優等生にはひみつがいっぱい

yuutousei niwa himitsu ga ippai

優等生にはひみつがいっぱい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
23
評価数
6
平均
3.8 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784815500023

あらすじ

放送部の部長を務める優等生のユキトは、放課後カラオケボックスでタバコを吸っているところを軽音楽部のタツヤに見られてしまう。バンドでボーカルを担当するタツヤ。彼はユキトの歌声に惚れ込み、喫煙をバラさない代わりにオナニーを見せろと脅す。そこでユキトが放った言葉は……「俺後ろでイケないけどいい?」"性"を教えたピアノの先生、フェスで出会った石油王との情事や、バンドメンバー同士のいびつな関係…ロックスターには秘密がいっぱい☆

CONTENTS
セックスプライスチケット
ワンボックス・フレンド
ボーイフレンドガール
オイルショックラブ
ビギニング・レッスン
リバーシブル・パートナー
オンリースター【描き下ろし】
あとがき【描き下ろし】

表題作優等生にはひみつがいっぱい

タツヤ(バンドのボーカル)
ショーマ(転売屋)

同時収録作品ワンボックス・フレンド

斉藤タツヤ(高校生,軽音部)
広瀬ユキト(高校生,放送部)

同時収録作品ボーイフレンドガール

イオリ(バンドマン,昔マモルにいじめられていた)
マモル(バンドマン,昔イオリをいじめていた)

同時収録作品オイルショックラブ

名前なし(ユキトのファンの石油王)
ユキト(バンドマン)

同時収録作品ビギニングレッスン

名前なし(ユキトのピアノの先生)
ユキト

同時収録作品リバーシブルパートナー

ユキト(バンドマン)
タツヤ(バンドマン)

同時収録作品オンリースター

タツヤ(バンドマン)
ユキト(バンドマン)

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下キャラクター紹介

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

優等生の波瀾万丈の半生

ユキトとタツヤの二人を主軸に様々なお話が展開。

「セックスプライスチケット」
ライブのチケットを転売して稼ぐショーマ。
ある日、チケットを手渡しで欲しいと言われ、取引相手と会うことに。
しかしやってきたのはそのバンドのボーカルで、ショーマは制裁としてレイプされる。

どろどろに犯され放心状態のショーマに、ボーカルはチケットを一枚放り、「ライブ見てってよ。これるなら」と言い残して去ります。
このボーカルが後にメインで出てくるタツヤで、いきなりの鬼畜の所業に衝撃を受けました。

「ワンボックス・フレンド」
ユキトとタツヤの高校時代。
軽音部のタツヤは、いつも流れる放送部のユキトの声を気に入っている。
ある日、そのユキトが一人カラオケで煙草を吸っているのを見かけ、思わず声をかける。
一曲歌ってもらった後は、煙草の件をちらつかせ、一人でするところが見たいと言う。

後ろを使って始めるユキト。やがて欲情したタツヤが誘い、抱き合う二人。
この時から二人の不思議な縁が始まります。

「ボーイフレンドガール」
イオリとマモルのカップル。
バンドに誘われたマモルがメンバーの女の子を口説いたら男で、自分が入れられる方だったという女装攻め。

実は二人は学生時代の同級生で、当時はマモルがイオリをいじめていました。
女の子だと思ったら男で抱かれ、挙げ句自分がいじめていた相手だったことに驚くマモルですが、今は恋人として仲良くやっているようです。
イオリとマモルが参加しているのはタツヤのバンドで、冒頭のレイプ現場に二人と思しき人物がいるのがわかります。

「オイルショックラブ」
フェスティバルで歌い終えたユキトに、ファンだと声をかけてくる謎の外国人。
上手く誘われホテルの一室へ行き、抱かれてしまう。
今後も応援すると言う申し出を断るユキトですが、男はそのつれない態度に煽られ、君に拒否権はないと宣言。

タツヤとは違うバンドだけど一応恋人っぽいので、ちょっと複雑な展開。

「ビギニング・レッスン」
ユキトの子供の頃の話。
ピアノのレッスンの日、先生の誕生日ということでお母さんから預かってきたプレゼントを渡すユキト。
好きな女の人と過ごす方がいいはずなのに、レッスンでごめんなさいと謝るユキトに、僕は男の人が好きなんだと答える先生。

男同士のやり方を教えてあげると言われ、咥えられたり、なめられたり。
大きくなったら自分も先生を気持ちよくしてあげたいというユキトに、先生は早く大きくなってと嬉しそう。

結局先生とのその後の話はないので、ちょっと寂しい気も。
本命がタツヤだとしても、謎の石油王との話があるくらいなら、先生との再会があってもよかったのに。先生もどこかで幸せになっているといいなぁ。

「リバーシブル・パートナー」
現代のユキトとタツヤの話。
バンド活動で勝負している二人。今回の勝負に勝ったユキトの希望は「挿れてみたい」。
ユキトは後ろでしかいけないと言っていたので意外でしたが、七菱さんの絵はみんなかわいいのであまり違和感はなかったです。

タツヤの後ろを慣らしながら、これまでの日々を思い返すユキト。
いつも一緒で、バンドの成功も自分のことのように喜んでくれたタツヤの笑顔を思い出し、感極まる想いをぶつけるように抱きます。
終わった後、次はタツヤが抱くというところで終了。

「オンリースター」
描き下ろし。結局二人の関係ってどうなの?という点が回収されます。
プロダクションの社長とホテルに入ったという記事について問い詰めるタツヤに、ユキトは記事は誤解で、お前としかしたくないと伝え、ここに来てやっと恋人らしい流れに。

タツヤとユキトのカップルはかわいくて好きなんですが、収録されている話の順番が時間通りではなく混乱を招くのと、別の相手としてたりタツヤが他所で鬼畜だったりでなかなか二人の関係がしっくり来ないのが残念です。
パラレルワールドなのかと疑いたくなるのですが、「優等生にはひみつがいっぱい」というタイトルなので、ユキトには色々あるということでしょうか。
描き下ろしの二人が幸せそうだったので、今後は幸せに暮らしてくれるといいと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ