俺の相方がクズすぎる

ore no aikata ga kuzu sugiru

俺の相方がクズすぎる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
34
評価数
10
平均
3.5 / 5
神率
30%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
日本文芸社
レーベル
KAREN COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537136876

あらすじ

お笑い芸人の国代は、相方・相模とケンカばかり。自信過剰で金と女にだらしない相模は、まじめな国代にとって『クズ』なのだ。
ところがバイトをクビになった事がきっかけで、毛嫌いしている相模と同居生活を送るハメに...!!案の定、我慢できなくなり「このクズ!!」と言った途端、相模の態度が急変!?
「好きにやらせてもらうわ俺クズだから」
...なんで俺、押し倒されてんだ!?
運命共同体なのに仲が悪い、俺様×意地っ張りの芸人コンビラブ。描き下ろしもたっぷり収録!!

表題作俺の相方がクズすぎる

相模一統、お笑いコンビ「エッジ」ボケ担当
国代栄、お笑いコンビ「エッジ」ツッコミ担当

その他の収録作品

  • extra part 1
  • extra part 2
  • バラエティの洗礼(カバー下)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

BLでお笑いをやる難しさ

コンビを組んで一年目の若手お笑いコンビのお話です。
私自身お笑いが異常に好きなので、厳しめレビューになるかもしれません(嫌な方、回れ右っ!)
まず、お笑いをやる方って自分のビジュアルを活かした方が多いんですよ。例えば太っている、ハゲている、なんかキモいetc.
自身のコンプレックスをネタにしてのしあがっていく方が非常に多いと思うのですが、この作品の主人公と相方、イケメン×美人さんです。そこがもうミスキャスト。この作家さんの絵は非常に少女マンガ風。ギャグ絵もかわいらしい。この作画でお笑いをやるのはかなり無理がある。
それでも、コンビの2人が各々に独特な何か(キョーレツな天然だったり、変人だったり)を持っていれば芸人っぽさが出ると思うのですが、受はネガティブで真面目。攻は別に「クズ」でも何でもない。
受は攻のことを「無駄に自信過剰で金と女にだらしない」と嫌っているのですが、これ、芸人さんにはとても大切な要素です。上手に遊べない芸人さんは面白いネタが描けないし、自信過剰なぐらいじゃないとそもそもお笑いなんて目指せない。お金もヤミ金に手を出してるワケじゃなく、女のコが何人か乗り込んできて修羅場なるワケでもない。それこそヒモになりつつ芸人目指す方もいるのに、この受は何ぬるい事気にしてるのかと。
実はこの受、高校時代から仲の良い相方がいました。でも結婚して安定した職につきたいからと言われ解散。絶望している所事務所から紹介されたのが今の相方・相模(攻)。
ぶっちゃけた話どちらかと言うと、受・国代のほうが何故お笑いを目指す気になったのか理解出来ません。ネガティブな上に考えている事がすぐ顔に出る。最もツッコミに向かないタイプ。
一応お笑いを目指したきっかけ的なものは出てきます。
好きな師匠がいて、自分もあんなお笑いがしたくって…と熱く語るシーンがあるのですが、え?その程度の動機?例えば後ろ向きな自分を変えたくて…とかないの?
そしてこの受、ライブで休まれると困るといった理由でバイトをクビになり、家賃すら払えない状況に。不本意ながら攻の家に泊めてもらうのですが、いつもの如く喧嘩になり、「こんなんだから不仲なままなんだよ」とキレてしまいます。攻は「それじゃ仲良くなろうぜ」と受を押し倒して兜合わせ。なんて都合の良すぎるBL展開。徐々にエロもエスカレートしていくのですが、相模の「仲のいい相方はこれぐらいフツーにやってんぞ」という嘘を間に受けて流される國代(何故そこで騙されるのか!?)。
遊んでばかりだと思っていた相模が実は努力家だったり、今までは相方と揉めてすぐ解散していたのに自分とは1年も続いている事を聞かされ、次第に相模を信頼し始めた頃事件が。
元・相方間宮が結婚したのは、相模が女のコを紹介したせいだと聞かされた國代は動揺し、せっかくの大舞台(これはオン〇アーバトルですね)でセリフを忘れ、後輩にも負ける始末。再び犬猿の仲になってしまった2人。
相模がわざと昔のコンビを解散に仕向けたと落ち込む國代の元に、元・相方間宮がやって来て、自分は結婚を理由にお笑いを辞めたわけではなく、先の見えない生活に限界を感じていた事、相模が手の届かないモデルの子との仲を取り持ってくれた事を打ち明けます。
更に、相模が國代に執着していたのは、養成所時代の勘違いがきっかけであることも発覚。
結局仲直りHでめでたしめでたし、というオチ。
全体的にお約束展開が多く、コレジャナイ感が終始つきまといますが、お笑いに期待せず、ライトなBLとして読めば上手くまとまっているとは思います。
あ、相模の「恋人になりたいなんて言い出すなよ」「俺の相方から恋人なんかに成り下がる気か?間違えてんじゃねえぞ」というセリフは好きでした。(でもエッチはしてるんだよなぁ)
お笑いBL、難しいとは思うのですが、もっとがっちりした絵柄を描く作家さんに本格的に描いて欲しいです。
今後このジャンルが増えることを願って、中立寄りの萌評価とさせて頂きます。

1

いやいや言いながら抱かれる受…いとおかし。

恋人のこと相方って呼ぶやつイラつく〜!!でも表紙絵的にきっと好きなカップリングだ…
と手に取ったら、お笑いコンビの相方BLでした。
なんだ、使い方あってるじゃん!
私の目が節穴!買お!!
となって購入。

内容はあらすじ通り。
ツッコミ担当だけど少し天然で流されやすい受が可愛い!いやいや言いながらも抱かれる受…いとおかし。
ツンデレ受が好きな人には大変オススメ◎

お笑いコンビBLは今まで興味なく読んだことがなかったのですが、漫才みたいな演出で話が進むのが面白いなと思いました!
これから開拓してみようかな〜^ ^

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ