嘘と楽園

uso to rakuen

嘘と楽園
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×213
  • 萌12
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
123
評価数
33
平均
3.8 / 5
神率
21.2%
作画
高緒拾 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
沙野風結子 
媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784199607745

あらすじ

沙野風結子&高緒拾のフレッシュコラボが贈るスリリングなエロス‼︎
前科持ちの情報屋と負け知らずの敏腕弁護士の、14年目の再会愛‼︎

「お前は昔から、嘘にまみれているーーー」
限りなく嘘に近い証拠も利用し、無罪を勝ち取る敏腕弁護士・周藤啓人。
ある日突然、14年前に行方を絶った幼馴染みの吾形(あがた)が現れた‼︎
幼い頃に両親を亡くした啓人と同じ施設で育った吾形は、初めて自分を抱いた男だ。
ーーー今さら何が目的で、僕の前に現れたんだ⁉︎
戸惑う啓人に、裁判の有利な情報を流す吾形。その報酬として強引に唇を奪い、「お前と一緒にここに住む」と言い放つが⁉︎

「嘘にまみれたお前を俺が変えてやるーーー」
敏腕弁護士の前に現れた幼馴染みの目的は…⁉︎

表題作嘘と楽園

吾形勲、前科持ちの情報屋
周藤啓人、敏腕弁護士

同時収録作品引っ越しと丼とご挨拶

孝二
イク

その他の収録作品

  • 番外編(小説)あの子の望み
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

いつか、優しく触れられるだけで満たされたらいいな

沙野さんの作品は初めてなので、コミックだと入りやすいかも…と読んでみることに。高緒さんは、栗城偲さんの「玉の輿シリーズ」と木原音瀬さんの「FRAGILE」の挿絵で拝見したことがあり、気になっていました。
とても面白かったです!スリリングな展開に、高緒さんの人物の強い目力がぴったりでした。沙野さんと高緒さんのほかの作品も読んでみたくなりました。

物語は、やり手の若手弁護士・周藤啓人の元に、同じ養護施設出身の吾形勲(アガタ)が14年ぶりに現れて…というサスペンス。普通、サスペンスは読み返しても面白さは半減だと思うのですが、本作品は、読み返すほどに面白さを感じました。
アガタの乱暴なキスもレイプまがいのセックスも、実は、父親の虐待で歪んだ啓人の心を満たしてやりたいから。何より、啓人の嘘の鎧を壊してやりたかったからなのです。分かったうえで読み返すと、アガタの啓人への愛が伝わってきて、すごく萌えます。

そんなアガタに抱かれるたびに、啓人が少しずつ変わっていく描写が、とても良かった。アガタが感じていることが嬉しくて、啓人が自分から口づける姿は可愛く、嘘をやめようと決心した仕事ぶりは、これが啓人の本来の姿なのだろうな、と思いました。裁判に負けた啓人を所長さんが励ますのですが、彼がもっと早く嘘の弁護をやめるよう指導してもよかったのに、とちょっと思ったりして。でも、やっぱり、アガタがいたから啓人は変われたのでしょうね。

全てを打ち明け、想いが通じ合った後のセックスでも、啓人が「嫌だっ、強すぎるっ」、アガタが「嘘つけ、大喜びしてるくせに」と相変わらずなのが、可笑しくて。アガタの心から笑顔を初めて見て、キュンとしてしまいました。彼は本当にいい男ですね。

読み終わって一番強く思ったのは、いつか啓人が優しく触れられるだけで満たされたらいいな、ということ。乱暴なプレイがなくても、気持ちよくなれたらいいな。それは、そんなに先でもなさそうです。巻末の番外編小説で、啓人は自分もアガタに何かをあげたくて、「たくさん…キスされたい」という子どものようなアガタのリクエストに愛おしさでいっぱいになって、たくさんキスをします。与えられて、自分も与えて、そんな愛情に満たされたら、きっと啓人の昔の傷も癒えていくに違いありません。ひたすら優しい二人の触れ合いを見てみたいです。タイトルの「楽園」には、きっとそんな意味があるような気がします。

9

二転三転するストーリーと深い愛情に萌える

沙野さん作品だったので当然のごとく小説だと思っていたので、手に取って初めてコミックだと知った時は衝撃でした。沙野さんの漫画原作はお初ではなかろうか。

という事でレビューを。

主人公は弁護士の啓人。
小学生の時に父親を亡くし、以来養護施設で育った青年。
啓人は勝利を勝ち取ることが多い敏腕弁護士ですが、その手口はかなり強引。正義や道徳心は持ち合わせていない。

その理由は、彼の生育環境による。

男を作り家を出ていった母親。
母親がいなくなった後は父親に虐待されてきた。
だから、どんな場所でもいい。自分の居場所を作りたい。

養護施設に入所した時から、啓人はそれだけを考えてきた。

そんな彼ですが、仲間もいる。
養護施設で同室のアガタ、孝二、そして郁人。
けれど、アガタは事あるごとに啓人にきつく当たる。そして啓人の秘密を知って、半ばゆする形で身体にも手を出してきたけれど、ある日忽然と姿を消して―。

そして、物語は、アガタが突然啓人のもとに姿を現したところからスタートします。

アガタが疾走し、そして啓人の前に再び姿を現した理由。
反発しながらも、アガタを想い続けてきた啓人の心情。
そして、啓人は弁護士としてどうあるべきか。

そういったところを軸に物語は展開していきますが。

いやー、正直、1冊で完結するのかな、と思う中身の濃さでした。たくさんのバックボーンがこの作品には詰まっています。

が、とにかくアガタという青年の、啓人を想う恋心が一途すぎて切なかった。
アガタ自身、親に捨てられた、という形で養護施設に入所しているので、表現の仕方がひねくれちゃってるんですね。啓人を想う気持ちがこじれ捲っている。

けれど、彼の行動の全ては啓人のため。

その想いを啓人に素直に告げていれば、これほどまでにこじれることはなかったと思うのだけれど、彼にはそうするよりほかになかった。アガタの一途な想いに萌えが滾ります。

基本的にアガタ×啓人、がメインではあるのですが、彼らの友人である孝二と郁人の存在も大きい。

子どものころからずっと啓人を想い続けてきた孝二。
孝二の想いがどこにあるのかを知ってなお、それでも孝二を愛し続けてきた郁人。

彼らのスピンオフも描いてほしいな。
彼らもまた、複雑な内面を抱えている、味のある仲間たちなのです。

小説と異なりコミックはページ数が少ないので仕方がない面もありますが、小説でもっと登場人物たちの内面が読めたら嬉しいと思いつつ、これだけのストーリーを1冊にまとめた高緒さんの手腕にびっくりです。

そして、高緒さんの描く、ちょっと影を残した男たちのビジュアルもこれまた素敵。表紙も素敵だー!

全編通してシリアスムードが漂っていますし、アガタがレイプまがいに啓人を抱くシーンもあったりします。啓人が、子どもの頃に性的虐待にあうシーンもあります(これに関しては詳細な描写はありませんが)。そういったシーンが苦手な方には注意が必要かもです。

が、そういった痛さを乗り越え、そして想いを通じ合わせた二人に萌えが滾って仕方ありませんでした。

小説はあまり読まない、という腐姐さまでも、コミカライズされていて手に取りやすいと思います。これを機に、ぜひとも沙野作品を堪能していただきたい。

沙野さんらしい二転三転するストーリーと、コミックという手に取りやすい媒体で描かれた今作品は、良いとこどりの素敵な作品だったように思います。

5

啓人がめっちゃ艶っぽいです

こちら、沙野風結子先生原作、高緒捨先生作画によるシリアス寄りの再会ものです。

失礼ながら、好きな作家さん原作でコミカライズされたものと言うのは、個人的にはハズレが多かったりするんですけど。
漫画になると良さが半減みたいな。

それがですね、今作は凄く良かったです。
沙野先生の作風の良さを生かしつつ、漫画としての面白さもちゃんと出ていて。
それと、小説の挿し絵では高緒先生のイラストを多く見ていますが、漫画を読んだのは実は初めて。
啓人のスーツ姿がお堅いのに艶っぽい!!
そしてエロシーンがエロい・・・!!
いやもう、悶絶しました。


内容ですが、前科持ちの情報屋・阿形×敏腕弁護士・啓人による再会ものです。
幼い頃に、同じ養護施設で育った二人。
ある日突然行方を絶った阿形ですが、14年の歳月を経て、突然啓人の家に押し掛けて来てー・・・と言うものです。

まずこちら、出会ったばかりの頃の二人ですが、阿形が不良っぽく素行の悪い少年、啓人が優等生と言った所でしょうか。
やたら啓人に絡み、キツくあたる阿形。
そんな彼を苦手に感じる啓人。
啓人が阿形を苦手に感じる理由ですが、何もキツく当たられるからだけでは無いんですよね。
彼が、啓人の隠している心の奥底まで見透かし、真実を突いてくるからー。

で、両親から愛されていたと言い、そして何としても「自分の居場所」を手に入れようと躍起になっている啓人。
実は啓人ですが、母親に捨てられ、父親からは暴力を振るわれと、決して愛されて育った子供では無かったりします。
そんな彼が、自分が愛されていた子供で、捨てられたのでは無いと嘘をつき続ける理由ー。
これがかなり切なくてですね・・・。
普通は自分を守るためだと思いますよね。
それが、自分のためでは無いのです。
大切な人を守る為には、嘘をつき続けなくてはいけないと言う、強い思い込みがあるんですよね。
その為、弁護士となった現在でも、どんな嘘を付いてでも依頼人を守ろうとする。
で、そんな啓人に強い苛立ちを見せる阿形と言った感じで。

ここに、弁護士としての仕事絡みで、啓人を恨んでいる人物。
彼と阿形が繋がっていた事が分かり、疑心暗鬼に囚われる啓人と言った流れ。

啓人に皮肉げでキツイ態度を取りながらも、彼の家に居座り続けて身体に触れてくる阿形。
そんな彼の真実を知りたいと、自身の本当の気持ちを初めて考える啓人ー。
こう、続きが気になって気になって、最後のページまで一気に読み進めちゃう感じでしょうか。
また、最後に阿形の真実が分かると、彼の不器用さと強い愛情にグッとくるんですよ~。
もうこの二人、互いに不器用過ぎるだろー!と。

あとですね、啓人は普段、わりとストイックな印象なのですが、エロになるとやたら表情が色っぽいと言うか艶っぽいです。
私は小説が大好きですが、このエロシーンを艶っぽいイラストで堪能出来るのがコミックでは良いですよね~!


ラストがですね、ちょっと駆け足と言うか、ネタバレでやや説明調に感じられるのが残念と言えば残念ですけど。

とりあえず、沙野先生の良さが超生かされてる素敵な作品でした。



6

嘘からの解放

元となる小説が出版されているのではなく、
小説家さんが書き下ろしたストーリーを漫画化した作品です。(…でいいんですよね?;)

全体を通して重い雰囲気がさるのですが
漫画で表現されることにより良くも悪くも中和作用があった気がします。
バックボーンや落しどころは突き詰めて考えると闇をはらんでいるような…?
漫画のページ数では限界があり表面をサラッと撫でるだけに留まったので
読みやすかったような、少し残念なような、複雑な気分です。
補完の意味も含めて小説版も読みたいなと思いました。
性的虐待描写を含んでいたので苦手な方はご注意です。

ちょっとマイナスなことを書いてしまいましたが
漫画の良さといえば視覚情報からの萌え…!!!
子供が隠れてちょっとエッチなことをしている背徳感や
ふとしたときの表情の変化などなど萌え心に刺さるシーンがあり面白かったです。

スーツ姿が様になる受けの作画も良きだし、
個人的に一押しはACT.2の扉絵が最高。攻めの立ち絵からフェロモンがッッ…!
普段イラストでしか見る機会がないレーターさんを隅々楽しめるのはウキウキしますね(^///^)


「嘘にまみれたお前を俺が変えてやるーーー」(帯より)
ある日突然姿をくらました幼馴染みと14年ぶりの再会。
受け・啓人は過去が蘇り激しく揺さぶられるけれど
攻め・アガタは昔と変わらぬままの性格で何を考えているのかわからない。

過去に起こった出来事の回想を交えながら
啓人の嘘とアガタの目的がすこしずつ露わになっていくストーリーでした。


以下感想には大きなネタバレ含みますのでご注意。
(この作品は知らないまま読んだ方が面白いかもしれない)



子供時代のアガタの態度は愛情の裏返しなんだなーとわかるけれど、
大人になって再会したときの得体の知れ無さ・目的がわからない雰囲気がスリリング。
強気な態度と皮肉気な表情が…ううう鳩尾がモヤモヤする…。

かーらーのー!
消息を絶ったあとの14年間にはひぇぇぇ(∩´///`∩)となりました。
実はずっと見守ってたとか萌えしかないじゃないですか!!!
子供の頃からずっと啓人の知らないところで啓人のナイトしていたのに、
アガタの不器用な性格と啓人が素直になれなかったせいで14年もすれ違いですよ////
萌える、これめっちゃ萌えた。

啓人は自分の嘘を暴かれるのに怯えていたけれど、
嘘から解放させるのも啓人自身を思ってのことなんですよね。
弁護士の世界は「勝てば官軍」かもしれない。
けれど確実に蝕まれていくモノがある。
それを気付かせてあげたかったアガタの愛情にグッときた。

啓人自身がついてる嘘は嘘というよりただ現実から背けたかったのかな。
どこにも頼るべき場所がない子供にとって親はどんな親でも親なんですよね…。
親の死にまで自分にの責任を感じて、その後の人生で啓人は心を殺して生きているのが切ないです。
啓人の本来の性格から外れた枠に押し込まれてる息苦しさを感じました。

ハッピーエンドといえばハッピーエンドなんですが
回想で啓人が一瞬殴られるのを待ってるような表情を見せたシーンがひっかかる(;ω;)
漫画だからサラッと流されたけど小説でより深い描写になったら印象が変わりそうだと思いました。

5

養護施設で出会った4人

原作が沙野風結子先生というだけあって、主役二人だけでなくその友人も含めた4人の過去や現在の思いがもれなく書かれています。友人同士なんだけど、その情を利用しているとか。

誠実そうなのに嘘だらけの主人公が、自分から語ることがなかった吾形の一途な思いを知るにつれ変わっていく様が胸にグッときました。

そんな本編の後に、番外編漫画「引っ越しと丼とご挨拶」で友人二人の今後を思わせ、ショートストーリー「あの子の望み」で吾形のささやかな望みを知るという素敵な内容でした。

1

壊れた方位磁石がいつも指していた先

私の、沙野風結子先生に対するイメージは、シリアスで陵辱とか執着、ドエロくキツい展開で…というもの。
そこからすると本作はすごく読みやすいです。
と言っても、実の親からの暴力、親の自殺、施設入り、里親の闇、など、それなりにシリアス「すぎる」舞台は用意されています。
このような生い立ちは確かに主人公・啓人の暗い過去ではあるし、現在の弁護士としての強引なやり方の根底に巣食ってはいるけれど。
本作で描かれる「施設」は、悪い場所ではありません。年の近い子たちとのごく普通の交流もある。
しかし一人鋭い観察眼を持つ吾形(あがた)だけは、いい子でいようとする啓人に突っかかる…
吾形が何を考え、どう行動していたのか。それは終盤まで明かされず非常にミステリアスで、啓人同様読者である私も翻弄されました。
また、高緒拾先生の絵がいいんですよー!
元々高緒先生のファンではありますが、吾形の強い視線とシニカルな笑み、啓人に対する優しさなのか攻撃性なのか判然としない執着心…
全てが完全に絵として表現されています。
また、施設の友だち4人のそれぞれの愛執のベクトル、特に孝二の啓人への想いは「小説」として掘り下げるとかなり複雑で切ない物語になり得るものだと思うのですが、例えばイクの小動物みたいな悪びれない造形や、孝二の自制の効いた優しい笑顔、イクへの鈍感さなどの表現で抜け感が出ましたね。
吾形と啓人の物語である、という中心がぶれずに、それでいてふくらみが増したと思います。
啓人の性的な感覚は、はっきり言ってまだ過去の呪縛に囚われていて痛かったり酷かったりを求めるのですが、吾形と2人でもっと優しく柔らかく温かい、そんな愛し方愛され方を時間をかけて築いていってほしい。
あ、あと孝二とイクもね。

巻末は沙野先生による小説での番外編。
あの強くて孤高な吾形の、キスの願い。2人だけの甘さが垣間見られて非常に萌えました。

2

2カプ絡む

原作者もコミカライズされた高緒さんも好きなので期待して読みました。

主役の二人は、再会もの。
うじうじしてなかなか自分の気持ちを認められない弁護士、啓人と、情報屋になった同級生、吾形。
ある日突然、吾形が啓人のところへやってくる。そして無理矢理住み込んでしまう。

口が悪く、前科もある吾形。傍若無人を気取りながら、啓人への想いが見え隠れする。でも種明かしは最後。このへんは小説にある展開。
啓人の方は、そんな吾形を迷惑に思いながらも、惹かれる。そしてそれを認められない困ったちゃん。この辺の素直じゃない感じが今一つ好みじゃなかった。
しかし、吾形の妄執的な愛の粘り勝ちかな。

同じく同級生の二人の方がいい。孝二は啓人に想いを寄せるが、告白はせず面倒を見るいい人どまり。啓人もそれを利用している。この辺、啓人はずるいなあ。
孝二を好きなイクは、あっけらかんとしつつも一途。そして周りがよく見えている。
こっちは幸せになってよかったね、という、片思い同士だったカップルでした。

1

わかりやすい愛じゃなくても

同じ施設で育ち、行方がわからなくなった吾形との再会は
啓人もどこかで望んでいたはずですが
態度が悪くて嫌な感じで微笑む吾形が個人的に苦手でした。最初は。
施設の頃も、正論を言ってはいるものの
啓人に優しくしてはくれなくて
おまけにいなくなってしまうだなんて酷い男だなぁと。
でも小さかった頃も今も、ひたすら啓人の為だったとは意外でした。
自分に嘘をつき続けている啓人を振り回してばかりかと思っていたので
こういう愛もあるのか…としみじみしてしまいました。
人ってどうしても目に見える優しさに縋りたくなるようなところがあるかもしれませんが
わかりにくくても吾形の愛は一途でした。

施設で同室だった孝二が、ずっと啓人を好きだったのに言えず仕舞いで気の毒…。
穏やかで世話焼きで良いヤツだったのでもう少し当て馬として頑張って欲しかったのですが
そもそも良いヤツなら啓人の気持ちも考えずにガツガツいきませんものね。
郁太も奔放なタイプのわりに孝二が昔から好きだったなんて
可愛いところもありましたが
元嫁に離婚されて追い出されたとはいえ勝手に孝二の部屋に荷物を運ぶとか無いわー…ww
孝二は絆されてしまうんだろうけど。

原作の沙野さんの書き下ろしSSも収録して下さってお得!
やっぱり幸せな甘いSSって満たされますね。
二人とも、お互いの過去込みでこれからも愛し合うんだろうなぁ。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ