つくものはなし(3)

tsukumo no hanashi

つくものはなし(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3
平均
4 / 5
神率
33.3%
作画
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
シリーズ
つくものはなし
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784344841826

あらすじ

強面イケメンに女装男子、猫耳おじさん、二重人格美青年に和洋美少年――彼ら付喪神たちの棲む喫茶店を継ぐ決意をした桂太は! ?

表題作つくものはなし(3)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

謎が少しずつ明らかになってきました

『つくものはなし』の3巻目。

3巻は、表紙でも描かれているように蘭芳のお話でした。蘭芳が付喪神になった理由が解明されるストーリー。

人間だった蘭芳の孫である夏雨という青年が訪れ、そこから蘭芳の二面性のある性格の理由とか、切ない彼の過去の話が綴られていきます。今まで受け身でしかなかった付喪神たちですが、蘭芳の話はやや行動的で今後の彼の動向にも注目したい。

そして、3巻は付喪神の過去の話だけではなくって、土地を売るように嫌がらせをされたり、またヤマナシがなぜ急に姿を消したのか、不可思議だったアメの存在といったストーリーの軸になる部分も明らかになりはじめ、ストーリーが大きく動き出した感があります。

BL要素はほぼ皆無で、BLというよりもファンタジーモノの様相を呈しています。BLと思って読むと若干肩透かしを食う作品かもしれませんが、ストーリーとしては文句なく面白く、今後の展開が非常に気になります。けれど、そろそろBL展開をぶちこんでくれても良いんじゃないかな、と思いつつ。

そして、3巻もアメはイケメンだった…。
パジャマ姿になってもカッコいいアメに萌えまくる桂太に、激しく共感してしまったワタクシでした。

2
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ