「コワモテαだと思ったらこんなにエロいΩだなんて聞いてない!!!」

コミック

  • コワモテの隣人がΩだった時の対処法
  • コワモテの隣人がΩだった時の対処法

コワモテの隣人がΩだった時の対処法

kowamote no rinjin ga omega datta toki no taishohou

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作コワモテの隣人がΩだった時の対処法

江夏晃太,大学1年生,α,18歳
宮永龍之介,大学1年生,アパートの隣人,Ω,20歳

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下(キャラクターデザイン/ウラ話)

あらすじ

αの大学生・晃太は、超コワモテで刺青まで入っている隣人・宮永の存在を恐れていた。
コワモテαだ…と、なるべく関わらないようにしていたが、ある日Ωのフェロモンに鈍感な晃太ですらわかるほどの強烈な匂いが――!
宮永がΩを連れ込んでいるのだと思い、外に出ると、そこには発情した宮永本人がいて――!?
え? お前がΩなの!? っていうか超エロいんですけど!?!?!?!?
混乱する晃太に、発情した宮永は「ちんこ貸せ」と迫り――!!???
いや、俺童貞なんですけどぉ~~~~~~!!!!!!

ニクヤ乾が描く、超ハイテンションオメガバースラブコメ登場!

【描き下ろしあり】

作品情報

作品名
コワモテの隣人がΩだった時の対処法
著者
ニクヤ乾 
媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784758025997
4.4

(761)

(466)

萌々

(203)

(59)

中立

(19)

趣味じゃない

(14)

レビュー数
75
得点
3338
評価数
761
平均
4.4 / 5
神率
61.2%

レビュー投稿数75

アホウドリでかわいい攻め

ヤンキー受け(龍之介はヤンキーじゃないけど)とか、男前受けが好きなので、楽しく読めました。

受けの龍之介が難航不落っつーか、「一度寝たからってなんなの??」ってな感じで、こりゃ手強いなぁ……と思ってただけに、あの特異性アルファからのフルフェイス外し赤面シーンがめちゃめちゃ可愛かったなぁ。
あと、メスメスしくならなかったところもとってもいい!

攻めの晃太は、ポテンシャルめちゃ高。
なのにクソ真面目ゆえのまさかの童貞というおいしい物件。
ぐるんぐるん葛藤してる姿がかわいそうでかわいいんですよ。

これからも、めいっぱい龍之介に振り回されるがよい。

それと、「自分が存在してるだけで怖がられる存在だってわかってなかった」ってショック受けてるシーン。
悪意ゼロのぴゅあぴゅあ好青年だからこそ落ち込んでて、あぁまっとうに育った子なんだなぁって愛おしさすら感じるし、攻めがしょげてる姿って萌える。


あの意味深な小包なんだろ?回収されてないですよね?

20

コワモテだけど可愛い

αだけど周りの友達と違ってΩに対する執着がなく、性欲も弱めなのでいまいちそのノリについていけない晃太。
そんな彼がアパートの隣人・宮永との出会いで変わっていく様子を描いた大学生同士のオメガバース作品でした。

首までがっつりタトゥーが入っていていつも不機嫌そうな宮永に苦手意識を持っていたけれど
彼の突然のヒートに出くわして、それを治めるためのセックスに協力したところから晃太の心は宮永のほうへと向いていって。
それが恋なのか本能的なものなのかわからないまま、宮永のことが気になって仕方がなくて葛藤している感じがめちゃくちゃ好きでした。
Ωのことも宮永のことも何も知らない自分に苛立ちながら、一歩踏み出すために動こうとしたところもすごく良かった…!

晃太は元々Ωの匂いを感じない「特異性α」らしく、そんな彼がなぜ宮永の匂いはわかったのか?というのが明かされるシーンの宮永の照れた顔が最高で…!
ツン気味なのにすぐ赤面しちゃうギャップにやられまくってしまったのでした。

両想いだとわかってからは好きだと言葉にしたり名前を呼んだりとそれはそれは甘い絡みになっていて、幸せいっぱいなセックスを楽しませてもらいました。
願わくば番になるまでのふたりをぜひ見守りたい…!と思ったので
恋人になったあとの彼らの日々がまた読めたらいいなと思いました。

16

新感覚オメガバース、大当たりです!

オメガバ大好きなので色々読み漁ってますが、ちょっとこの新感覚新設定オメガバ、ハマりました!!
ネタバレレビュ書いといてアレですが、できるだけネタバレなしで読んでほしい1冊です!

まず表紙と帯の煽り、そして序盤のちょっと不穏な感じで始まる今作、予想以上にコメディ要素もあるしαが空回り気味に一生懸命だし、えっちもなんだかんだ真面目だしでいい意味で裏切られるしギャップにやられます。

そしてこの特異性αとやら…ご都合すぎるのですよ…
これがまた最初から自覚あって匂いするから両想い、だったらまたちょっとうーんて、なってたかもなんですが、まるで両想いを後押しするかのようなタイミングでのネタバレ。告白シーンにキュンと笑いを同時にもたらしてくるセンス、最高です!!

そして個人的に推しポイントは、オメガバなのにフェロモンで理性をなくした攻めが出てこない!!笑
最後の書き下ろしまで全部ちゃんと理性あってちゃんとΩを気遣って、ちゃんとちょっと不満を抱かせて笑次に繋がるせっせをいたしてます。
ぐちゃぐちゃのどエロも好きですが、この作品に関してはこの感じで終わってくれて最高に推せました。

いやもうちょっとオメガバ飽き気味の人にも是非読んでほしい激推し1冊です!!

15

えろいコワモテ

 最っ高なオメガバだった。
 受けが優位というか、襲い受け誘い受けなタイプ。しかも長身筋肉質。
 攻めは理性強めのヘタレ。
 長身筋肉質爽やかイケメン×長身筋肉質コワモテ。
 とにかく受けがエロい。

15

アホウドリの恋

激マブ(ノ´∀`*)ナニコレカワイイ。

たまたま試し読みしたらツボ
あんまり可愛いから衝動買い。
オメガバースも最近マンネリ気味だなと思ってたけど
久しぶりにキュンだわ。
続きハヨ。や、切に希望

匂いに鈍感なαとヒートキツめのΩ
何の因果かお隣同士
鈍感なはずの鼻はΩの甘い匂いに酔い
キツイはずのヒートがαの匂いだけで和らいだ
見た目、キャラクタともにツボでした。
ヘタレワンコな年下攻めもいいですが
両思いになってもメス臭くなりすぎない受が良。

久しぶりにもっと読みたいと思える作品でした

13

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP