さぼさんのマイページ

レビューした作品

女性さぼさん

レビュー数0

ポイント数7

今年度542位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

僕の行方 電子 小説

野原滋  黒埜ねじ 

ミステリーあり、恋愛あり。

フェアで割引に釣られて購入。
前知識なしに、購入。
神評価です。

物語にグイグイ引き込まれました。
ドキドキするミステリー要素あり、胸がキュンキュンするような恋愛要素もあり。
そして、最後はスカッとするような要素もあり。
さりげなく埋め込まれた伏線もピリリときいています。

うん。パーフェクト。
好きだわ。こんな展開。


予想してなかっただけに、高評価です。

おすすめです。
是非、手にとって欲しい一冊です。

色んな意味で中途半端

色んな意味で中途半端。
残念な作品。
物語の序盤はワクワク感があり、好きな雰囲気だっただけに残念すぎる。


順番がわかりにくい(汗)

ふと手にとって読んだのがシリーズものの途中だと気付き、最初から読みたくてこちらを購入。
(ちなみに最初に読んだのは「メランコリック」)
ここでも書籍のサイトでも確認したはずが、また、順番を間違えて購入……。

もうっ!!(怒)
わかりにくい!!

販売日とストーリーの時系列が微妙に異なるので(途中で文庫版も発売して、ますますわかりにくいし)整理しました。
参考にしてください。

「経済ヤクザ×刑事シリーズ」
①インテリヤクザと甘い代償(出会い)
↓数ヶ月後
②刑事に甘やかしの邪恋(初旅行)
↓(出会いから)3年後
③刑事に口説きの純愛
↓2年後
④刑事に冷めない熱情(初デート)
↓1年後(③から3年後)
⑤刑事にキケンな横恋慕
↓続き(出会いから7年)
⑥刑事に悩める恋の色
↓1年後?
⑦刑事に一途なメランコリック

肝心の内容は、シリーズ最後まで読むと甘い❗
かなり中毒性のある甘さ。
気になるので、本編シリーズ「仁義なき嫁」も読んでみたいと思います。

REDRUM 小説

みかみ黎  yoco 

思ったほど、MURDERなお話ではなかった

電子書籍版を購入。
「中立」よりの「萌」評価。
気分的には、「しゅみじゃない」だけど、挿し絵が美しいので加点。

なんでしょう?
期待が大きかったからかな?

思わせ振りなまま、最後まで引っ張った割には。。。予想通りで普通。
どんでん返しを期待していたのですが、そのまんまで終了。

んー。

もっと、ヒネリが欲しかったな。
それも、想像を絶する展開。
面白く出来そうなんだけどな。
キャラは、いろいろと出てきているんだけど、中途半端なまま途中退場。

そして、ラストはよくある感じ。
ホントに、ガッカリ。

もっと「MURDER」な、お話を期待しちゃったよ。。。

様々な愛のカタチ

電子書籍で購入。
挿し絵あり、あとがきあり。

ずんと心にくる読後感です。
いろいろと考えさせられます。

愛には、いろいろなカタチがある。
その違いを考えさせられました。
こんな目に見えないあやふやなものを
無理なく読者に見せることのできる作者の筆力に、
毎度のことながら、脱帽です。
だから、この作家様の作品を買うのをやめられません。

結局、大地の受けの優への愛は、自己の存在意義の確認というか、自己満足の延長だったのでしょうね。
自分に依存させることで、存在意義を確かめるための道具でしかなかったのかな。
ちゃんと受けのことを可愛いと思っていて、そこには愛はあったとは思うけど。

一方、攻めの圭吾の受けへの愛は、健全な愛。
親友の恋人に横恋慕していますが、共に言いたいことを言い合える、互いに刺激をしあって成長できる健全さ。

大地は死んだあとに、ようやく受けの優を攻めの圭吾に返すことを決心し、二人に道筋をつけたのがこの物語(と、私は受け取りました)。

最後の最後まで、実は、大地は圭吾を好きだった……って展開だと期待していたのだけど、それは穿ち過ぎでした。
ちょっとガッカリ。


挫折したけど、再読で神評価!

電子書籍で購入。
挿し絵、あとがきあり。

あらすじもレビューも読まず、作家買い。
もちろん、短編集ということも知らずに購入しました。
表題作を読み始めたところで、「しまった(汗)」と苦手な中華ということに気付き、読書意欲が下降。
さらに、内容も最初の数ページで結末が予想でき、そのわりには特筆すべき事件も起こらないし、中弛み感半端ないし……で途中で挫折。
積ん読本に。
で、削除する前にとりあえず、購入したことだけでも記録しておこうと、こちらのページをひらきました。
すると、評価もそこそこ良いし、なにより、短編集だし。
ということで、意欲を取り戻し、最初から読み始めました。

結果、「神」評価。
いいじゃないの、これ!!

表題作は、長くてちょっとダルかったけど、2話目も好きだし、3話目のメリバなところも、なかなか攻めこんでていい感じ。

そして、最終話にやられました。
あ、こーゆー甘いの好き。

読み返して良かった!
これも、皆さんのレビューのおかげです。
ありがとうございました。

何、この展開。。。

電子書籍を購入。
挿し絵あり、あとがきあり。
挿し絵は、乃一ミクロさん。
相変わらず美しい絵で、それだけで評価もプラス。
探偵もののお話で、前半はワクワクと楽しく読めます。
ラブの方も、攻めと受けの二人の距離も徐々に縮まり、いよいよこれから!!って時に。。。

後半、あれれ?
何、その展開。
聞いてないよっ!!

って状態に。
あとがきによると、このお話のジャンルはSFらしいです。

なんかね。
トホホ(;´д`)です。

評価は、「中立」ってことで。

大好きなシリーズが、最後の最後で真逆の評価に

電子書籍版を購入。
シリーズをすべて読んでの感想です。
今までは「神」よりの「萌×2」でしたが、最終巻のみ「趣味じゃない」という評価をつけさせてもらいました。
レビューする気はなかったのですが、あまりの酷さに思わず、叫ばずにはいられなかった。

真崎のバカ野郎!
あんた、大バカ野郎だよ!!
最終巻、読まなければよかった!!!!!
私の時間と金を返せ!

ふぅ、思いっきり吐き出したらスッキリした。
ま、そんなとこです。
いろいろな作品を読むうちに地雷はなくなって、何でもこい!って無敵なつもりでいましたが。。まだまだでした。
大好きなお話だったのですがねぇ。
でも、いくらなんでもこれはないわ。

遠野春日さんのオメガバース

電子書籍版を購入。
挿し絵あり、あとがきあり。

遠野春日さんのオメガバースと言うことで、ワクワクしながら手に取りました。
最近、いろいろな作家様がオメガバースに取り組んでいて楽しいです。

で、遠野春日さんのオメガバースですが、あとがきによると、2作目とのこと。
すでに前にも描かれていたなんて、知らなかった。。。と思ったら雑誌掲載のみだった様子。
今回の攻めの両親のお話だったようです。
思わせぶりにでてきていたので、今後、サイドストーリーとして描かれるのかな?と思っていたのですが、本作の前にすでに発表された後でした(汗)。

で、肝心の物語の感想です。
攻めの藤堂の不甲斐なさが、よくあるオメガバースのアルファ像とは異なり高校生らしくて好感を持てたのですが。。。全体的に何か物足りない。
伏線があちらこちらにあるわりには、回収があっさりめ。
アルバムも犯人も体の関係のあったベーターの人々も刑事さんも、あれ?それで終わり??って感じ。
相良くんは特に、なんかやらかしてくれるって期待?していただけにガッカリ。
もうちょっと、ドキドキ、ハラハラが欲しかったかな?
好きな雰囲気だったのですが、盛り上がらないまま終盤をむかえ、残念でした。

ただ、みずかねりょうさんの絵は素晴らしかった。
これを見るだけで、購入した価値はあったかもしれません。

想いは重い。

電子書籍版を購入。
挿し絵あり、あとがきあり。

「神」評価です。

久しぶりにガツーンとくるものを読ませてもらいました。
いやー、何度も泣きました。

受けの律の想いに泣き、
攻めの白瀬の想いに泣き、
コンビの相方の賢介の想いに泣き。
そして、コンビに対する想い、お笑いへの想い。

想いって、重い。
前半はひたすら重い。
八方塞がりで閉塞感漂う前半。
登場人物だけではなく、読者の私達も、この重さにつぶれそうになります。

それが、後半にガラリと変化します。
前半の重さが嘘のように、動きます。
目標にむけて、ひたすら疾走します。
それが、よかった。

賢介サイドの話も読みたい気がするけど……やっぱり、いらない。
これはこのさじ加減が神だと思うのです。

報われないとわかっていて、それでも諦めることのできない長い長い片想い。
相手にもこちらの気持ちが届いているのに答えてもらえない。
かといって離れることも出来ない。

こんな話、そういえばありました。
樋口美沙緒「愛はね、」
この作品にも神評価をつけたんだった。
こんなシチュエーションに萌えるあなたには、こちらも、オススメです。