甘えるなら真夜中に

amaerunara mayonaka ni

甘えるなら真夜中に
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
70
評価数
19
平均
3.8 / 5
神率
42.1%
著者
麻倉唯 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784758077996

あらすじ

モデルの悠人は、ある夜酔った勢いでバーテンダーの巽を抱いてしまう。
翌朝、巽は何事もなかったかのように悠人を送り出した。
そんな巽のことが気になった悠人は巽のBARに通うようになり、二人は閉店後の店内で一緒に飲む仲になる。
すると悠人は、酔ったふりをして巽にキスしてしまい、苦し紛れに「酔うとキス魔になる」という嘘を吐いた。
その嘘は次第にエスカレートしていき…。

表題作甘えるなら真夜中に

古賀悠人(人懐っこいモデル)
巽(バーテンダー)

その他の収録作品

  • Bonus Track
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

動きの少ないシナリオ展開

ワンコモデル×クールな美人バーテンダーの体から始まるお話。

酔った勢いのまま関係を持ってしまったモデルの悠人とバーテンダーの巽。
慌てる悠人に巽は何でもないように振る舞うが、実は人懐っこい悠人が可愛くて受け入れてしまったのでした。

悠人に愛犬の花ちゃんを重ねて可愛がる巽さんですが、本当に可愛いワンコ攻めです。
巽さん大好きな熱視線が可愛いのであって、受けっぽさが漂うものではなく、ちゃんとかっこいい男の子です。

その後は、すっかり巽さんに懐いた悠人と、そんな悠人が可愛くて仕方ない巽さんの微妙な関係が続き、本当はお互い好きなのに探り合い。
悠人は酔うと優しい巽さんに甘えてキスをねだり、それに対して巽さんは、酔わなければ何もしないのか、悠人の気持ちが見えずに戸惑います。

ある夜、しびれを切らした巽さんが、お酒と偽ってジュースを出し、悠人の反応を見ようとします。
悠人は巽さんの意図をはかりかねつつ、酔ったふりをして触れる。
酔ってないのに触っても怒らない…酔ってなくても触れてくれる…想いを確認し合い、改めて体を重ねる二人です。

無事恋人になった後は、モテる悠人の女性関係に嫉妬する巽さんの姿が描かれます。
それまで、じゃれつくワンコと余裕のあるお兄さんだった二人ですが、巽さんの嫉妬でワンコのちょっと腹黒Sな一面が垣間見える感じです。

ワンコとほだされ美人のキャラクターはいいんですが、展開が早くやや説明不足で、舞台も巽さんのお店か部屋ばかりで世界が狭く感じます。
エロはそこそこ多め。幼さのある可愛らしい絵柄ですが、エロはきっちりエロく美しいです。
とは言え、濃厚エロを堪能するタイプではなく、シナリオも足早な傾向なので、全体的に薄味な印象です。

1

お酒を絡めた恋の駆け引き

甘えんぼわんこ系モデルの悠人(攻め)と
美人でシェイカーを持つ手がエッチ(個人的感想)な
バーテンダー、巽(受け)。

お酒に弱い悠人が巽のバーで酔い潰れ、
介抱した巽を半ば強引に抱いてしまいますが
巽は愛犬(花ちゃん)に似た悠人の可愛さに拒めずに
受け入れて、平静を装うけれど内心は焦っていて…

巽が感情があまり出ないクールな印象だったので
可愛い悠人に惹かれて、唇も身体も許していく時の
乱れた表情がすごくセクシーでした。

後半、悠人が女性とのスクープ写真を取られ、
巽は不安になり心穏やかでいられず…
悠人より大人であろう巽が嫉妬して拗ねて、
悠人が誤解を解き仲直りしてからのえっち…という
お約束のパターンも微笑ましかったです。

悠人のライバルは花ちゃんです(笑)

巽の嫉妬以上の大きな波もなく緩やかにお話が進み、
ちょっと淡々としたかんじもしましたが…。
絵が繊細でふたりの身体のラインが綺麗!
犬扱いされちゃう悠人の可愛さと巽の色っぽさとで
最後まで楽しく読めました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ