碧にとけるジェリーフィッシュ

ao ni tokeru jelly fish

碧にとけるジェリーフィッシュ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×28
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
145
評価数
36
平均
4.1 / 5
神率
52.8%
著者
麻倉唯 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801979130

あらすじ

旅行で南の島にやってきて早々、海に落ちた碧。
目を覚ますと謎の青年にキス[人口呼吸]されていて――。
その青年・大河は海で溺れた自分を助けてくれたようで
なりゆきで島のガイドをお願いすることに。

滞在中、泳ぎを教えてもらったり食事をしたりと
人懐こい大河と一緒に過ごすうちに距離が近づいていくふたり。

表題作碧にとけるジェリーフィッシュ

伊波 大河,22歳,島の観光ガイド
真白 碧,26歳,広告代理店デザイナー

その他の収録作品

  • 「雪にとける」描き下ろし
  • あとがき
  • カバー下漫画

レビュー投稿数6

確かに

皆さまのレビュー通り駆け足感は否めません。
出来れば上下巻でじっくりゆっくり読みたかった。
でもそう思うほど、個人的には素敵なお話でした。
そしてもう絵が好き!
世間体を気にして気持ちが離れたわけではないのに別れようと告げられてしまった主人公の、傷心旅行先の島で出会った男性と恋に落ちるストーリー 。
旅先で癒されて慰められるとつい恋に落ちてしまう気持ちはよくわかる。
元カレも登場するけどとってもいい人で円満に終わるし、攻めくんと父親とのわだかまりもうまくまとまってハッピーハッピーエンド。
ツッコミたい所はあるけど、一冊でこの纏まりは大満足!
今後小さなすれ違いや喧嘩があっても逃げたりしないでずっと2人で幸せに、と願わずにはいられない(笑)

1

美しい島で、

彼氏にフラレた碧が傷心旅行で訪れた島で出会った現地の青年・大河とのお話でした。

彼氏と一緒に来るはずだった島へ、ひとり癒やされるためにやってきた碧。島の観光ガイドをしている大河と知り合って、泳ぎを教えてもらったり美しい場所へ連れて行ってもらったり。
日常とは離れた場所で仲良くなった大河に自分がゲイだと打ち明けてしまうくらい心を開き、やがて恋が始まっていくわけです。

とてもキレイな絵柄なので島の様子もより美しく見えたし、なによりふたりの絡みがとってもエロかった〜!
わりとエロが多めでしたが南の島という開放的な雰囲気も手伝って、知り合って間もないふたりの濃厚な絡みもスッと受け入れることができたかなという感じでした。

元カレさんが島に迎えに来たかと思えば、いつの間にか大河と碧が一生一緒にいることを決めていたり(笑)
出会って10日も経っていないのに気が早いな〜と思ったりもしたけれど、ふたりが良ければそれでヨシ!…なのかな?と思うことにしました。

かなり駆け足な展開だったので気になる部分は結構ありましたが、ふたりが幸せだと思えるところに落ち着いていたので良かったです。

2

流れの早さが新幹線。

絵柄最高に綺麗で試し読みで一気に惹かれて購入させていただきました。
濡れ場もそれが最高に生かされてました(尊)2人の体格の違いも、そしてなんと言っても褐色!!!褐色万歳民には堪らなかったです。
なんといっても少女漫画の「きゅん」をこれでもかと詰め込んだ胸キュンシーンの連発に思わず「出た〜」と声を漏らしてしまいました。もう一生分の少女漫画展開浴びた気がします(笑)

ここまで踏まえると、お??なら神評価で良くね???となるかもしれませんが。ちるちる様で評価を見て購入する!という方のためにも包み隠さず「ん?」となった点を作者様を思うと心苦しいのですが書き記したいと思います。

まずストーリー重視!の方にはお勧めできないかもです。もうですね話の流れが新幹線とか超えて流れ星並みです!!!まぁ〜早い!早すぎるんですよね、、。なんか当て馬くんらしいひとでてきたと思ったらあっさり引き下がるし、父親から反対されてるぽいと思ったらあっさり承諾するし。そういう2人の物語の「反」があっさりしすぎてて見てて「いや、なんでやねん」とシンプルなツッコミを入れてしまいました。元彼に至ってはあっさり諦めすぎて「いや、なんで追いかけてきたん?」と私が島の人ならつっこんでます。

そしてなんといっても死ぬほど主人公(碧)に共感できません‼️月9主演なら総叩きくらっててもおかしくない軽さですよ。最初あんだけ傷心しといて出会ってすぐそこらの男と「生涯」語る仲になってますから。読み終わった後これしか思わなかったです。『いや、この人絶対また誰かと恋に落ちるやん』。とまぁ心の変化とかじわじわ愛を育んでいく系のお話大好きマンな私にとっては少し、いやかなり置いていかれた感が半端なかったです。普通に続編出るなら「浮気編」と題して攻めの父親とイチャコラする漫画でそうな主人公くんでした。こんな長々と申し訳ありませんでした。あくまで私個人の意見でございます( ; ; )

17

評価に困った

試し読みまでして電子で購入したんですが、何だか思ってたのと違うというのが正直な気持ちでした。

絵は表紙も試し読みも全編通しても綺麗でした。特に大河の身体のラインとか色気があって、そこが購入を決めた点でした。

ですが、とても評価に困ったのがストーリー構成です、めちゃくちゃ詰め込み過ぎでした。
碧を振った元カレ智哉と大河との共通点と相違点を、双方を登場させる事で描きたかったのだと思います。

比べるのは良いのですが元カレは登場させなくても比べられますよね?なんだかお話があちこち行ってて、それなのにエロまで描こうとしてるから凄く忙しい印象でした。

簡単に関係を持つ大河と碧にも違和感でしたが、親との関係をそのままに碧に復縁を迫る智哉にも違和感を感じました。

ここで智哉との違いを描きたいが為にか、大河が碧を連れて父親に会いに行くんです。この後の展開がご都合主義に感じてしまいました。

それぞれの結末を描くのだったらこの一冊では足りないですよね。
描きたい事は分かるのですが、お話の取捨選択が出来て無いように感じました。

もしものお話になってしまいますが、智哉が親と決着を付けて碧を迎えに来て上手く復縁出来たお話でも面白かったのかなと妄想してみました。

初めての作家さまでしたが、過去作のレビューをちゃんと読んでから購入するべきだったかもしれません。絵は凄く好みだっただけに残念です。

1

絵が上手いけど話は・・・?

絵は上手い方ですね
表紙詐欺とかではなくちゃんと中身も綺麗な絵です
ストーリーの面白さはなかったです

3

展開が急過ぎて 

絵が綺麗で、
南国の雰囲気に癒されました。
小麦色大河はかっこいいです。
エッチシーンも良かったです。 

失恋に落ち込んで、海に溺れた碧が大河に救われた。

2人の距離が高速で近づいて、
セックスして・・・付き合うこととなった。

碧は失恋で精神状況が不安定だし、大河が碧の元恋人に似ているから、大河に惹かれたのを理解できるが、
大河は何で碧に執着するのかわからないです・・・。

そしてーー急に組のお話!?
雰囲気に合わないと思います・・・。

個人的な感想ですが、
全体的に展開が急過ぎて、
2人の感情も、ストーリーもついて行けないです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う