バイアス恋愛回路

bias renai kairo

バイアス恋愛回路
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない6

149

レビュー数
6
得点
33
評価数
16
平均
2.5 / 5
神率
6.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403524561

あらすじ

誰とも付き合ったことがない響は、恋をしたことがないという一つ上の十時から
『恋愛の先生』にされてしまい……? 
恋愛音痴×片恋専門の恋♥

表題作バイアス恋愛回路

十時佑仁、響の片恋相手の友人で大学生
仲条響、恋愛対象が男性の大学生

その他の収録作品

  • フィードバック恋愛回路
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

攻めが好きになれない

栗城さんと言えば薄幸健気受け。のイメージがありますが、この作品の受けくん・響も良い感じの健気くんでした。

内容はすでに書いてくださっているので感想を。




なんていうのかな。
もう一声ほしい、という感じ。

とにかく攻めのクズっぷりが半端ない。
作中では「恋愛音痴だから」というのが免罪符になっていますが、人としてナイな、というのが正直な感想。

この十時という青年は、なまじビジュアルが良い男なので今まで「恋愛」において自分から攻めていったことがない。とにかくモテるんです。そういったバックボーンがあるにせよ、「好き」という気持ち以前に、人の感情に疎すぎる。

で、この十時という青年の好感度をさらに下げているのが、彼の最低な仲間たち。

そもそも、十時の友人である倉持を、響が好きになったのがきっかけ。
両想いになれるはずもなく、でも、ただ倉持を見ていられればそれで幸せ。
そんな響の切ない恋心が、倉持には気持ち悪かった。
そういう倉持の気持ちはわからなくはない。

が、あそこまでする必要はなかったよね。

人前で罵倒したり、水の入ったコップを響に投げつけたり。
挙句の果てに友たちと一緒になって「Nさん」という蔑称で呼び、そして陰口を言う。

十時はそこまでの悪意はなかったようですが、でも、そんな程度の低い仲間とつるみ、いさめることもしなかった、という時点で十時の程度も知れるというもの。

個人的に健気受けがドストライクにツボという事もあって、十時を健気に想う響に萌えが滾ってしまったのだけれど、とにかく十時&彼の仲間たち、にドン引きしてしまったのでいまいち萌えきれず。

で、十時たちに嘲笑われていた響が、なぜ、その後すぐに十時とセックスまでしちゃうかな…。

全く萌えないというわけではなかったのですが、そのあたりの展開の仕方にモヤモヤ。

一方、響の友人である岩間くん。
彼がめっちゃ好きでした。

彼メインのスピンオフ作品を描いてほしいな。
女の子大好き、みたいだけど。

終盤に十時視点でのストーリーが収録されていて、そこで彼の気持ちが書き記されていましたし、最後の栗城さんのあとがきを読むことで十時への怒りが若干収まったので、評価は「萌え」で。

カゼキショウさんの挿絵がとにかく可愛かった。
十時たちにからかわれていると知って響が涙をこぼすシーンなんか、もうお上手すぎて、さらに十時たちへの好感度がダダ下がりになりました☆

3

「好意」の定義は難しい

今回は恋愛音痴と言われる大学生と
同性に片恋してばかりの大学生のお話です。

受視点で
片恋ばかりの受様に恋人ができるまでと
攻視点で
攻様が恋のトキメキを実感するまでを収録。

受様の恋愛対象は同性です。

ゲイコミニティに通う事もないので
誰かを好きになっても
その人と両思いになりたいと思った事は
ありませんでした。

今も大学入学時に
ガイダンスの場所を探していた受様に
案内してくれた先輩に
秘かな恋心を抱いていましたが

大学講義で先輩を見かけるだけで
充分に幸せだったのです。

しかし、
相手はそうは思わなかったようで
ある日、面と向かって
「二度と目の前に現れるな」と
不快感丸出しで言い放たれてしまいます。

その場に居合わせた先輩の友人が
彼を諫めてくれますが

その友人にもただ見ているだけでも
彼がストレスを溜め込んでいるからと
距離を置いて欲しいと言われます。

先輩の友人こそ今回の攻様になります♪

先輩の言葉も攻様の言葉も
態度を仕方がないとは思いつつ
受様を深く傷漬けますが

たまたま受様が学食に行った際に
先輩のグループと鉢合わせして
更に彼を怒らせる事態となり

攻様は受様と先輩が近づかない様
監視役として講義の間中、
受様の近くで過ごすようになります。

そうして過ごすうちに
受様は徐々に攻様に打ち解けていき
先輩を見つめる回数も減っていき
攻様と気軽に付き合う時間が
増えていきます。

攻様はゲイよりのバイであり
今まで恋をしたことがない事が判明、
受様を「恋愛の先生」として
恋愛指南まで頼まれてしまいます。

恋愛映画を観に行ったり
少女漫画を貸し借りしたり
花火を一緒に見たり…

攻様にキスまでされた受様は
自覚した恋心を打ち明けるのですが
攻様にはそんなつもりはなかったと
言われてしまうのです。

しかも攻様は
受様の告白を断ったにも関わらず
攻様はその後も受様を遊びに誘い
受様を困惑させます。

実は攻様が受様に接近してきたのには
先輩達のゲスな駆け引きがあって!?

雑誌掲載作のタイトル作に
攻視点の続編を書き下ろして文庫化です。

恋をしても見ているだけだった受様と
恋愛音痴で恋をしたことがなかった攻様の
ズレズレな恋愛模様を描いたラブコメです。

受様はゲイである自分の恋が
実る見込みはないとは思っていても
ただ相手を見られるだけで
幸せという純な控えめな大学生です。

しかし、
受様が恋した相手は同じ同性から
ただ見つめられるだけという
プレッシャーに耐えられず攻様を使って
受様を遠ざけようとするのです。

そんな攻様事情を知った受様は
大ショックで大学まで休んで
攻様との接触を避けるようのですが

避けられた攻様も
受様に避けられてる理由を
変に曲解して呆然自失になり
不眠で体調まで崩すのですよ。

こんなニブチンな攻様が
受様への気持ちを自覚して
受様に許されて
受様が恋を実らせるまで
攻様の言動が予想外過ぎて
面白かったです♪

ただ、雑誌掲載時に読んだ時は
攻様の鈍さが言い訳めいているというか
無理やりな感じも否めなず
ちょっと消化不良だったのですが

今回続編で攻様視点で
攻様の心情がいろいろと吐露されて
ようやく納得できました。

初恋もまだな攻様は
少女漫画の恋がバイブルで
理想が高かったというのが
実感できる後日談でした。

受様の友人に
自覚もなく惚気ているシーンが
とっても面白かったです。

結局攻様は
モテすぎて恋人は沢山できたけど
恋に理想を求め過ぎてて
長続きしなかったのかな(笑)

受様に捨てられないように
頑張らないと駄目だよ~ (^-^)

今回は受様が激ニブなお話で
渡海奈穂さん『学生寮で、後輩と』を
おススメ作としてみます。
ワンコな攻様が頑張ってます(笑)

1

「雑巾しぼり」なんです

カゼキショウ先生の挿絵目当てで購入したのですが、お話もすごく好きでした!随分遠くになってしまった大学時代を楽しく懐かしく思い出させてくれたお話で、「ディアプラス掲載分に加筆したもの170Pほど+攻め視点の本編すぐ後ぐらいのお話60P弱+先生のあとがき」です。好みのタイプどんぴしゃでもないのですが、二人の苦しいもだもだ感にとても共感して神より萌2です。面白かったー。大学時代が楽しかったという方は、私同様、嬉しいのではないかと思います。

お話は、響が心に思っていた倉持から「わざと同じ講義とってない?」と詰め寄られるシーンから始まります。同じ空間に居たいという気持ちから同じ講義を選択していたのですが、倉持は響の視線に気づいていて「ストレスになる」と言われてしまいます。半泣きになった響に、倉持の友人である十時(ととき)がまあまあと仲介に入り・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
上述の倉持(響に最初親切心で声をかけたことがあったらしい)、岩間(響の友達、男前、小柄でチワワ、ポメラニアンみたいらしい)ぐらいかな。

**以下は好きだった箇所

大学時代って、色んな事が自由になり、色んな人と出会い、一気に大人に向かうので、反動で疲れて人間関係が上手くいかなくなることもあると思うのです。そんなことをとても懐かしく思い出せて、嬉しかったです。時間がたって、嫌な事も良かった事も全部丸めて懐かしいという感覚です。そのためか、今回響にどえらく手酷い事をする倉持君を悪くは思えませんでした。きっと彼もいっぱいいっぱいで、後から思い返して彼自身が頭を抱えることになるだろうなあと思うので。

そんなツライことを一生懸命受け止めて乗り越えようとする響は一番柔軟なのでは。
そして一番子供だったのが十時では。

「眠れないんだ」発言に始まり「他の人が好きになったの?」だの「可愛い顔したらキスしたくなるし」だの、「あんた、それ恋だから!」と爆笑しながら十時に突っ込みを入れていたのは私だけではないはずw あんな酷い仕打ちをした十時なのですが、もう可愛くて可愛くて、きゅうきゅうしてしまって、「心臓が雑巾しぼりされてる感じ」という表現に「おお!それだ!その表現だ!」と大興奮でした。

響の友達、岩間くんがこれまたナイスでして。後半は、十時視点に岩間くんが絡んでくるお話で、本当に友達思いでいい子だということが良く分かります。岩間くん視点のSSも欲しいなあ・・

栗城先生の今まで読んだお話の中では一番好きかな。今まで読んでなかった既刊も読んでみます。先生、素敵なお話有難うございました!

2

面倒者同士の恋

大学入学時少し話をしただけの倉持に好意を持ち、ずっと倉持を見続けていて遂にその倉持から気持ち悪いと嫌われます。その倉持の友人である十時が監視のような役割として響と一緒にいます。
この十時は恋愛音痴なので、よく知りもしない相手を好きになれる響を「恋愛の先生」として一緒にいます。

最初は想い合えないからこそずっと見続けているというので、悪い子ではないもののゲイという事で肩身の狭い思いをしていたからこそ良くも悪くも残念な子かなと読み始めは思いました。しかし、一途な面もあり可愛いという印象が強いです。

攻めである十時ですが、読み始めは倉持に嫌われている響にとって良い人だなという印象でした。イケメンなのに恋愛音痴だからこそ、急に壁ドンをしたりと面白い面もありましたが、途中から違和感が出始めました。恋愛音痴と言えば聞こえは良いのですが、少女漫画を読んでいるのだから全部がそんな雷が落ちるような恋ではないはず(どんな本を読んでいるのかとかはあまり細かい描写なし)なのに全部がそうと思い込んでいるし、恋愛音痴だからという事を盾にて勝手な行動ではないのかなと思います。

十時が響と一緒にいる理由が分かった時はかなり印象は最悪でした。その前の行動もちょっとどうかなと思う部分がありましたが、これはかなり酷いなと思いその後2人が付き合い始めても素直に祝福できずという状況でした。

響の最初の想い人であった倉持と友人共がどうも好きになれなかったです。倉持は最初こそよく知りもしない人からストーカーまではいかなとしても、見られているという事もあり、可哀想というか苦労するなと思いました。でも、公然で急に響に水をかけたり、響が意図的に講義を合わせてしまったとはいえ、講義が一緒ならば単位を落とすわけにもいかないし目について仕方ないと思えなかったのかなと思います。
お互い謝罪をし、きっかけは響のせいだしと思いましたが謝罪は形だけで響をネタにして友人達で盛り上がっているという残念共の集まりと一緒にいるという事で十時の良さは半減します。

書き下ろしの短編の十時視点があり、恋愛音痴故に傷つけてしまった事への罪悪感や響がとても好きというのが伝わって来たので少しは印象が良くなりました。自分の想いに気づかずに惚気を聞かされていた岩間はさぞ面倒だっただろうなと思います。
この短編があるのと無いのとでは作品の印象が全く違うのではないかなと思います。

響の友人である岩間がとてもいい人だった分、十時の友人達の悪さが目立っていました。
あとがきにあった、「攻めざまあ展開」や「倉持への事件」などがあればもう少し印象が違っていたのかなと思います。

2

恋は天啓のように訪れるわけじゃない

作家買いです。
大学生の響はゲイを自認していて、好きになった男とも、恋人になりたいとか、お付き合いしたいとか、そんなのは最初から無理だと見つめるだけの片思いを続けてもう1年。
しかし、見つめられている方はそれはそれでストレスが溜まって、ある日とうとう面と向かって気持ち悪いと言い渡されます。
その後もなんやかやあって、片思いしていた相手の友人の十時が、同じ講義の時に監視役兼楯として響の隣に座るようになったのですが、、、。

大学生ともなればさすがに子供ではないけれど、少女マンガみたいな恋の始まりに憧れてるばっかりで、実際に自分の心の中で起きていることが何かがわかってない。
そんな恋愛音痴との恋のお話です。

2

存外可愛いヤツだと思うのです

作家買いです。
こちら、何ともほのぼの甘酸っぱくてちょっぴり切ない、大学生同士の恋愛。
攻めのキャラクターに好き嫌いが分かれるかもしれませんが、個人的にはとても好みの作品でした。



内容です。
片思い相手の大学生・倉持をひっそり見つめ続けた事で、彼から気味が悪いと毛嫌いされてしまった1年後輩の響。
仲裁してくれた倉持の友人・十時と、監視と言う名目で共に過ごすようになります。
二人が親しくなるうちに、十時の恋愛音痴ぶりが発覚。
響の一途な片思いぶりに、恋愛の師匠として指南してくれるように十時から頼まれー・・・と言うものです。


こちら、本編が受けである響視点。書き下ろしが攻めである十時の視点で語られます。

で、栗城先生の書かれる、大らかだけどちょい人間としてダメな部分がある攻め×健気な小動物的受けと言うのが(個人的に)大好物だったりします。
また、この二人の恋愛模様がとにかく可愛い!!
二人で恋愛映画を見に行き、少女漫画を貸し借りし、花火を共に眺める-。
イケメンなのに三枚目的言動が笑わせてくれる十時に、そんな彼に冷静にツッコミを入れる響。二人の会話が面白い上にほのぼのさせてくれます。
と、そんな二人の日常を丁寧に綴る事で、響が十時に惹かれてゆく様を、とても自然に感じさせてくれるんですね。
甘酸っぱい・・・! 甘酸っぱいよ!!

ただですね、ここから怒り心頭の展開。
実は十時が響に近付いたのには、とある理由があってと分かります。
これ、客観的に見ると、十時のやってる事はかなりゲスいんですよ。
私も最初は腹が立って腹が立って!!
また、ここで語られる十時の本心が理解不能。宇宙人来たよー!!

と、本編では引っかかる部分がございますが、十時視点で語られる短編でそれもスッキリ。
何だろうな・・・。彼は宇宙人だと思いましたが、ただ単に超絶鈍い男でした。
もうこの書き下ろし、響がやたら可愛いと言う事と、彼のちょっとした言動が色っぽ過ぎて辛抱堪らんと言う十時のノロケがひたすら綴られてます。鈍いだけじゃなく、脂下がったアホな男だよ・・・。
とりあえず本編では納得いかなかった彼の行動ですが、こちらで「なるほどね」と納得いく感じでしょうか。

ホント、彼のやった事はかなりゲスいし、自身の気持ちに混乱していたとは言え、友達にストップをかける事は出来たと思うのです。
そんなワケで十時に対する好き嫌いが分かれそうな気もしますが・・・。
ただ個人的には、彼はアホだけど存外可愛いヤツだと思うのですよね。深く反省もしてる事ですし!!
そんなワケで『萌2』です。
願わくば、あとがきで書かれていた「攻めザマァ」も読んでみたいですが!(倉持が酷い目にあうお話です)

とりあえず、こうゆう日常系の甘酸っぱい恋愛ものが大好きな私は、とても楽しく読めました。

7
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ