エコさんのマイページ

レビューした作品

女性エコさん

レビュー数1

ポイント数24

今年度220位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

心臓の毛が抜ける衝撃作!

先ほど読み終わり、あまりの衝撃をくらいましたのでレビューいたします!

森に住む狼・ウルと生け贄の男の子・太郎のお話。
とにかく何がすごいのか。
最初私は獣×人間の、ストーリーが苦手で購入を迷ったんです。でも紹介文の切なそうなところに惹かれて読んだら、なんと一話終わりで衝撃の狼→人型描写が来まして!

ウル、すごい素敵!!

これがまた、ウルがとにかく狼姿でも紳士なんです。
○言葉が丁寧!
○ミシンで太郎に手作り服縫う!
○自分の着てる服が裂けてもかまわず走って太郎のピンチにかけつける!
○住んでる家、太郎への服、とにかくセンスが光る

全体的なこの本の魅力は、子供のころに読んだ美しい絵本の、優しく美しい空気をまとっているところです。
絵本。この表現がぴったりです。

太郎をはじめ、人間キャラクターの顔(特に、目、髪、手)も派手な描き方でなく、また背景は主に森の中。その他動物や人魚、景色やインテリアの整った洋館(二人の暮らす家)など、ファンタジーを自然に見せる丁寧な描写が続き、全ての存在と人間や狼の存在が、ことごとくマッチしています。

太郎は口べらしのため生け贄にされた、痩せている小さな男の子。その子に、おいしく食べるためだよ、と狼が言い聞かせながら手厚く育てています。
蜂蜜クリーム、へちま化粧水などを与え、とにかく、過保護に育てています。

いつかはウルに食べてもらえる、食べられると思いながら暮らしてきた日々。太郎は徐々に声変わりし始め、蓮の沼で見た男女の人魚の交わりに大人としての芽生えをしていきます。
もちろんウルは頭からバリバリ食べる気なんてなく、いつか自分が太郎を手放し別離する道を覚悟しています。

穏やかに穏やかに、進む時間。
この穏やかが怖いですので。←すごいネタバレです

腐女子になり色んな描写に慣れ、ちょっとやそっとの漫画ではこの心臓に生えた毛が揺らぐことも珍しくなってしまった昨今でしたが。
計三回、人型のウルと太郎(だいたいそのシーンで太郎は半裸)のところで、ウルの色気にとにかく、久しぶりに!!ドキーっというあの電気を感じました。
腐女子になりたてのあの頃の電気です。もうふさふさの心臓の毛が抜けた感じです。

本番シーンはシンプルでラスト一回のみですが、これ含めて三回は美味しいと感じるところがありました。絵本を読んでたら急に15禁漫画をくらった気分に近いです。

ちなみに、普段はメリバやバッドエンドを好む私ですが、この本はハッピーエンド以外受付けられないくらいの優しさで前半溢れているので、最後まで怖かったです。

大丈夫です、ハッピーエンドでした(  ̄ー ̄)ノ

なにげに素敵なのは、太郎の履いている靴。
いつも素敵な靴を履きこなしています。
お布団がまた、いい!!熊の毛皮です!

ちなみに、ウルは獣のときブラッシングされるのが大好きで、そのブラッシングコールがもらえた時の描写のかわいさたるや!

私の語彙力はこんなものなので、どうかこの絵本のようなBL漫画をぜひ一度読んで頂きたいです!

今年買ってみて一番良かったです。ちなみに電子で購入しましたが、紙でも欲しくなりました。

たくさんの方が、癒されることを願っています!!

繋がりを味わえる幸せ

素敵なご縁でご本を手に取ることが出来、読み終わりましたので、拙いながらレビューさせて頂きますね。

構成は、幸せフェイワン達ロイヤルファミリーの日常のひとこまから始まり、
先代リューセーを知る人たちからの聞き取りを経て、日露戦争時の明治日本へと巻き戻り、丁寧な先代リューセーのエルマーンでの日々へと過去が綴られていきます。もうここからは涙が止まらない箇所がかなりありました。
ランワンを慕いながらも心を病まざるを得なかった先代リューセーは、それでもフェイワンをこの世に生みだし卵に愛情を注ぎます。そして不慮の、本当に悲しすぎるリューセーの結末のあと、残された父子で国を守る宿命を受け入れるまでのシーンがあまりにも凄かったので、一つの山場はここでした。
父を亡くし、切望した自分のリューセーが待っても待っても降臨せず、そうしてやっと来たリューセーを大切に大切に信じたことが、すべての幸福へと繋がるのです。何より父の言葉を噛みしめ、辛抱強く自分のパートナーを守る姿と心に胸打たれました。
親が子を生み出し育てることは、容易なことではないというこの世の理を重ねて読むと、また深く味わうことが出来る、素晴らしい本編構成でした。
今ある幸せの、奇跡の連続の上に成り立つことの素晴らしさ。この悲しさと幸福の物語を愛しく思わずにはいられません。
ドラマCDからこのシリーズにはまり、とにかくフェイワンの親世代の真実が知りたくて知りたくて仕方ありませんでした。
振りかかる悲しみを乗り越えて来たからこその今の幸せを噛みしめているフェイワンが、更に母のリューセーに絶対愛されていたんだと妻のリューセーに断言されるシーンは、そのページまでの辛さも全て幸せに変換出来るエネルギーを放っていました。
個人的には、先代リューセーの側近であるジョンシーが不憫でした。ランワンより先にリューセーの心情を深く理解出来ていて、全てをとして献身的に主人に深く同苦できる人間性に魅力を感じずにはいられず、だからこそ彼の最期が辛かったです。
読み終わると、とにかく自分の両親や家族を大切に大切に、感謝を伝えたくなる、そんな素敵な一冊でした。

厳しめに萌!で

初回盤、特典ディスク、書き下ろしストーリーの三種を聴き終わってのざっくり感想です。
原作既読。

全体として、なかなかの改変がしてあり、あれやこれや細かいなりに気に入っていたシーンや流れなどがバッサリ変更されてましたー。
BLCDって、こういうのもOKなんだと初めて知りました。
例えば、陶也が篤郎に頼まれたマンション探しで実家に行き、兄と刺野に会う所。これが、サラッと電話での刺野との連絡に変更され、翼や澄也の写真の話題も電話にて刺野とやり取りするだけ。送りましたが見ましたか?程度。
また、お兄さまは郁の入院のときに説明に出てくる程度で存在感勿体無い使い方に。
原作では長兄と陶也の会話が、澄也の家族写真についてちゃんと有ったのに( ;∀;)
カットは時間上仕方ないですよね……

さて、辛口ですが続けます(;´∀`)
disk1が駆け足で、陶也の郁への想いの変化が急すぎに感じて、初めて両思いを認めたところでの二人の感じになかなか萌えられませんでした。
私が原作を熟読してないのが悪いのだとは思いますがΣ(ノд<)なかなか陶也に感情移入しにくかったです。
興津さんの演技はさすが安定感があるのですが、 陶也の陶也らしい言い回しに慣れられず、後半のいい人感とのギャップにあまりにもついていけず。
でも、結局書き下ろしストーリー中の陶也が秀逸すぎて、陶也を好きになれましたが(笑)
disk1は陶也モノローグで進みます。

郁は斉藤さんが本当に好演してらして、原作の幼い子供っぽいイメージから良い意味で想像と違ってより真の強さが光ってました。
う、とか、あ、とかの発語困難な感じも、他キャラとの意思疏通もわりと聞き取りやすかったですね。disk2は郁のモノローグで進みます。


さて、私的には実はここからが主張したいところ。12月に発売される、兜×あっちゃんペアストーリーを溺愛しすぎているせいか、とにかくあっちゃん(松岡さん)の声を耳が積極的に拾う拾う!

特に、今作の郁とのシーンは声を荒らげているシーンが多いせいか、あっちゃんのインパクトがすごかったのです。とにかく良い!このインパクト聴きたさに今作買いましたもの。んー、松岡さん、いよいよ次作での活躍楽しみです!期待できます!
兜は相変わらず飄々として、平川さんがこれまた素晴らしい。安定した兜です。

秀逸だったその特典書き下ろしの内容ですが、にゃんこを拾った郁のために、その場で飼い主を探す(電話にて刺野と交渉する)陶也。余りにこの陶也と刺野の会話がコメディータッチで、かなり笑えました。
これはたくさんの方に一聴して頂きたいですー!

全体としての雰囲気、声優さんの好演は今作も健在ながら、かなりの改変にびっくりしたので萌といたしました。
本編含めて4枚のCDをとりあえず聴き終わった感想でしたが、ご参考までに♪ヽ(´▽`)/
そして早く次作『愛の罠にはまれ!』が聴きたい!

目からウロコの展開

実は私は、今回この続編が出ると知り、前作『1』を揃えてから、ようやく通してきちんと聞くことができました。

なので、以下は前作も聞いての2の感想です(*´∀`)

まず、この一族においても、冬貴パパは本当に特別、最終の『清澗寺』だということ。

続編の小説は未読なので何とも言えませぬが、本当に本当の『清澗寺』はパパがラストだと感じました。その特別さを、二作を通してだけでもひしひし感じました。

ちなみに私は三作目、クラウディオ×道隆のカプが好きなのですが、この伏見のおじさまとパパのお話を聞いてみて、全作揃える決意をしました。(通販到着待ち)

さて、なんといっても、今作はパパの行動力が存分に楽しめる、そして沢山しゃべってくれる内容となっていると、個人的に思いました。破天荒でなんともイッちゃってるパパは、行動そのものがすごい。
隠されたおじいさま(三木さん)の御指南も、ラストで明かされます。かっこ良かったーー!
これぞ目からウロコ♪本当にこの世にこのように素晴らしい作品が存在し、出会えた自分の今に感謝します。
今までのパパのイメージがヤバくオイシク崩れること請け合いです!!!
ご参考まで!!!

空気感の、素晴らしさ

花のみぞ知ると、花のみやこでが両方好きで、両方揃えて聞きました。原作既読。

声優さんに関しては、日野さんの静かなで上品な攻め具合が気に入りました。
作品は原作の宝井先生の雰囲気と、花のみぞ知るとの統一感を守っていて、好感が持てる作りです。
ピアノの音楽もそのまま使われてるのかな、同じ空気感が見事保たれています。

あらすじは大方原作通りでした。

ただ原作でさらっと描かれていた、二人の刹那の逢瀬は、CD ではもう少し濃く描かれるかなと期待していたので、余りのあっさりさにかえって潔さを覚えました。
そのくらい、ピュアな二人の青春の空気感が伝わる出来上がりです。

キスシーン、サイダーのシュワシュワ音が切なかった…(。>д<)

なんか、きゅんきゅん度は、花のみやこでも負けてません!
いや、花のみぞ知るもきゅんきゅん度すごいですが!

物語は美味しく二部構成です。というか、

花のみやこで本編
花のみぞ知る番外編(二人のその後が描かれている大事なあのシーン&お姉さま登場しました!)
花のみぞ知るオマケ編(短編)
花のみやこでオマケ編(短編)

と、このように、ざっとですがオイシイ内容で、コミック一冊が忠実に再現されていて感動しました。
植物標本キットプロのオチのお話もあります!ここに細かく感動☆(このネタ大好きです)

花のみやこでは、収録時間が短いかな?と正直買うのを躊躇っていましたが、ここまで見事コミック一冊再現されていれば、今は満足感と「自分でかした」の気持ちしかありません(笑)

特に後半戦の花のみぞ知る番外編の本編は、花のみぞ知るを買った方なら是非続きに、というか、ファイナルな気持ちで聞いて頂きたい内容です(^-^)
普段悲恋ものばかり聞いているので、ここまでハッピーエンドだと本当にいいですね。こっちが幸せ。

特典は手元にありますがまだ聴いてないです、ごめんなさい!本編リピートが止まらない!

迷いなく「神」評価、そして、真面目レビューしました(笑)
ご参考になれば幸いです!

ナチュラルでキレイ。

はぁ~やっとこさ、聴けましたよ!!!

ちょっともー!

この原作のベクトルを大事にキープしつつ、 美味しいとこは美味しい! だなんて!

いやー、いいですね。

高かったけど、良いお買い物でした。

ピアノにあわせて、ゆっくりとラブストー リーが進んでいくんですが、一枚目でだいた い見えてきて、二枚目真ん中でくっつく、 と。

昨今のBLCD にしては、慎ましい内容でキレ イにまとまってました。

実は、番外編は無理かな~収録、と諦めて聴 いていたら、トントン拍子で番外編も収録さ れ再生され、嬉しかったです。

いいシーンは、やっぱり不意の寝起きのキス シーンかなぁ。

ナチュラルでキレイでした。

過激さは少ないけど、そのイノセントさがい い!!!

二人のきれいな恋愛が堪能できる素晴らしいCD です。

たまらないー(*^^*)

これは好みが別れちゃうと思うのですが、私は大好物の分野なので、美味しく頂きました(*^^*)

原作は未読なのですが、様々な方のレビューを読んで、買ってしまいました(>_<)

もう妊娠ネタが…すいません、ツボなので本当に貴重な音声化だと思いました。

つわりとか、あります。

ネタバレしちゃうと、妊娠はなかったのですが、とにかくそれっぽいやりとりが周りのキャラもいっしょになってやってくれるので、後半のトラックはとにかくたまりませんー(*^^*)

攻めの声優さんは発聴きだったので、印象うーん、なのですが(ファンの方すみません)
翼役の下野さんが激萌えなのでございます!!!!!!!!

可愛いくて強気で、でも健気ーっ!

虫は嫌いですが、これは大丈夫でした!

脇役の皆さんもキャラがよかったです!

買って良かったな♪な一枚でした!

露天風呂…

ずっと神評価でしたが、これだけちょっと不完全燃焼なので(笑)

二人で穂高先生の特別のお宿へ取材も兼ねて行くのですが、

全部屋貸し切り
各部屋露天風呂付き

なのに!!
まさかの、
お風呂えちのシーンなし!!!

もう期待して待ってたのに、なんだか悲しかったです(笑)

でもラブラブしてらっしゃるお二人様。

最後のシーンの、穂高先生のナレーションに、原作未読なのですが、この四作目の特別感を感じました。

全体は時間軸が前後左右して分かりにくい感じでしたが、萌えたので問題なし(笑)

最後の絡みだけでも、聞く価値ありです(*^^*)
最後まで濃さ健在☆

やっぱり無理矢理!

穂高先生と透也の関係が、社会的に揺らぐお話?でしょうか。

個人的に、初っぱなの緩いお風呂のあとの絡みが、ほのぼのなのにさすがのいやらしさで好きなのですが、

関係がいよいよ揺らぎ、体に言うことを聞かせようとする穂高先生、やっぱり無理矢理やっちゃいます。
が、
やっぱり乱される透也、
ここの
「軽蔑させたいんですか?!」
に、なんか萌えます(笑)

三作目の罪シリーズですが、この無理矢理絡みが、なんとも楽しめるぐらい絡みが濃い内容です!
オススメ!

あとは、ちょこっとですが、新人の天野との絡みに入りかけて、透也が拒むシーンも新鮮な感じで萌えちゃいました。

四作の中でも、透也が穂高先生を名前で呼んだのはこのCD だけでは?
新鮮な二人の空気も味わえる一枚。

もう手放せない

有罪の続編ですが、続編のパワーダウンなんて欠片もない素晴らしい濃さの内容です!!

やっぱり賭けで体の取引になるんですが、なんともいやらしいさせかたをする穂高先生(攻)

ネクタイを緩めるだけにさせて、わざと、
透也のお顔に…あぁ///////
個人的にここの効果音が、なんだかすごくて印象に残るんですー(>_<)///

具体的に言葉で書けない根性なしですみません(>_<)
いやあ、本当に数々のプレイが濃い一枚でした。

攻め穂高先生、透也をいぢめぬきますが、それ以上に受け透也は言葉で自分を恥ずかしく追い込む気がします。
そこが美味しいのですが!

有罪の雰囲気やBGM は引き続き使用され、統一感があって好感が持てました。

次作、贖罪と堕罪も購入済みなので、レビューします♪