ニュースにならないキス

news ni naranai kiss

ニュースにならないキス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
5
評価数
4
平均
2 / 5
神率
0%
著者
佐々木禎子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
水名瀬雅良 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
ISBN
9784199003066

あらすじ

テレビ局の新人アナウンサー・秀巳が、朝番組に大抜擢!?司会を務めるのは、端正な美貌と艶のある美声で、報道もバラエティもこなす先輩アナの設楽。
憧れていた秀巳は意気込むけれど、自然な笑顔が作れず失敗ばかり。
しかも設楽は現場で口説いたり、ことあるごとに秀巳をからかってくる。
ところがある日、「仕事で上達したいなら俺の愛人にならないか」と真剣な顔で迫られて。

表題作ニュースにならないキス

人気アナウンサー・設楽貴成(35)
新人アナウンサー・越谷秀巳(22)

レビュー投稿数3

痒い所に手が…届かぬ

2004年作品のアナウンサーBLです。

主人公は、新人アナウンサー・越谷秀巳。
周囲からはクールビューティーと見られてるけど、自分では容姿の事なんて自覚してない。
それより、憧れのスター局アナ・設楽貴成にどう見られてるのか、どう評価されるのか、そこが気になっている。
だが当の貴成は軽口で秀巳を口説くような事ばかり言って…

…と始まります。
これね…
なんかハマれなかった。
王族のような華麗なオーラを醸し出すスター局アナが、控え室では「肉体関係だけの愛人募集中」なんて軽口叩いてて、先輩女子アナからは「あの人は男もいけるから」なんて忠告されて。
秀巳も負けず嫌いがおかしな方向に向かってますよ。
「なら愛人になります」なんて。
それで抱かれちゃう。
BLマジックというか、こういうストーリーか、とあんまり真剣に読む気がなくなっちゃったかな…
その上、終盤にえ〜…っていうすごいアクシデントが起きるんです。
秀巳があるお店のロケで店主にインタビューしてる最中に、強盗が押し入ってくる。
なんじゃそらぁ⁇
なんだかガクッときたよ…呆れて。

BL的には。
スーパー攻め様的な貴成が圧倒的リードを取っているんだけど、意地っ張りな若い秀巳はあまり思い通りにいかない、そのやりとりのおかしみ?
貴成は、愛も憎しみも空虚も知っている男。
その深みを知りたいのに、視点が深みのない秀巳だからあんまり掘り下げられてなくてそこが残念。
水名瀬雅良先生のイラスト、素晴らしい。大好きです。

0

しっかり仕事をしているお仕事もの

自然な笑顔が作れず失敗ばかりなテレビ局の新人アナが、ベテランの人気アナウンサーに指導されて、自分らしさをつかむまで。
仕事は恋人で愛人ならいつでも募集中と冗談混じりに言っていた人気アナの設楽が、真剣な顔で秀巳に迫ってきて……。

ビジュアル系アナ・設楽貴成(自信家包容力攻め)×新人アナ・越谷秀巳(クールビューティー天然受け)
秀巳は過去のトラウマから、自然な笑顔が作れない。
アナの先輩の設楽は事あるごとに絡んできて、秀巳をからかいます。
設楽は自信家でひょうひょうとしたタイプなので、本気が読めません。
秀巳に対する言葉は、意地悪ではなくて全て教育で、厳しい言葉が愛情を感じさせました。
五年前に妻と死に別れたばかりで、ただの愛妻家の美談かと思えば、そこには壮絶な過去があって。
あの読めない笑顔の下にそんなものを隠していたなんてと、男のギャップに惹きつけられました。

秀巳はクールビューティーが素で天然なので、真面目だからこそ笑いを誘ってくれます。
新人アナの成長物語としての読み応えがありました。
しっかりとアナウンサーの仕事が描写されているので、お仕事ものとしても楽しめます。

エロ:★3 普通。
総合:★3 骨太な読み応えですが、個人的には萌要素がもう少し欲しい所でした。

0

俺の前にきそうな勢いのある奴!

新人アナウンサーの秀巳。自然な笑顔は出来ない。堅物タイプを少しずつ、ゆるやかな表情をつくるまでになったのは、
先輩アナウンサーの設楽だった。
報道もバラエティーもなんなくこなすが、設楽の欲しいのは秀巳だった。
何度も秀巳をからかうが、なかなか手に入らない。
仕事で上達したいなら、俺の愛人にならないか!と、誘う。
仕事の為に、愛人になるが、次第に魅力に負けてしまう。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う