葡萄瓜さんのマイページ

レビューした作品

男性葡萄瓜さん

レビュー数0

ポイント数33

今年度162位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

撮れるもんなら撮ってみなはれ

この表題作を生々しさが一切なく糖度200パーセントの
実写作品に仕立て上げる事が出来る映画監督さんが居たら、
評者はとりあえず主義主張を鉛の箱にしまい込んで
褒め称えたい、そう言う読後感です。
何しろ表紙が表紙ですので変な覚悟を持って挑んでみる訳です。
そしたら思わぬ所へ叩き落された上にごろごろと転がされる
訳です。
こんな奇妙なバランスを成立させた作品がおいそれと
実写化されてたまるもんですか。

で、併録作もある意味ではよろしくない。
表題作が表題作ですからある程度一息つけると期待する訳ですよ。
そして続けて読んだら呼吸困難になりかける訳ですよ。
…表紙がある意味一番の清涼剤と言うのも珍しい一冊です。

ある意味シュガーレス

もしかしたら、評者はこのレーベル自体に対する評価の
第一歩を間違えていたのかも知れません。
全年齢向けを基本としつつロマンスの過程を描くのが
このレーベルのカラーだと思っておりましたが…、
今作の様な難しい球をしれっと投げられると、内包するものが
どれだけ奥深いのだろうと勘ぐってしましますね。

今作の道具立て自体は、BLとしては全て有り得るものだと
評者は捉えています。
違うのはその配列と解釈です。
それをやると受け止める側の温度差が発生するだろうと
予測されているだろうに敢えて選択された手法。
そこから改めてタイトルに対峙すると、問い掛けが一歩
深くなっている様な、そういう感覚に陥りそうになる、
やさしいけどやさしくないロマンスです。
カバー下がその回答であるかどうかは定かではないですが。

だけじゃない巧みさ

評者には珍しく、電子配信の時点から話を追って
おりましたがその時点から裏切られっ放しでした。
無論、良い意味で。
この作者さんのショタ作品のテイストを更に突き詰めながら
BL仕立てにした、と言う感想でまとめるのは簡単ですが、
その一言で収まる作品をサラッと出してくる方は
多分そうそういらっしゃらないでしょう。
その巧みさは作品のタイトルで既に発動しています。
改めてまとめて読んでみると、二重の意味が含ませて
あるのかと納得しかけるのですが、もしかしたら更に
もう一重何か潜ませてあるのかも知れない、と思わせる
空気が作中にあるのですね。

作品は区切ってありますが作中人物達の日常は続きます。
それはとても愛しい日常でしょう。

進化過程

全体的にデビュー当時から考えると線が太くなったなと
お見受けしました。
掲載作の概ねの初出が電子書籍ですので、描線の傾向の
進化は初出媒体の進化に合わせたものやも知れませんね。

表題作とそのコインの裏側の傾向は恐らくこの方にとっては
初めての筈です。
既に有る様式の中にこの方の筆加減を馴染ませようと言う
訳ですから、ある程度この方の作風を承知しておかなければ
恐らく面食らうのは致し方ないかと。
試行錯誤の一環として終わるのか、それともこちらも
掘り下げるのか。それはこれから次第かと。

併録作2作はいずれもこれまでの作風の変奏曲と言う感じですね。
こちらも正調を好むかこれでも良いかと言う受け入れ方加減で
味わいが微妙に変わるかと。
評者にとっては、スレスレの加減でこれも有りかなと。

猫、22歳 コミック

柳沢ゆきお 

実にえぐい

この方の商業単行本も、これで4冊目となりました。
短編集→長編→連作集、そして今般の中編集+αと言う変遷が
ある訳ですが、ここへ来てデビュー単行本で魅せた様な
えぐみをサラッと持ち出してくるとは、と驚いています。
でもそれを旨味と感じ取ってしまうのは、長編と連作集で
会得したであろう部分と熟成の為せる業なのやも知れません。

そして、手法の取り込み方にもまだまだ余念がない様で。
江戸時代の手法を平成の世のBLで観るなんざ予測して
いなかっただけに不意打ちを喰らった気分です。
いいぞもっとやれな気分ではござんすが。

DARKNESS HOUND コミック

イヌミソ 

旨いピザも合わせつつ

元々が同人誌として成立していたシリーズとの由。
それが電子書籍化され、そして紙媒体商業誌と
なった訳です。

出自が出自だけに良い意味で自由奔放です。
ある程度の整合性はあるものの設定に雁字搦めに
される事はなく、登場人物達が気ままに振舞っている。
神の人形でも紙人形でもなく、きちんと肉を持った
存在として。

ハードボイルドなゆで卵が程好い加減で潰され
混ぜられて卵サンドになりましたとさ、と言う感じの
ノリでぺろりと平らげられようかと思われます。
辛口のジンジャーエール辺りを合わせるのも
一興でしょう。

ある意味お中元的な

描き下しを除く3作はすべて同人誌からの再録作品との由。
裏を返せば今まで在野でここまでのものを綴って来られたと
言う話になります。
ジャンルの幅が広がったので需要の幅もまた広がった
証明なのでしょう。
一昔前だったらレーベル以前に版元さえも違って刊行されて
いた筈ですので。

とは言うものの、BLとしての琴線を振るわせる要素が
何処かに無ければこういう形で刊行される訳はありますまい。
作家としての試金石、と言うにはあまりにも上等過ぎる
代物ではありますが。

GUN&HEAVEN コミック

こだか和麻 

I本さん、ああI本さん、I本さん

レビュー、と言うよりはちょっとした挿話的に。

帯にもある通り、こだかさんの代表作「絆―KIZUNA―」の
スピンオフなのですが、実はこのカップリングを、と言うより
攻めさんを初登場以来20年間に渡りゴリ押ししてきた方が
BL業界の中にいらっしゃいます。
誰あろうこだかさんの担当編集者であるI本さんです。
こだかさんのデビュー当時からタッグを組み続け、こだかさんの
漫画のネタにもなっているあのI本さんです。
(実は青磁ビブロス→ビブロス→リブレ出版→リブレの長きに渡り
草創メンバーとして社を支え続けたかなり上な方。
掲載誌の編集長でもあったり。)
そのI本さんの萌えツボがみっしり詰まった一冊と拝します。
1999年の時点で既にナイスミドルの胸毛萌えを公言されて
いましたので。
(「絆―KIZUNA―V」あとがきより。
「つれづれ絵巻―BLマンガ家のゆかいな日常―」に再録。)

腐女子の一念、岩をも通す。
そう言う背景めいたものに想いを馳せつつ再読されると、
また違う味わいがにじみ出てくるかと。

ガラスごしの誰かへ

出自を軽くおさらいしておきましょう。

この作品は2015年3月から1年1ヶ月を掛け、Twitter上と
pixiv上で発表した自主連載作品が基盤になっているとの
事です。このレビュー時点でもpixiv上に初出版が掲載されて
おります。
またこの作者さんは本年(2016年)5月に電子書籍にて
商業デビューを飾られました。
作者さんpixiv→ http://www.pixiv.net/member.php?id=3579161

本作は、かなり繊細な作品です。
初出時そのままのタイトルも含めて、魂の叫びで構成されて
いるのだろう、と評者は受け止めました。
でも、そこにきっと痛みはありません。
希望を育てようと言う勇気が存在するらしいですね。

作中人物達の日常をそのまま切り取って額装した様な
構成になっている為、やや入り込み難い部分はあるかも
知れません。
でも、馴染んでみるとタイトルに込められたものを
感じる事が出来るのやも知れません。

色々な形

このレーベルから出ている本ですので
別ページ掲載の作者様インタビューと
他のラインナップを参考に、関係性の
深浅についてはお察しください。

簡単そうで難関な主題に対しかなり
しっかり筆を奮った作品と評者は
受け止めましたが、登場人物各位の
バランスについては読者それぞれの
立ち位置により判断は分かれてしまう
だろうと愚考します。

物語としてはほぼ回収できており、
過不足はないと評者は受け止めましたが…。
強いて言えば線が一本抜けていても
良かったかも知れないかな、と。
それでもきっと落ち着くべき所に
落ち着けるでしょうし。