文房具さんのマイページ

レビューした作品

女性文房具さん

レビュー数0

ポイント数4

今年度622位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

平野と鍵浦(1) 非BL コミック

春園ショウ 

隠れた名作

『佐々木と宮野』のスピンオフとなっていますが、私は断然こちらの『平野と鍵浦』の方が好きです。

私はこの作品はBLだと思うのですが、ジャンルとしてはBLではないのですね・・・。でも、ボーイズライフだそうです。

読み始めたきっかけは↓この相関図からでした。
平野(人懐っこい後輩だな)→→ ←←←←←鍵浦(平野さんと結婚したい!)

読んでみたらこの通りですごく好きな作品となりました。特に、平野は鍵浦から誕生日プレゼントに贈られたピアスをいつもつけていてすっごく萌えます!

平野も鍵浦も両方好きです。本編では佐々木と宮野は付き合い始めたのですが、平野と鍵浦の話も楽しみにしてます。

ツボにハマりました。

絵柄を見た第一印象は、エロばっかりなのかなと思ったのですが、とんでもなかったです。

ストーリーも、エロも、情緒もありました。
カイウスはどうみてもスパダリ属性だと思います。

これは好きなパターン・・・。

神様の概念通りに生きることで生命力が増す種族がそれぞれ存在して、巨人族のカイウスは「繁栄」という概念に沿って生きると種族が栄える・・・なので真っ昼間からの行為も国を挙げて奨励されているなどなど設定も凝っています。

どう見てもカイウスの事を好きになった晃一だったのですが、この2巻の終わりではとうとう地球に戻ると宣言してしまい「ええっ!?」と言うところで次巻に続くとなりました。

続きが気になって仕方ないです。

マンネリかと思いきや意外にも楽しかったです

読み始める前は、正直進展が少なくてイマイチかなって思ったのですが、そんな事はなかったです。

基本、受け攻めにはこだわりが薄いのですが、卯坂と在須については卯坂が受けだと思っていたので少しガッカリ。それでも何か惹かれる期待のCPとなりました。

ちゅん太は相変わらず高人さん大好きなのは見て取れるし、ちゅん太自身かなり我慢しているのが見て取れるのですが、どうしてレスっぽくなったかの結論は次巻・・・長〜い。

高人さんの体目当てじゃないって言うことを証明したいんでしょうか。でもレスになったと言ってそこまでレスでもないような・・・。

それにしても、毎回、二人の仲が不穏な時に高人さんを助けてくれる綾木が不憫でたまらないです。ちょっとは彼にも良い思いをさせて欲しい。

ちゅん太狙いのイワノフ騎士君にしても、良いキャラしてます。最後に出てきた不穏な催淫剤みたいなやつはちゅん太と高人のレス解禁用に使われるのが目に見えてしまいました。

まさか豚BLにこんなにハマるとは

所々にギャグがあるのに普通にシリアスもあるスリーリー。

比呂さんも凛もひとりぼっちで寂しかったんですね。散りばめられたギャグセンスに埋もれてそこのところをウッカリ読み飛ばすころでした。藤咲さんはライトとヘビーを同時進行で作品を作られるので天才かと思いました。

ライバルのシノもかっこいいです。懲りずに横恋慕するエピソードも読んでみたいです。

続刊は凛のご両親のエピソードが描かれるみたいですが、比呂さん、凛そしてシノも出てきてくれるかな?

描き下ろしとあとがきを是非読んで欲しい

読後、何も感想が書けないと思いつつ新田さんのあとがきを読んで思うところがあって書きました。

無難にほのかに幸せに終わらせようとも思ったそうなのですが、そうしなかったのは二人が最後に本当に一緒になるまでを描き上げないと終われないと言う思いでの事だったそうです。

それを読んで、新田さんとはこういう方だから物語に深みを感じるのだなと思いました。

雑誌掲載時のストーリーを読んだだけでは「なんでこんな話にしたの?」と茫然としたのですが、単行本に描き下ろされたお話とあとがきを読むと印象が変わり、一世を風靡したキャラクターたちの人生を描き上げられた事に感動しました。

この巻が発売された日からちょうど梅雨入りに入ります。まるで最終巻を日本中が悲しんでるみたいだなと思ってしまいましました。

類が大好きなのでひたすらおもしろかったです

商業誌の類が大好きだったのですが、こちらの同人誌は未読でした。

結果、これは良いものを読んでしまった・・・商業誌とはメインCPが全然違うのですが、ありあそう・・・いかにもありそうな内容です。

かなり前の作品ですが、続編が出たとしたらこの関係がバレた後の司叶(柚琉の・・・ではない)とレオの反応が観たいという一心になりました。いやレオはそんなに動揺しないかもするかも?

でも、改めてミキ様にはあの完璧な司叶でもダメだったんですね・・・レオみたいに強引かつゴージャスかつ尻にひけるようなお相手が現れてくれて良かったです。

性の劇薬 コミック

水田ゆき 

ただのエロではなかったです

舞台化もされ、何かと話題になっていたので気になって読んでみました。

もうほぼ中身はエロ放題なのに、すっごく骨太のストーリー展開がある。

本当にビックリしました。

エロ中心な定型的BLも多い中、一周回ってってこのような作品が出てきた事に衝撃を受けています。

しかもデビュー作がこれって・・・。次回作も楽しみな作家さんとなりました。

助けた側、助けられた側、かと思いきや後半で立場が逆になる。両方が救われるこのお話が大好きです。

数ある作品の中、どうしてこの作品が舞台化されることになったのかそのいきさつが知りたくなってきました。

二人の関係が好き。

作家買いです。

立野先生の作品は絵がキレイでサラッと読め、少しファンタジー的な雰囲気になる作品が多いところも好きです。この作品は怪盗もので、どファンタジーでした。

また、某人気作品をオマージュしてる内容となっていて、元ネタを知っている分、読んでいて二度おいしかったです。元ネタの方では悲恋要素もありましたが、こちらはハッピーエンドなので安心して読めます。

来人は経験豊富そうです。
なにかそこがツボでした。

続編があったら読んでみたいです。

AIにお勧めされて読んでみました。

ちるちるさんのAIからお勧めされました。

読んでみると「なるほど」と、思いました。

私は、どちらかというと深い内容のお話が大好きで、こちらの作品からも表面的なストーリーではないなと感じました。AIすごいです・・・。

感情を出さない主人公が感情を出せるようになった話はよくある話なのですが、こちらの作品にはその深さを感じます。

ただ、自分的にはもうひと押し欲しかったな。でもこの作品はスピンオフなんですね。元の作品を読んでいたらもっとハマったのかもしれません。

これからのAIの成長を楽しみにしています。

二人の良い関係に惹かれます。

事前の知識がなく読んだので、男性漫画の絵柄だったし、てっきりニアBL作品かな?と思っていました。でも・・・巻末の方で赤松は男が好きっていう事が親にバレた事から一人暮らしをしているという展開になっていてビックリしてしまいました。

この作品はストーリーがしっかりしていてBLでもBLじゃなくても良いかなって思いながら読んでいた矢先の事だったのですが・・・こうなってくると、やっぱりBL展開になってきて嬉しいです。

この二人、いつからお互いの事を意識し始めたのかな・・・いろいろ気になってきました。次巻もすごく楽しみです。