あさだ2枚さんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2023 ソムリエ合格

女性あさだ2枚さん

レビュー数125

ポイント数893

今年度38位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

旨味

同人誌からの商業化作品としてとっても良い塩梅でした。同人誌からの作品は曖昧な完結が多い気がするという勝手な先入観を抱いているのですが、商業でよく見る設定や展開ではない作家さんの描きたいものがストレートに描かれている同人作品の旨味もしっかりあり、かつまとまりが良くすっきりと完結しています。強めの設定(病気)も悲劇的にしすぎず、かといって軽く描くわけでもなく、漫画がうまいなぁ、と。登場人物の描きわけもひっそりと上手だし。派手ではない良さがある。しみじみ。

美と暴力

鹿島先生の既刊の中で一等好きでした!ちるちるでの評価が高いところを見るに皆さんもそうかしら!
鹿島先生の癖なのか、コメディを絡めたい方なのかな〜と思っていましたが、この作品はコメディ色がほぼなし!正直この路線で行って欲しい。鹿島先生的に不本意でなければ。
色気と色気に挟まれた暴力が、鹿島先生の絵柄に合うこと合うこと。これ!先生の作品で見たかったのはこれ!コメディ要素は描き下ろしや電子限定おまけ部分ぐらいの量で丁度良いです。それもしっかり面白くて美しい。

萌2〜神

曇りの日

美しい話でした。しかし引っこ抜けるならさっさと引っこ抜いて置けよルシファーさんよ、とツッコミたくなる。ルシファーは羽が残っていても平気だと思っていたし、見守ってたってフォローは一応ある。
遊びに行く2人、観覧車の後ろが曇ってるのが好きです。晴れてなくても2人で生きるこの街が良いのよね。

つまりベニーが触れた魂はターナーの祖父のものだったということなのか?と思いましたが、靴作りとかターナーのことを魂の持ち主の記憶で見ていてもいいからそれはないか。見返したらオーロラのカットはあった。行きたいところは海だったけど。

野ノ宮先生がプロットと起承転結についてツイートしてました。連載が続くかも分からないデビューコミックスですもんね。デビューでこんなに素晴らしい作品…純粋にすごいと思う。

ところで………絵柄変わっちゃったなぁ。野ノ宮先生、ビリー先生のツイートをRTしてたぐらいだから、お好きなのかなぁ。1巻の頃の可愛い絵柄が大好きで、2巻は少し大人になって、でも優しく繊細な雰囲気がしっかりあって…3巻の絵も美しくて好きなんですけど、変わっちゃったなぁと思ってしまうことが切ない。出来れば2巻ぐらいに戻って欲しいけど贅沢な願い。

2巻に続き裏表紙に兄ちゃんたち。くまちゃん。

おまえ

恋敵に「おまえ」ってルビふってあります。ちるちるは「こいがたき」で登録されてるみたいですね。フリガナの修正は出せないからここに書いてみる…

コマ割り細かめで絵の密度も高くて、ページ数も多いのに、あれ?ここで終わりなの?ってのがちょっと物足りない1冊でした。特典小冊子には初夜シーンが収録されているので、小冊子付きの方がスッキリできるかと。田舎から出てきた東から始まるお話が、友人らの無関心具合に拍子抜けするオチは綺麗で好きです。多分コメディも売りなんだろうけど、自分とは笑いのツボが違ったようで合わなかった。

美人は度なしメガネかける程度じゃその美しさを覆い隠せない気がする。

前髪おろすと

SNSをのぞいてきたらここ数年更新がなく、そういうのソワソワしてしまう。

◾️藤(転職活動中)×三浦弥彦(お隣さん)
不思議な2人でした。ひと昔前はこういう作品多かった気がする。といってもこの単行本自体2020年の作品だけど。もうひと昔前。今はここまで絵もキャラクターもストーリーも感性に寄せた単行本少なくなったなぁ。自分が知らないだけかな。
最初絵柄と話があってないかな?って気持ちで読んでましたが、だんだん馴染んできました。巻末の番外編や電子限定おまけの藤の図々しさがなんだか好きです。最初はびくびくしてたのにね。弥彦はどんどん可愛くなってった。

◾️初恋のすみか
主役2人の関係性を完結させず終わる、こっちも感性で流れていくタイプの作品。空気感は好きだけど、1冊の単行本として読むとやや物足りないか。

萌〜萌2

4巻に続く

FANGSは続きますが、イチイとエンのシリーズはここで一区切りのようです。

ひっぱった挙句に2巻ラストでドヤ顔ひっさげて帰ってきたメギさんがちょっとの出演で即退場してった…「主の帰還だ」からのそれは流石にカッコ悪い!!いや、イチエンの2人がイチャイチャやってるのを見ていられれば幸せだからいいんですけど。むしろやだやだもっと2人がのんびりただ愛を育む様を見せてくれって気持ちだけど。致し方あるまい。FANGSがまだ続くことが救い。…ほんとにメギさんこれでバブちゃんになって終わりなの?

うみのお城 コミック

蜂煮 

応援

応援したいようで全然したくない、ウミくんの奇怪さがクセになる。
作家さんは応援したい。先生のXで本編後の漫画やイラストがちょこちょこアップされていて、そちらの方が甘くてウミの奇行が目立たないので、BLらしさがある。

このテンションや絵柄の作品てBLに限らずまま見かけるけど、ジャンル名的なものがついているのだろうか。
評価が良いとかアワードノミネートとかで手に取った人では、全然ハマらない方も多いんだろうなと思わせる強い個性。好きな人はとことん好きでしょう。

マネージャーの藤原HIROSHIさんが好きです。1話の終わりの電話でも、陰口ではなく割とまともな事いってるから信用できる。その顔、親知らず関係ないんじゃん!!!

恋染龍雨衣 コミック

朔ヒロ 

和ファンタジー

アワードノミネートきっかけで読みました。和ファンタジーがお好きな方にはおすすめです。話運びの印象は和ファンタジーの少女漫画といった感じ。あまりBL然としていません。勿論男性同士(人型の竜を男性でいいのかはおいておく)の恋愛でセックスシーンもあるけれど。
230ページ超としっかりボリュームがある割には世界観の説明に紙面をさほど割いていないなと思ったら、「かすみ楼シリーズ」がもう3冊めなんですね。他の2冊を読んでいたらより楽しめるのでしょうけど、未読でも然程不便には感じませんでした。

ゆーちゃ

始まり方が唐突気味で、後々事情がわかってくる構成です。最初、続刊かスピンオフかなと思った程に。そういうわけでもなく、この1冊で完結しています。

ほのぼの強めのファンタジー漫画でした。タイトルの通り子持ち作品。ファンタジー好きよりも子どもが出てくるお話が好きな方におすすめ。

自分の好みではないので個人的には中立〜萌ぐらいの評価ですが、綺麗にまとまっていて、悪役含め致命的に傷つく登場人物がいないので読みやすいかと思います。つまるところさらっと読めてしまうということでもある。

ナンバリングあるけど一旦完結してます

BLアワードどの作品に投票しようかな〜と彷徨っていた時に出会ったこの作品。読んでる間も読み切るのが勿体無かったり、前の方の表情を確認したかったりで戻って進んでしながら読みました。とっても面白かった!

不満があるとすれば、未完だと思って買わずにいたこと!最近のBL作品たまにこういうとこある。あと地味な話ですが調理用の手袋つけたまま髪とか触るとこが気になる…洗ってるよね?

さておき、ただ萌えるだけじゃなく、漫画としての技巧的な妙も詰まっているところに大変な好感。テンポもいい。引き伸ばしっぽい描写はなく、これだけうだうだやってるのにイライラもせずむしろ2話でもうくっついちゃうの?!となったほど。梶と旭はじめ周りの介入のバランスがいいのもある!(そういえばXで旭のスピンオフを望む声があって先生も応えていたものの、彼は非常に魅力的だけどあっちもこっちもBLになるのは嬉しくない…好きな作品だからこそ)
先生もご自身のXでポストされていたコマの対比とか。モノローグも、1話からどっちのモノローグなんだろ?と思ってたら、あとがきでそういうことね!となる。うまい。顔隠す癖が1話から一貫してるところも作品への愛を感じる。ご飯も美味しそう。キスの描き方うまい。

続編も勿論読みます。女性と付き合ってたのはいつ頃なのかな(5年フリーだから2人が使う前だけど)。大学は調理関係ある学部なのかな?市で店長とマネージャーとして働くことになった経緯とか読みたいな〜。やっぱり店長の嘉島が勇気出して誘ったんだろうか。それとも同じ場所でバイトからの昇格とか?

先生のXにラブラブな1ページ漫画がたくさんあるから皆さんぜひ!