……『雪兎』が融けてしまうまで、夜に訪ねておいで

桃色蜜月 ~雪兎とヒミツの恋人~

momoiro mitsugetu

桃色蜜月 ~雪兎とヒミツの恋人~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784576171579

あらすじ

義兄・史顕に想いを寄せる雪兎に夜だけ体を貸すことになった大学生の理生。
普段と違い素直な理生を史顕はとことん甘やかしてきて…。

子供の頃から三つ年上の兄・史顕が大好きな理生。中学時代は王子と呼ばれ、成績優秀、容姿端麗な兄が自慢だった。
しかし史顕が実の兄でないと知って以来、妙に意識して意地を張ってしまうように。
そんなある晩、かつての想い人とそっくりな史顕に恋をしたという雪兎が理生の前に現れる。
雪兎の一途な想いに同情した理生は、雪がとけるまでの間、夜だけ自分の体を貸してやるのだが…。
「……そんな可愛い顔をされたら、困るな」――普段とは違い素直な理生を史顕はとことん甘やかしてきて!?

表題作桃色蜜月 ~雪兎とヒミツの恋人~

柏木 史顕、大学生、兄
柏木 理生、高校生、弟

評価・レビューする

レビュー投稿数1

雪兎が切ない

頭が良くて、スポーツ万能で、王子様のような兄史顕と実は血が繋がっていないと知った理生。以来、兄に対して今までみたいに接することができなくなる。そんなとき、史顕の祖父が生前暮らしていた家の片付けをする為、史顕と二人で長野へと向かう。そこで理生はピンク色の雪兎と出会う。

!!以下ネタバレしてます!!
メインの二人よりもぴょん太の一途さと健気さに、涙が止まりません。秀臣と言葉を交わしたのは、たった一度だけであったにも関わらず同じ場所で、ずっと彼を想い続けていたんだなぁ。自分の名前すら忘れてしまうほどに。
結局のところ彼の子孫である史顕も、秀臣のことは知らなかったようなので、ぴょん太が人間だった頃のエピソードはもっと掘り下げてほしかった〜。というか、ぴょん太が主人公の物語を一冊お願いしたいところであります。雪は融けてしまったけど、だからこそぴょん太にも春が来て欲しい。今度こそ幸せな人生を!!

あ、肝心の理生と史顕のこと忘れてました。
史顕はすごく優しくて好感が持てましたが、理生は反抗期真っ只中な感じでちと可愛げがなかったかな。最後がちょっと急ぎ足だったのも気になりました。理生は史顕に対して、兄以上の感情を抱き始めていたとはいえ、反抗期から急に恋愛へとシフトチェンジするのはちょっと無理があるような気がします。
ぴょん太の存在がなかったら、評価は萌だったのですが、ぴょん太に心打たれたので萌萌です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ