寅乃助さんのマイページ

レビューした作品

女性寅乃助さん

レビュー数0

ポイント数1

今年度262位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

は、はずかすぃ~ですな

人気の作家さん。やっと読むことができました!
続編・・・と言う事は知りませんでしたが楽しく読めました。

いやしかし・・・

はずかスィ~!!!


他人様の恋模様を覗かせて貰ってる・・・という感じ。

恋人との付き合い初めって、たいていこんな感じじゃない?


嫉妬とか気持ちのすれ違い、
好きすぎて怖い、好かれすぎて怖い・・・とかさ。

なんか、若い頃に戻ったみたいで楽しめましたが
何回も読みたいかって言われると・・・・・・・・・・?

意外に受け君の体がガッシリしていることに驚いたり
ほんわか系と聞いていましたが けっこうなエロがあったりで

この作品以外の方が 私には合っていたのかなぁ。

シビレた

前のレビュアーさんが 同時収録について詳しく書かれていて
「なるほどー!」 と思いましたが、
私はこちらのコミックしか読んだことが無いので
あくまでも表題作についての感想です。

有名な作家さんのわりに ずっと未読でした。
この作品が初読み。

とてもシビレるお話で、「大人っぽい!」と感激しましたが
どうやらこの作品だけなんですね・・・。
学生の恋愛モノを多く描かれているようで。

表題作と「蚊帳の外」、「小春日和」・・・
それだけで「神」です。

言葉で交わすだけが 愛じゃないのですよ・・・。


他の収録作品は ・・・特に印象に残りませんでした。

ヘンタイ<一途

「聞こえない声」からさかのぼって拝読中の京山氏。
どの作品も好きですが これも大好きです。


この作家さんには「ヘンタイ」というフレーズがついて回るようですが
そうかな?
私はあまりそこは気になりません。

いつも着眼点が独特で 一途な思いに胸が熱くなります。

この作品も確かにアクションはヘンタイでも
一途な思いがあってこそ・・・・

「ステキなオレ」を好きになって欲しい!

というね。

もしかして買いかぶり過ぎているのかもしれませんが
他の作家さんとは一味違うなぁ~・・・と感心しました。


なぜなんだ・・・

大好きな作家さん。
「黒猫亭雑記帳」まで楽しく拝見させていただきました・・・が

なぜかここで 絵が変わりましたね・・・


独特ではあったものの 体のバランスなどはちゃんとしていた
・・・むしろ 着物や軍服などを描かれますと
かなり萌・・・だったのに。

ここへきて 体のデッサンが狂ってきてますか・・・?

話の内容も サラっとしちゃったので
別にこれならこの作家さんで無くてもな~ という感じ。

「ビター×スイート」とか マジ神でした。



期待感が高すぎたためか 少々辛口評価になってしまいました。

破天荒バンザイ

タイトル買い。

生き方にパワーがあっていいね!

エロ過ぎるのが苦手ですが この作家さんのはアリな感じです。

超天国 コミック

語シスコ 

まさか感動するなんて

絵柄と エロ度高そうなのとで未読だった作家さんですが


・・・・・・・・・「キュン」が意外なところからやってきました。



吹き出し以外の書き込みが多くて ちょっと疲れました。
でもイチイチちゃんと読むと、そこもまた面白くて。

タイトルも好きだし、「良いモンみつけたわ~♪」 という感じ。

ふつう?

同作家さんの『同級生(の中の「マイナスの心音」)』がツボな私。
いつも楽しみに作品を拝見させていただいております。
(コミック、少ないよね)

ただ 最近・・・・

なんつーか こう・・・・


ふつー な感じです。


絵は変わらず丁寧でキレイだし カッコ可愛い男の子だし
好きなんですけど・・・・。






やっぱり好き

大好きな依田氏。
しかしこの作品は設定が「?」だったので敬遠してました。

依田氏の作品は 登場人物に「イラっ」とする事が多いのですが
(クセが強いからだと思われる)
何度も読むうちに 胸に響くものがあるんですねー。
主人公が涙を流すタイミング、頬を染めるタイミングが絶妙なんだろうなー。

ただ、タイトルがいつもイマイチな気がします・・・
(よろめき番長はけっこう好き。)
BL・・・というジャンルでいいのかな? とも思います。

今作はサスペンス色が強め。

ラブコメ?

「聞こえない声」シリーズから流れ着いて来ました。

もっとざっくりとした軽いラブコメなのかと思っていたら
意外にもジーーンと来ました。
諸岡先生は「少年好き」というか「(美)少年を崇拝」していますね・・・。
その思いが大事だって、ひしひしと伝わってきます。
アンモラルな感じがしないんです。

・・・とあくまでも個人的な意見でした。

惑溺趣味 コミック

明治カナ子 

凝ってるなぁ

「熱伝導」が好きな明治カナ子氏でしたが、今回はこちらを読んでみました。

絵の好みが分かれるかもしれませんが、私は好きです。
おっさんがマイブームですので、かなり良いツボを刺激されましたが、
あまりにも状況が特殊すぎますので、ここまでいくとファンタジーでしょうか。

タイトルも凝っていて、素敵です。