兄さんだけ居ればいい。そう思っていたのに――

ツインストリング

twin string

ツインストリング
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×26
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
102
評価数
27
平均
3.9 / 5
神率
40.7%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
マージナルコミックス
発売日
価格
¥700(税抜)  ¥756(税込)
ISBN
9784575380309

あらすじ

双子の弟の禅は、兄の祥の恋人が大嫌い。ある日、ふたりで営む靴屋にやって来たのは、祥の恋人の弟、櫂斗。あまりのチャラさにドン引きする禅をよそに、櫂斗は禅をロックオン! 双子は兄弟間で「何かしらの感覚」を共有していて、禅たちは視覚、そして櫂斗たちはまさかの“快感"で…!?遺伝子操作の結果、双子しか生まれなくなった世界で2つの兄弟の恋心が揺れ動く、四角関係ラブ! コミックス描き下ろしマンガもたっぷり2エピソード収録!!

表題作ツインストリング

鶴間 遥斗(baleno社 若社長・双子の兄)
祥(双子の兄)靴修理職人

同時収録作品ツインストリング

鶴間 櫂斗(双子の弟)
禅(双子の弟)靴修理店お手伝い

同時収録作品君に届け(描き下ろし)

(攻め受け無し)陸(双子の弟)
(攻め受け無し)兄貴(双子の兄)

その他の収録作品

  • めでたい一日(描き下ろし)
  • ギラギラ(電子限定描き下ろし)
  • カバー下/描き下ろし漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

いろんな愛がぎゅっ!と詰め込まれた作品

発売当初「共感覚」「双子の片方が姿形を変えている世界」といった設定がちょっと私には難しいかもしれない…と思い今まで見送っていたのですが、実際読み始めたらあっと言う間!!
いろんな愛が散りばめられた、暖かくてかわいらしいお話でした。

人口減少に歯止めをかけるため遺伝子組み換えを行った結果、双子しか生まれなくなった世界。その結果、双子の片方が姿形を変えてしまい、双子間ではなんらかの感覚を共有することに。例えば嗅覚、味覚…など、共有する感覚は双子ごとにそれぞれ違っておりそれを「共感覚」と呼びます(祥と禅の共感覚は「視覚」です)。

この作品ではこの「共感覚」のせいか、双子同士の関わりが非常に密に描かれているところも見どころです。

靴の修理の仕事をしている祥は学生時代から若社長・鶴間遥斗と付き合っているのですが、ブラコン気味で、よく熱愛スクープされる鶴間遥斗を快く思っていない禅。
遥斗の代わりに修理中の靴を取りに来た双子の弟・櫂斗にロックオンされてしまいますが、チャラい外見と態度に嫌悪感を隠せません。
でも、話してみると意外とイイ奴である櫂斗と距離を縮める禅でしたが、遥斗と櫂斗には特殊な「共感覚」があって…。

早くに両親を亡くし祥に支えられてきた禅は、自分が邪魔なんじゃないかと密かに悩んでいたり、人前では喧嘩ばかりでも実はお互い信頼しあっている遥斗と櫂斗の兄弟関係であったり、恋愛だけではなく、いたるところに描かれる兄弟愛や、家族愛にほっこりしたり、感動したり…。

禅をひたすら口説く櫂斗ですが、それも実は兄のためであり、それぞれがそれぞれを想う気持ちがたくさん溢れていて、この作品が「恋愛」だけをテーマにしたものではなく、「様々な形の愛」を描きたかったのだなという想いがしっかりと伝わって来ます。

そして、作中に出てくる「外傷の痛覚を共有している双子の少年2人」の描き下ろしがラストに載っているのですが、そこでとうとう我慢出来ず泣いている自分がいました。
近すぎるから、身内だから、かえって素直になれないし、ついつい反発してしまう。
その気持ちが痛いほどよくわかる。
この2人もいつか大人になって、幸せになれるといいな…。

この物語に出会えて良かった。心からそう思える作品でした。

1

共感覚

初読み作家さん。

世界規模の人口減少をくい止める為の遺伝子操作の結果、人類には双子しか生まれず、その片方は獣人化し、双子同士は、程度・種類は様々だけど必ず何らかの感覚を共有する世界。
それぞれ双子の兄弟同士が恋人で、獣人&弟同士、人&兄同士のカップルです。
禅くんのブラコン度が最強なのですが、櫂斗の登場による変化の過程が見ていてきゅんきゅんします。

あと、獣人のコスチュームが可愛いかったです♪
禅くんの尻尾ふりふりも超キュートです♪

4人見てると、祥くんが一番大人だな~と。好きなタイプの受ちゃんです。

それにしても帯を見て視覚共有は理解できたけど、快感共有がイマイチピンときてなかったのですが、読み進めていくうちに・・・これは大変な共感覚だな・・・と。
この先一生だと思うととっても心配になっちゃいました。

あと、本編にも少し出てくるのですが、共感覚が共依存にもなってる双子のお話「君に届け」が描き下ろしとして収録されてるのですが、この双子がすごく気になりました。

1

正直微妙。

作者買いです。
九重さんの作品はすごく好きなのですが、この作品に関しては正直微妙でした。。
まず受の外見。正直女の子にしか見えません。
設定自体や、それぞれの双子がお互いを思い合っている関係性はすごくいいと思うのですが、如何せん受が好きになれない。
ここまで女性っぽい容姿だと、BLじゃなくてもいいのではと思ってしまいます。

あと個人的にしっくりこなかったのが、攻・櫂斗が双子の兄と共有している感覚。
さすがにちょっと…。

九重さんの作品が大好きなだけに、この作品に関しては読後の不満足感がすごかったですね。。

2

櫂斗の体のラインがたまらないです。

九重シャム先生の作品の中で1番好きかもです!禅ちゃんがとにかく可愛い。角も耳も蹄もお尻も可愛い。お尻の模様も可愛い。とにかく可愛い。攻の櫂斗は色黒で逞しくてホクロが色っぽくて、とにかくカッコいい。双子しか産まれなくなった世界で片方が獣人の姿で産まれ、何らかの感覚を共有していて、それは獣人の姿の方が経験した事が相手に伝わる。不思議な世界観です。でもお互いが大事すぎる双子。櫂斗と兄の遥斗の場合は快感共有で櫂斗がいかないと遥斗がいけないって、なんて不便。理解ある恋人が祥で良かったと思った。
九重シャム先生の獣人物の中でも1番素敵だと思う。

1

優しい愛のお話

作家買い。
九重さんと言えばモフモフのイメージですが、新刊もそのイメージを損なうことのないケモ耳さんが主人公のお話でした。


ネタバレ含んでいます。ご注意を。






人口減少に歯止めをかけるべく、遺伝子操作を行い、「双子」しか生まれなくなった世界が舞台。遺伝子操作を繰り返した結果、双子だけが生まれるようになっただけではなく、双子のうち一人はヒト型、もう一人は人獣型で生まれてくるようになったこと、そして、それぞれの双子同士で「何か」の感覚を共有するようにもなっている。

とある双子はどちらか一方が食べたものを、もう一人も同じものを食べたように感じることが出来る、といった感じ。

という、ちょっと特殊な世界観のお話です。

主人公は祥(兄・ヒト型)と禅(弟・人獣型)の双子ちゃん。
基本的に禅くん視点で描かれています。

禅は祥の事が大好き。兄さえいればそれでいい、というくらいのブラコン。
ところが最近祥に恋人ができた。大手コスメ会社の御曹司で、メディアにも露出が多い遥斗だ。極度のブラコンという事もあり、遥斗を毛嫌いしている禅だけれど、ある日遥斗の弟・櫂斗に出会い、そして櫂斗から熱烈なアプローチを受けることになり―。

というお話。

「双子同士で共有する感覚」、というのがこのストーリーのキモになっていて、祥と禅の二人はそれが「視覚」。祥の右目は禅の見たものを映すことが事ができる。

一方の遥斗と櫂斗が共有する「感覚」はいったい…?

遥斗と櫂斗が共有する感覚、のために、彼ら双子は今まで様々な試練を乗り越えてきた。櫂斗は飄々とした捉えどころのない性格をしているためかさほどシリアスな展開にはならないのですが、けれど、彼らの抱えるこの「感覚」が、今までにたくさんの苦労を生んできたのであろうことが読み取れる。

祥と禅。
そして遥斗と櫂斗。
彼らの兄弟愛と、そして祥と遥斗、櫂斗×禅、の二つのCPの恋愛感情。

沢山の愛に満ち溢れた、優しく温かいストーリーでした。

遥斗と櫂斗が共有する「感覚」というバックボーンは、エロに特化した展開にもできたと思うのだけれど、あえてそちらに振り切ってはいない。あくまで「愛情」メインに描かれたストーリー。そこに萌えを感じるか、あるいは物足りなさを感じるか、は完全に好みの問題かと思いますが、個人的にはめっちゃ萌えました。

それと、禅がツンデレちゃんです。
個人的にツンデレってあまり萌えを感じないのですが、彼のツンデレは良い…!すごく可愛いです。

この作品の登場人物たちは、皆が屈折した思いを抱えている。
けれど、そうなってしまったのにはきちんと理由がある。

そんな彼らが、唯一無二の存在と出会い、そして恋に堕ちた。
幸せを手に入れた彼らに、ずっと幸せでいてほしいと願ってやみません。

作中に、もう一組の双子ちゃんが登場しています。
描き下ろしは彼らのお話。

この双子ちゃんにも萌える…!
ぜひともスピンオフを描いていただきたいなあと思っています。

4

やっぱり最高!

ここのところ、大量のBL作品を読んでも読んでもヒットがなく、いよいよ私はBL市場に合わない人間になってしまったのかなぁ、もうこのジャンルのお客さんでいられないのかなぁと思っていたのですが!!

やっぱいいですわ〜九重先生。

何だろうな、圧倒的な他者に対する愛情深さ。相手を大切に思いすぎて、自分をないがしろにする人たちの愛おしさ。好きです!

ここ数年自分が歳をとったせいか、恋愛感情よりも肉親の愛情を描いた作品に惹かれがちです。恋愛だけだと物足りなく感じるようです。なので、九重先生の優しい作品に癒されます。

なおかつ、獣人! もふもふ可愛い。お洋服、可愛い。禅くんのお尻揉みたい!

世界観も独特で楽しかったので、これは是非シリーズ化してほしいです。

6

心を分かち合うということ。そして、もふもふエチ。

表紙とカラー扉絵の水彩色鉛筆で描かれた様な優しいパステルカラーにまず癒されます。世界観の独特さもそうですが、そのファッションセンス‼︎ 独特のセンスですよね。獣人が着る、ということをよく考えられたバランス(下半身が発達している。)で、しかも可愛い♡ 見せパン!鹿なのか、山羊なのか、カモシカなのか。ケンタウロスの直立型の様な獣人が人間型の双子として生まれる世界。そして獣人型の方が持つ共感覚を人間型に否応無く与えてしまう不思議。メインカップルの禅と祥は視覚。櫂斗と遥斗はコメディらしく…。そして、ゲスト的に出てくる兄弟は痛覚。←これが一番シビア。どんどん設定が違う双子が作れそうなので、1巻完結はちょっと物足りないし、カップルの心模様を丁寧に綴るのには足りない気がしました。全員がちゃんと愛されて育った子供たちで、とっても思いやりのある、言わば育ちの良い人達。そして、自身の片割れである双子の兄弟をとても愛情深く見守っている。とても臆病だが、愛に溢れた物語だと思います。もう一つ残念なのは、多分作者が描きたかったのはもふもふエチなんだろうけれど、「2つのカップル」と、あらすじでもうたっているので、もふもふ「じゃない方」のエチも描いて頂きたかった。あ!あらすじでネタバレしてるんですね!そう、快感がリンクするエチシーンを期待したんですよ‼︎‼︎ それがとっても残念です。多分、最大の見どころになった筈‼︎
また、双子が双子である意味というか、櫂斗の仕事の事もそうですし。「好きで大事な人」が解ってくれたらそれでいい、という事では無くて。そこからもう一歩、もう一歩と未来へ踏み出して行って欲しいとも、願うのです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ