幸せの勉強「暇恋い」電子限定描きおろし漫画

shiawase no benkyo

幸せの勉強「暇恋い」電子限定描きおろし漫画
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
KADOKAWA
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
幸せの勉強「暇恋い」電子限定描きおろし漫画

あらすじ

幸せの勉強「暇恋い」電子限定描きおろし漫画 5P

一生懸命読み書きの勉強をするあずきを傍らで見てやる幸一朗。
ふと幼い頃、勉強する自分の傍らで見守っていてくれた母親の姿を思い出し、懐かしいな…と思いに耽る幸一郎。
そして「幸せな」という文字を見たあずきはあることに気づき…


表題作幸せの勉強「暇恋い」電子限定描きおろし漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数1

紙書籍の人にも読んでほしい内容でした

電子限定と言わず、この本を手に取った人すべてに読んで欲しい内容でした。
その位、じーんときます。

ネタバレしてます。

タイトル「幸せの勉強」
読み書きの練習中のあずき。幸一朗が文章を読み上げて、あずきがそれを聞き取ってノートに書き写しています。
その傍らで見守る幸一朗は、ふと、幼い頃母親にもこうやって勉強を傍らで見てもらっていた事を思い出します。懐かしいなぁ…と回想に耽る幸一朗と、「続き!」と催促するあずき。

「幸せな」と読み上げる幸一朗。
「…おなじだ 幸一朗のなまえとおなじ字だ!」と気付いたあずきは、出会ったときに貰った名刺を取り出し興奮!
その名刺‥ちゃんと取っててくれたんだ…とじーんと感動する幸一朗。

「「幸せ」とあと二つはどういう意味だ?」と尋ねるあずき。
「「一番」の一に、明るいとか清々しいっていう意味の「朗」全部くっつけて 幸一朗 だよ」
「良い意味ばっかりだな…おまえのなまえ すごくいいなまえだ」 と言うあずきの言葉で幸一朗は思い出します。
昔母親に自分の名前の意味を聞いた時「あなたが世界で一番幸せでありますようにって意味よ」と答えてくれたことを……

なんだか涙が滲みそうになる幸一朗。
「うむ、お前はさぞ しゅくふくされて産まれたのだな」と言うあずき。

大切なことを思い出させてくれたあずきに、ありがとう と幸一朗は伝えるのだけど、お礼の意味がわからないあずきは??と不思議そう…という終わりです。

幸一朗の母親。勉強を見てもらっていたりとか、名前の由来とかちゃんといい母親でした。
本編では、忙しいお母さんだったから寂しい思いをして育ったみたいな感じだったけど、けっして放置されていた訳ではないんです。
ちゃんと愛されて育ってきたんだという事を思い出すことができて良かったねぇと。
この電子限定描きおろしを含めて読んで幸一朗がようやく母親からの愛情不足みたいな根深いものを解消できたと思えるので、これ紙書籍の人にも読めたらいいのになぁって思います。

1
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ