王朝春宵ロマンセ(4) 王朝冬陽ロマンセ

ouchou romance

王朝春宵ロマンセ(4) 王朝冬陽ロマンセ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
秋月こお 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
唯月一 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
王朝春宵ロマンセ
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784199002694

あらすじ

馬や弓、舞いの稽古に東宮殿下との囲碁遊び―。
習い事に忙しい千寿丸は、最近ケガの小難続き。
どうやら呪詛をかけられているらしい!?おそらく犯人は、破戒僧・拓尊!そして背後には黒幕がいる…。
恋人同士の時間が減って、密かに師匠達に嫉妬していた諸兄は、その正体を暴こうと奔走!そんな時、千寿が原因不明の高熱に冒されて…。
雅な恋の平安絵巻、感動の大団円。

表題作王朝春宵ロマンセ(4) 王朝冬陽ロマンセ

正六位上蔵人・藤原諸兄・極臈の蔵人
諸兄の小舎人童・千寿丸・実は先帝の皇子

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

何度読んでも愉しめる平安絵巻

 シリーズ4冊目は完結巻となっているけれど、なにやら続きがありそうな終わり方になっている。そして、文庫の厚みはボリュームタップリの物凄い頁数になっている割に、前巻より面白さが劣っているような気が……。

 さて、今回は千寿を狙う隠謀と業平様を狙う隠謀の合計2つの隠謀が企てられます。

一つ目は、千寿が老親王の企てによって破戒僧・拓尊の呪詛で命の危機に瀕する話。
 呪詛から千寿を救うため南都へ駆けた諸兄と業平は、拓尊を捕り逃がしてしまうが、呪詛祓いをする慈円阿闍梨様の元に現れて殺されます。千寿を救うことができて安堵した諸兄は涙、涙。

二つ目は、業平に懸想し続けている春日の命婦の企てによって業平が伊勢の斎宮で窮地に陥る話。
 業平を無二の友と思っている諸兄が大奮闘。開き直ってやけくそになっている業平の頬を打ち叱責したのにはビックリ。諸兄の業平に対する情の深さが垣間見えた。

 諸兄は人前で3度も涙を流し(千寿のために1度、業平のために2度:うち1度は帝の御前で!)純情純粋で情の深い人柄であったことを再認識した。
 一番印象的で好きなのは、諸兄が業平の千寿に対する想いを初めて知るシーン。業平の想いがとても切ないし、諸兄は諸兄で、千寿を譲る気はないけれど自分がもしもの時には千寿を宜しく頼むと業平に告げる遣り取りにはジンときた。真摯で篤い男同士の友情って凄く良い。
 それから、諸兄が父母に家督を継がないと堂々宣言したのには驚いたけれど、以前から心は決まっていたんだもんね。
 そして、業平の方は千寿への想いより諸兄との友情を選んでいるから、千寿と似た面立ちの美男・国経とムムムな感じになっている…!(自分は、諸兄×千寿よりも、この2人の恋路の方が気になる。)
 また、怪しげな噂のある小野篁参議の人物像への謎は深まるばかりで、彼が面倒見ている霊眼もちの鬼子・瑠璃王と延珠は可愛い。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ