行きたい場所「被写界深度」応募者限定小冊子2018

ikitaibasho

行きたい場所「被写界深度」応募者限定小冊子2018
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

39

レビュー数
2
得点
36
評価数
9
平均
4.1 / 5
神率
44.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小冊子
出版社
大洋図書
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
「被写界深度」上下巻

あらすじ

「被写界深度」の上下巻2冊の帯についている応募券を応募用紙に添付したものと600円の自己負担金で応募できた全サの小冊子(残念ながら応募は終了しています)。

久々のデートでドライブに出かけた二人。水族館に行き、その後…。

表題作行きたい場所「被写界深度」応募者限定小冊子2018

紺野遼平
早川秀一郎

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

やっぱり心残りが…

『被写界深度 上下巻』で応募できた小冊子。
紺ちゃんと早川のドライブ&水族館デート編です。
表紙は暗い水族館の中で遠景の二人の顔にうっすら光が当たっている絵で、お互いが海の底で見つけた光みたいな雰囲気があってすごく素敵です♪

ドライブ中に水族館を見つけ、紺ちゃんが写真を撮りたそうなので、その後は早川の行きたいところに行く約束で寄り道。
水槽のトンネルを歩いたり、アシカ?&飼育員の顔抜きパネルで遊んだり、二人はほのぼのデートを楽しみます。

そして早川の行きたいところといったら… ラブホです!
だって紺ちゃんは早川が挿れて欲しくてアレコレしてくるのを見ていたいからって、焦らしまくって挿れてくれないんだもん。
早川の紺ちゃんと繋がりたい欲求は爆発寸前です。(私のそのシーンが見たい欲求も…)

でも男二人でラブホ入室はお断りされてしまって、早川の背中はしょんぼり。
そして紺ちゃんが「早川の行きたいところ」と指差した先にあるのは車!
屋外カーエッチです!

でも必需品とか準備はしてないので、やっぱり最後まではいきません。
あんなに挿れて欲しがってたくせに、紺ちゃんに押し付けられて、準備してないのにって慌てちゃう早川がかわいい♪

最後まではいってないけど、絵はものすっごーーーくエッチです! 
(全サの描き方が変わってしまったら嫌だからハッキリは言いませんが、”ノーストレス”で楽しめます!苑生先生、大洋図書さん、ありがとう!)

絵も内容も大満足です!でもやっぱり早川の野望が叶ってないのが残念…
いつか短編で見せてくれたらいいなぁ。
苑生先生の次回作も待ち焦がれてます!

3

微笑ましい内容なのだけれど

「被写界深度」の上下巻の帯についている応募用紙+応募券に、自己負担金600円で応募できた描き下ろし小冊子(残念ながら応募はすでに終了しています)。

表紙+裏表紙にコミック部分は16P。
紺ちゃんがカメラマン、という事を意識しているのか、表紙がまるで写真のようなきれいなイラストです。

内容は、というと。ネタバレ含んでいます。ご注意を。




タイトルは「行きたい場所」。
時系列は本編終了後。早川くん視点のお話です。

久々のデートでドライブに出かけた二人。
行き先を決めずにゆるっと出かけた二人ですが、「写真を撮りたい」という紺ちゃんの希望で水族館に行くことに。

水族館に行った後は自分の行きたいところに付き合って。

という早川くんとともに、二人連れだって水族館へ。
水族館を満喫した二人は、その後早川くんが行きたがっていた「場所」へ赴くが…。

早川くんの行きたかった場所とはラブホ。
本編でも最後まで致していない彼ら。出かけた先で初エッチに持ち込みたかった早川くんですが―。

意気揚々とホテルへ向かった二人ですが、そこで彼らを待ち受けていた現実は男同士での利用はご遠慮いただいています、という切ないもの。紺ちゃんに抱かれたくて策を練っていた早川くんのしょんぼり具合をみた紺ちゃんが提案した案が笑えます。

結局、この小冊子でも最後まで致しておりません。紺ちゃんの野望はまだまだ達成ならず。触りっこ、そして素股どまり。

なのですが。

局部にですね、修正が一切かかっていません。あれ、これって応募するときR18指定あったっけ?と思ってしまうくらい、がっつりtnkが描かれてます。問題ないのかなあ…、とちょっと心配になってしまうくらいのがっつり描写でした。

無修正のtnkに驚きましたが、この小冊子で描かれているのは二人の仲睦まじい様子。お互いべタ惚れで、そして大切に想っている内面が読み取れて幸せな気持ちになりました。

早川くんの「紺ちゃんに抱かれたい」という願望は成就していませんし、その後の彼らの話も読んでみたいなと思わせる、素敵な小冊子でした。

3
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ