人って誰かのことをこんなに好きになれるのか――

元ヤンパパとヒツジ先生 陽だまり

motoyan papa to hitsujisensei hidamari

元ヤンパパとヒツジ先生 陽だまり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×25
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
102
評価数
25
平均
4.1 / 5
神率
44%
著者
水稀たま 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
ISBN
9784040697208

あらすじ

元ヤンパパ×小学校の教師…&子供★なファミリーBL、シリーズ続刊登場!電子書籍で配信した『夏編』『秋編』『冬編』に、描きおろしの『春編』をプラス。3人が過ごす、恋と愛に溢れた四季折々。

表題作元ヤンパパとヒツジ先生 陽だまり

鳩山京一,元ヤン、受の高校の同級生
日辻宏明,小学校の教師,攻の息子の担任

レビュー投稿数1

家族になって来ました

前作で再会して恋人同士になった2人です。

攻めの鳩山の息子にも懐かれた日辻ですが、思いがけず攻めの母親に会う事によって不安になってしまいます。

夏休みの旅行に一緒に居たいと単純に思った鳩山と、日辻の感覚の違いがちょっと切なかったです。
もう亡くなっていない母親の存在に疎外感を味わう姿が可哀想でした。

でも鳩山が日辻の事が可愛くて、メロメロになっているのが良く分かりました。息子の日向もさらに懐いていて、クリスマスケーキをデコレーションするシーンが微笑ましかったです。

前作と違って教師である日辻が教え子の一家庭との親密な様子を見られないように気を配っていました。

新学期には担任を離れるようなので、ますます面白くなって来ました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う