おまえがどんな色気を出すのか、俺に教えろよ

サヴィル・ロウの誘惑【BLCD】

Temptation on the Savile Row

サヴィル・ロウの誘惑
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

105

レビュー数
2
得点
40
評価数
10
平均
4 / 5
神率
30%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷 幸
音楽
八十正太
脚本
青島 みお
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
marble records
収録時間
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通販:イノセ先生描き下ろし漫画小冊子、キャストトークCD (山下誠一郎・興津和幸)
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4589489040128

あらすじ

紳士靴職人の仁の悩みは、真面目で頑固な性格ゆえに華やかで色気のあるデザインの靴が作れないこと。
幼馴染みでテーラーの跡取り・蛍に教えを請うことになるが、 蛍が提案してきたのは色気を出すには“童貞を捨てろ”。
しかし童貞を捨てるどころか、蛍に処女?を奪われてしまって…?!

表題作 サヴィル・ロウの誘惑

紫垣蛍 → 興津和幸

谷岡仁 → 山下誠一郎

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

キャラの魅力が引き出されています

原作未読。

堅物な靴職人の仁(山下さん)、色気のあるテイラー蛍さん(興津さん)が
色気の出し方レッスンという口実のもとカップルになるお話。

山下さんのBL作品は初だったので楽しみでした。
堅物で妙に律儀というか真面目なところが役と声に合っていました。
興津さんは役柄的にも余裕と色気が出そうな感じがしていたので期待値が高かったです。

幼なじみの職人どうしということもあり、仕事のやりとりが前半は多いのですが
空気感というか…前からお互いを知っている幼なじみ感がありました。
仁くんと蛍さんの会話の雰囲気がとても好きです。

蛍さんの友人・志摩さん(立花さん)も生き生きしていて楽しそうでした。
メインキャスト以外のやりとりも面白いです。

ラブシーンは尺が短い部分もあるので思っていたよりアッサリめな印象です。
仁くんの恰好はマンガだからこそ伝わる部分がある設定だと思いました。
メインキャストおふたりの声の相性もよく、ラブシーンのクライマックスで
蛍さんが真摯にささやく部分はグッときました。
いまいち仁くんに伝わりきっていないのが可愛らしかったです。

仁くん、蛍さんのキャラがわかりやすい設定になっていると思いますが
山下さん、興津さんの声が乗り、より魅力的な人たちになったと思います。
仁くんの愛らしさや蛍さんのかっこよさとセクシーさも際立ちました。

仕事パートの話も面白く、コメディタッチな部分もありバランスやテンポがいいです。
よくまとまっている話だと思います。

0

興津さんの色気が凄かった

原作既読です。

靴職人の仁とテーラーの蛍のお話で、何故か靴職人の仁はいつも褌を履いていて漫画ではそのギャップや褌を履いたままのあれやこれやも見どころだったりもするのですが、音声化されると褌のことはちょっとわかりにくいのですがそれはまあ仕方ないのですが、仁の作る靴はオーソドックスだけど色気がないと言うことで仁に色気のレクチャーを受けることになります。

いくら色気を教わる為とは言え蛍さんの言われるがままで翻弄される仁で、色気たっぷりの蛍さんを興津さんがそのまんま色気たっぷりの声で演じて下さっていて、濡れ場以外でもフェロモン溢れてるのです。
そして、仁役の山下さんは実はBLCDで聴くのは初めての方なのですが、純で職人気質というか古風な感じの仁をさわやかに演じられていてとても良かったです。

そして当て馬と言うほどではないけれど、仁に興味を持って誘惑する志摩を立花さんが演じられていて原作でも変態じみているのですが、丁度良いと言うと変ですが、絶妙な気持ち悪さ加減で二人の世界をちょっぴりかき回します。
ま、蛍さんに割とすぐおいだされるのですが・・・

メインのお二人がお上手なので最初から最後まで安心して聴けます。
攻め喘ぎというのでしょうか?本当に興津さん演じる蛍の色気が凄いので原作ファンの方もキャスト目当ての方にもおススメです。

濡れ場はそんなに長くはないのですが程よくコンパクトにまとまってます。濃厚というほどではありませんが原作に割と忠実と言う感じです。

公式通販で購入するとついてくるキャストトークCDもお二人和気あいあいという感じで、意外なことに山下さんがこういった作品に前向きな発言をされていて、勉強中ということで興津さんの演じる姿をよく見ていたみたいで、割と新しい人が前向きに参加して下さるのは嬉しく思いましたし、好感が持てました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ