イン・ザ・ルーム

in the room

イン・ザ・ルーム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1
平均
5 / 5
神率
100%
著者
宮沢草有 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
電子発売日
ISBN

あらすじ

親父の(6番目の)愛人、映画監督を夢見てNYへやってきたリー・ストライナーは流されやすい性格の18歳。突如現れた、男らしくてカッコイイ男子に振り回されていつしか◯◯に…!?年齢差BLコメディ、“年下攻め”でも育つまではHはガマン??

イン・ザ・ルーム(1) 32ページ
イン・ザ・ルーム(2) 32ページ
イン・ザ・ルーム(3) 32ページ
イン・ザ・ルーム(4) 42ページ
イン・ザ・ルーム(5) 30ページ
イン・ザ・ルーム(6) 46ページ

表題作イン・ザ・ルーム

レビュー投稿数1

これぞ漫画

いやもう、最高です。こういう漫画が読みたいんです。そしてこれはどうしてこんなに短く終わってしまうのでしょうか。もっともっと読みたい。。

映画製作現場で働いていたリーのところへ、一人の少年が駆け込んでくる。オヤジの愛人リーはどいつだ!と。。
ゲイである故に解雇され、少年、ロブの家(そして愛人デイヴィッドの家)にやってきたリー。9歳の子供との奇妙な同棲生活が始まります。

なんとかよいママになろうとするリー。子供のことは放置している父。一人、大人のようにリーを守ろうと、強くなろうとするロブ。

しかしロブは9歳。甘えたいし、ほんとは寂しい。そんなロブの気持ちを誰よりも理解するようになるリー。

そういう心の物語です。

このお話の基調は、どこかもの悲しい。社会的に何物でもない9歳の少年と、ゲイ故に仕事も追われた青年が身を寄せ合う。学校の先生や、ケースワーカーの目を通して見ると、社会的にはおかしな二人の関係。本来面倒を見る立場である父親は二人を放り出してどこかへ行ってしまう。これから二人はどうなるのか。物語はそこで終わります。

しかし、あえて明るく描き出される二人。ラストに来てお互いの気持ちを伝える姿に、なんとなく明るい未来が見えるような気がします。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う