萌々子さんのマイページ

レビューした作品

女性萌々子さん

レビュー数0

ポイント数1

今年度2404位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

あじあ先生の頭の中の一端を整理して覗かせてもらった

わたなべあじあ先生のライフワークと言ってもいいRomeoの、初のイラスト集。
ほぼ全てのページがカラーなので価格はちょっとお高めです。
正直随分前から買おうか迷って、でもお高いからやっぱ無理だなーと二の足を踏んでいましたが、たまたま行った書店で見つけて思わず衝動買いしてしまいましたf(^_^)

あじあ先生の美しいイラストがこれでもかっ!と収録されています。
横長なので収納にはちょっと気を使うんですが、他のものに埋もれないので見つけやすくはあります(笑)

また設定資料集の側面もあって、サブキャラまで細かいプロフィールもあります。
わたし的にはこれが1番の買いポイントでした。
Romeoは商業じゃないせいか、コミックスだけ読んでてもちょっと説明不足な部分があると思うんですよね。
光陽とジェイドは前世~過去~現在と色んな時間軸にエピソードがあるし、BLUE BIRDはカプも違うし未来の話で、ラストは更に先の未来だし(レヴィとモーリスはここら辺かな?)。
同人誌見てたりTwitterを細かくチェックしてれば大丈夫なのかも知れませんが、こぼれちゃう情報が結構あるので、それを補ってくれる一冊だなと思います。

でもまだ足りないなというのが正直なところです。。。。

コミック派のわたしは双子ちゃんなんかは初お目見えで(存在はなんとなく知ってましたが)、これは謎が謎を呼ぶというか、ますます続きが気になってしまう感じです(;´д⊂)

タイトルにしましたが、『あじあ先生の頭の中を一端を整理して覗かせてもらった』、という表現がわたし的にはしっくり来ます。

まだまだ続いていくRomeoの、今後がますます楽しみです(*´∀`*)

夏休み、関係なし!

本編では加賀の遅漏が原因で最後までエッチすることのない2人。
その2人にどうにかこうにかさせようと思うとこうなるのね、的なお話です(笑)
夏休みはまったく関係ありません。
エッチ以外は順調な2人が、そこだけはすれ違っちゃうという落差が個人的にツボです。
リアル目線だとスペック高めの2人なので余計に( ´艸`)

ただ終盤ちょーっと作画が失速してしまっているのが残念だったかなー。


あ、ちらっと犀川先生も出てきてわたし的には歓喜でした。
もちろん加賀×金沢も好きですけど、わたし犀川先生の陽キャ具合が凄く好きなんです(笑)
こっちのCPの新しいエピソードも読みたいなー♪(´ε` )

あれっ?

前2作が好きだったのと、気になっていた正親が主役だということでコミックスになるのを楽しみにしていました。

ですがちょっと小細工多めというか、正親もグリムも素直になりきれないキャラだったので少しわかりにくかったです( ̄▽ ̄;)

でもふたりのビジュアルは文句なしで神でした!!

特にグリム!
ロングヘアだからアレンジもバシバシで、蔓沢先生のこだわりを感じました。


同時収録は蓮太郎×米蔵、夜須田×直親のエピソード。

わたしはこちらの夜須田×直親の話が1番好きでした。

もともと出来上がってるカップルの『お互いに大事に思っているのはわかってるけどままならない』というお話が好きなので、このカップルは本当にツボです(●´ω`●)

続きが出るなら追いかけていきたいシリーズです。

画が好みじゃないようで…

うーん…お話自体は好きだったんですけどね。
獣人もオメガバースも好きだし。

ただいまいち画が見辛いというか、ことごとくわたしの想像とか予想とは違う見せ方がされていて、コレジャナイ感が強かったです。

もちろん読んでいて意外性を感じたり、自分の想像とは違う見せ方、展開をするマンガはたくさんあります。

でもこちらはそこにどうしても納得がいかなかったというか、場面場面のカメラワークやコマの割り方がなんとも腑に落ちなくて、お話に集中し切ることが出来なかったです(´д`)

のちに羽純先生が挿絵を担当されている小説を見たときも、やっぱりわたしは『見たいのはそういう画じゃないんだよなー』となってしまいました。
カバー絵はとっても素敵だったんですけどね。

キャラクターやストーリー自体は楽しめたのでとても残念に思うんですが、わたしとは合わない作家さんだったようです。

本当に残念(・_・、)

好きだからこそ…

キヅナツキ先生初の『ギヴン』のイラスト集です。

収録作品は雑誌の表紙や扉を中心に、販促や発表時はモノクロだったものに着彩したものなど、40点ほど収録されています。

イラスト自体は当然ながら文句なしだし、一冊にまとまったのも嬉しいのですが、なんと描き下ろしが1つもない!!

アニメの宣伝用イラストなど最新作まで収録されているのでギリギリまで頑張ってくださったんだろうとは思いますが、ちょっぴり拍子抜けしたというのが本音です(;-_-)=3

カバーの材質もコミックスと揃えたためかクラフト紙(?)で作られていてかなりラフ。

これで2,400円というのは印象としてはお高いかなーと思います。
(BLではないですが、ハードカバーで収録作品100点以上、値段は3,000円程度というイラスト集も持っているので)

アニメ化で盛り上がっている時に出したかったのかなと推測しますが、キヅ先生初の記念すべき一冊でもあったはず。

随所にこだわりは感じますし熱意は伝わってきますが、せっかく出版社から出すんだから、もう少しゆっくり丁寧に作られても良かったんじゃないかなとも思います。

わたしのリピート率NO.1!

『それでもやさしい恋をする』、『どうしてもふれたくない』、共に原作は既読。
『どうしてもふれたくない』のCDの方は未聞です。

この作品、完成度がめちゃめちゃ高くてびっくりしました。

少なくない量のドラマCDを聞いてきたと思いますが、原作よりCDの方が好きだなと思ったのはこれが初めてです(*´▽`*)

お話自体は派手な展開も暗い過去もなく、ぶっちゃけ地味(笑)

でも心理描写がとても丁寧なので、読み足りなさ(聞き足りなさ?)は全く感じません。さすがヨネダ先生原作。

しかしヨネダ作品はモノローグが少ないというか、他の作家さんより説明が少ないので、いわゆる行間を読まなきゃいけないのが難しいところ。。。。

でもCDは音がつき、音だけで表現するために捕捉されたりしてより立体的になるので、原作自体の理解がより深まりました。

森川さん×野島(兄)さんというベテランのお二人で、聞く前は『森川さんが年下攻め!?』と若干不安だったのですが(笑)
聞き始めたらそんなものは杞憂で、安定感が抜群でした(●´ω`●)

オススメです!と胸を張って言える1枚です。

スピンオフ第二弾

薔薇の宿命シリーズのスピンオフ第2弾である今作の主役は、ルイ×紲の息子である馨です。

スピンオフ第1弾の慈愛の翼で恋破れた馨くんですが、案外クズ野郎でした( ̄▽ ̄;)
若気の至りと、最強の魔王ということに胡座をかいているだけなので、後半巻き返すんですが。
まあ自分本位で他人の機微に鈍感なのは父親譲りでしょうから、致し方ないです(笑)

馨がイケイケオラオラなためか、相手の理玖は抑圧的で正直あんまり好きなタイプではなかったです。
けどそれにはきちんと理由があります(惚れた欲目も多分にありますが)。
理玖の設定は馨の相手を考えていくうちに生まれた後発的なものかも知れないけど、素直になるほどなー、と思いました。

ラスト付近の馨と紲、理玖とユーリのやりとりにはうるっと来ました。特に馨と紲。
慈愛~で蒼真が言うとおり、馨くんは根は優しくて家族想いのいい息子なんですよ(´;ω;`)


この薔薇の宿命シリーズ、本編であるルイ×紲は劇的な恋に落ちるけれど、スピンオフはいずれもそこまで熱烈じゃなく打算的な部分もあるので、その対比は個人的に面白いと思いました。

といっても一番好きなのはルイ×紲なんですが( ´艸`)


ちなみにこれ以降ラブコレを除いて続編は発売されていませんが、ノアと双子ちゃんのその後がとっっっても気になっています。

特にノアを幸せにしてあげて欲しい!

続きをいつまででも待っています(*^-^*)

おもちゃにしないで 同人R18 コミック

ねこ田米蔵 

オナホプレイ

今回は酷くしないでの同人誌史上、一二を争う変態度の高さだと思います(笑)

内容の方は表紙を見れば一目瞭然ですが、眠傘がオナホを使ってなんちゃって脱童貞するお話。

しかもアナル仕様のオナホだそうで、そういうものに疎いわたしは、そんなものがあるのかと地味にびっくりしました(笑)

米蔵先生も後書きで触れていますが、このカップルは物慣れた真矢よりむしろ真面目ド天然な眠傘のエロ度がどんどん上がっていってます。

すでに出来上がってるカップルのお話はそういう変遷が面白いところの一つだと思いますが、今回はエロを超して変態です( ´艸`)


表紙の眠傘は真矢のシャツを着用するという萌えなイラスト。
加えて特殊加工もされていて、タイトルとおもちゃ、それに○○な部分がぷくっと立体的になっていて、加工部分はゴム触感というなんともけしからん仕様です(*´д`*)

米蔵先生の萌えとこだわりが詰まった一冊で、必見です。

ねぇ?-call my name- 同人R18 コミック

橋本あおい 

エロくて甘い

between the sheetsが大好きなので絶対に買おうと思っていたのに、諸事情あって買い逃してしまったところ、雑誌の懸賞でまさかの当選をしました!

いやぁハガキ出しといて良かったし、橋本先生と新書館さんに感謝感謝です(o^∀^o)


中身は『between the sheets』と『きこえる?』の2タイトルが収録されています。

まずは『between the sheets』。
高史が一瀬にとあるおねだりをするのですが、その見返りにいつもより可愛がられちゃうお話です。
本編でもエロスな2人でしたが、同人誌はさらに5割増しくらいにエロいです。
一瀬さん、そんなことまで高史にさせちゃっていいの?という(笑)
エロというよりプレイ寄りで、失禁など本編よりもきわどい感じはありますが、わたしは地雷ナシなのでスパダリ×ツンデレ(ツントロ?)を心ゆくまで堪能しました(๑´ڡ`๑)


続いて『きこえる?』。
こちらは本編未読なので詳細はわかりませんが、btsに比べると爽やかでかわいらしい感じのカップル。
攻めのユノはふわっとしてて一見受けっぽい雰囲気なのに、挿入中に受けのお腹をわざと圧迫するSっぷり。
受けの樹が初心でいじらしい感じなので、余計にいじめてる感が出ててひぇー(//∇//)となりました(笑)


どちらも商業作品の番外編なのでファン向けだとは思いますが、そのぶん甘くて美味しいところだけを読めてしあわせな気分です(●´ω`●)

on the bed… 同人R18 コミック

ねこ田米蔵 

年上組はエロい!

今回はコミックス7巻の補足的なエピソードです。
米蔵先生的には描くつもりはなかったそうですが、「なんでないの?」という声が多かったため、リクエストに応えてくださったそう。
わたしも、見たい!と激しく思った1人なのでめちゃめちゃ嬉しいです。

さて感想。

『黒タートルの彰はエロい』

攻めの縞川の台詞ですが、もうこの一言に尽きます。
彰がタートルとかトレンチとかかちっとめな服を着るのって自己防衛の強さの表れなのかなーと分析するんですが、逆にそれがエロさをそそるんですよ(//∇//)

そして今回は彰のご奉仕シーンもあります!
それに付随して、普段はドライな彰がえっちになるとなんであんなにめろめろになっちゃうのかわかります。
ここ、めっちゃエロいです。

でも最後の最後まではデレきらないのが彰クオリティ。
オチではしっかり縞川を翻弄(?)してます(笑)

推しCPなので、また単体でコミックス出ないかなーと期待してます(´∀`)