僕たちは明日に向かって生きるのだ

僕たちは明日に向かって生きるのだ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
30
評価数
9
平均
3.3 / 5
神率
11.1%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403661013

あらすじ

ある日突然学校に現れた男たちは、佑を「あげまんの息子」だと言う。自分たちを助けると思って寝てくれないか、と。憤慨しつつも、その力を使えば宝くじの好きな幼なじみ・大野を落とすことができるかもしれないと考えた佑は、力を試すために自分と寝てほしいと大野に迫るが……。蔵王大志の恋愛ガチンコ一本勝負、ついに登場!!

表題作僕たちは明日に向かって生きるのだ

大野諒太 :くじ運がなく押しに弱いワンコ
水落佑 :母の「力」を受け継いだツンデレ息子

その他の収録作品

  • 幸せを受け入れよう

評価・レビューする

レビュー投稿数7

反対語は……

「あげまん」って女性に使う言葉なんですよね…?

じゃあ、男性の場合、それはどういうのかっ!?

「あげちん」???(爆笑)

えー、知識がないから分からない分からない。

誰か知ってる人、
教えてください。

まあ、レビューなんですが、
その「あげまん」を母にもつ主人公・佑(受)が
「あげちん」???の力があるかもしれないということで
学園を巻き込んでの大騒動。

その中で佑が片思いしている親友の諒太(攻)に
アタックしていくわけですが……。

コメディタッチの中でも、
佑の一途さにホロッときます。

ツンデレすぎるゆえに素直になれず、
諒太に想いを伝えられないのに、
「あげちん」の力をジョーカーに使って、
諒太を落とそうとするなんて……。

そんなことしなくても、もっと素直にぶつかれよ!
と、言いたくなります。

まあ、でもそれができないところが
ツンデレたる所以なのでしょうが……。

でも、もともと両思いじゃなかったんですよね…
(私としては、もともと両想い!って流れで
 いてほしかった!)

でも佑から告続き白されて、諒太はどんどん意識するようになり、
勢いでHしてしまう。
うわあー、でも愛の無いHはして欲しくなかったなぁ……

でも、最後両思いになり、
「あげちん」の力の謎も解ける。

ああ、良かった。

佑、長年の思いがかなってよかったね。

1

も、萌えました///

私は特殊能力・人外等が出てくる作品はあまり好きじゃないのですが、
これは面白かった!!
佑の不器用なところが可愛い!なのにエッチには積極的な佑www
諒太は佑のことを「ちゃんと大切にしてる」って感じがしてキュンとしました///
そしてメインの受・攻以外のキャラも無駄な登場がなく作品を支えてる。
笑うところも多かった。

0

面白い~!

幼馴染み同士。
徹底的なヘタレワンコ攻めと、徹底的な女王様受けのラブコメ。
あげまんてw 「まん」ちゃうやろ!と下品なツッコミ入れた私をお許しください。

いやー、めっちゃ面白かったです。
テンションの高いトンデモコメディなんだけど、描き方が上手いからトンデモな感じが全然しない。
受けは攻めをビシバシ殴りつけ遠ざけようとするんだけど、そのすべてが愛ゆえです。やりすぎですが楽しいから無問題。
攻めはかなりお馬鹿なんだけど、受けもかなりお馬鹿で思い込みが激しくて、ひたすら暴走を続けるのが面白くて仕方なかった。
エッチな場面、ことごとく攻めが受けに襲われてグルグルしてるのも私好みでした。可愛いなぁ。萌える。

0

あげまん?

ヘタレ攻めと強気受けかな?
トンチキな設定、ぶっとびな展開、このバカバカ示唆を最後までテンポよく読ませてくれるから蔵王さんは好きです。貴重です。シリアスな小説の挿絵もかっこいいけど、マンガのトンチキ具合も愛さずにはいられません。

強気でトラブルメーカーな受けがかわいいし、まるでめげることのない攻めもあっぱれ。

0

とことん萌える作品

あげまんの母の力を受け継いだ佑は大野くんにどこでどう間違えたか
恋をしてしまうお話です。
ことあるごとに佑は大野に暴力をふるうわけなんです。
大野は「俺嫌われてんのかな」なんて思っていますが
それが佑の「照れ隠し」であること。
そこに萌えですね。(笑)

なかなかくっつかない二人がじれったい!
はやくくっつけよ!って思うはずです。大野君のような性格の人ならば、
きっと受け止めてくれるはず。
とりあえず一発やろうぜ、てきなノリでやってたのには笑いましたw

とにかく誘い受けの佑くんにはたくさん萌えさせていただきました。
ひざつかう、とか可愛すぎることしてくれますので^^;
罪深いです(笑)

0

最近、蔵王さんのBL新刊でないのかな

今回は、幼なじみな二人のお話であります。
佑は、小さい頃に母親をなくして、それをずっと慰めていてくれた大野君に恋
をしているわけですね。
学校でもずっと一緒。部活でも~~な二人。しかし、佑はいつも、大野に暴力
・暴力暴力☆
照れ隠しももちろんあるし、男を好きになって、相手からも好きになってもら
えるはずが無い。だから、こうすればきっと大野は自分から離れていくに違いな
い。と思ったわけですな。
そんなある日、テレビで「裕子」という名前は「あげまん」が多いという特集
をしていた。そして、自分の母親も裕子。そして、苗字までピッタリあげまん気
質な母親の息子ということで、狙われ始めるわけです。
困った話。しかし、何よりもクジが大好きな大野君。もしも自分があげまんの
息子で、その力があるのなら、男同士という非生産的なものにも、ぎゃくに価値
がでくるのではないか・・という話なんですね。

まあ・・大野君からしても、佑に好意があるわけで、そんな遠回りは必要ない
わけですが・・。みたいな。
とりあえず佑の一人問答が面白かったww
「クジ運があるかどうか試させ続きてくれ」って乗るしww

そんな佑がさ・・・可愛いと思う反面・・正直ウザイです。
一人からまわりww


しかし、しかしですよ皆さん!!なんでさ、こうさ~~~恋する受け少年は可
愛いんでしょうね。
つねに、ツンケン、暴力な反発少年が、急に可愛く笑ってみたり、ほほを赤ら
めてみたり、ハアハアしてるのを見ると・・・とっても興奮いたします。
大野君と共鳴♪♪
うらやましすぎるぜ大野!!


で、まあ・・最初のトライでは、クジはハズレまして、あげまん効果なし!?
な感じだったんですが、相思相愛になったとたんに、運気上昇!!
う・・うらやましい。クジあたりまくりだし。
クジ買わなくても何かしら運上昇中!すごっ・・。


まあ、うん。でも普通に楽しい一作かな~~と。おもいますよ。
相変わらず受美人だしね。

1

敢えて伏字で紹介します

性行為をした相手に幸運を与えるという
母の力を受け継いだ受。彼が長年片思いを
していたのはことごとく受に勝てずくじ運も
無い攻。
何も気付かぬ様にしていた彼等がある日
自分の状況に気付いて暴走してしまったと
したら?

幸運と恋愛のバランス配分を実に楽しく
コメディ仕立てにしています。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ