peco9o9さんのマイページ

レビューした作品

男性peco9o9さん

レビュー数5

ポイント数67

今年度98位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

美しく切ない感動

御曹司 颯太朗(25歳)x 踊り手 春臣(22歳)

颯太朗と春臣は幼なじみ。
子供の頃、女形で踊っていた春臣に「可愛い」と言ったことで、
春臣は髪の毛を切ってしまい、仲違いに。
髪の毛を切った理由を聞いた颯太朗に春臣が素っ気なく
「颯ちゃんに関係ない」と言ったことで、
颯太朗は思わず「お前なんか嫌い、2度と踊りなんてみに行くもんか!」と言ってしまう。
颯太朗はその後、父親の仕事の関係でドイツに行くことに。
春臣は影から颯太朗を見送る。(春臣もしっかり颯太朗が好き)
颯太朗16歳、春臣が13歳の時だった。

それから9年後、第二次世界大戦が始まって2年が経った昭和16年。
颯太朗が日本に帰国。
颯太朗は9年間ずっと春臣を想い、酷いことを言ってしまったことを後悔していて、
謝りたいと思っていた。
春臣の居場所を探して、謝りに向かうが、
偶然の人違いから、颯太朗は市村と名乗って春臣の前に現れる。

時代は戦争初期から、終戦間近の、東京にも空襲を受ける緊迫した状況の中、
颯太朗に赤紙が来て。。。

束原先生の美しい絵がより二人の切なさを演出していて、
とても満足出来るお話だった。

禁断の恋愛を、戦争を交えながら、許嫁がいたり、
出兵があったり、内容が濃いものをうまく1冊にまとめている。

切なさも十分堪能出来て、読了感が半端なかった。

前作の『君に想ふ、碧』と雰囲気が似てるが、
こちらの作品の方が自分は好みで満足度が高かった。

何度でも読み直したい。


一方的な恋から始まるが

大学生(後輩)x大学生(先輩)

高校の時の家庭教師だった大学生の先生を好きになるお話。
攻めが一方的に先生に恋焦がれて、それが成就するまで。

受けはノンケだけど、攻めの好き攻撃にて最後は両想いになるんだけど、
受けが攻めに惹かれていく過程が全く伝わらない。

攻めはただただ好き好きで、一種ストーカー見たく気持ち悪さを覚えた。

ここ最近の安西先生って中身が入れ替わってしまったの?ってぐらい、
作品に魅力がない。
切なさも、心理描写も稚拙で、読者に伝わってこない。

正直、私は書き下ろしの後半はもう読むのをやめてしまった。
退屈過ぎて、次はどうなるの?ってサクサク感もワクワク感もない。。。

作家買いでずっと好きだったけど、
今後はあらすじと絵師さんで、自分の好みにあえば
再度手に取るかもしれないが、
今回で作家買いは終わりにしようと思う。
残念でならない。




作品としては普通

月村先生の作品は作家買いだけれど、
この作品はかなり自分の中では評価が低い。
「しゅみじゃない」になりそうだけど、それはファンとして出来ず、
でも「中立」でもないので、結局「萌」評価にしたという感じ。

話がとても普通であって、萌えも満足度も不十分。

ちるちるでずっと1位なのでちょっとビックリ。

展開が普通すぎるのと、攻めがイマイチ魅力的に思えない。
何故だろうか。
あまりにも不愛想すぎて、本当に受けを好きなのか?ということで、
感情が萎えてしまった。

サクサク軽く読めたが、消化不良。

切なさで堪えきれず泣く

高槻士郎(32歳)ガラス工房勤務の元商社マン x 草薙凛(17歳)心的外傷で話せない元妻の弟

士郎は相手を労わるどころか、子供時代の経験から、人が苦手。
エリートだったが会社で嵌められ、長野の田舎で一人生活している。
そんな彼の元妻が、ずっと離れて暮らしていたワケあり弟の凛を、
半年間だけでも見て欲しいと連絡をしてくる。
いやいやながら、断りきれず承諾。
声が出なく、人形のように感情が読めない凛だか、
時折見せる表情に、どんどん士郎は魅せられていく。

最後の士郎との別れの瞬間、凛とのやりとりに号泣してしまった。
切な過ぎる。

伊勢原ささら先生のこういう切ない話が好き。

もう少し細かな説明が、間延びせず、サクサク読めるとさらにいいし、
その分を話の展開や内容の流れにもっと使うとより作品に深みが出ると思う。

緊迫の2巻!

完全ネタバレ私の感想のみの投稿なので、気をつけてください。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

2巻の半分ぐらいで、名前がキーワードだと分かってきて、
そこから最後の全てが分かるところがもう、たまらない!
途中から、ユリア(ルスト)がリオに王位を譲りたいのだと言うのも分かった。
だから「学べ」と言い、みんなの前でリオの凄さも見せつけた。

そこまでするほど愛した弟とは?

疑問、謎、知りたいこと:

1)第二王子ユリア(魔女の二番目の人形)とルストはどこまで親しかったのか。
  プラトニックだったのか。どのようにルストはユリアに惹かれていったのか、
  彼らの過ごした日々が知りたい。

2)魔女は人形を作っては失敗し、作っては失敗しを繰り返していたのだとは思うが、
  では、一番目の人形はどのように失敗したのだろうか。
  そして、ルストは何度も失うのは嫌だと言った。
  一番目の人形とも関係があったのだろうか。

3)リオは元々土人形。十月十日で死んでしまうほど短命。
  今後また生まれ変わっても長く生きられない?
  それをどう二人のハピエに持っていくのか、知りたい!
  いや、もうウルカの神に願うしかないのは分かってるけど^^;

樋口先生、まじで、早めに3巻お願いします(ToT)
待てませんよ!!!!!

長編だけれども、何度も読み直せるエモい素晴らしい作品!
萌えが半端ないし、ダレる箇所が全くない!

もう樋口先生の才能が恐ろしくて、嬉しい(*^◯^*)

間違いなく「神」作品!

相手を酷い言葉や態度で捨てた先にあったものは。

2作品が入っている。

1作品目『1人と一人の3650日』 
高校生の卒業式でずっと親友だった優しい攻めに好きだと告白された受け。
でも酷い言葉を投げつけて振ってしまう。
実はどうして酷いことを言ったのかには理由があって、その後10年間、
受けは相手を傷つけたことを後悔し、一夜限りの質の悪い男達の
慰め者として生きていた。
そこに偶然、彼、好きだと告白した攻めに再会する。

2作目『未熟な僕らは夏に為る』
息抜きで田舎暮らしを始める攻め。
そこに3年前から田舎暮らしをしてる訳あり受けがいる。
お互い意気投合して仲良くなり、ちょっとしたことから
攻めが強引にセックスをしてしまう。
受けの泣きながらの言葉に攻めは動転し、
田舎を去ってしまい1年。。。
とあることから受けのあの時のあの泣きながらの言葉は、
攻めを責めた言葉ではなく、違う意味だと気付いて。。。

1作目8割、2作目2割という配分。

どちらも相手を酷い方法で捨てるという感じの設定。
でも、実は理由があったり誤解があったりで、
最後は大団円。

1作目はモブとの痛い場面もあるが、
読者を引きつける内容。

絵柄も上手いし、内容もしっかりしていて今後も楽しみ。

童話としては「神」評価

(α)魔物を倒す護衛セイ(30歳前後) x (Ω)宿屋を営むヨナス(30歳)

初めに:
絡みのシーンは割愛されていて、描写はない。
ベッドに二人で行く場面と次はもう朝という書き方でその一度だけ。

セイは正体を隠して「ある人」を探して、ヨナスの住む国まで旅をして訪れ、
ヨナスの経営する宿に偶然宿泊する。

ヨナスはΩは悪という偏見を持つ世の中で、必死に抑制剤でオメガを隠して生きている。

*****

みやしろちうこ先生は『緑土なす』が有名とは知っていたが、
私は今作が初めて拝読させていただいた。

評価をするのにとても迷った。
というのが、これはBLであってBLではないと思ったから。
少なからず私が求めてるBLではなかった。
萌えが感じられずに、ただ淡々と美しい物語が語られているからだ。
絵柄も萌え要素はなく、童話風を意識しているのが分かるし、
その美しさに「萌」の評価を付けさせていただいた。

この作品は「童話」と言った方がしっくりくる。
なので「童話」としては間違いなく「神」評価だろう。
オメガバースの世界を童話風に美しく、
子供の時に読んだファンタジー童話の懐かしさを思い起こさせる。
だから子供が読んでも問題ない内容だと思う。

作品の具体的な内容についての感想は、
美しい独特な世界観と描写だと感じたが、
ヨナスがなかなかセイ達の正体を聞かない、聞けないので、
早くハッキリして欲しいという悶々さが最後まで続くのが
楽しみでもあり、反対に萎える時もあった。
読者はセイ達が何者なのか、気づきはするが、具体的にハッキリとは
分からないので、世界観もあって、余計に悶々さが強くなってしまう。

また、誰が会話してるのかが、いまいち分かりにくい。
今、セイが話しているのかヨナスなのか、シャーネルなのか、と言った感じで、
読み返すことがあった。

そして、物語の軸となる、
魔物を倒すことが出来る「ウルク神国」の成り立ちが、
ハッキリ分かるのが、第一部、第二部の本編中ではなく、
「その後」という最後の数ページ。
この数ページで初めてこの物語の全体が鮮明になる。
そこで、セイの事、セイに仕えるシャーネルやサミュールのことも成る程とクリアになる。

途中にも近い説明や描写は出てくるのだが、靄がかかったような感じなので、
物語に入り込むことが出来なく、最後までただ淡々と美しいメロディに乗せて
進んでいく形で読了した。

なので、「その後」で語られてる「ウルク神国」の説明を読んでから、
再度読み返すと、より鮮明に物語を楽しめると思う。

私はこの「ウルク神国」の説明を最初に持ってきた方が、
より作品の良さが出たのではと感じた。

最後に、神の口調が茶目っ気がある設定は大変嬉しかった。
私はセイレル様のいう通りだと信じる^^

二人がアルファの子供を沢山作り、末長く幸せになって欲しいと願う。


切なく痛く、読み応え半端ない!

最初に:
痛くて切なく苦しく萌える作品を読みたい人はぜひ手に取ってほしい作品。

護衛騎士 x プリンス

ある目的でローレンシア王国にいる北の大国ロッドバルトから来た護衛騎士 x ローレンシア王国の傲慢無知なプリンス

先に書いておくが、モブの強姦・陵辱2回ありなので、苦手な人は注意。
ただし、六青先生のファンは予想の範囲だろう。
事実私はそれも含め先生の作品のファンだから、今回もまあすごいなと思いながら、そこにもエモさを感じ、これぞ六青作品!と唸った。

通常のノベルス三冊分のボリュームは読むのに半日かかるほど。
だが飽きさせることなく一気読み!(もうここで神作品なのがいうまでもない)

設定とキーワード:

1)ある目的を持って北の大国ロッドバルトから親善大使の一員としてやってきた男グレイル(攻)20代後半→30代突入

2)我儘放題に勉強もしなく読み書きも出来ないほど甘やかされて育った傲慢無知な金髪碧眼超ウルトラ美人な王子シオン(元エリュシオン)(受)10代後半→20代

3)運命を変える水鏡

4)下克上

この4つが軸となって物語は悲劇から始まって、長い深いシオンとグレイルの成長物語が始まる。

傲慢で無知なエリュシオン王子は自分の言うことを唯一聞かないグレイルに興味を持ち、心のどこかで惹かれていた。
グレイルは初めてエリュシオンに会った時は一瞬でその美しさに魅了されたが、あまりの根性の悪さに、見下げて嫌悪感しかなかった。

傲慢無知な王子が《運命を変える水鏡》にグレイルの想いを願ってから、エリュシオンの運命が一変する。
偽の王子だったことが判明し(王子自身も知らなかった)一夜にして追放され、その後悲惨な状態だったエリュシオンを偶然見つけ助け、自分の下僕とするグレイル。(その時名前をエリュシオンからシオンに)

願いの通りに向かう道は残酷で悲惨で、何度あんた死にかける?とツッコミを入れたかわからない(笑)このツッコミはグレイルも何度か違う側面からシオンに突っ込んでるけど(笑)

グレイルも同時に水鏡に取り込まれ、実は二人一緒に願いをすることになったのだが、果たしてグレイルは何を鏡に願ったのか。ある目的の成就を願ったのか。
地位と名誉をなのか。それとも。。。

実は、甘やかされた風で、理由があって学ぶことを教えてもらえず、愛情も受けず育ったことが分かるのだが、それもまた切ない。
そして、グレイルの放った一言にずっと苦しみ萎縮していくシオン。
二人の切ないまでの食い違い等も六青先生ならではの展開で、大満足!

読み進むに従って、私の大好きな先生の作品の一つ『騎士と誓いの花』を思い出した。
そこで描かれた萌えの要素が今回の作品にも散りばめられていて、萌えの満足感と充実感が半端なかった。

*先生をこの作品で初めて知って、この作品が好きだと感じたら、ぜひ『騎士と誓いの花』も読んでほしい。

見所は傲慢で無知だった王子がどのように成長し無垢な輝きを開花させるのか。
そして、グレイルもシオンを救い育てることで彼も過去の生い立ちから救われまた成長していく。

展開は何重にもあって、読者を飽きさせない!
六青先生の世界観が一杯詰まった究極の切なさを堪能出来る1冊。
久しぶりの先生の痛く切ない新作が読めて感無量。
稲荷家房之介先生の美しい挿絵と共に、ぜひ堪能してほしい作品。

期待より低かった。。。

ナツメ先生の作品は好きで、作家買いですが、
今回のお話は正直パンチが足りなく、消化不良。
せめて、結ばれて遠距離の間の話が続編などにあれば満足できたかも。

攻めが、今まで親友だと思ってた友人、それも男性を恋愛対象として、
遠距離も克服してぞっこんになる程の過程が薄いのと、
全体的に、先生の作品としては、少し描写が中途半端な感じがした。
また、受けが少し女々しすぎた。
もう少し男性らしい強さの中に弱さを見せて欲しかった。

出版社が変わって、編集者が変わったことと、
作品の内容と関係があるなら、残念だなと思う。

でも、先生の今後の作品も追いたいし、次回に期待したい。


今までと違う

安西さんは作家買いの先生。

今回の作風は今までとちょと違う感じがした。
受けがずっと好きだった従弟から、すぐに違う人を好きなるのが簡単すぎる。
あまりにも平凡というか、自分にとっては切ない恋の駆け引きを期待したが、空振り。
そして、先生お得意の攻めが大きく受けを見守りながら執着がある背景も感じられず、
先生らしい作品ではなく、とても軽い内容で、個性がない感じがした。
正直、どうしちゃったんだろうって思った。
安西先生だから読みたいと思って期待してた分、残念だなと思った。