ひょうぶさんのマイページ

レビューした作品

女性ひょうぶさん

レビュー数1

ポイント数7

今年度926位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

設定はすごく萌えました

攻め・恵介のそばで一途に頑張る受け・茜は可愛いし萌えるんです。
でもなぜかもやっとする……。

この話、双子とその恋人の三角関係なんです。
回想を時系列順に並べてみます。完全にネタバレなのでご注意を。

家庭教師としてやってきた恵介と同時に出会った双子の茜とメイ。
茜は恵介に好意を抱くが、同様に恵介に惚れたメイが先に告白し恵介と付き合い出す。
元々メイにコンプレックスを抱いていた茜がグレる。
茜を心配した恵介が茜を迎えに行くのを見たメイは、恵介をとらないでほしいと茜の腕を掴み、振り払われた衝撃で車道に飛び出し轢かれて亡くなる。
自分のせいだと思いつめた茜は、メイの身代わりとして圭介と付き合い始め、3年たち現在に至る……。


メイは本編開始時点では亡くなっているし、メイ視点はまったくないので本心はわかりません。
茜が圭介を好きだと知らないで結果的に出し抜く形になってしまったのだと思いますが、だとしたら鈍いし、計算なら怖すぎです。
殺されて当然というほどではないので、死んじゃって可哀想であんまり悪く見えませんが、生きてたらめちゃくちゃ感じ悪い恋敵です。

気になるのは圭介の乗り換えの早さ。
数年後に再会したとか死後に出会ったというならともかく、メイが亡くなった直後、いくら慰められたからと言ってすぐ茜と付き合い出すのはどうなんでしょう。
案の定、メイのことが忘れられず、茜と付き合って3年経っても寝言でメイを呼び、茜を傷つける始末。(個人的にこのシーンは本作の一番の萌シーンでもありましたが)
この人、メイが生きてたら絶対茜を選ばないと思うんです。たらればいってもしょうがないですが、本編終了後時点でもメイが実は生きてたとなったらメイを選びそうに見えて……死んだ恋人との間に優劣つけるのはナンセンスですが、身代わりじゃない茜が好きと言われても、メイの次にかな、と疑ってしまい。
茜はメイが生きてるときから圭介が好きだったのに、結局茜が選ばれたのはメイが死んだからのように見えてしまいました。

双子身代わりネタは好きですが、でもなにか物足りなく……つまらなかったわけではないので萌評価にしました。レビューというより感想になってしまいましたが、身代わりネタ好きな方にはおすすめです。

キス魔なチャラ男と 電子 コミック

茅なや 

1話が短すぎ

元ヤン逆高校デビュー攻め×チャラ男キス魔受け

攻めが逆高校デビューしたのは親戚の店(お酒提供)でのバイトを高校に見咎められないため、受けがキス魔なのもただチャラいだけで、深い理由はない様子。
暗い過去や重い事情はないので、ストレスなく読めますが、あまりにもサラッとしていてキャラに愛着が持てませんでした。
特に萌えどころもなくあっという間に終わってしまったように感じたため中立評価です。

元はWeb連載?なのでしょうか。
1話辺りのページ数が少なく細切れの印象。
よく言えばテンポよく、悪く言えば物足りない感じ。
8ページ11話+番外で全体的にもとても短いです。
初読みの作者様でしたが、イラストは綺麗で、可愛く、とても読みやすかったので、もっと長い作品も読んでみたいです。

可愛い男子高生モノ

表紙は攻めくん。
攻め一人表紙ってなかなか珍しいのでは?
でも、この話の場合、表紙は受けの方がいいと思うなぁ。

よくある両片思いですが、絵が可愛くて、楽しめました。
俺って可愛いでしょ?と口に出しちゃうタイプの受け主人公も、嫌なヤツではなくて、健気で可愛いの範疇におさまる、かな?
同じ作家さんの仮面カテキョと~がめちゃくちゃ怖い話で、萌えられなかったんですが、こちらはピュアで読みやすいと思います。
可愛い絵でエロありのハピエンで、軽く読めたので萌2で!

ナツメちゃん可愛い!

話の冒頭から既に付き合っている二人が、ゆっくり関係を進めていくお話。
付き合うまでの話はほとんど省略(回想で少しだけ)されていますが、テンポ良くて、読みやすいと思います。

教師×生徒ですが、おうちデートがほとんどで、学校での描写がなかったです。
教師モノ特に好きではないので、私はむしろ大歓迎ですが、それ目当てだとちょっと物足りないかも?
それと猫嫌いの方にはオススメしません笑
私は猫も受けも可愛くて、楽しめました。
猫のナツメちゃんに恋愛相談する受けという絵面が本当に可愛い!
攻めも堅物というか受けを大事にしてるのが伝わってきて良かったです。

同時収録は、ライブで知り合った二人が、同棲初日にその好きな歌手の曲をかけてラブえっちするお話。
こちらも甘々。
初読み作家さんでしたが、可愛くて安心して読めるので、次もまた読みたいと思います。

ちょっと物足りなかったかも

ザ・年下ワンコ攻め。
シリーズ3作目(+1番外編)の最終巻。

絶対シリーズ最終巻ということですが、いつも通り事件が起きて解決で特に珍しいことは起きません。
真二(攻め)の妹が少し出てくる程度でした。BLって必ずしも家族の理解が必要な訳でもないと思うんですけど、ちょい出しするくらいなら全部スッキリさせようよ!という気がしないでもないです。
番外編で高城弟中心に高城(受け)の家族の話もチラッと見えていたので……できることなら、『恋する絶対の法則』よりあとの時系列の話も読みたかった。
あとは駅伝。仕事で行けないのは、いかにもこの二人らしいけど、何年後かでもいいので、小田原で駅伝をみる二人も見たかったな、なんて……。

シリーズ全体を通して、事件はさらっと解決するので、もっといちゃラブ成分が多くても良かったと思います。
年下ワンコ攻めの王道で特に不満はありませんが、少しもの足りなく感じました。
同人誌出されてるようなのでそっちも頑張って見てみようか考え中。

受けがただうじうじしてるだけ……

初読み作家さんです。
大学から10年間合っていて、現在事務所兼自宅に同棲中とのことで熟年カップルが好きで、つい飛び付いたのですが、キャラに魅力を感じることができず、あまり萌えませんでした……。

仕事で転機、というか、本人たちの仕事に対する取り組み方に変化があったのは確かですが、特に大きな事件もおこることもなく進んでいきます。
長年付き合ってきた二人ならではの悩みというよりは、受けがぐじぐじ悩んでいるだけと言う印象。
作中で受けはお互いわかりあってると主張しますが、本当にわかってるのかと聞きたくなってしまうような空回りっぷりです。

ところで、あらすじにオチが書いてあるのはどうなんでしょう?
表紙裏のあらすじを先に読んでしまったので(普通先に確認するとは思いますけど笑)。
あらすじを読んだ時点では、そのあとも話が続いて色々あるのかと思いましたが、本編はそこで話が終わってしまいました。
あらすじさえ読めば本編はいらないかもってくらいです。

文章は分かりやすく読みやすかったのですが、どうにも自分には合わなかったようです。