いとしの猫っ毛

いとしの猫っ毛
レビュー数
136
得点
2827
評価数
659
平均
4.4 / 5
神率
66%
神数
435

日常生活の中にある切なくも暖かい二人のドラマ

みいくんが大家をする「またたび荘」へ小樽から恋人の猫っ毛なけいちゃんがやってくるところからはじまります。
恋人がポルノ小説家だしオカマさんやシングルマザーの夜の蝶やマージャンばっかりなみいくの先輩など個性豊かな下宿人の仲間入りすることになったけいちゃん。
付き合ってすぐから遠距離ははじまった二人はいい年してまだキスどまり!!
ゲイなみいくんはノンケなけいちゃんに対してチキンでなかなか進展しない。
恋愛に不慣れなけいちゃんと恋に臆病なみいくんの少しだけさみしくてあったかくなるお話です。

いとしの猫っ毛 心にストンと落っこちてきて、ぬくぬくする日だまりのようなお話

ひらひら舞う桜の下じゃれあう二人、あおい海とアイス味のキス、カサカサ落ち葉のダブルベッド、小樽の冬、二人の白い始まりの思い出。まずこの漫画を開くと、そんな四季折々 情緒的な描写に胸を打たれます。
みーくんのほうは真正のゲイってこともあってかな、恋愛対象としての恵ちゃんへのラブを感じます。
きっと幼馴染同士、周りの人たちには分らないような理解しあってる部分とかもあるんだろうな。
みーくんが寂しさのあまり浮気してしまっていたけど、そういうのも、恵ちゃんは許すとか許さないとかそんなんじゃなくて、二人が育てた絆があったからこそ、分かり合えるんだろうなと思いました。

いとしの猫っ毛(2) 何度くっついても、何度でも恋におちるという、実はすごく相思相愛のCP

前作よりも、一歩大人の関係に踏み出す二人です。
お互いに健康な成人男性、好きな相手と同居していてやりたくないわけがない。
大所帯な上、個性的な人ばかりでいい雰囲気になってもなかなかそうもいかず、だけど住人はみんないい人で、ふざけながらも二人を応援しています。そこが人情味あふれていて、憎めないところ。
本当に、ごくありふれた日常がそのまま描かれているといった感じなのですが、注意していなければ見過ごしてしまいそうな、些細な出来事が多めに描かれているといった感じです。物語とか恋愛というよりも、何だか等身大の二人の日常という方がぴったりなのかも知れません。

いとしの猫っ毛 小樽篇 「君の人生を変えてしまってごめん」

猫っ毛シリーズで異色の切なシリアスなお話。2人の高校時代のお話です。 猫っ毛シリーズがとても好きでどの巻も比べられないくらい大好きですが、涙が止まらなくなるのがこの小樽編です。
小さいころからお隣同士で仲良く育ったみいくんとけいちゃん。出会った頃からけいちゃんに想いを寄せてきたみいくんは、彼の親友でありながら、けいちゃんをオカズにオナニーをする虚しい日々を送っていました。自分が何よりも恐れるのはけいちゃんとの今の関係が崩れてしまうこと。それを守るために、甘えたな本性を隠して、けいちゃんに親友として接するみいくんに胸が痛みました。

いとしの猫っ毛(3) またたび荘に自分も一緒に住んでいるような感覚になる

今作では本編のほのぼのした感じに回帰し、さらにお互いに対する愛情の深まりの過程も見られて幸せでした。
雲田先生の画風はフワフワと優しくて、この2人のお話にぴったりだなぁと毎回読みながらしみじみと思っています。
全体的に2人が可愛くて可愛くて、萌えて萌えて仕方がなかったです!何度可愛いを連呼したことか!本当に萌えました!
みいくんとけいちゃんの思いのアンバランスさを、どう歩み寄って、どう埋めていくのか、それをゆっくり丁寧に描いてきた感じで、それはそれで、それなりに楽しくはあったけど、ようやっと、この二人の関係が、ここまでたどり着いてくれて、なんというか、感無量です。

 

いとしの猫っ毛(4) あたたかな愛情が沁みます

みぃくんとけーちゃんの過ごして来た時間を遡りみぃくんと背負った運命と向きあった4巻です。
みいくんの過去に一区切りつきます。七回忌で初めてお墓参りに行きます。
家族に迎えられて、ちゃんとカップルで。相変わらずラブラブで。そんな二人に思わずにやけてしまう。
脱童貞したからか、ちょっぴり大人の色香が漂う恵ちゃんもなかなかによかったですね。
今までリバップルってなんとも思わなかったけど、とても素敵です。
キャラクターから「攻め」「受け」というラベルが剥がれたのもとても新鮮でした。

いとしの猫っ毛(5) 1年でここまで到達できたのは、充分、上出来

けいちゃんが東京に出てきて丸1年、二人が一緒に暮らし始めてから1年の5巻。
恵ちゃんが「いやなことはいや」と言えるようになっていたり、みいくんのおばあちゃまと仲良くしてたり。
いつもは冷たい春樹くんが北原さんにちょっと優しくしてたり。1冊丸ごと甘い空気が漂っていました。
このリアルな時間と共に進む感情の変化が素晴らしいと思います。
そこからはやはりウルウル……、切なく幸せに涙がにじむ。
その温かく満たされた思いに呼応するように、最後の数ページはカラーになり、桜の下ノスタルジックな記念撮影のような場面で一区切り、後書きへと続く。
これで完結でも大満足なのだけれど、後書きによるとまだ続くようです。

いとしの猫っ毛 ドラマCD 初々しさ100%

今まで色んな役の色んなトーンの鈴木さんの演技をを聞いて来ましたけど、役によって本当に全然違うのでそれだけ上手なんだと改めて思いました。鈴木さんの演技の上手さは勿論、幅の広さも感じた作品でした。
キャラクターの性格や人間関係に関しては「?」と小首をかしげる様な不思議さがあります。
そこがまたキャラクターとしての魅力に繋がっているので、私的には物語を彩る一種のスパイスかなと思っています。
みいくん役の鳥海さん。ヘタレなチキン野郎を見事に演じてました。
恵ちゃんの天然?な部分に振り回されて一喜一憂というか。3枚目ちっくな部分とかも聞きやすかったです。

いとしの猫っ毛(2) ドラマCD ベテランって余裕がある、貫禄が違う

絶叫に次ぐ絶叫など鳥海さんのコミカルな演技を堪能できます。
ブリっ子の鈴木さんの破壊力を思い知りますね。ほんわかした話だけど、演技が濃密。
後半は若干2人に不穏な気配が漂いますが、基本終始幸せそうにラブラブイチャイチャしてる恵ちゃんとみいくんに思わずにやにや。
ゆっちが本当に可愛くて…女性陣の子供演技が本当に素晴らしかったです…!

作品一覧

  • 絞り込み
発売日

指定なし

  • 指定なし
  • 2ヶ月前
  • 先月
  • 先週
  • 今週
  • 今月
  • 来月
  • 2ヶ月以上
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
いとしの猫っ毛

いとしの猫っ毛 コミック

雲田はるこ 

出版社:リブレ

発売日:

価格:¥638(税抜)

神数
64
レビュー数
23
得点
535

花菱美三郎,ポルノ小説家,24歳

沢田恵一,会社員,24歳

閉じる

いとしの猫っ毛番外篇

いとしの猫っ毛番外篇 コミック

雲田はるこ 

出版社:リブレ

発売日:

価格:¥665(税抜)

神数
29
レビュー数
9
得点
175

花菱美三郎・東京に出てきて一年目

沢田恵一・小樽の大学生

いとしの猫っ毛(2)

いとしの猫っ毛(2) コミック

雲田はるこ 

出版社:リブレ

発売日:

価格:¥638(税抜)

神数
65
レビュー数
19
得点
442

花菱美三郎,ポルノ小説家,24歳

沢田恵一,会社員24歳

閉じる

いとしの猫っ毛(3)

いとしの猫っ毛(3) コミック

雲田はるこ 

出版社:リブレ

発売日:

価格:¥657(税抜)

神数
84
レビュー数
15
得点
511

花菱美三郎(みいくん),ポルノ作家・またたび荘大家

沢田恵一(恵ちゃん),会社員

いとしの猫っ毛(4)

いとしの猫っ毛(4) コミック

雲田はるこ 

出版社:リブレ

発売日:

神数
67
レビュー数
14
得点
393

花菱美三郎(みいくん),ポルノ作家,またたび荘大家

沢田恵一(恵ちゃん),会社員

いとしの猫っ毛(5)初回限定版

いとしの猫っ毛(5)初回限定版 コミック

雲田はるこ 

出版社:リブレ

発売日:

価格:¥838(税抜)

神数
41
レビュー数
6
得点
241

花菱美三郎(みいくん),ポルノ作家,またたび荘大家

沢田恵一(恵ちゃん),会社員

いとしの猫っ毛(5)【通常版】

いとしの猫っ毛(5)【通常版】 電子 コミック

雲田はるこ 

出版社:リブレ

発売日:

神数
3
レビュー数
0
得点
18

閉じる

いとしの猫っ毛 小樽篇

いとしの猫っ毛 小樽篇 コミック

雲田はるこ 

出版社:リブレ

発売日:

価格:¥638(税抜)

神数
132
レビュー数
28
得点
737

高校生 花菱美三郎(みいくん)

高校生 お隣に住む同い年の 沢田恵一(恵ちゃん)

閉じる

まるごとねこっけ~雲田はるこ『いとしの猫っ毛』トリビュートブック~

まるごとねこっけ~雲田はるこ『いとしの猫っ毛』トリビュートブック~ コミック

雲田はるこ 

出版社:リブレ

発売日:

価格:¥600(税抜)

神数
9
レビュー数
7
得点
90

花菱美三郎,ポルノ小説家,24歳

沢田恵一,会社員,24歳

閉じる

いとしの猫っ毛トリビュートブック「よみきりCitron 2015 Spring」初回限定小冊子

いとしの猫っ毛トリビュートブック「よみきりCitron 2015 Spring」初回限定小冊子 小冊子

やまだないと  スケラッコ  荒井よしみ  木村ヒデサト  明本由  紀伊カンナ  コタケ  はらだ  入江喜和  今市子  横井周子 

出版社:リブレ

発売日:

神数
1
レビュー数
4
得点
20

花菱美三郎(みいくん),ポルノ作家,またたび荘大家

沢田恵一(恵ちゃん),会社員

閉じる

「いとしの猫っ毛」BE-BOY GOLD 2017年12月号付録CD専用ケース

「いとしの猫っ毛」BE-BOY GOLD 2017年12月号付録CD専用ケース グッズ

発売日:

神数
0
レビュー数
0
得点
0

閉じる

PAGE TOP
  • 基本情報
  • 作品一覧