2人がかりで乳首とアナルを開発される受け。終始嫌がり、往生際悪く暴れていた受けが、前立腺をいじられて「やあんっ」ってあえいじゃうのとか、アホアホ展開ながらも萌えはありました。
攻め2人は、1人は受けとも長い付き合いの理知的眼鏡の要、もう1人はセレブの御曹司の幡。最初はゲーム開発のためだけに受けを開発しているような態度を取っていましたが、時々お互いに対する嫉妬心などが見えて続きこちらも萌えました。
攻め2人はキャラ的に役割分担もできているし、最初はガチガチノンケだった受けがBLの何たるかを学んで腐男子化していくのもおかしく、楽しくは読めました。でも途中から、美味しい展開が…→実は受けの妄想でした、という展開が多くてちょっとイラっとしたのと、BLゲーム開発という前提がグダグダだったのはマイナス点でした。
あと二輪挿しがなかったのも個人的には残念でした。


表題作にかなりのページが割かれているのですが、もう一本違う短編が収録されていました。
こちらはリーマンもので、バリタチの部下とのほほん社長というカップリングです。
短い話ながらも、「こんなはずじゃなかったのに」な受けが可愛らしく、のほほんなのに腹黒い社長の食えない感も楽しく、こちらの話の方がどちらかといえば好きだったかもしれません。
評価的には表題作が萌寄りの萌×2、短編が神寄りの萌×2というところです。

1

腐男子が主人公、BL初心者向けコメディです

BLハマりたてだったら面白かったんじゃないかな?
腐女子になり始めたばかりのはしゃいだ女子中高生の話を聞いているような生暖かい気分になりますw
中盤夢オチならぬ腐男子の妄想オチが乱発されていて「これもどうせ夢でしょ」って読み飛ばしちゃいました
オチも「ねーよ」って感じw
ギャグなんだけど空回りして滑ってるんですよね。4コマ漫画を無理矢理ストーリー漫画にした感じです

2

や・(お)・い

まさに、「やおい」の文字がピッタリな作品でした。(オチはあったかも…笑)

コメディ要素が強いので、何も考えなくても読めました。面白かったです。

主人公がとてもチョロく、展開もスルスルと進んでいくのでとても読みやすかったです。
絵のほうも今流行りの作風(?)で特につっかかるところもなく、ひたすらエロくて良かったです(*⁰▿⁰*)
どエロいわけではないですけど。この作品はアホエロかも?

これからあの3人がどう進展していくのかは、腐女子の妄想力の見せ所ですね…( *՞ਊ՞*)


0

面白いのだけれど

電子書籍サイトさんの広告バナーになっていて気になっていた作品でしたが、ちるちるさんで作家インタビューを拝見して購入決定。発売日当日にいそいそと本屋さんに買いに行きましたが…、

帯が!
ちょっとエロすぎちゃってレジに持っていく勇気がでなかった…。
というわけで、すごすごと帰りネットで購入しました。

内容はすでに書いてくださっているので感想を。





表題作『ようこそ!BL研究クラブへ』
万年金欠の佐藤くん。お金につられて幡くんと要くんから誘われたバイトを軽い気持ちで受けたら…。
という面白い設定。
作品を通してずっとギャグ色満載で面白かったんですが、でもただそれだけ、というか。

ギャグ要素満載な作品て嫌いではないんです。
ただ、やっぱりそこに愛が欲しかったな、と。
幡くんと要くん。彼らは佐藤くんの事が好きで、それでああいう手段に出たのだと思うのだけれど、でも肝心の佐藤くんにはその気持ちは伝わってないわけだし、そもそも本当に好きなら佐藤くんの身体をシェアするようなことはやめてほしかったな、と思ったりしました。

それと佐藤くんの妄想がちょ続きっとくどかった…。

終盤に短編『好きにしちゃってごめんなさいね』も収録されてます。
こちらは好きでしたねえ。
攻めのつもりが受けにされちゃって…。
というお話なんですが、愛があれば攻めでも受けでもOKです!っていう展開が面白かった。

正直、表題作だけだったら評価は「中立」だったのだけれど、この短編が入っていたので「萌」にしました。

たぶん、この作家さんのストーリーのテンションが、私のツボよりも高いんでしょうね。
なので、表題作のように長い話になるとおなか一杯になっちゃうんだと思います。
あと「男同士の恋愛」に重きを置いている方には、ちょびっと肩透かしを食らう作品かなと思います。エロとギャグをさっくり楽しみたいという時に向いてる作品かな。

ただ、絵柄もきれいで、エチシーンもエロエロ。ギャグも面白い。
次回作に期待したいです。

2

表題作は中途半端かな?

あらすじに惹かれて予約をし期待を胸に読みました。
結論から言ってしまいますと、私も期待値が高すぎたようです。

表題作は、濃そうな題材で130頁くらいあるわりに間延びしていて薄味でした。
妄想オチにしてあやふやにしたり、二輪刺しが無いなど、見たいものが見れず消化不良。
攻めの2人が受けをどうして気に入っているのかよくわからないため萌えもあまり無く。
受けは最初から感度が高く、流されるまま腐男子になり、どちらからも告白されず
恋愛的な好意を持たれているかどうかすら本人は知らないまま、
そのまま終わってしまいます。
続刊する予定なんでしょうか?
この1冊の中でもう少し踏み込んでも良かった気がします。
せめて攻めズが好意を持っていることを受けに知らしめたり、
三角関係の結論が微かに見えるくらいあっても良かった気がします。
読んでいてあやふやなまま進んでいくため、気持ちが脱線してきて
攻め×攻めの絡みが見たくなるほど、どう萌えていいものかわかりませんでした。
ただ、カバー下などを見た限り、攻め×攻め妄想を作者さんも匂わせているので、
攻め×受けの心の絡みが足りな続きい現状でそれはどうでしょう…と反発心が生まれました。
脱線する妄想は、メインがしっかり描かれていてこそだと思います。

絵やノリに関して言えば、
表紙を見た時に絵柄が少し古い気がしていましたが、ギャグのノリも古く感じました。
そのギャグが表題作には8割ほど詰まっているため冒頭は読むのに疲れました。

局部の修正が多くないのは私も驚きました。
割り箸ペンで描いたような荒めのペンタッチなので
たまに性器と玉が木彫りの質感のもののように見えることがありました。

最後に読み切りが収録されています。こちらは萌えました。
ギャグも過剰ではなく自然な分量で読みやすかったです。
定番ネタですが、読み切りとして1話でしっかりまとまってました。
描き下ろしの、あるあるネタもテンション低めで読みやすく、シンプルに面白かった。
ギャグの割合や、お話のまとめ方は
このくらいのテンションと密度が合っている作者さんなのかもと思いました。

4

疲れた時に何も考えず読みたいえっちなお話

ちるちるのインタビュー記事でこの作品と作家さんを知り、絵も綺麗でしかも3Pということで迷わず購入しました。
射精管理やアナル拡張という言葉にも惹かれたのですが、実際は貞操帯やアナルプラグを使用しているわけではなかったので少し読む前の期待値が大きすぎたようです。
タイトル通りのテーマが一貫されており分かりやすく、ギャグエロという部類が好きな方にはたまらない作品だと思います。

1冊のうち、表題作だけでなく読み切りも1話収録されており、個人的には表題作よりもこちらの方がストーリーや目隠し拘束要素を含めて好きでした。

結論から申し上げますと、私は恋愛ごとが絡むBL作品が好きなのでこの表題作に萌えるということはありませんでした。
受け攻め共に相手のどこを気に入ったのか、何がきっかけなのか、どうしたいのか、という部分が不透明に感じ、読み終えた後には満足感よりも疑問符の方が頭を占めました。
3Pで恋愛要素を混ぜるのは難しいと思いますが、3人のうち2人がくっつくなり、これからも3人で仲良くしていくなり、そういった恋愛面においての心理が少し物足りなかったです。
今後がありそうな雰囲続き気でしたので続編があれば良いなと思います。

2

萌えというより、笑った!というのが本音ですが、楽しんで読めました。

書店さんで見かけ、過度な期待も特にせず、自然に購入したのですが、
大当たりでした。ものすごく面白かったです。

正直こちらの出版社さんは、
あまり面白い作品が出てくるイメージがなく(個人の印象です)、
普段はほとんど購入しないのですが、気まぐれに買って正解でした。

3P表現もあるので苦手な方もいるかとは思いますが、
ハイテンションが楽しいコメディなので、ぜひ広まって欲しいなと思います。
受のチョロさが愛おしく、妄想癖が楽しいです!!!!

0

「瞬間」が最高に萌えた

書影にも帯が出てますねw
表もアレですが、裏はもっと包み隠さず致してるカットに
【男の子のカラダが変えられていく瞬間、全部見せます。】の煽り。
バーコードがある裏側なのに逃げ場なし・・・(OДo)!

ハードルは高いですが「初回限定ペーパー封入」の記載があればペーパー付いてますので
是非帯付きをGETしてくださいませ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !


とゆわけで、表紙もタイトルも帯もアレな1冊。
期待通り面白かったですヾ(*´∀`*)ノ
何度かブフーと吹きましたw

BL研究というよりは体開発&腐女子あるあるの方が強い印象。
受けがどんどん毒されてく過程にニヤニヤしちゃいました( ´͈ ᐜ `͈ )

⑴まずは入門編で体の感度調べw
受けがチョロくてチョロくて、チョロ受けスキーには愛すべきおバカ♪
万札を握りしめたままひたすら快感に耐える姿に萌える(∩´///`∩)
攻め2人が医者&ナースコスでいじり回す手ががエロいわー///

⑵BLを知ろう!編。
初めて読むBLを目の前にあわわわ((((;゚Д゚)))))))な受け。
本を床に続きバシーン!あ"あ"あ"あ"と床ローリングして、夜空を飛び、吐血して、無の境地へーー。
ものすごくわかるよ…。今 まさに、受けは萌えてる最中だね?
わかるわかる。初BLで混乱してるけど、それが萌えなんだよ。。。
萌えてる時の状態を共有出来て私は嬉しい( ´͈ ᐜ `͈ )

かーらーのーエチシーン。
グズグズになって泣いちゃう受けがめっちゃ可愛い。
メガネ攻めの巧みな誘導にチョロさ全開可愛い。

⑶受けは更に進化。あるある最高www
このターンのオチでクッソ笑った。
(言葉が汚くてすいません、この表現がピッタリなのであえて)

…と、きての総仕上げ章。

ここまでギャグとネタとエロに振り切ってきた作品が
BLに変わる瞬間にスッッゴク萌えました(∩´///`∩)
ネタに走ってるように見せかけてBLを忘れない。
前作の「俺のパンツ〜」でもそうでしたが、春田さんのこの瞬間の魅せ方が好きです。

惜しむらくは受けは無自覚のまま、、、なんですよね。
結局この3人の関係はどこに落ち着いたんだろう?

受けと攻め2人とそれぞれ距離が微妙に違うのは良かったです。
表紙メガネ君→昔からの友達。心を許してて近い感じ。
表紙ナース姿→大学から?まだちょっと遠慮がある。
それを踏まえて攻め2人の交わす言葉も萌えに繋がりました(∩´///`∩)


◆好きにしちゃってごめんなさいね

こちらもチョロ受け。
バリタチ豪語してるけど要素なしのチョロさw
あっさり陥落はチョロ受けスキーの好物です♪
攻めの隠れSもなかなか良かったです。

◆描き下ろし

1P漫画の小ネタが6本。
全てあるあるネタで毒されてる受けに笑っちゃいますw

2

春田先生大好きなんです…。

表題作+オマケの描き下ろしと、短編が1作です。紙本になるのを楽しみにしていた作品です!!
元々春田先生の作品が大好きですが、今回は特に3Pものだったり、バリタチが一枚上手の攻めにネコにされちゃう話だったりと、設定自体がどストライクの為、大変楽しく読めました! 

2作品ともコメディ調で明るく読みやすい話ですが、ちょっとした捻りなんかがある所が面白いのです。そして、エロがかなり濃厚!! 表紙は可愛らしいですが、裏表紙と帯がアレなんで本屋で買うには勇気がいります…。

「ようこそ!BL研究クラブへ」
3Pものです。苦学生の佐藤(受け)が、友達の要(せめ1)とハタ(攻め2)から高額バイトを持ち掛けられ飛び付きますが、蓋を開けてみるとエッチな実験の被検体で…というもの。

受けの佐藤がかなりアホの子で単純。攻め二人のセリフに一々ツッコミを入れながらも、どんどん流されて行くのがおかしいやら、気の毒やら。しかし、普段はかなりアホっぽいのに、エロの時になるとすごーくエロカワイイのです( ´艸`)
攻め二人は、インテリ鬼畜眼鏡と朗らかな隠れドS。Sに鬼畜とどちらにしても受けが可哀想な続きんですが、実は鬼畜の方が最後の最後で悪役に徹しきれず、受けに甘かったりする所が非常に萌える!

この3人で金儲けの為に、女子受けしそうなBLを実際に研究してゲームを開発しよう!!…という展開です。しかし、攻め二人の本当の目的は…と、ちょっとしたオチあり。

萌え所としては、濃厚なエロです!! BLを実地で研究という体なので、乳首攻めに浣腸(実際の描写は無し)、道具プレイに緊縛とエロエロです。しかも鬼畜とSを相手に!! 普段は色っぽさとは対極にいそうな受けが、プルプル震えながら涙目になっているのが可愛すぎるのです…!! オマケにですね、修正が甘い! アナルは挿入したら性器とどこかで読んだ気がしますが、ここは修正しなくて大丈夫なんだろうか…と読んでいて心配になるコマがあったりします。詳しくないのですが、指やオモチャだったらいいんですかね?
あと、非常に萌えたのが3人での初エッチ。かなり色々やってるんですが、実際に挿入があるのは最後の1回だけなんですね。そこでの攻め二人の、受けが好きで仕方ない…!といった表情がキュンキュンくるのです。やっぱり攻めには受けを大好きでいて欲しいんですね。ラストの攻め二人での火花バチバチの会話には非常に萌えました!

「好きにしちゃってごめんなさいね」
バリタチ(受け)が、狙っていた自分の会社の社長(攻め)に、逆に美味しく頂かれちゃって…という話。
おっとりと優しそうな攻めの豹変ぶりが凄い! そして強気だった攻めが押し倒され、縛られ&目隠しされてからの動揺っぷりが可愛いです。個人的に自信満々だった攻めが押し倒されて、動揺したり怯えたりするのに非常に萌えます!(//∇//) 最後のオチまでとても素敵。

描き下ろしのオマケで「BL研究クラブ~」の佐藤によるBLあるあるが読めます。彼はBLを研究する過程で立派な腐男子になっちゃったんですね。これ、腐女子なら大体当てはまると思う…。

カバー下のオマケ塗り絵まで、「これはこれでアリ!」とかなり萌えました! この作品、腐女子のツボをつきまくってると思う…。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ