みんみさんのマイページ

レビューした作品

女性みんみさん

レビュー数0

ポイント数0

今年度--位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

いやらしいおにいさんはすきですか?

表紙のメス顔のおにいさん。
真面目で堅実硬派な仕事のできるストイックマンで、冒頭から刃物を持った犯人をも素手で成敗する敏腕刑事。誰もが恐れ敬う宗方さんが……

その数ページ後には、トイレの個室でオナニーショーをネットに配信しちゃう淫乱ドMネコちゃんにっっっっ!!!!
はぁぁぁあああ、このギャップがたまらない!
いやらしい!!いやらしすぎます!!
あなたはほんとにいやらしい人!!!!
恥ずかしいのが気持ちいい。
おかしいのに止められない。
だめなのにやめられない。
理性と欲望の狭間で葛藤する姿がまたいやらしいよ宗方さーーーん!!

宗方さんの性癖を知り、その相手役を買って出る後輩ワンコ刑事のトオル。
初めは尊敬する宗方さんの秘密に驚きながらも彼を受け入れ、しかしその痴態を目の当たりにするにつれて、徐々に頭角をあらわしていきます。
カーセックスでは、顔を合わすなりがっつく宗方さんのエロさに堪らなくなり、手錠をかけて拘束プレイ。
職場のシャワールームでは剃毛プレイ。
目隠しに、言葉責めは当たり前。
なんて順応性の高いできるコなのでしょう。
受けのギャップもさることながら、攻めの普段のワンコと、情事の際との豹変ぶりがすごくイイ。自分のこと『僕』呼びなのも個人的にミソ。

受けはもちろんワケあり変態なのですが、憧れてやまない宗方さんが自分の下で乱れまくっておねだりする姿を恍惚と眺めるトオルワンコも、どことなくヤンデレ臭を感じますね。

現在、第3話まで配信されてまして、だんだん宗方さんの過去にも迫ってきてる様子。
エロいだけでなく、ハラハラドキドキもあり、絵も耽美風で綺麗なので、続きがとても楽しみな作品です。

蝶と花の関係性 電子 コミック

akabeko 

コミックス発売たのしみです

もうちょっとでコミックス発売です。
表題作カプの他にも収録作があるということなのでとても楽しみにしている作品。

受けの花田はめちゃくちゃ真面目な体育会系。
酔っ払ったときに自分でも知らなかった性癖・潜在ドMであるということを、職場の先輩の蝶野に気づかれます。
蝶野はぱっと見無気力系ですが、仕事はデキる男。昔、男にメスにされていたという過去を持ちます。
蝶野の、昔の男に入れられた下腹部にある子宮を意味するハートのタトゥーと、花田の潜在Mの性癖という秘密を共有しあったことからふたりの関係は始まります。

蝶野がメスにされていたというところが非常にサラッと流されてて気になりまくりますが、むしろそっちをkwsk!というところなのですが、コミックスに描き下ろしで蝶野さんの過去編とかないかなぁ…


純真な花田はすっかり蝶野に身体を開発され、それはもう結構なエロが描かれております。
尿道責めもあるのですが、その際登場した極細アナルビーズを見て、「コレ駄菓子屋でよく買ってました!」と目を輝かせて言う天然ボケ花田と、「まじかよやばいなその店」とフツーにツッコむ蝶野さんのプチコントにはフイタwww
駄菓子屋にあるアナルビーズのような形状のアレについてはコミックス参照。

後半、別にドSでもない蝶野に自分の相手をしてもらうことが迷惑になっているのではと申し訳なく思った花田は距離を置きます。
それを新しい女王様に乗り換えようとしているのかと誤解した蝶野がキレて激しく乱暴に抱くエロは大変に良かった!
蝶野さんも、すっかり花田が可愛くなっちゃってるんですよね。クールな男が独占欲を隠そうともしません。
普段感情の起伏がない人間が激昂して、感情をむき出しに怒り狂うエロはやはり最高です!

この誤解から、ふたりはくっつくわけですが、これからってところでお話が終わったので、恋人同時になってからのふたりも見たいですね。
でもいちばん見たいのはやっぱりメスにされてる蝶野さん!どうかおねがいします!(土下座)


現在、作者さまの新しい連載が複数のレーベルで始まっているので、これからどんどん露出が増えること間違いなしです!

印 -marking- 電子 コミック

芽玖いろは 

千鳥さんが相変わらずエロすぎてイキツラ

アタクシ的神カップル番外編キタ!!
ページ数少ないけど、萌えとエロがこれでもかというほどギッシリ詰まっております!
興奮しながら萌え転がること必至。


居酒屋で偶然会った二条と千鳥さん。
千鳥さんは職場の飲み会だけど、二条は合コン(メンツ合わせ)に参加させられてます。

千鳥さんに合コンとズバリ見抜かれてしどろもどろになる二条。
対して千鳥さんは余裕の表情ですが、
「念のために虫除けはさせてもらおーかな」
と、二条の首にキスマークをつけて、オマケにキスもプレゼント。
そんな千鳥さんにドクドクムラムラ辛抱たまらんくなった二条は、トイレに連れ込みあつーーーーいチュウをかまして
「こんなことされたら帰したくなくなるんだけど」
と、すっかり雄の表情で壁ドンならぬ壁ホールド⁈←個人的にこのコマの芽玖先生の魅せ方が神がかってて、ナニコレ滾る!状態です。

ここで千鳥さんの肉食スイッチもオンになってバッチリ発情モードに‼︎‼︎
後ろ手で鍵を施錠して、二条の股間さわりながら「俺も君の物だっていうしるし、欲しい」と雌の顔で誘う千鳥さんの色気マジでヤヴァス。半端なくエロすぎハァハァハァハァ
もはや歩く18禁です。

そっからはもぉもぉもぉ!!!
みんなだいすき芽玖先生の描く神セクロスシーンが約2ページ半繰り広げられております!体位は立ちバック!!
声を押し殺すも乳首を弄られて我慢できなくなっちゃう千鳥さんとか、激しく腰をぶつけながらさっきのお返しにと千鳥さんの首筋に跡をつける二条とか…た、たまんねぇ…
あと擬音がナマナマしかったですね!
『ズロロロ』とか、『ズーッ…パンッ』とか、言葉がないぶん擬音で臨場感カバーされてて、妄想に拍車がかかりました!

事後の千鳥さんは、服の乱れを整えてもそりゃあもう隠しきれない色気が漂っているので、マーキングは逆効果だったかな、だって二条が千鳥さんを意識しだしたきっかけもトイレで事後に遭遇してからですもの。さすが歩く18禁。(2回目)
そんなお色気ムンムンな千鳥さんを、このまま一生閉じ込めておきたい。と思う二条くんでした^ ^というショートストーリーです。

マーキングものとしては王道の内容なのに、これほどまでに萌えとエロスをこのページ数で与えてくれる芽玖先生に敬礼です!
千鳥さんの大人な対応の中に見え隠れする独占欲や色気と、そんな年上の恋人に相変わらずメロメロな二条くんに萌えまくり、そして安心安定のエロに滾りまくり、とても満足なお話でした!

ただひとつ嘆かわしいのは、言わずもがなの修正です。
レンタだからなのかな、芽玖先生のあの神tnkと神穴ルがまっしろ………
かろうじて見える陰毛と穴ルの皺らしきものをガン見しながら、心の目で局部を愉しみましたよ…。

表紙もそこはかとないエロスを醸し出してますが、ページの最後に、この表紙の下半身バージョンが収録されてます。
千鳥さん、下履いてまへん…
タートルネックに下半身丸出しって一歩間違えれば変態ですが、千鳥さんがやるとどーしてこうもエロく見えるのか!
いつぞやのCannaに入ってた番外編でも、彼パーカーにノーパンのお話がありましたが、もはや狙ってるとしか思えないあざとエロい千鳥さんごちそうさまです‼︎‼︎‼︎

このカプのお話ならもうなんでもいいぐらい好きなので、また番外編おねがいします芽玖先生!(土下座)

数日後にコミックス化

ついこないだ電子連載が終わったと思ったらすぐに書籍化なのですね。

表紙でもわかる通り、3Pモノです。
さすが春田先生、設定、キャラ、エロ、どれをとってもナイスなお話でした^ ^

攻1:鬼畜インテリメガネの要
攻2:超絶金持ち隠れドSのハタ
受:貧乏苦学生のサトー

の3人の大学生が織り成す

ア ホ エ ロ

ですwww
始終テンションの高いストーリーで、疲れた腐女子のガラスハートにピッタリな一冊!

お金に困り果てたサトーに、ある高収入バイトの話を持ちかけた要とハタ。
そのバイトというのが、攻ふたりが新ビジネスとしてBLゲームの開発のために立ち上げた『BL研究クラブ』のデータ被験者。
受が苦学生で、攻ふたりにいいよーにされているんですけど、サトーはこれでもかというほどおバカキャラでチョロいので悲惨さが皆無です。

バイト代をエサに、文字通り目の前にニンジンをぶら下げた馬のごとく、攻ふたりの口車に乗せられ、あれよあれよという間に身体を開発させられます。
アホの子なサトーは、イヤイヤ言いながらも金に目がくらみ、快楽に支配され、なんだかんだノリノリに。いつの間にかBLにハマって、いろんな男とのBL展開を妄想しちゃうほど、見事に“受け化”しちゃいます笑笑

エロは毎回なにかしらヤってますね。
個人的には、幼馴染の要とのカプ推しなので、2話目のドMなドスケベ使い魔に変身☆のコスプレエロが面白かったです。
付き合い長い要とサトーにやきもちやくハタもかわゆい^ ^
挿入は、最終話で各一回ずつでした。二輪挿しくるかなーとおもったんですけど、それはコミックス描き下ろしで期待してます春田先生!
ありきたりではありますが、最後の「じつは…」なオチまで飽きさせず読ませてくれます。

総評して、もー春田先生のおバカ受最高!
アホな受ちゃんがトロットロな顔であんあん言ってるエロ最高!!
いろいろ細かいことは気にせず、おばかサトーが男たちに愛される?お話を楽しむ作品だと思います^ ^


ジュリアンパブリッシングで出てた、『好きにしちゃってごめんなさいね』も収録されてるのかな、同レーベルだし。
こちらは、バリタチが狙ってたノンケに逆に喰われちゃう♡という攻め喰いBLで、たいへんおいしゅうございます。

春田先生は、「墓場まで持っていきたいほどハマる!」レベルまではいかないんですけど、パンツのお話のやつ以来、ハズレ作品がないので、ついつい作家買いしちゃいますね〜。
コンスタントに新しいお話を描いてくださるので、これからも追いかけちゃいそうです!

GAPS RISKY DAYS コミック

里つばめ 

待望の続編です

ノーエロ率とここで終わるの⁈度がべらぼうに高い稀有な作家さまでいらっしゃる里先生(褒めてます)の作品の中でも、前作『GAPS』は特に抜きん出ていましたが(褒めてます、大好きです)、はてさて待ちに待った続編でクズ王子・片桐×不能上司・長谷川の関係はいかに⁉︎

電子で連載してた時の終わり方が、これまた前作を上回るレベルでここで終わるのっっ⁈ていうラストだったのですが、スピンオフ『DOGS』の描き下ろしエロのようなサービスエロがあると信じて疑わなかったので、鼻息荒くしてコミックス発売を楽しみにしてました。
帯に“GAPSジャンキー続出!”という煽りがあるのを見ると、わたしのような腐女子も少なくはないハズ………

…結論から申しますと未挿入でした‼︎‼︎‼︎
だがしかし‼︎ぶっちゃけわたくし萌えまくりましたよ!特に本編ラストから描き下ろしまでのあたりで萌えハゲまくり!!もう毛がない‼︎‼︎毛根返して里先生!!!

相変わらず片桐は長谷川さんに押して押して押しまくっていて、長谷川さんは片桐に迫られて流される3歩手前くらいで踏み止まっている感じです。(キスはしょっちゅう奪われていますが)
あれ、これって前作と同じで進展ないじゃん?と思うかもしれませんが、ところどころに垣間見る片桐の本気度!!長谷川さんへの執着や嫉妬が明らかに前作よりパワーアップしているのです。
ですが、片桐に迫られても長谷川さんはなかなか落ちません。そんなお堅い長谷川さんがだいすきです。
ゲスな片桐を知る長谷川さんとしては、片桐の口説きをどーしても身体先行に捉えてしまうのでしょう。
片桐の存在が気になってはいるけど、その態度も言葉も完全に信用することに躊躇している様子。
そんな長谷川さんの、自分のことを知ろうともせずに拒否する反応に、片桐もかなり思うところがあるようで…。
軽い口調の口説き文句の合間にふと見せる表情や真顔で呟くひとことから、長谷川さんに対しての本気がうかがえますね。

そして、今回は同じ部署に異動してきた三浦玲央(れお)が、当て馬として大活躍。
彼は、長谷川と片桐の、上司と部下以上に近い距離にふたりの関係に気づきます。そしていーかんじに腹黒なので、いーかんじに2人を(特に片桐を)引っ掻き回してくれます。さらにはいーかんじに三浦も長谷川さんに惹かれちゃう。なんて天然男たらしな長谷川さん^ ^

三浦の腹黒な当て馬っぷりの効果で、長谷川以外の前では見事な完璧王子だった片桐が、三浦には牽制のため素でキレるし、ムキになったりtnkのデカさで言い負かされたりと、片桐の新たな一面を見ることができます。
ラスト、ヤンキーが絡んできて長谷川さんの肩を掴んだだけで片桐がマジギレするのとか、あー長谷川さんに関わることに対しては、もはや王子の皮をかぶるとか取り繕うとか一切ナシになるのねナニソレ超萌える…という感じなのです。
しっかし、片桐の三浦への牽制のひとこと→
真顔で「言っとくけど、お前と3Pはねえから」
にはフイタwwwww
胸ぐら掴んで真面目に言ってますけど、いや3Pはおろか2Pもまだだよね⁉︎と思わずツッコミたくなりました。
「お前に長谷川さんは渡さねえ」的な訳も、片桐が言葉にするとこうなるというクズ王子マジックwww

そして片桐の、
「俺が長谷川さん好きなんだから、当然長谷川さんも俺を好きじゃねーと」
というジャイアン発言をしたと思いきや、
「好きだから」「俺だけの直幸さんにしたい」
とか、ここぞというときの名前呼び!
これらは全て本心なのでしょう、下半身先行型のくせに、好きという気持ちを惜しげもなく伝える。このへんもとんでもなくギャップ王子ですね。
片桐の、誰にも見せない顔を自分だけが知っていると思っている長谷川さんもかーなーり絆されちゃってますね!
片桐のほうも、長谷川さんが好きなのはホントで、優しく接すれば彼も邪険にはされないとおもいますが、皆の理想の上司である長谷川さんの、戸惑ったり怒ったり照れたりと、自分のことで一喜一憂する顔も全て欲しいというのがあっての意地悪なのかなと思いました。
まさに攻と受両方のギャップを楽しむ作品⁉︎というわけかな。

そしてなんといっても描き下ろしの微エロ!!ほんとに微量なエロですが超絶歓喜!!
これお尻に指入れてますよね⁈それとも穴を触ってるだけ⁈描写がビミョウすぎてわからん‼︎けどそれがエロい‼︎
そして長谷川さんの長谷川さんは勃つことができたの⁈⁈ヤヴァイ涙目の長谷川さんカワイイ‼︎‼︎‼︎
と、興奮だらけでしたが、いちばんキたのは、長谷川さんが自分から片桐のイチモツに触ってきて、意外な行動に驚いたと同時に見せた片桐の

「…やべえ」

の嬉しそーな表情!!!
この微笑みが片桐のいちばん素の表情なのではないかと思います。幸せそうな嬉しそうな片桐の表情にぜったい長谷川さんもトゥンク…☆となっているはず。
ここのふたりの絡みがいっっっちばん萌えたわ…

長谷川さんが最後まで片桐に恋愛感情を表に出さないのとか、長谷川さんのEDは治ったのかとか、ふたりがセッ…まで至らないのとか、相変わらずみなまで描かない里先生ニクすぎますだいすきです。
ぶっちゃけ片桐と長谷川さんのウフンアハンが見たかったのは大いにありますし、くっついたどうかはやっぱりビミョーなのですが、このままのふたりの距離感も悪くない…
ただ、もし続きを描く予定があるのなら全裸待機します!
三浦玲央(28)童貞・巨根!←というダークホースもいますしね…

特典の『DOGS』との交換ペーパーも萌え!
「はい、あーん」を真顔で当然のようにねだる斉藤さん。相変わらず矢島のことだいすきなのね…

DKがこんなに病んでてエロくていいのか!(歓喜)

こちらの作品、pixivにあげられてから驚異的な速さで10000user超えしたのがとても印象的でした。
pixiv使用歴長くない私ですが、これってかなりスゴイことじゃないかと思います。
知名度を考えたら、おげれつたなかさんの『ビッチ部』とタメはるのでは。
コミックス化するのも早くてびっくり。

まーとりあえずエロい!
表紙もなかなかですが、扉絵も刺激的!中身はもっとスゴイです!
数えてみたら、一冊のなかで素股含めて6回エロありましたよ!プラス受のアナニー2回!
全て濃厚な描写で、いちいち私の脳内tnkはギンギンでした‼︎

クレイジーわんこ(高2)×強気なメス猫(高3)の年下攻です。
キャラが濃ゆいと言いますか、両者とも難癖有りでして、読み手により好き嫌いあるかもですね。

攻の田ヶ咲充(たがさきみつ)はイケメンの転校生。前の学校で女子に暴力沙汰の噂付き。
外ヅラはいいけど、とってもヤンデレ執着系。噛み癖大アリ。
両親を早くに亡くし、愛情に飢えていたのでしょう。
愛情を試すために、引取先の親戚には問題を起こして、男女問わず自分に好意を寄せる人間には相手を試すようにSM行為をする。
最初は皆、自分に愛を向けてくれるけど、最終的には結局見限られ離れていく繰り返しで、大事なものがわからなくなっていきます。
そんなみつが唯一執着することになるのが受の唯人です。

悠木唯人は、家庭環境の問題が原因で、暗闇の中になると身動きが出来なくなるトラウマ持ち。そのせいで人付き合いは諦めていました。

最初、みつが唯人に目をつけたのはただ顔が好みだったというだけだったのです。
唯人に「好きだよ」と愛を囁くも、その瞳は仄暗く、顔は笑ってるけど目は笑ってない。
唯人はみつのつきまといに辟易しながらも、みつのその目に囚われるとどうしても体が竦み、引き込まれてしまう。
そして唯人のトラウマと原因を知ったみつは、唯人の家の玄関で暗闇のなか彼をレイプします。
それ以来、二人の気持ちと関係に変化が…。

かなりの急展開っちゃあ急展開です。
攻が受に目をつけて、いきなりキスからの噛み付き行為。その後も手作り弁当で胃袋を掴むと同時のスキンシップ過多。
そして早々に強姦ときたもんだ。(まぁ受も感じちゃいますので強姦からの和姦?)
唯人をレイプして自分の気持ちに気付いてからは、初めて本気で好きになった相手を壊すのが急に怖くなり避けてしまい、そこでモヤモヤした唯人が襲い受という強引なやり方で攻と向き合うことになる…という流れです。

たぶん唯人はけっこうなM気質で、暗闇にトラウマを持ちながらも、みつの暗い瞳に惹かれ、その中に入り込みたかったのでしょうか。
加えて天性の淫乱体質のようで、みつに数度身体を弄られて、暗闇でレイプされ、トラウマを上書きされてからは、みつを思い出しながらひとり身体を慰めるほど。
最後の方はかなりエロい身体に開発されちゃってます。なんておいしい淫乱ネコちゃんなのでしょう。

みつが唯人を気に入り、執着し、本気になるまでの気持ちの変化の流れと理由はなんとなーくは理解できるのですが、決定打がもっとわかりやすくあればよかったかなぁ。

付き合ってからも、不安定気質なみつに唯人は振り回されます。
本気で好きな相手だから誰にも見せたくない閉じ込めたい。壊したくないから優しくしたいのに抑制がきかなくなる。唯人からの確かな気持ちが欲しい。
愛情に飢えた独占欲の塊のような執着みつに振り回されながらも、唯人にとってもみつはその存在なしでは息もできないほどになっていて、結局はお互いが唯一の存在だということですね。
というか唯人が強気というか肝が座りすぎてまして。
攻にレイプされても自分から積極行動にでたり、変質者に襲われて暗闇で動けなくても言われた通り冷静にアナニーするとか。このくらいでないと病んでるみつを受け入れることは出来ないというわけですかね。
愛に飢えた脆いふたりが、欠けたものを満たす存在をやっと見つけたというところでしょうか。

そしてなんといっても特筆すべきは濃厚すぎるエロ!
毎回わりと長め。眼福なアングル。擬音&汁&喘ぎかなり多め。ドSな攻の言葉責めにトロ顔で感じまくる淫乱受がとてもエロいです。
絵も綺麗で見やすくて、ベロチューのシーンとか、乳首への愛撫とか、尻穴の前戯とか、めっちゃ細かく丁寧に描かれてます。
言うても詮無いことですが、残念極まりないのが修正です。
pixivではほっそい白線という神修正だったのが、輪郭がわかる程度ではありますがぼやぼやtnkになってる…orz
尻穴はありがたいほど無修正なのに、tnkには無慈悲すぎる。せっかくいいtnk描きなさるのにぃ!
リアルtnkはpixivでご覧になれます^ ^

描き下ろしの、セーラー服コスプレ&目隠しエロはよかったですね!
乳首イキもエロいですが、フリフリパンティを履いたまま、布地ごと尻穴にtnkをINするのは「おぉ…あたらしい…」と新境地でした。新たな着パンエロの誕生でしょうか。
でも絶対気持ちよくないですよね?わたしはパンツをずらして挿れる着パンエロの方が興奮します‼︎‼︎

描き下ろしラストで、みつと親戚との関係改善の傾向も見受けられたし、唯人もみつもお互い一生を共にする感覚だし、いびつな感情から始まったふたりですが、きれいにハピエンでした!

そしてとにかくエロかった‼︎‼︎
pixivにあげられてるエロすぎるカラー絵も必見であります‼︎‼︎‼︎
初コミックスでこんだけエロくて濃ゆいお話描かれたら、否が応でも次回作に期待してしまいます!
既に正座で全裸待機‼︎

DOGS コミック

里つばめ 

エロ度高め(注:里先生比)

『GAPS』で、攻の幼馴染みとして登場してた刑事・矢島のスピンオフです。

いやもう『GAPS』の巻末でスピンオフの情報見たときから、矢島は勝手に攻かと思ってました。強面で屈強なオラオラ系の攻め様かと。
相手はエリート上司で美形の女王様なのかな〜と思ってたら…

矢島受けてましたね!!
そして美形上司がとんでもなくオラオラ系だった!!

矢島は上司である斎藤警視からある人物の警護を命じられます。
ただの護衛役かと思っていたら、次々と危険な事態に巻き込まれ…

そしてそれと同時にエリート上司・斎藤から日常的なパワハラに加えて、キスや身体を触られたりとセクハラも増えるばかりで…⁈

この斎藤が、か〜な〜りイイ性格してまして。
「俺のモノは俺のモノ。お前のモノも俺のモノ」
「命令するのは好きだが、命令されるのは死ぬほど嫌い」
「なんでも思い通りにならないと気がすまない」
と、なんというジャイアンでオレ様な攻様なのです!

そんなエリートでキャリアでムチャクチャな上司からパワハラをうける毎日の矢島でしたが、ある時突然の斎藤からのキス。
そしてその後も身体を触られたり、ベッドに押し倒されたり、トイレで襲われたりとセクハラもひどくなっていきます。

矢島は嫌われているからのパワハラ&セクハラだと思っていましたが実はその逆で、斎藤は矢島がお気に入りだったわけですね。好きな子はいじめちゃうタイプなのでしょうねきっと。
超強引な斎藤にあの手この手で迫られ、矢島もなんだかんだ抗えず流されちゃってます。
うーむ、ノンケの矢島が両刀斎藤にほだされた決定打がイマイチわからなかったのですが、肉体派の野良犬が、オレ様エリート上司に振り回されるのは見ててなかなか面白かったです。


ストーリーはそこまで盛り上がりを見せるわけでもなく、事件も想定内の内容なのですが、なんとなんとなんと!ラストに里先生には珍しく、エロがキタキタキターーーー!!
しかも割としっかり!!尻をならすとこから挿入シーンまでバッチリと!!しかも職場のソファーで致してます!!

さらには描き下ろしエロまでぇぇぇぇえ!!
しかもまた職場ですよ!?執務室で矢島全裸で後ろから犯されちゃってますよ!?もうトロトロの表情になっちゃって、おまけに毎日してるそうで…!!!
里先生どーしちゃったの⁈⁈
なんてサービス精神旺盛なエロなのでしょう!!ハァハァハァハァ
なんならリバってくれても良かったです‼︎‼︎

このふたり、晴れて恋人同士になったかはハッキリわかりませんが、斎藤がわりと矢島への愛情を包み隠さないところが好印象ですね!
栄転で異動になる斎藤が「離れるとお前のことばかり考えそうだな」と事後にサラリと言っちゃうのとかちょっとだけキュンとキタ!
帯に斎藤が変態とか書いてありましたが、そこまで変態には感じませんでしたね。
あそこでお漏らしプレイしてくれてたら少しは…ゴニョゴニョ

矢島…。上司(恋人)がコレで、幼馴染みがアレだなんて、まわりに強烈キャラ多すぎでかなりの苦労人ですね。

その幼馴染みである『GAPS』の攻・片桐も登場してます。受の長谷川さんもちょこっと。
そして一カ月後には『GAPS』の続編コミックスが発売!
前回ここで終わるの⁈な一冊だったこちら、新キャラも登場してとても面白い展開に^ ^
どうかどうか、『GAPS』の二人にも描き下ろしエロのご慈悲を里先生!!!

まさかの描き下ろしエロでの矢島の全裸(ズボンは足元に残して)に、想定外に滾ってしまった一冊でした。
里先生もっとエロいのください!!!

アホエロ コミック

重い実 

今後も期待大な作家さまです

サイトで連載されてる時からずーーーっと追いかけてたミハさんのこちら『アホエロ』が満を持して書籍化!!
うれしすぎる!一迅社さんありがとう!!

こちらの作家さま、
独特のテンポ、思わずクスリと笑ってしまうギャグセンス、超個性的なキャラ、どれを取ってもハマること間違いナシな作品です。

やることやってんのにすれ違う、両片思いなメインカップルも萌えますが、
友人の超絶美形兄弟がツボリました!
兄の顔を最後までハッキリさせないのがニクい!(この兄弟のエロも見たい…)

アテクシ的に大好きだった合コン編が未収録だったけど、個人サイトの方でまだ見れるのかな?
重い実ファンになった!という腐女子さんは是非サイトをチェック!です☆

描き下ろしエロも大変エロエロでよろしゅうこざいましたが、
DLSiteで販売されてるアホエロの同人もかーなーりおすすめです!とくに大学のトイレでおセッセするやつ!これもエロい!

全く別作品になりますが、その他の『ビッチなスズキくん』も同サイトで販売してるはず…
これもエロくて、そしてエロさ以上にシリアスで切ないのです…
『大橋と三宅』も自由すぎるノリがツボで萌え禿げました!『アホエロ』よりも好きな作品です^ ^

本の内容は他の姐さん方にレビューしていただいてますので、感想そっちのけで完全に重い実さんの回し者なレビューになりましたが、ぜひもっともっと露出を増やして活動していただきたい作家さまなのでおおいに宣伝させていただきます!

商業での新作も期待して全裸待機しております!
中西兄弟のスピンオフ続編でもいいですよ…

No. 1ホスト榊×バニーボーイ伊月

ちょ、表紙‼︎‼︎
なんなのでしょうこのけしからんバニーボーイちゃんはっっっっ‼︎‼︎
あーほんとぼすこ先生の描くプリケツたまらん‼︎ハァハァハァハァ

リーフレットは本編とはまったく関係のないホストクラブを舞台にしたパラレルなお話です。

ホストの勉強のため、伊月が向かったホストクラブで、ナンバーワンホストの榊にイロイロ教えてもらうという内容です。
色気が足りないという伊月にバニーボーイのコスプレをさせ、「誘ってみせて」とひざの上に乗せて実技訓練させる榊。
かなり自分の好みどストライクなバニー伊月の、恥ずかしがりながらの
「俺と…(シャンパンコール)しよ…?」
上目遣いおねだりに辛抱たまらんくなった榊がそのまま押し倒しちゃう…という流れでした。

いっっっちばん見たかったエロは省かれてましたが(泣)、事後の様子を見ると、コンドームのカラの数から3〜4ラウンドはしたかと思われます!!

ホスト幹部候補として勉強しに来たのに、榊の手によりなぜか立派なバニーボーイとなってしまいましたとさ…というオチなのかな。

う〜、表紙がアレだから、てっきりバニーコスでのエロエロプレイが見れると期待してましたが、ノーエロだったのが残念…

…にしてもほんと実にけしからんバニーボーイですわ。

なんて素晴らしいエロ本

ワタクシ高崎ぼすこ先生の絵が大好きでして。
ぼすこ関連のものは小説の挿絵など含め見境なく手を出して、今作に関しても普段は見向きもしないCIELを追いかけちゃうほど好きなんです
濡 れ 場 が !!!
濡れ場が特に好きすぎる!
キスシーンもエロくていいですが、なんといってもぼすこ先生の描くエロは眼福の極み!

もう今作も表紙からすでにエロいですが、内容も然りで、表紙買いした腐女子の期待を決して裏切りません。
毎話毎話そりゃあもう惜しげもなくエロを描いてくださってまして、それがどれも濃ゆいのなんのって!1話1エロ主義な自分にとってはまさに俺得な一冊です!!
トロ顔、喘ぎ、アングル、汁だく感、どれをとってもエロセレクション金賞受賞なクオリティ。
そう、とくにアングルが素晴らしい。
受の尻穴くぱとかピンと勃った乳首とかドロッドロの結合部とかtnk抜いた尻穴から精液溢れてるのとか最高すぎて泣けてきます。
とにかく男ふたりが組んず解れつしてるのをいろんな角度から拝めれます!
個人的に空前のS字結腸責めブーム絶賛到来中なので、結腸責めらしき描写があった回は脳内tnkが破裂しそうになりました。

うれしいことに本作は2カプ同時進行!!
俺様マエストロ・榊×ツンデレ女性誌編集者・伊月のカプで4話。
チャラいクラシック誌編集者・大和×淫乱美人ヴィオラ奏者・久世で1話。

メインカプは高校の先輩×後輩の仲です。
担当コラムの取材をきっかけに再会したふたり。
伊月は気付いていなかったのですが、榊のほうは最初から気付いていて、しかも榊は高校から伊月を好きだったような感じですね。
んで、伊月を手に入れるために、彼から近づいてくるよう挑発したりします。
若手イケメン指揮者として人気が出た榊の企画担当となった伊月。強引で傲慢な榊に振り回されグイグイ押され、流されまくってエッチまでしちゃいます。
榊の押しの強さといい伊月の流されやすさといい、展開の早さには多少驚かされますし、エロがエロ過ぎるのでそっちに目がいってしまいますが、ちゃんと手に職を持つ男達の働く姿や成長も描かれています。

伊月は音楽一家に生まれながら、自分だけが唯一演奏家になれなかったという負い目があるけれど、やはり音楽は好きで。
榊の独占取材の特集という企画を通して、仕事に行き詰まったりしますが、その度に榊に助けられ支えられ、つまずきながらも編集者としても成長するのですね。
榊を知り、彼の振る音楽の素晴らしさを実感するたびにふたりの距離も縮まっていきます。
榊も基本傲慢ですが、音楽のプロとして伊月に厳しい発言もするけれど、甘いとこは甘い。
自信家だけど、それだけ努力もしていて。
身体は赦してくれるけど難攻不落な伊月が、音楽を通して仕事を通して身体を通して、自分に近づいてきてくれると嬉しそうにする表情とかオレ様榊に意外と可愛い一面もアリ。
そしてエロ方面ではスーパー攻め様として大活躍!ポケットにローターを忍ばしているとかワロタww

さんざんエチはしてますが、ふたりはまだくっついてません。
4話終了時点で伊月が気持ちを自覚する一歩手前に届きそうな…ってとこで終わってます。いまんとこはオレ様榊の片想いですね。
次回からは、伊月の同級生の瀬名くんが当て馬として大活躍してくれそうです!

そして別カプの大!好!物!な年下攻め美系ビッチ受けの大和×久世が最高にエロい。
いきなり酔ったところをラブホで襲い受ですありがとうございます!
2ページ目ですでに受が半裸で攻に乗っかってtnk扱いてますしかも見開きですごちそうさまです!
もう淫乱美人受の久世さんがツボすぎる!
普段は澄ました顔でヴィオラ弾いてるくせに、ベッドの上では攻の巨根に恍惚としながらフェラからの騎乗位。
あんあん感じながら「俺すぐイッちゃうから…」とヘアゴムで自らのtnkを縛っちゃうとかメスイキとかもうもうもう!!ハァハァハァ
綺麗な男のギャップとエロい身体に夢中になり、モテ男の大和もこれまでの価値観スコーーーンとぶち壊されまして、その後も気になって気になって仕方なくて、最後に久世にお付き合いを申し込んで終わってます。
ああああもっとこのふたりの話が見たいいいいい!!
メインカプよりこっちのふたりの続き全裸待機ィ!!!

両カプともまだまだこれからですね!いやヤることはヤッちゃってますが!!気持ちより身体が思いっきり先行してますが!!
いいのですストーリーとか段階を踏むとか展開早すぎとかそんなことは!!
もうぼすこ先生の描くイケメンたちがにゃんにゃんしててくれたらそれでいいんです!!!!!
次回からもおおいにエロエロさせちゃってください!!(土下座)

描き下ろしで榊×伊月カプの、ホテルの洗面台でローター突っ込んだまま挿入中出しひもパン着エロは格別でした…

もう今年のMyベストオブエロ本暫定1位ですねこれは。