SMごっこ

smgokko

SMごっこ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神109
  • 萌×249
  • 萌22
  • 中立22
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
28
得点
829
評価数
212
平均
4.1 / 5
神率
51.4%
著者
三井椿 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784758077026

あらすじ

「いいよ、あんたの好きにして」

秋久は目を覚ますと裸で拘束されていた。
目の前にいる青年は合意の上の状況だと言う。
反論する秋久だったが、昨夜ゲイバーで出会った彼に
「君の本当の魅力を教えてあげる」と言われ、
自ら身を委ねたことを思い出し…

表題作SMごっこ

静流
秋久

レビュー投稿数28

SMという特殊性癖

痛いことされたりするし受けは最初かなり痛がったり嫌がるのでそうゆうのが地雷な方は注意です

今更ながらレビュー
言い方は悪いですけど、一般から逸脱した性癖を持っている攻めが受けを開発と調教していくお話

わたし自身が歪んだ性癖を持ってる攻めが好きで読みました
もう何回読んだかわからないくらい読んでます
2次元だから読めたしファンタジーとして区切りをつけているから楽しめたんだろうけどこれが3次元になると多分みれない。

攻めは本格的なサディストです。ソフトではないです。本物です。
縛って開発して調教してご主人様になります。
でもこの攻めかなり男前で自分が歪んだ性癖であることを1回目の事後だけど受けにしっかり伝えてます
さらに飴と鞭がお上手でわかってらっしゃる
鞭で打ったり蔑んだりするんだけれどそれで勃つんですからすごいプレイですよね
特殊な性癖故に攻めは受けにヤらされているのではなく同意の上でヤってもらっているっていうのがないとただの暴行になると話す
この辺でSMの真髄を知ったというか、違った形の愛があるのかと思った

受けはSMプレイで違う自分を見つけ興味を持ってもっと知りたいと感じる様になってしまい、特殊プレイの道をすすむようになるのだが
それはつまり同意の上ということなのでここから彼らのプレイを1つの行為として見ることができるようになった
普通のセックスでもある一連の動作が彼らにとってはSMのプレイ
終われば飴が待っているしなんとも上手く纏めてくれている

ソフトSMは読んでいたがここまで拘ったものは見たことがなかったしすごく新鮮で刺さった

もっと調教され変わっていく受けがみたい
Mへと開発されていく過程をみたい

プレイも勿論だが心情変化とか歪んだ攻めの部分もう少しみたい
とにかく続編がみたいです
ドラマCDの方もすごかったのでぜひとも…

0

未知なる扉が開けた瞬間

『SMごっこ』のタイトルに釣られてみたら、
「ごっこ」どころではありませんでした(笑)

かなり本格的でガチなSMですので、苦手な方は回れ右→

物語は失恋した秋久がゲイバーで飲んだくれていたところに
静流とその友人が現れ、声をかけるところから始まります。

そして、出会ったその夜、初めてのSMプレイを経て、
明久と静流が恋人になるまでと数年後の二人が少しだけ描かれますが、
きっと本書におけるメインはそうしたストーリー部分ではなく、
本格的SMの部分なんだろうと感じました。

愛ゆえに傷つけ、愛ゆえに痛みを受け容れる。
SMという行為を通じて描かれるその愛の形は
容易には理解しがたいものでした。

けれど、一方でどんな姿も受け容れられる
というのは最大の執着であり、最大の依存。
そして、究極の愛なのではないだろうか、と。

そこにあるのは二人だけの世界で、二人だけがわかりあえる愛があって、
誰にも割り込む隙などないその世界は深く美しく、もはや耽美の領域でした。

SMに興味があるかといえば、特別興味があるわけでもなく、
秋久が苦痛に顔を歪めれば痛そう…と歯を食いしばってしまいます。

けれど、そんな歪な関係で繋がりながらも
そこには決して一方的ではなく、互いに想い合う愛があり、
そんな二人の関係性にとても魅了されました。

元々秋久はSMが好きなわけでもなく、Mでもない。
初めての時には痛みに喘ぎ、そのアブノーマルな行為にも怯えていました。
けれど、逃げようと思えば逃げられるのにそれをしなかったのは
与えられる痛みが刹那的な性欲によるものではなく、本物の愛だと、
自分が静流から愛されている証だと信じられたから。

静流はどんな自分であっても「美しい」と受け容れてくれるという
信頼があったからこそ、傷つけられながらもその愛に応えようと
痛みを受け容れられたのだと思います。

正直、SMという未知の世界に衝撃を受け、戸惑いは多かったです。
だけど、それと同時に二人の愛が揺らぎなく、
ものすごい純愛に見えてしまったんですよね。
だからかな、ものすごく惹きつけられてしまいました。

いつか、その後の二人やプレイルーム外の
日常的な二人の甘いお話も読んでみたいなぁ…

1

SMも色々種類がある

男性向けSMとかだと、女性が痛い思いをしているのが多くて、全然うーん…という感じなので、いや、それ痛いでしょ、という感じ。女性向けSMと男性向けSMではかなり違う。
それと同じように、モブの人たちに襲われちゃうけど、やたらモブの人たちが丁寧に前戯を施してくれるのもBLらしさといえばそうなんだけど…。
という、真ん中を突っ切っていったSM系の作品だなーと思います。

SMには色々あると思うけれど、痛めつけたい衝動を持っているとかではなくて
好きな子が怯えたり、泣いたり、苦しいとかの表情をされると、もう猛っちゃってたまらない!というところに囚われちゃう性癖の男性なので
痛めつけたい訳ではないけど、性欲方向にはそれを持ち込むというSMの大前提がわかっていないと、あんまり楽しめないかもしれません。

そして、自分のことを一番に考えてほしいのです。プレイの時には。
自分に屈して泣かれたりすると、もうたまらんのです。Sの人は。
そしてアレコレを好きな相手にしてて、お好みの顔をされると手放せないという。


そういう、ちょっとマニアックな本当の?SMの風味があるので
「いやん、快楽堕ちなんてっ」という種類ではなく
精神的な従属すら肉体的に背負わせていくという…。でもプレイルーム出たら、普通の人たちに戻るよ、という感じで
一線引いているところが上手です。

SM慣れている人だと、もーだめ!というラインがあるとお互いに決めている言葉があって、それを言うとプレイ終了とかあったりするんですが(あくまでプレイだから)
この二人はもっと根本的に、精神的な枷みたいなのを作り上げているので
攻めも考えながらプレイしつつも相手を落としていく、という過程が書かれています。
上手だなと思いながら見てました。

個人的には、お尻を開発されて、あんなことーこんなことー
されている彼が見たいです。

Sの彼はかなり受けの子に執着しているのです。そして、自分好みに育てたいと思っている、…まあ変態の話なんですケド。
私は好きです。続き出ないかな。

2

作者さんの言う「その後」が読みたい

結構前に読んだきりでした。
そのときはBL自体初心者だったので、さらに上級編のSMには到底理解が及ばず。
「うわー、ないわー」としか思わなかった記憶があります。

今回再読してびっくり。
嫌悪感しかなかった2人の間に愛が見えてしまった。
どうしたことでしょう。

プレイとしての嗜好だけであれば、きっと再読したところで印象は変わらなかったと思うのです。「変なものを見てしまった!」という嫌悪感と、その行為に愛情のかけらも感じないまま、レビューも「ここが気持ち悪かったー」とか「ないわー」とか「地雷を踏みに行ってしまいました」で終了だったはずです。

でも愛が見えてしまいましたよ。結構しっかりと。
プレイに付き合ってくれるから離せないんじゃなくて、静流はすごく秋久を愛してるんですよね。
秋久も流されてるだけじゃなくて、ちゃんと静流を愛してるんだな、と。
それだけにお尻調教から一気に5年後まで飛んでしまったのが残念でした。
その5年の間に何があったのか仔細に、微細に、知りたい。
そこ、すごく大事。

そもそも地雷が多いのでSM苦手だし、攻め受けに力関係とか主従があるのは理解できない派ですが、新しい扉が開いたのかもしれません。
絵が綺麗で清潔感が漂っているからすんなり再読できたのかも。
地雷多めの方にこそ読んでみてほしいです。

1

※注:浣腸目当てで買いました

 ストーリー、エロ、アブノーマル、ラブ…どこを取っても全体的に薄味。珍しさや話題性、チャレンジ精神はあると思うけれど、この高評価ほどでは…と言うのが正直な感想です。

 恐らく、腐歴が長く様々なBLを嗜んできた方、または他ジャンルのエロスも見てきたような読者なら、驚かないような控えめな描写です。
 
 レビューや概要を一切見ずに読み始めたら、浣腸や若干ハードなプレイが出てきて衝撃を受けるのかもしれない。でも最初からそれが目当てで手に取ると刺激が足りないと思います。

 そもそも秋久はマゾじゃない。プレイ自体は合意の上で始めたとしても、ただ嫌だって怯えて泣きながら、一方的に静流がやりたいプレイを押し付けられているようにしか見えなかったです。
 
 望んで調教してもらう、あるいはゾクゾクしながら喜びに目覚めていくMと、本当に相手が嫌がる事はしないSが好きな私とは、SM感が合わず萌えられませんでした…。

 エロを求めるには迫力不足かも。顔のアップや遠目から見た全身像が多く、肝心のもっと見たい!な場面が見えない気がする。
 強調するべき部位のアップや、何コマか使った丁寧な動きの描写がもう少し欲しかったように思います。

 浣腸を複数回描いた姿勢は素晴らしい、18禁本では無いので汚物を描けとは言わない。
 ですが、我慢している時の心情描写、擬音、何より焦らし具合が足りない。液を排泄するシーンも、遠目から見たような描写が少ないコマ数であっさりしています。
 
 お漏らし(小)も少しありますが、個人的にこういうのは漏らす瞬間が無いと、気持ちが盛り上がらないですね…。

 あくまでもスカトロでは無くSMがメインなので、ここにあまり期待し過ぎてはいけないのでしょう。でも全くそういうのに触れて来なかった読者なら、新しい世界を覗けるのかもしれません。
  
 …と、暑苦しいエロエロBL好きな私の匙で量ると、辛口な感想になってしまうのですが、繊細タッチのイラストや少女漫画系の綺麗な雰囲気を好み、情緒も大切にしたい方が、ちょっとハード目なSMモノを読んでみたいな、ってなるとこの作品は向いているのかもしれませんね。
 もしかすると、拘束プレイや泣き顔が好きな人は結構楽しめるかもしれません。

 プレイだけが目当てで手に取ると、イラストや設定が萌え属性から外れていたり、ストーリーが物足りなかったりして失敗する事が多いのは学習してきたつもりなんですが、浣腸は滅多にないレア物だからついつい手が伸びちゃうんですよね。

0

プレイシーンを楽しむ本

あとがきにも書かれてる通り、pixivや同人誌止まりで単行本出される予定はないのかな?電子配信も一瞬で無くなってしまって幻の作品感があります。

◾︎静流×秋久
奉仕のSMは最近結構描かれる気がしますが、こちらは調教のSMです。そして拘束具や腸内洗浄をしっかり描くガッツリSM!スカ描写は珍しい!奉仕よりSがキツくて厳し目に見えますが、奉仕を強調する作品よりはSM感を損なわずに楽しめる。やっぱり信頼関係が何より大事だなぁ。

この一冊はプレイシーンが読みたい人向け。

0

ちょっと好みじゃなかったな~

SMモノ好きなんですよ。

ただ、なんちゅ~か、SMにもいろいろありまして…こちはらハードSMですね。

個人的に好きな「お道具やらなんやらで受をイキっぱなしにさせて「苦しい!怖い!もうイキたくないっ!」て苛め方」をするやつはソフトSMに分類されるのですね。

片やこちらは鞭アリ緊縛アリのハードSM。調教されて目覚めていく受の姿はなかなか見応えがあったのですが、なんか萌えなかった…やっぱこう、初めて会った時にちゃんと説明せずにほとんどなし崩しでプレイ始めちゃったからかな。

そして、本当に嫌だと思ったら何がなんでもプレイ部屋から逃げてくださいて…手足を棒に縛り付けられてどーしろと…汗

なんちゅ~か、もうちょっと糖度が高めだと好みだったかもしれない。

0

最高

CDを聞いてから本を購入しましたがとてもいいです、本物のSMって感じがします。スカトロのシーンもあるので苦手な人は気をつけた方が良いと思います、またロウソクを使うシーンもあるのでそこも要注意です私はスカトロなど好きなのですごく性癖に刺さりました。CDを聞いてると子宮がなんかキューってなります。個人的には攻めが敬語で攻めていて、受けが口が少し悪いのをそんな口調でもの言ってもいいのですかと攻めが言うシーンがとても好きです。

1

SとMの関係を突き詰めて

まずgateauからってのが意外でした。
なんとなくgateauてほんわかイメージがあって
こんな攻めた作品出すイメージがあまりなかったので。
あとこの作品は電子では販売が止まってしまっているので
読みたい場合は電子派の方も紙本でどうぞ。

ガッツリSMなのでそういうの苦手な人は注意。
逆にゆるっとSMに物足りなさを感じていた人は読むべき作品のひとつだと思います。

最後ポンっと時間飛ぶんですけど、
作者さんは続き描かれる的なこと書いていたので
続き読みたいな。
たぶん同人誌?

1

敘述故事的手法寫實

我很喜歡《SMごっこ》,都沒有什麼題材是SM,所以能看到有後續真是太好了。SM Play 很少畫得這麽詳細還很專業,能把二次元畫得這麼寫實,也實在是夠厲害的。我真覺得,作為漫畫題材來說並不多見,挺新穎的,況且BDSM 可能因為是小眾所以漫畫就更少(2017年時還算是小眾,這兩年來,突然大幅度的出現SM劇情相關的題材,因此三井椿老師應該算是始祖)。

從第一本的《SMごっこ》內容是介紹他們是怎麼認識,怎麼開始的D/s的關係,描述静流如何帶領秋久去進行調教。而《ごっこ遊び 監禁調教》這本,則是繼續完成這二個人的各種Play,裡頭有各種穿環的Play,尤其老師敘述故事的手法都很寫實,所以看起來非常能夠感同身受,老實說我真懷疑老師是不是有親身體驗過,或是在旁邊觀看呢?哈哈!就我所知,老師的的確確有參考書以外,還是BDSM的愛好者,所以才會開啟這方面的大門吧(笑)。

靜流跟秋久在BDSM當中的關係,其實較偏為D/s, Dominance & Submission (支配與臣服) 主從關係 D&s, D/s, or Ds,請大家不要把D/s和S/m(施虐與受虐)搞混。D/s是比較偏向于心理層面的部分。而技術是一方面,Dom 對sub的心理控制才是更主要的,疼痛和接受度倒是其次。當然無論是哪一種關係,最重要的『安全詞』。

Dom 在操作上必須注意工具的消毒衛生是非常重要的。而一個好的 Dom 一定會有完善的事後照料這一塊,這一點就可以很明顯的了解,靜流真的是難得一見的好Dom,在後續照顧的無微不至,連小細節都有注意到,之後我會在講到(不過在Play的時候,還是可以讓秋久痛得哇哇叫)。正所謂「好的攻帶你上天堂,不好的攻直接帶你進套房。」所以,即使人人都可以當 Dom 但能讓大家都稱讚的Dom,不是這麼簡單的!這是要經過訓練的!一定要找一個認真負責任的Dom,才能上天堂。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う