SMごっこ

smgokko

SMごっこ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神91
  • 萌×238
  • 萌19
  • 中立16
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
18
得点
680
評価数
171
平均
4.1 / 5
神率
53.2%
著者
三井椿 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784758077026

あらすじ

「いいよ、あんたの好きにして」

秋久は目を覚ますと裸で拘束されていた。
目の前にいる青年は合意の上の状況だと言う。
反論する秋久だったが、昨夜ゲイバーで出会った彼に
「君の本当の魅力を教えてあげる」と言われ、
自ら身を委ねたことを思い出し…

表題作SMごっこ

静流
秋久

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数18

最の高

もともと、SMもの大好きで色んな作品を読みましたが、ここまで本格的にやってくれてるのははじめてではないでしょうか?
出会いや、恋人になるプロセスなんてどーでもいいんです!
プレイの中から芽生える信頼と愛がしっかり描かれていて感服致しました。
受けの最初のツンツンさは、ほぼ初めの数ページのみで、後は攻めの責めに翻弄されて可愛くなってしまっているのがとてもよかった。
攻めの得体のしれなさと、優しげなのに命令口調のギャップに激萌えです!
浣腸プレイ最高かな。

5年後の二人にキュンキュンしました。
受けが完全に開花しきっていて気持ち良さそうな顔がたまりません。
もっと二人の現在を見たいと思いました。
今後も同人誌などで描く予定とのことで楽しみです。

6

その後も読みたい

SM本です。苦手な方はご注意を。

最高でした…!彼氏にフラれてヤケ酒していた秋久と、その店に訪れた静流が出会います。魅力を引き出すという静流に、酔った勢いで「あんたの好きにして」と言った秋久は、拘束された上に、Mに目覚めさせられていきます。

浣腸、拘束、鞭、ソフトではない本格的なプレイの凄さもありますが、そこから信頼と愛情が生まれて行く様子が最高です…!やっぱりSMは愛がなければ!でも、鞭は痛そうで可哀想…といいながらも萌えましたけど。

受が被虐体質なお話は見た事がありましたが、こちらのお話は攻の静流が本物の嗜虐体質の持ち主で、プレイを楽しんでいる様子がありありとわかります。秋久も最初は怖がっていたのに、我慢したり静流の手を嬉しがる姿が可愛かった。プレイ中の秋久の表情が可愛くて萌えました。

イラストも綺麗で、文句なしの神評価です。
そして、あとがきにその後の予定も書いてあり、ぜひ書籍化してほしい…と思いました。

5

好みが分かれるかもしれないです

pixivでお見かけした時からファンだったので単行本が出ると聞いて発売日に本屋に走りましたが(歩きました)4.5軒探したのになく、3日後くらいにメイトさんで見つけて購入しました。スカのシーンなどはきれいな感じに収まっていましたが過激なシーンが結構がっつりあるのでお好きな方以外はお買いになる前に作者さんのpixivなどご覧になって判断すると良いかと思います!
自分は趣味ドンピシャでとても良かったです!

5

もっとこんなマンガが読みたい!!

・愛のあるSM

・浣腸などスカ多め

・絵が綺麗

・道具が細かく描かれている

・結構リアルに描かれている

SMとスカ好きな人にはおすすめです

ストーリー的にはもう少し掘り下げて欲しかったです

小説ではありますが、マンガでは少ないのでもっと増えてほしいジャンルです

SMとしては最高でした!!

作者さんの次回作にも期待したいです

pixivにも投稿されていて、他のプレイも見れます

気になる方是非見てみてください

良かったです!

4

ごっこでは済まない、本格的なSM

SMごっことタイトルにありますが、とても本格的に描かれてます(プレイ的にも、精神的にも)
スカが苦手な人には、オススメしませんが…
私は今まで読んできたSMの作品の中でかなりのトップクラス(マンガ部門)です!
作者さんの絵柄にもとても綺麗で惹かれるものもありましたし、これからもぜひぜひ商業誌で連載してほしいです

大学生でとても綺麗な受の秋久くんがふられて、バーでかなり酔い潰れる所から物語は始まるのですが、メガネの一見おだやかな攻の静流に誘われ、付いて行き、愚痴をきいてもらって、眠りから覚めて気がついたら、秋久くんはなぜか拘束具に縛られている‼︎
そこから、様々なSMプレイが始まって、秋久くんは静流くんに恋人になって欲しいと告げられ、心の葛藤をしながら、主人と奴隷との関係性を少しずつ築いて行くのです
ただ単に性欲を満たすだけの関係性じゃない攻めの形が見えます
そして、まだまだ静流に謎がある所にとても興味がそそられます
若いのにマンションの最上階に住んでて、SMの本格的プレイルームを持ってる所とか?どんな職業なのか?

3

続編出るかなぁ

とても面白いお話でした。といっても、ストーリー性はあまりなかったです。まあ、SMが好きな私には、とてもありがたかったですけどね。
いろいろなプレイがあって、読んでいて「あ~こういう攻め方もあるのか~」と納得。
例えば、この作品で一番多かったと思われる、浣腸。洗浄しているシーンがまあまあ多かったです。受けの秋久が、悶える表情が、とてもそそりました。
いきなり、5年後になったのは、びっくりでした。「え!もう5年?私なにもしらないんだけど」みたいな感じでした。ですが、続編が出そうな気がするので、とりあえずまちます。5年後になると、流石に調教されていて、いい感じでした。
続編に期待できる、とても面白かった作品です。

0

アブノーマルな部屋で

インタビューで気になり購入しました。

秋久は振られてバーでヤケ酒していた時、静流という男と知り合う。
目覚めると素っ裸で拘束されており…。

拘束にスカトロにスパンキング!
初っ端から「おぉぅ…」となりました。
静流は穏やかで丁寧な口調ながらプレイは本格的で、これぞSって感じでゾクゾクします。
秋久は元々ノーマルな性指向だったが、静流の調教を忘れられずにまた静流を訪ねるという。
Mの要素を持ってたのを、静流は見抜いてたのか、はたまた羞恥と痛みと快感により開花させたのか…。

付き合うまでと、付き合って5年後の様子が一話載ってますが、あとがきによると本来描きたいのは、付き合ったその後だそうです。
続きはpixivや同人誌との事ですが、商業誌で読みたいです…。
いつかまた商業誌にまとめてくれたらいいなぁ。

SMという特殊な内容でしたが、絵柄が綺麗なため嫌悪感無く読めました。
とはいえ、勿論の事ながらSM耐性無い方は避けておいた方が無難かと思います(^^;;

4

スカ多めですが読みやすいです

スカトロが大好きなので期待に胸を膨らませて読ませていただきました。

浣腸から排泄までしっかり描かれており、省略されてなくてとても嬉しかったです。
高圧浣腸とシリンジ浣腸が出てきますが、アナルプラグで栓をしたり、お道具で責めたり、浣腸液が入ったまま挿入したり、排泄させるまでの流れだけでも3パターンあって美味しいです。
浣腸の醍醐味は、排泄を我慢している苦悶の姿と、出してしまった時の屈辱感に満ちた姿の双方にあると思っています。ですので、出すまでの間に攻めが受けにいろいろ施してくれると、快楽と苦痛に苛まれる受けの絶品の表情が見れますよね。
汚物愛好のスカではなく、羞恥プレイの一種として描かれていると思いますので、スカには興味があるけど心配……という方にもチャレンジしていただけるのでは?

その他にもスパンキングや尿道プレイなどもあり、楽しく読み進めることが出来ます。
いろんな拘束具が出てくるのも良いですね。

ただ、あくまでもSMごっこです。可愛い男の子2人がいちゃいちゃしてるところが見せ場でもある、と考えたほうがいいでしょう。ガチのSMではありませんので、さほど得意で無い方にも取っつきやすいのではないかな、と思います。
心理的な深みも含めて、人間性や尊厳にも及んでくるSMを望むのであれば、向いていないかもしれません。
しかし排泄管理は信頼と服従の基本、と思うと、スカシーンが多いのも頷けますし、むしろそこは本当にポイントが高いです!

惜しむらくはスカのシーンで、汚物をもう少し汚物らしく描いてあると、より臨場感が高まったのでは、と思います。
あぁ、こんな綺麗な子が汚いことをさせられている、と思わせることにより、受けの屈辱感がさらに深く伝わると思うのです。

これからもハードなご本を描いてくださるとありがたいなぁと思い、楽しみにさせていただきます。

3

放射冷却

ページ数って何ページですか?

攻めの方が個人的に好きです

普段から静かで、プレイルームでも淡々としている所がエエです。プレイ中以外は優しいのがギャップもあり素敵です。対して受けが綺麗だけれどお口悪くて、攻めの趣味に染まっていく所がいいです。途中時間が飛ぶ所にある扉絵が二人の関係の変化をよく表していると思います。この作品で描かれていない時間や、これからのことがまた見れたら幸いです。

0

電子配信は8/31まで。

紙本のネット通販はどこも品切れ、電子書籍も配信は8/31までとなっています。
作者さんのpixivによると重版は決まっているそうですが、電子配信をやめてしまうのはなぜだろう?

拘束、鞭打ち、スカトロ(大も小も)と、わりと本格的なSMプレイが描かれていますが、気持ち的な部分は掘り下げが甘いので、SMプレイが好きかどうかで評価が分かれると思います。

SMは、SがMを隷属させているように見えて、Mの欲求をSが察知してギリギリのところまで責めるもので、実はSによるMへのご奉仕だと聞いたことがあります。
それと、Mには己の快楽を追求するタイプと、奉仕や要求にこたえる事を喜びとするタイプがいるそうで(オオヒラヨウ先生『フラット-flat-』より)、なかなか奥深い性愛のはずなんですが…

本作はSMプレイは本格的なものの、Sは責めたいだけ、Mは好奇心と快楽に引きずられているだけで、精神的な性愛の奥行きはほぼ無く…
作者さんはSM萌え属性のようだけど、プレイ重視派なのかな?絵はすごく綺麗なのに深みがなかったのが残念…
私としては「プレイルームだけのごっこ遊びとして割り切ろう。あの部屋以外では恋人として君を傷つけることはしない」って攻めの普段の優しげな感じのほうが好きだし、ツンデレ美人の受けのビジュアルも良いし、この作者さんの絵ならSMじゃない普通の話の方が萌えられそう。

次作に期待したいのですが、一迅社って作家を育てる気があるんだろうか?
編集を通して、このあとがき?って疑問が…
同人作品に出版オファーするのはいいとして、相手は素人さん、出版するにあたって体裁を整えてください。
「本来描きたいのはその後のお話。同人紙かpixivで2人の話は続く予定」とありましたが、この本を買った読者がそれを読んでどう思うか…続きは雑誌で連載すれば良いのに。
以前も一迅社の本で「続きは同人誌で」というのを見かけて、個人発表作が良かったらまた本にしてやる的なスタイル、作家さんの才能を使い捨ててるようで気分が悪い。編集で携わってこその出版権でしょ!

絵が綺麗な作家さんなので、ちゃんと編集が機能してる雑誌で描いて欲しいです。

24

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ