この教室で、君に、恋をした。

ただのクラスメイトから恋人になるたった1つの方法 Method.1 問題児と優等生の場合【BLCD】

tada no classmate kara koibito ni naru tatta hitotsu no houhou

ただのクラスメイトから恋人になるたった1つの方法 Method.1 問題児と優等生の場合
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神51
  • 萌×26
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

1

レビュー数
12
得点
279
評価数
60
平均
4.7 / 5
神率
85%
媒体
BLCD
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
ティームエンタテインメント
収録時間
枚数
ふろく
フリートーク
発売日
JANコード
4560372447842

あらすじ

星(ときめき)をお届けする第1弾の作品は『ただのクラスメイトから恋人になるたった1つの方法』。
今作は「同級生」をテーマに、クラスメイトに恋をした男子高校生を応援するオリジナルBLドラマCDシリーズ。
CDを聴いている自分自身がキャラクターたちと同じクラスにいるような「高校生活」を通し、
日常と恋愛の両面を押し出した、明るいながらも情緒的で、ココロがときめく「ハッピーエンド」を丁寧に描きます。

授業中。白いシャツの背中。
昼休み。笑顔と良く通る声。
放課後。触れた、温かい手のひら。

ふとしたきっかけで、意識するようになった。
もしかしたら――ただの友達で、ただのクラスメイトで、終わっていたのかもしれない。
でも、ちゃんと、君に出会えた。
君に恋をして、君に好きだって言える。
だから、どうか。
――ずっと、一緒にいて。

同じ歳、同じ教室、視線の交差する距離――クラスメイト限定の恋。
彼らの恋を、そっと応援しませんか?

表題作 Method.1 問題児と優等生の場合

遊馬悠叶 → 古川慎

飛鳥恵一 → 佐藤拓也

評価・レビューする

レビュー投稿数12

ギャップ萌の極み☆.。.:*

完全にキャスト買いしたシリーズです。
結果、ドンピシャでした!
配役も雰囲気も濃厚さもストーリーも、とにかく全て完璧です!!

~古川慎@遊馬悠叶(攻)~
とにかく明るい、面白い(*-ω-*) 笑えます。
でも、他人想いで優しくて頼りがいがあって、とっても良い奴なんだー!!
それでいて、絡みのシーンになると声低くてかっこよくて、でも面白さも抜けてなくて。

バランスがいいんですっ!!!!
ギャップ萌・その1です!


~佐藤拓也@飛鳥恵一(受)~
可愛い♡♡その一言に尽きます!
普段は真面目すぎる程の堅物なのに対して、絡みになると一変します!
こういうの、大好きなんですけど~~^^*
佐藤さんの受けは安定してますが、なんとも言えない『萌え 』があります!

ギャップ萌・その2です!


どちらの役も、ギャップ萌えが半端ないです♡
絡みシーンは通常盤なら1回、アニメイト限定盤を含めるなら2回と、エロ度の割には少ないと思うかもしれませんが、十分満足出来る内容とストーリー性だと思います。

1

《ネタバレ有》会話のテンポが最高

掛け合いのテンポの良さが非常に印象的で、主演お二人の演技がすごく光っていたと思います。
いかにもクールビューティーな学級委員長らしい飛鳥ちゃんと、一見すると軽薄そうでひょうきん者だけれど憎めない可愛さのある遊馬くん。安心安定のキャラの組み合わせに佐藤さん&古川さんの好演が合わさって、総じて楽しく聴けました。

古川さんのテンション高めかつ自然体の演技が、会話のテンポの良さ、ひいては作品全体の雰囲気の良さに一役買っていたと思いました。楽しそうな時は本当に心底楽しそうに、真面目な時は真面目に…という適度なメリハリもあり、特筆すべき点の無い王道ストーリーの中でも、聴き手を惹き込み先へと引っ張っていく力があったように感じます。
また、佐藤さんの「もうこれしか有り得ない!」と思うほど役にピタリとはまったお芝居もすごく好きです。濡れ場でのちょっと舌足らずでトロトロな感じも◎。性的な興奮や臨場感のようなものが伝わってきてツボでした。個人的にこういった場面では綺麗すぎる声・演技は苦手なので、すご~く良い匙加減だったと思います。

シナリオについては正直なところ、遊馬くんの家庭事情や孤独感をもっと掘り下げてくれ~!とか、飛鳥ちゃんそこでちゅーしちゃうの!?大胆だな!?とか、同性同士の恋愛に関して世界観が緩く感じる(あくまで個人の感覚ですが)だとか、聴きながら引っ掛かりを覚えた個所も無くはないですが、それをカバーして有り余るほどお芝居が良かったです。
どちらかといえばラジオを聴くような気持で気軽に楽しむタイプのお話かな、と思います。

1

萌えた人、手を挙げて!(歯医者か!)

くっそぉ~、やられた!可愛い!!

脚本家さんが好きなので思い切ってアニメイト盤とステラワース盤(小冊子と全巻購入特典のリレートーク目当て)の両方を購入。

以下、ガッツリネタバレ感想あり、です。




受け側である飛鳥役の佐藤さんの心配をいろいろ勝手にしてましたが、杞憂だったぁぁぁ!!
うわぁぁあ、すっげぇえイイ。そりゃハルカちゃんもキスしたくなるわ。

攻めが「ムードメーカー問題児」らしいけど、そこまで問題児じゃない。むしろ成績優秀で頭の回転がいい。
おちゃらけてるけど周りがよく見えてるし、気遣いもできるし、優しいし。
チャラさは出てるけど、まったく憎めないし、むしろ可愛い。
何がいったい問題児なんだろう。女癖が悪いところ?
クラスメイトたちもいい子たちばかり。
受けの飛鳥恵一は生真面目すぎて口うるさい委員長だけど、それをクラスメイトが嫌がってないし、そんな飛鳥を理解してる。
それだけでイライラしない気持ちのいい話になるんだろうな~という安心感が開始10分で得られる。

それにしても、飛鳥の弟くんと妹ちゃんが可愛い。
残念ながらクレジットに名前が載ってないので声優さんが誰かわからないけど、陰のMVPだと思う。勝手に表彰したい。
ハルカちゃんと「すっ・ぶ・たぁ~、すっ・ぶ・たぁ~♪」って歌うのとか「ハルカちゃん、がんばってね」とか、本当に可愛い。
しかも飛鳥もいいお兄ちゃんっぷり全開だし、ここの兄弟妹は天使だ。

初めてのお宅訪問で恋を自覚し、二度目のキス、そして告白。
キスにうっとりして「もう少し近くに来い」って誘う飛鳥に聞いてるこっちがドキドキするし、ハルカちゃんも「うん…なに?もっと…?」ってドキドキしてるのが伝わってくる。
そしてそこから追い出すまでのコミカルさがいい。

事件があってふたりの距離がぐぐぐーっと近づくのはテンプレだけど、無理がないし嫌みがない。
飛鳥がハルカを意識する一瞬もわかりやすく描かれてるので、流れは本当に自然。

ハルカが女子に告白されるシーンでは、女子に返事しているつもりで、実は物陰で偶然聞いている飛鳥に向けて真剣に告白してるみたいで、意外とハルカは策士だし腹黒なのかも、とか考えてしまった…。
きっと誠実に告白してきた女子に応えてるんだとは思うんだけど。

放課後トラック(開始45分)でようやくエッチシーン(約20分)
この二人のエッチシーンがとてつもなく可愛いぃぃぃぃ。
もうずーーーーっっとチュッチュしてるし、飛鳥は切ない喘ぎだし、照れてるのにエッチだし、ハルカは嬉しさ大爆発、余裕ないけど経験豊富っぽいし。
これ以上言葉にできないので、ぜひ聞いてほしい。とにかく可愛い。
なんだこれ、久しぶりに聞いてていい意味で恥ずかしくなるエッチシーンだぁぁぁ。
水音たっぷりで、声我慢してるのとか溜め喘ぎとか、途切れ途切れに呼ぶ声とか、はわゎぁぁぁぁぁぁ。ダメだ、やっぱりみんな直接聴いてぇぇぇぇ。
ここまでは「恵ちゃん」って呼び方だったのに、エロい空気になったら途端に「恵…」って呼び捨てするし。ありきたりだけどキュンキュンする。

ハルカ役の古川さんって他作品でも攻め喘ぎ多いのかな?今回もしっかり息も声も出てて、好きだ!
逆に飛鳥役の佐藤さんが最初は緩急つけた耐える喘ぎだから、すごくバランスがいいと思う。徐々にらめぇ喘ぎになるけど、驚くほど嫌な感じがしなかった。上手いわぁ~。
呼吸のタイミングとか合ってて、いいコンビ。


「アニメイト限定盤」修学旅行(約20分)

ホテルで浴衣エッチ。やることは王道も王道。ハルカが立ちフェラで一回イかせてから突っ込んでると、隣の部屋に生徒が帰ってきてしまってバレないように声を我慢しながら…、みたいな流れ。
ここはエロを十二分に堪能すべし。
ハルカちゃんのバキュームフェラすごいわ。恵ちゃんすぐにメロメロでぐずぐず。なんだこれ。かわいすぎるだろぉぉぉー。
普段はぐずぐずらめぇ喘ぎは苦手だけど、これはいい。なんでだろう。新しい扉が開きました、これ。
声我慢してるのとか最強にエロいんだけど。どうしよう、これ。

全編通して最初から最後までコミカルさがいい塩梅でストレスを感じない作品。
あえてマイナス面を言うなら、ハルカが軽薄な口調すぎる…かな?バカっぽい、というか。でもあんまり個人的には気にならない。

フリトはお二人の仲の良さが出てて和気あいあい。
ちなみに古川さんは感触(なんの…?)がわかるのが嫌なので、拭くときのトイレットペーパーの消費量が半端ないらしいです。


「ステラワース限定盤」A5版小冊子(全28ページ)

一問一答で2ページ
小説12ページ(挿絵込み)
アフレコレポ漫画4ページ
キャストインタビュー2ページ


両方買ってみて、おススメはどちらですか?と聞かれたら、アニメイト限定盤の浴衣エッチのほうかもしれない。
小冊子の小説もいいけど、修学旅行は超えられない気がする。

ちなみに、宝鷹先生役として新垣樽助さんがトラック2までのチョイ役で出演されてるんですが、その宝鷹先生はサイトにアップされている修学旅行前日談SSの中で、鹿島先生(今回声の出演なし)と何かありそうに書かれてるので、もしかすると続編的なものがあるのかもしれない。(現時点で宝鷹先生が受け攻めどっちかは不明)

2

古川さん新鮮……!!!

佐藤さんはとても優等生然としていて硬い感じなのに
のっけからいちごパンツで度胆抜かれましたww
古川さんのここまでチャラいキャラって今まで聴いたことないような…??
めっちゃ軽くてご自身とのギャップが凄い。

こういう真逆タイプ同士の会話の応酬、
既にケンカップルぽくてニヤニヤしてしまいます!

宝鷹先生役の新垣さん、こんな先生いたら楽しかっただろうなぁ…。
ちょい役使いが贅沢ですね。

弟くんと妹ちゃんの可愛さと悠叶の微笑ましさもさることながら
やっぱり恵一の長男っぷり素敵!
いちごパンツの謎が解けた時のさえぎられるまこにゃんか゛わ゛い゛い゛!!
からのキス甘───い!!!ってちょっと突然のバイオレンスwww
こういう切り替わりラブコメでいいですね。
序盤から凄く安心して聴けると確信し
余計な事は何も考えず悠叶と恵ちゃんの世界に浸れるなぁと思ってたら
トト○展開なんですね…。
普段チャラい悠叶が頼りになる一面を見せてグッと恵ちゃんとの距離が縮まる、
テンプレでも気持ちがホコホコしました。

Track6でのモブ女子がアニメ声で結構喋るなぁと思いましたが
ここは悠叶の本心を偶然聴いてしまうというアレなので耐えましたww
耐えた後は「マジか……マジか~…」からもうキスの嵐……
あっ、すぐ拳出るとこ好き!
まこにゃんのリアクションも大好き!!

Track7は問答無用ででら甘かと思ったら
最初はコミカルでこの脚本凄く好みです!!
でも1分も経過しないうちに後はもうまこにゃんの低め攻めボイス炸裂ゥ!!!
けいって呼んだ!!けいって呼んだ!!!←
こんな時でも制服のシワを気にする長男気質いいですね…。
恥ずかしがってるのに気が強めな佐藤さんもナイス。
「けいちゃん……けい……」まこにゃ……耳かっゆ!!
Hの時に色々喋るの好きなのでココ延々とリピ出来そう。
余裕無さそうだったのに全力で優しい悠叶いい攻めだなぁ。
スパートかける時ぱちゅぱちゅ音激しめで
興奮しきった攻め喘ぎが最高まこにゃん。まこにゃんの事ばっかりですみません。
えっちな運動し終わったから鼓動が激しいのでは…と思わなくもなかったですが
ピロートークが甘すぎないとこも最後まで楽しい♪♪
おねだりはズルいぞ……許されると確信してのことだろうあたりがまたズルい(可愛い)

予想以上に惹き込まれてしまい、
まこにゃんとさとたくさんの素晴らしい演技に聴き惚れました!!!
脚本に無駄が無いように思いましたし本当に楽しかったので神です!!

5

キュンキュンしっぱなし!

好みだった男子高校生、ましてやクラスメイト同士のBL、そして古川さんと佐藤さんということで手を出すかどうか迷いつつ、結局発売日を過ぎてからアニメイト限定版を取り寄せて購入しました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

感想の前に一言言いたいのが最初攻めの子の「遊馬 悠叶」の名前の読み方がわかりませんでしたwww
※正解は「あすま はるか」

でも、買って損はしないぐらいキュンキュンさせて頂きましたよぉーーーーもーほんとに!!!!

話を簡単に説明しますとですね、
佐藤さん演じるクラス委員の恵一くんがある日の体育の授業前にいちご柄のパンツをはいていたことに気づいて、みんなをそれらしい理由で教室から追い出した後に着替え始めようとズボンを脱いだ瞬間、古川さん演じる悠叶くんが遅れて学校に登校、いちごパンツをはいている事がバレちゃうんです(°д°)
そこからいちごパンツの秘密を共有する仲になるんですよ!悠叶くんが恵一くんの家にお邪魔して恵一くんの弟妹と仲良くなったりして!ほのぼのしながら聴いておりました(*´ч ` *)

そしてとある日の昼休み、恵一くんの妹が幼稚園から脱走したという事件が発生。恵一くんが一人で大丈夫だと言いながらもかなり不安になっている様子を見た悠叶くんが……

という所であまり書きすぎると中身丸見えになっちゃうので皆様にぜひ買っていだだきたいのでここら辺にしておきますねwwwwww

とにかく、2人が秘密を共有する仲からだんだん恋人になる過程がとても良きでした……!
個人的には2人の初エッチを終えたあと悠叶くんの「首曲がっちゃうーー」と「可動範囲超えちゃうからーーー」の言い方が個人的に大好きですwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
あと、アニメイト限定版のドラマCD!ですね!アニメイト特典のものは各組共通で修学旅行での自由行動の出来事を収めたものなんですが、恵一くん&悠叶くん回はなんとホテルに戻って隠れてエッチするというもの!声を押し殺して耐えてる恵一くんがめちゃ可愛かったです(*∩ω∩)

個人的にはエッチな部分は少なくとも、最初から最後までキュンキュンしっぱなしだったので是非ともおすすめしたいです(♡´▽`♡)

3

丁寧なつくり

主役二人が意識し初めてから恋人になるまで、順序を追って発展していくので自然と物語に入り込めました。
攻めはチャラいお調子者。でも受けに注意されたことをちゃんと反省して真摯に受け止める一面もあり、好感が持てました。
受けは真面目なしっかり者だけどいちご好きっていう可愛い一面もあり。

メイン二人の演技は安定していてさすがです。
ただ若干気になったのが、古川さんの声のトーンと演技が良い意味で素、悪い意味で軽すぎるというかちょっと手抜き感を感じてしまいました。
素の古川さんに近いというか、演技してる感があまりなかったので、佐藤さんの作り込んだキャラとの温度差を感じてしまった部分はあります。

でも、真剣な部分や絡みシーンでの落ち着いたトーンはその分ギャップがあり萌えられました。
佐藤さんの喘ぎも可愛い!
特に浴衣エッチは息ピッタリでエロかったので大満足です。

第2、3段も楽しみにしてます。

1

悠叶くん男前っ!

手を出すかどうか悩んでいたのですが、皆さまの高評価を拝見し、アニメイト盤を購入いたしました。

一時間目から五時間目までは、かなり丁寧に二人の関係やお互いの家庭等が描かれ、六時間目に告白で、放課後は初えっち…ふだんはチャラっとしているのに、イザって時は恵ちゃんの事をすっごく思いやってる悠叶くんの男前さに感動すら覚えました。

アニメイト限定盤のほうは、浴衣えっちで…悠叶くんの心の声が『恵ちゃんカワイイ~』と連呼していますが、そんな悠叶くんも可愛いです。そして、隣の部屋に生徒が戻ってくる演出で、声を我慢してる恵ちゃんも楽しめます。そんな恵ちゃんを囁いて煽る悠叶くん、すごい。台詞にもありますが沖縄関係ないけどね。

キャストのお二方の演技力はさすがで、何も考えずに物語に入り込めます。
そして先生は新垣さんなんですね…これは先生の番もあるんでしょうか…、と期待です。

4

男子高生の会話のリアル感たっぷり!

ジャケ絵も可愛い、キャストもよくってBGMもうるさくない、特典も充実していて、かなり手堅い1枚ではないでしょうか。

攻めの古川さんは明るいリア充。
古川さんの演技のテンションが高すぎるのかテンポが良すぎるのか、本当にチャラチャラして聞こえるのがスゴイ(;^ω^)
ちょっと上滑りして聞こえるなぁ…と思っていたのですが、その演技が中盤以降、ギャップとして生きて来ます。
この攻めさん、チャラチャラ明るいだけの子じゃありません。
告白の場面での低音や、Hシーンでの囁きなどの変化が素晴らしく、トラブル時には受けさんを支える男気もあります。
また、殴られた時の「ヴッ!!」という呻きや、すっとぼけた「なになに~?」など、クルクル表情が変わるキャラクターを、とても細やかに演じられていて、一緒に笑っちゃう場面がたくさんありましたよ。
古川さんの演技に引っ張られた作品という感じがしました。
序盤ちょっと風邪声っぽかったのが残念かな。

受けの佐藤さんはしっかり者の委員長。
普段は真面目なキャラなのに、失敗して赤面したり、好意を向けられてうろたえたり、トラブルに余裕をなくしたり、ひとつひとつの演技が丁寧ですごく可愛かったです(´ω`*)
真面目なあまりに、攻めさんと噛み合わない部分がたくさんあるのですが、男同士のHの知識が全然なく、攻めさんが「デスヨネ~」と苦笑する場面などもお気の毒で笑ってしまいました。

二人の軽快なやりとり、コメディちっくな返しや台詞、会話のオチなどは聴いていて絶対笑ってしまいます。
メインの二人の息がバッチリ合っているのは当然で、さらに台詞(台本)が良いのかなぁ。とにかくすごくリアル感があって楽しかったです。

受けさんの幼い兄妹のお声にも和みました。
声だけで、ちゃんと男の子と女の子って分かる!
可愛い~(*ノωノ)

そして、教師役が新垣樽助さんなのですが、この配役がブックレットにもHPも掲載されていないのです。
サプライズ??なんでしょうか?
大変驚きました!

攻めの名前があすまで、受けの名前があすかです。
何か理由があるのかと思って聴いていましたが、最後まで特に何もなかったです…、出席番号順の席順ということなのかな。
あと、勝手に男子校だと思っていたので、急に女子の台詞があった時は何が起きたのかと思いましたw

CDの最後に、出演のお二人が地の声で、役柄と名前を静かに言い合って終わるのが、余韻があって素敵でした。
聴いた後、とっても幸せな気持ちになれるので、鬼リピ決定です。

このシリーズが人気作品になって、続編やアフターストーリー、新垣さんのスピンオフなど、色々と展開されたら楽しいなと思いました。
贅沢を言えば、3部作購入特典は、アニメイトもリレートークCDにして欲しかったなぁ~(^^ゞ(アニメイトはイラストカードなんです)

7

真面目色っぽサトタクさん受けと、チャラ可愛エロ攻め古川さん!

安定のキャスト( *´艸`)

佐藤さん演じる受けは、クラスの委員長で真面目な性格。家には、幼い兄弟がいてご飯を作ったりとお母さん業もこなす素敵なお兄ちゃんです。
古川さん演じる攻めは、受けのクラスメイトでお調子者です。途中である事件が起こるのですが、そこではとても頼りがいのあるところも見せてくれます。
どちらも男子高校生らしい可愛らしさを持ちつつ、キャストのお二人の色っぽさも垣間見えるのがたまりませんね(*´ω`*)

5

好きって何度も伝えて、誠実さと甘えでね。

 キャスト買いです。
安定の演技力で、もう脳内にその情景やお顔が目に浮かぶようでした。

 まずは受け様の恵ちゃん役の佐藤さん。
真面目で情に厚くて。
 キスも初めてなんじゃない?とからかわれて歯をぶつける勢いで自分からキスをしちゃって「キスがなんだって?」と挑発的に言ってみたり、そのくせ居残りをちゃんとやったのに対して「最後までやって偉かったな」と頭なでなでしてみたり。
どやしつける時の低めの声と、優しいお兄ちゃんの柔らかな声のギャップがとってもよかったです。

 攻め様の悠叶役の古川さん。
お調子者だけど、いざって時は頼りになる一面もあり。
「お邪魔しましたぁぁぁぁぁぁぁぁ」って走り去っていく様子などなど、とにかくコミカルな演技がいかにも男子高校生ってノリと勢いで楽しくて楽しくて。

 ただのクラスメイトの時の会話も楽しかったのですが、恋人になってのえちシーンに入る前の会話も楽しい。
悠叶の「下はどこまで抜けばいいでしょうか」って早口確認。
体育の時もエロく見えるって言われての恵ちゃんの全力での「やめろ」
など、あげればキリが無いくらいかわいい男子高校生ぶり。

 いざえちシーン入れば、時々顔を出す古川さんの余裕のないオスっぷりがいい!!
ほぼずっと入ってる荒い息遣いもステキ。
それに翻弄される佐藤さんのだめとらめの中間のようなとろとろになってるお声と喘ぎ声。
はぁぁぁ、ずっと聞いてられまする。

 アニメイト限定盤は、沖縄での修学旅行での自由行動。
同じグループのメンバーに根回しして2人きりで過ごせるようにしていた悠叶。
恋人と浴衣でいちゃいちゃしたいっていうお願いを叶えてもらうという。
「口でしてあげめから」と言われて「ハァ!?」って素っ頓狂な声をあげる恵ちゃんの同様ぶり。
そのままイかされて「お前ホントに…」って涙目になってる恵ちゃんが目に浮かんでかわいかったー。
触るだけ、もっと堪能したい、と甘え上手な悠叶となんだかんだで最後までされちゃう恵ちゃんで、エロさ満点。



 ただのクラスメイトの2人が、この2人はイチゴパンツをきっかけに気になる存在になり好きっていう感情が芽生えて恋人になる。
これからのカップルもとっても楽しみになった1組目の2人でした。
ありがとうございます。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ