ころころたまごさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性ころころたまごさん

レビュー数38

ポイント数277

今年度102位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

蛇と星屑 コミック

秋生ちゃけ 

少し泥臭い感じがいい王道です

表紙の綺麗目な男性が攻め君で表紙右の細身だけどがたいのいいヤクザ君が受け君です。
「心が読める」 が題材とされた作品集の一作品ですが、心が読める上でのブラックな部分もちゃんと入ってる上でのお話なのでとても読みいってしまいました。もっとあちこち散らばってる複線のようなところも回収していただけたら神作品かと思うような素敵な作品なのではと感じてしまいました。
二人ともの良いとこがお互い引き出せていけそうなカップルで、不穏な雰囲気から可愛い二人になっていく出来すぎと思われる方もいるかもだけど素敵なハッピーエンドです。
私はもっとイチャイチャや二人が組んだらこれからどんなかなぁとか読んでみたかったです。
本編シリアスなお話なんですが最後の可愛いやりとりみてたらラブコメにもなりそう…と勝手に煩悩展開したくなりました。初のオリジナルBLとのことでびっくりしまさかたが次回も楽しみにしております。

純愛なんだけどおかしい(笑)

受け君とか攻め君とかだけでなく、どのキャラもみんな友達になりたい気持ちになりました。
はい、言ってる意味わからないですよね、すみません。どの人もぶっとんでて、でも純粋なのに人間味ある冷静なとことか気持ちがぐるぐるしてるとことか共感ていうかおかしいんです。ちなみにここは泣き所じゃないよなぁというところで私は泣いてしまったのですが、斜め上な行動思考の受け君とネガティブなのか冷静なのかわからないけど受け君がすべてみたいな攻め君のやりとりが楽しくて仕方なかったです。

今さらですが、まとめますと、真面目で綺麗でピュアでポジティブ殿様みたいな受け君とヤクザの息子で家継ぐつもりもなく控えめな闇カジノオーナーのイケメン攻め君の両片思いの可愛いお話です。

私の思考も今回はレビュー書かせていただいているくせにおかしな感じになってます。すみません。
でも、面白かったですよ。

溺愛、執着、甘々

私はストーカー気質とか執着のものが好きなのですがメリバや痛々しいのは苦手でして、このお話にはそういったものがないのがとてもありがたく、楽しいお話です。
ヤクザさんなんですけどね。
攻め君はイケメンスパダリヤクザで、鬱陶しいくらい受け君を溺愛しております。受け君は自分の生い立ちや過酷な境遇でもとても素直に人を攻めるでなく地道にでも頑張る良い子です。
そして脇キャラさんたちがものすごくいい味だしてて楽しい。
攻め君と脇キャラさんたちのやりとりが毎度おかしいです。
まとまった形ではないですが読みたいのが我慢ならんので購入しております。
まだ続いているお話ですので完結でなくても大丈夫なお方にオススメです。
終わってなくても楽しめるお話かと思いますよ。

妄想腐男子くん 電子 コミック

小鳥遊育 

まとめるか本にしてください(涙)

ノンケ二人のお話なんですが、腐男子の受け君が身近にいるリアルの押し男性をBLに当てはめて妄想しちゃうとこからのお話です。
妄想といってもそんなすごいエロエロとかでなく、なんだかかわいらしいちょっとエッチい乙女のような………(笑)
攻め君はスパダリです。ワンコ系の少し残念ありのイケメン君。受け君も柔らかい感じの優しい子。
今でてるお話がすべてエロ妄想やらでなく、妄想もいろいろで、誰でもあるような不安だったりあこがれだったりなので普通にラブコメともとれます。
二人の絡みがほわほわしてて好きですが、脇キャラももっと出してほしいです。
みんな良い子です。
一冊にまとまるまで購入を待ってたのですが我慢ならず全購入しちゃいました………。
でも、かって良かったです。ほのぼのなラブラブカップルがお好きな方に。

幸福感はんぱない

マイ・フェア・レディBLバージョンですか?とドキドキしてしまいました。
いや、もっと柔らかくてあたたかい気持ちになれました。
受け君がなんとも素直で、人のことを悪く思わないというかかわいらしいのです。おバカな感じにみえる場合もあるかもですが、私にはピュアさのほうが勝ってて素直に応援したくなってしまいました。
攻めさんもまた素敵な方です。年齢を経ている分いろんな気持ちも穏やかな口調や笑顔からいろいろと感じられるのですが、なんとも優しい方。
二人のやりとりが、空気感がとても柔らかくて素敵なお話でした。
二人以外の人物も皆さんそれぞれ魅力的です。
ネタバレはほぼしていませんが、疲れた時に特にぜひオススメしたくなる作品です。

かわいい!

攻め君も受け君も二人揃ってかわいい!
二人とも良い子だし、天然で素直同士だけど、悩んで思いやってハッピーエンドで万歳ってな気持ちで読ませていただきました。

表題のように夢と現実が頭の中でごっちゃになってしまう受け君。
別にパラレルとかファンタジーとかの方ではなく、受け君が社畜で疲れやストレスからのものなので、現実でもこういう錯覚とかなりそうなことあるかも…てなとこから始まるのに、なんともかわいい二人のお話でした。
今回、受け君も攻め君も、周りはみんな彼女ができたと思ったままなのでその後どうなっとのかなぁと気にはなりましたが幸せそうなのでいっか~となんだかほんわかな読後感でした。
続きもあればよんでみたいです。

がちオメガバースだけどやっぱりいさか先生

オメガバースって基本のとこは一緒ですが、いろいろお話によって少しずつ設定もかわってて、それがまたおもしろいなぁと、より思った作品でした。
一度番になったのに手術とかでリセットなるのかなとか運命の番だから番なおすことができるのかなとかはちょっとあれ?って思いましたがこのお話ではそういう設定なのかもしれません。

で、やっぱりいさか先生で、エロかったです(笑)。
実際のところ主要キャラのうち二人はおじさんなのですが、色気すごいなぁと。
攻め君は高校生だけどかっこいいです。かわいいし、わんこで、男前で、私は好きです。年下攻めが好きだからかもなのですが。

なんとなくストーリーを予想はしていたのですがそれでも面白かったし、私個人としてはホントに最後の書き下ろし的なその後のところが好きです。もっとこっちのほのぼのの内容ページを本編で増やしてくださいと切に願ってしまいました。
この部分私の個人的な感想です。すみません、ホントに。

ハッピーエンドお好きな方にぜひ。

楽しい…

なぜか何度も繰り返して読んでしまってます。
絵が美しいとかストーリー素敵とかそういうのを求めている方には好みと違うのかもしれないけど、人のこと悪く言ったりとか裏表とか全然なくてすごーくノンストレスで読ませていただけました。
コミカルでさくさく読めちゃえます。

嫌みのない少しだけ抜けかんのある超人的なスパダリと普通にノンケで、でも素直でチョロい受け君のやりとりがおもしろい。普通ならこれっていろんな駆け引きとか逃げようとかあるんだろうなぁと思うのですが混乱と気持ちよさに流れてるのが萌えというよりおもしろくて。
これ、エロシーンだからドキドキするはずだよねとわかってはいるのですがなぜかクスリと笑ってしまいました。

ちょっとだけネタバレ?ですが受け君がエロマニュアルとかなるものを攻め様に仕事のように制作をお願いしていました。もっと内容読みたかったなぁ…とまあ、あちこちつっこみたくなるところも楽しいお話でした。
できれば一冊まるまるこのお話読みたかったです。
でも、短編も面白いので(コミカルなエロです)それぞれ楽しまれることと思います。

知らなかったからこそ面白い

SM自体には特に興味をもったこともなく、むしろ痛いのはみてるの辛いから読むのはムリかなと避け気味でしたが、こちらの作品はそんなちょっと苦手の方こそ楽しめるのでは。

ちょっとだけネタバレですが、このお話の受け君は痛いのも喧嘩などの怖いのも苦手な人です。だからこそ面白いです。
SMへの考えもこれを読んで私も少しだけ変わったように思います。そして、余計に自分のBL沼を広げてしまったような気もします…。
SM=暴力的とかでなく、SMってなんだろうから受け君と攻め君の両方の見方、それぞれの感情移入して読むと楽しいですよ。
あまあまです。SMだけどあまあま。素敵です。

「秒でわかるBL」という配信を読んでから気になりすぎてついつい購入してしまいましたが買えて良かったです。

読めて良かった本

BLというくくりでなくとも素晴らしい作品だと思います。
今の世の中の汚れた当たり前の世界で、それでもきれいな、優しいものを感じさせてもらえるというか、日々目隠ししながらどうにか歩いている中に暖かいものやひかりのようなものをつかまえさせてもらったような、そんな感覚になりました。

うまくは言えないのですが、読み終わったあと、暖かい気持ちになります。
何度もただただ涙があふれてきます。
素敵な作品読ませていただけて嬉しいです。ありがとうございます。