インソムニアの受難

insomnia no junan

インソムニアの受難
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
55
評価数
15
平均
3.7 / 5
神率
20%
著者
ひむか透留 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人uno!
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784801964846

あらすじ

不眠症の機動隊員・沢潟陽色(おもだか・ひいろ)は、
上官命令でカウンセリングへ行くものの、全く治療を受ける気がない。
そんな強情な陽色に、美人な男のカウンセラー・三尾(みお)は
催眠術をかけ、セックス療法が始まってしまった!
「キミは密かに支配されたい欲がある」
昏睡中の同僚・瀬古への想いを暴かれ、怒りさえ湧いてくるのに、
「僕ならキミを眠らせてあげられる。これは“治療”なんだ」
からかっているのか、本気なのか。
謎めいた三尾の静かで穏やかな声に誘導され、陽色はーー…。

「おいで。泥のように眠らせてあげる」
美形カウンセラーの誘導セックスにされるがまま♥

表題作インソムニアの受難

三尾哉人 クリニックのカウンセラー,バイ,32歳
沢潟陽色 警視庁機動隊分隊長,28歳

その他の収録作品

  • あとがき
  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

美人攻めと男前受け、どっちもギャップがイイぞー♪

一冊まるごと、インソムニア=不眠症をテーマにしたお話です。

私、優しげで綺麗な男が実はドSっていうのがツボで、本作の攻めはとってもタイプです。
さーらーに受けも強気な男前なのに脆いところがあって、快楽に弱いって、これまたツボに入るキャラ設定で、攻め・受け両方にギャップ萌えしてます♪


警視庁 機動隊の陽色は、自分をかばった同僚が昏睡状態になって以来、眠れなくなってしまった。
そして、上司からの命令で、しかたなくカウンセリングに行くことに。

「美人のミオ先生」っていうから女性だと思ったのに三尾(ミオ)は男。
三尾は陽色の不愛想さを「心の鎧」だと見透かし、さらに陽色がゲイであることも言い当てる!
陽色は怒って帰るけれど、催眠術をかけられた陽色は三尾のマンションを訪ね、三尾は「眠らせてあげる」とエッチなことを…

途中で催眠が解けても、三尾は「催眠術にかかるのは支配されたい欲があるから。これは治療」と言って、エッチなことを続ける。
三尾の声が心地良くて、陽色は抗うことができない。


そうして陽色は眠れない日が続くと三尾を訪ね、抱いてもらって、やっと眠れるようになる。
治療費を払ってないことに陽色が気付くと、
三尾は「強情な子を屈服させるのゾクゾクするんだ」と…(キャー♥)

三尾は陽色でも見惚れるくらいの美形で、その雰囲気のまま優しげなんだけど、強気な陽色を言いくるめちゃう強引さがあるのがステキなんですよ~♪

陽色もね、最初は意地を張ってるんだけど、グズグズにされるのが早くて意外とかわいい♪
三尾に会えない時のために三尾の匂いが残ったマフラーを貸して欲しいって、あの強気な陽色が自分では気付いてないけど、もうそれって告白してるようなものじゃんかーってキュンとしました!
(もちろん三尾は気付いてます^^)

優しげなんだけど屈服したい攻めと、強気なんだけど支配されたい受け、なんてピッタリなカップリング!


エッチなことをするための唐突なはじまりに感じたし、その後もエッチ先行な間柄に思えました。
それはそれで、好みな攻めと受けのエッチなところを楽しめてイイぞーって感じだったのですが、どうして三尾が初対面の陽色のことをするどく見透かしていたのか?それにはちゃーんとした理由があったんです。

実は同僚に恋していた陽色、その陽色のせつなくて悲しい瞳を知っていた三尾は、なにかしてあげたくてしかたがなかった。
カウンセラーとしてよりも、きっと一人の男として。
優しげなドSと見せかけて、じつは見守って、癒そうとしてくれてる三尾はますますステキです♥


同僚は無事に昏睡から目を覚ましたけれど、以前の陽色だったら、叶わぬ想いを抱えたままで瞳は寂しいままだったと思うんです。
でも三尾に出会えて、陽色は抱えていた痛みを癒すことができた。
最後まで読むと、出会いによって救われる優しいラブストーリーでした。

1

誰かの事で、頭がいっぱいになったら。眠れる夜が来るんだね。

肌色率がまぁまぁ高い表紙と、あらすじでカウンセラーがエッチな事をかましてくるっぽい事を書いていたので、もっとエッロエロな内容かと思ってました。意外にもフツーに可愛いラブストーリーです!
展開も極めて王道。警視庁機動隊分隊長という、あまり類を見ない設定の陽色。彼は、同僚で親友の瀬古に密かに想いを寄せていたが、ある事件の際、陽色を庇って怪我をした瀬古はそれ以来昏睡状態となってしまう。眠ろうとしても、その時の事がフラッシュバックして眠れない。という、重めな幕開け。上司の勧めで、クリニックに向かい、カウンセリングを受ける事になる。
美しいカウンセラー・三尾は、嫌がる陽色に催眠術をかけて、気持ちよく眠れるようにしてやると言い…。
目の下に黒々と隈を作り、実直真面目な陽色の身体と心を解して行く三尾先生。
陽色が「恋人でも無いのに‼︎」と、慌てると、「じゃあ恋人になろうよ。」と優しく言う。
それなのに陽色は、それを形式上の事で。自分は片想いなのだと意地を張る。
とっても両想いなのにね。人の心の事では長けているカウンセラーの三尾先生が、それでも気持ちは 「陽色くんの言葉で聞きたいな。」と言うのが可愛らしくて。優しい。
王道らしく、少しだけ思い違いをして嫉妬とかもするんだけど。拗れる事なく収束する。
心も体も健康になった陽色は、ちゃんと恋をする。
気持ちの良いセックスは上質な眠りをくれる。それは当たり前の健やかさ。

描き下ろしはイチャあま後日談。独身の機動隊員は基本寮住まいなのだが、三尾先生にそそのかされて、寮を出る事になる。常に上司の抜き打ちがあると言うので、同棲は無理‼︎ という陽色に三尾先生が立てた作戦とは?

エチも意外にフツーです。三尾先生が自分で言うほど、ふざけてもいないし。あらすじにある様なセリフ「キミは密かに支配されたい欲がある。」と言いつつも、ドSでも無い。
多分、陽色に一目惚れしてたんだと思う。とても優しいラブストーリーでした。

2

表紙で受ける印象と違うと思います

表紙から想像されるほどめっちゃえっち!ってことはなく、ストーリーも濡れ場もいいバランスでした。だからこそ、表紙の印象で購買層のニーズが合わなくなりそうなのがもったいないです。

受の陽色(ごめんなさい名字の漢字自信持って書けないです…)は、最初に攻の三尾が名前を間違わずに呼んだ時点で前向きな感情を持つような生い立ちだろうし、催眠にかかりやすいって設定も説得力のあるキャラクターでストンと落ちてきました。一方の三尾は執着と言うか、視界に入るために力を尽くしたって感じで、きっと、三尾のことで頭いっぱいにして眠れるようになった陽色以上に、三尾は陽色のことを想って、元気に過ごせるように考えてるんだろうなって思いました。コイツは応援できるぞ!っていうような人です。

でも、催眠とか(もっと使ってたらハピエンって感じじゃなくなっちゃうけど)、もっと生きても良い設定いくつかあった気がしたし、なにより、えむじ開脚がエロくてワァァァ(拍手喝采)って気持ちになったので、もっとエッチシーン見たかったです!!!

2

不愛想警官の照れ顔の破壊力”大”

不眠症の陽色が上官の紹介で会ったカウンセラーに「セックス療法」をされるお話。

”不愛想で何を考えているかわからない”と言われている陽色が不眠症のせいでクマが酷く不愛想に拍車がかかってる顔が怖いけどなんとも言えない…甘やかしてやりたくなる(笑)
ちょっと天然なところやセックスの時の照れ顔は超可愛かったです!!

カウンセラーの三尾は、落ち着いていて何事もスマートで爽やかーな笑顔何に陽色をからかってる時の無邪気な笑顔にはキュンキュンしてしまいましたー!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ