マミィ。さんのマイページ

レビューした作品

女性マミィ。さん

レビュー数9

ポイント数73

今年度106位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

BLとか、そう言う枠を越えていい作品!

表紙からして暖かい終わり方してくれそうだなと期待していましたが予想以上に感動して泣いちゃうポイントがいくつもありました。
主役の二人の相手を思う気持ちやそもそもの人柄が素敵で、セリフにも考え方にも気づかされることばかりでした。そして、その二人を取り巻く人々も優しいひとばかりで、先輩の千葉さんとその弟のリュウちゃんの話しもものすごく泣けました。
ふとしたことで音が聞こえる聞こえないで壁を感じてしまうのは聞こえない人ばかりじゃないし、聞こえない人を純粋にかっこいいとか、凄い!って思うこともあるのに、そこに同情してるんじゃ?と思われてしまうのも悲しいことですね。
BLなんだけど、それ以外にも色々と考えさせられた作品でした。

少し物足りない…もっとください

相変わらず、二人の関係が進みませんね。今回はすれ違いばかりでイチャイチャが全然足りません。
でも、千葉さんや千葉さんの弟りゅうちゃんなど脇キャラのストーリーが沢山あって、そのキャラたちとのやり取りから航平や太一の人となりがわかって、こういう子だからお互い引かれ合うんだなぁって思いました。太一がりゅうちゃんともりゅうちゃんのやってるゲーム会社の友達とも音の壁をひょいって、越えてすぐに打ち解けてしまうエピソードに航平は「偏見が全くないからこそ出来ること」と解釈して、そんなところを好きだと感じているのに自分と付き合うことで相手の人生が自由じゃなくなるとか、そんな風に感じてしまうなんて、寂しすぎます。航平が「少し冷静になりたい」って、距離を置いてしまったけど、その時間が二人をより深く結びつけることになると信じています。

………

下巻では、サスペンスの謎解き部分とBがLする部分が半々くらいになっていて、ストーリー的なバランスは良かったです。ただ、これは上下巻通して言えるんですがシリアスな場面でちょいちょい入るちびキャラやちびキャラを使ってのコミカルな展開が個人的には好きじゃありませんでした。せっかく物語として盛り上がってきたのに、ふざけなくても…と思ってしまいました。
サスペンス色をだすならもっと義博の普段の言動にサイコパス感を散りばめて伏線を張ってほしかった気もします。
表紙と中身の絵のタッチが違ったのも残念。
ふわふわした可愛らしい主人公が好きなので、ずっとそれで通しても良かったなぁって思います。

一気をオススメします

こちらは、上下一気に読みました。
切ないファンタジーものかと思ってましたがサスペンスものでした。可愛らしい黒髪キャラは相変わらずで、たまにでてくるちびキャラも可愛らしいのですが、そのビジュアルで口だけはめちゃくちゃ悪いので毒のあるところと、甘えたなところのギャップに萌えました。
ストーリーは上巻だけでは、なんのことやらわかりませんが下巻まで読んで、あれこれわかってスッキリ。サスペンスなのでネタバレは避けますがサスペンスとこの絵のタッチはちょっと違和感がありました。

ご馳走さまでした

いゃぁ、良かった。良すぎて、またレビューを書くのに暫く発酵させないといけなかった。

8巻で吉利谷の気持ちは伝わったものの、財前の気持ちがイマイチわかってなかったので、今回の財前からの告白、涙が出そうになりました。

8巻であそこまで進んでいたのですんなり行くのかと思ったら、まだまだスリリングな展開があり、おまけに吉利谷がヤ○ザになったいきさつまで、そんなにドラマがあったのかと中身の濃い9巻でした。

今までは曜明×火弦が一番の推しカプだったけど、吉利谷×財前カプも同じくイチオシのカップルになりました。

くぅーっ!!

大好きな吉利谷×財前がついに!!
何ですけど、高校時代のフレッシュな二人のあれこれエピソードからで、そこからの現在なので気持ちが盛り盛りに盛り上がって大爆発です。
そして、今回もまた攻めの吉利谷よりも受けの財前の方がいざとなると男前度が高いんですよね。あ、勝手に攻めを吉利谷にしてしまったけど、まだそこはわかりませんね。予想ではエッチの時も何だかんだ男前な財前が怖い方の受けを引き受ける気がします。で、あそこまで描いておきながら、今回最後までいきません。焦らされます。でも、そこがまたいいっ!
その分、番外編では、曜明さんと火弦が甘甘エッチしまくりでした。プシャーのあと布団にまるまる火弦が可愛い。

Kiss me crying コミック

Arinco 

ん?

絵が少女漫画っぽくて綺麗ですね。アイドルのキラキラした感じがぴったり!
韓国で人気のあったアイドルと日本人のイマイチ売れないアイドルがユニットを組むと言う設定は、とても今っぽくてワクワクしました。日本の生活に不慣れだから共同生活をすると言う設定も個人的には好きです。
ただ、Jは乃亜のドラマを見て、一目惚れして乃亜と組みたい!と日本にやってきたのかと思ったら、そうじゃないんですね。もっと純粋にプロデューサー的な視点から乃亜の魅力を自分ならもっと上手く引き出せる!と思ってやってきたってこと?乃亜に色気を出す訓練をした後、乃亜が「自分ばっかり気持ちよくなるのは悪いから」とJのを触ろうとしたら勃ってなかったことに、乃亜より大きく「えっ?!」って言ってしまいました。

バラエティー番組で乃亜が他のタレントさんと話してJの活躍を見てなかった時Jが乃亜によそ見しちゃダメ!って言ったり、握手会で乃亜の列がもう無くなってたらJが並んで好きって言うシーンは少女漫画を読んでるみたいできゅん♥️としました。そんな優しい彼が乃亜の言動に嫉妬して致したことはちょっと引いちゃいました。

1巻で完結だから仕方ないけど、甘えたになっていくJをもっともっと詳しく見たかったです。

ファンブックですね

こちらは市川先生の同人誌や過去の作品のその後のお話をまとめたものでした。帯を最後まで読めば書いてありました。
市川先生の作品は何冊か拝読いたしましたが残念ながら同人誌までは存じ上げなかったので、途中まで、短編なのかな?と、それにしては全部もうカップルになってるし…と理解できていませんでした。くっつくまでのストーリーが大好物な私としては、その歴史あってのその後なので、いきなりこれはのめり込めませんでした。同人誌を今からゲットできるのかわかりませんが最初のカップルの初々しさが気になるので探してみたいと思います。
まずはそちらで本編を楽しんでから、もう一度こちらをおさらいしてみます。

ごめんなさい

シリーズの前作「ミッドナイト・デリバリー・セックス」よりプレイが過激で私にはさすがにスパイス効きすぎでした。

超お金持ちのバーのマスター×強気なホスト。でも、このマスターの躾がかなりSっけが強くて、首締め窒息あり、マワシありの、地雷だらけで。好きな相手にそんなことするかぁ?と信じられない気持ちで読んでいたら、仕舞いには友達でさえも平気で顔に傷をつけようとしていて、かなりヤバイやつでして、最終的にはハッピーエンドっぽくなるものの、それまでに気持ちがかなり引いてしまっていたので最後までこの攻め様が好きになれませんでした。

半分以上エッチシーンな気もしますし、BL上級者向きな作品かなと思います。SMの世界観は素人には難しすぎました。

じわじわ来る

画家の小雨と銀行員の拓。拓は営業先でホテルに連れ込まれそうになるがそこを画家の小雨に助けられる。
最初は怪しげな画家と警戒するが拓の心に小雨の言葉だけがすっと入ってきて、小雨に会うことが拓にとっての癒しとなる。

小雨が「言葉って欲しいものだけが腑に落ちる」と言うと拓が「…なら、俺の腑には小雨さんだけが落ちてきた」と返すシーンがあるのですがここが一番好きで、二人の心が繋がった素敵なシーンだと思いました。

全編通してエッチシーンも多く、独特の世界なんですが個人的には最後の方のやっと二人が最後まで繋がった時の小雨の言葉による攻めが萌えました。いちいち拓の様子を言葉で実況するのですがこれまで以上に拓が恥ずかしがって、可愛いったらありません。

むきむきのむきえび、ずるずるのずぼん、にょきにょきの…にょっき?