この愛を踏みつけて

konoai wo fumitsukete

请把这爱踩在足下

この愛を踏みつけて
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×26
  • 萌9
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
79
評価数
24
平均
3.5 / 5
神率
20.8%
著者
北別府ニカ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
ISBN
9784796409193

あらすじ

イケメンなのに重度の足フェチを患う沢口は、友人の持っていた写真で理想の「足」に出会う。
ところが、その足の持ち主は他校に通う大食いサッカー部員の峰田くん…そう、なんと「男」だった!
しかし、美脚の前に男も女も関係ない! 沢口はラーメン食べ放題を餌に峰田を部屋に連れ込むことに成功するが、
理想の足を目前にして、あまりの神々しさにモジモジと照れまくり。
一方、変態なくせに純情な沢口の態度に峰田はイライラ…つい足で沢口の股間をさわさわしてしまい…!?

表題作この愛を踏みつけて

沢口 足フェチのイケメン高校生
峰田 他校に通う大食いサッカー部員の高校生

同時収録作品彼は友達…多分。

近江 黒木片想い中のサラリーマン
黒木栄助 同じ会社のサラリーマンで同期,28歳

その他の収録作品

  • この愛を踏みつけて+オマケ(描き下ろし)

レビュー投稿数3

変態萌え

足フェチはまぁアリだと思うけど、結局足だけじゃなく、峰田くんフェチになっちゃうトコがいい!
ノーマルなはずの峰田くんがラーメンにつられたとは言え、あっと言う間に沢口くんを好きになっちゃうのがちょっと肩透かし?
もうすこし紆余曲折あったほうがお話に入り込めたような・・?
でも高校生のカワイイCPでほんわか読めました^^

「彼は友達・・・多分」も本当にかわいいお話でした。
一冊まるごとかわいらしいカップルのお話で大満足☆

3

おバカ・甘々・可愛い子たち!

ふたりだけの世界が、甘くてめちゃくちゃ可愛かった表題作(106頁)。ホントにふたりだけの世界なので、ストーリーがどうと考えずに読めてしまう作品かもしれませんね。※以下ネタバレ含む

この攻めの足フェチくん・沢口は、好みの美脚を前にしたら、頭がクラっとして、胸がボン!となるのだそうです。ある日友達に女子高生の美脚らしき画像を見せられ、それが理想の足だったので「会わせてくれ!」と頼んだら女装姿の男の足だった。すると、この際性別なんてどうでもいいと言い出し結局会わせてもらえることに。そんな美脚の持ち主は他校に通う峰田。峰田が大食いだと知った沢口が提案したのは、「ナマ足を見せてもらう代わりにラーメン店(実家)で食べ放題」そして交渉成立(笑)。最初は、まぁしょうがねぇなーぐらいの感じで足を見せるわけですが、この後エッチな雰囲気になってしまいキスまでしてしまいます。しかし翌日再会すると、沢口はもう足を触れないとか言いだして…。

私の場合、こちらはとにかくキャラ萌えがすべてでした。特にこの表紙左の美脚の峰田!!そしてこの右のヘンタイくんどうなるかな・・・と思ったら、やはり作者お得意のヘタレ&ビビリ攻めでした。『変態のくせに純情とか なんなんだよ』という峰田のモノローグがあるのですが、もうそんな感じです。でも、そのおかげで積極的にならざるを得ない峰田のいろんなユニフォームコスプレが拝めますし、最高だったな~。彼はとにかく強気にデレまくりなのです。おしりの触り方描写もよかった♡描き下ろしは、日焼けをうまく使ったお話。

後半の同時収録は、同期のリーマン片想いもの(65頁)。
ゲイの攻めが、彼女持ちノンケに入社以来4年も片想いしている報われない恋…という始まりです。彼女の話を聴きたくないから、一緒に飲むといつも酔いつぶしてしまう。ーと、ここまではよいのですが、実は酔って寝てしまった後にこっそり写真を撮ってSNSにアップ…しかも、架空の"彼女"のフリをして…!?
こちらも甘くて、やさしい気持ちになれる作品でしたよ。

4

撮れるもんなら撮ってみなはれ

この表題作を生々しさが一切なく糖度200パーセントの
実写作品に仕立て上げる事が出来る映画監督さんが居たら、
評者はとりあえず主義主張を鉛の箱にしまい込んで
褒め称えたい、そう言う読後感です。
何しろ表紙が表紙ですので変な覚悟を持って挑んでみる訳です。
そしたら思わぬ所へ叩き落された上にごろごろと転がされる
訳です。
こんな奇妙なバランスを成立させた作品がおいそれと
実写化されてたまるもんですか。

で、併録作もある意味ではよろしくない。
表題作が表題作ですからある程度一息つけると期待する訳ですよ。
そして続けて読んだら呼吸困難になりかける訳ですよ。
…表紙がある意味一番の清涼剤と言うのも珍しい一冊です。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う