さぼさんのマイページ

レビューした作品

女性さぼさん

レビュー数2

ポイント数35

今年度191位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

うーん

電子書籍で購入。
作家買い。

小中先生の新作ということでワクワクとしながら手に取りました。
ごめんなさい、「中立」評価です。
私にはあいませんでした。
ちっとも、萌えられず。

ストーリーは別に地雷もなく、むしろ、小中先生のオメガバースは大好き。
ですが、今回の作品は、なんだか違いました。
なんというか説明が難しいのですが、描きたいエピソードがいくつかあって、それを繋げましたって感じがしてしまいました。
登場人物の人となり、そのような考え、行動に至る理由を裏付けるためにそのエピソードが存在するのだと思うのです。
それが、今回は繋がりがなくバラバラに感じました。
まるで別の人のように一貫性がないように感じました。
例えば冒頭の受けの人柄と回想での思考回路や行動、そして途中、クライマックスの思考回路と行動。
うまく繋がりません。違和感があります。

発情の時の受けの行動も、当て馬オメガのことをあんなふうに思って攻めの護衛までしていたのにそんな思考回路でそんな行動にでるのかな?と違和感です。
事後の行動も???ですし、その後の展開はお約束で、でもすんなりとエンド、、、ですし。
攻めの行動も???ですし。

うーん。。。

私が細かいところを気にしすぎなのかもしれませんが、一度、?となると萌えられません。

この作者様はいつも丁寧で、この伏線がここに繋がるのか!と読者を唸らせるてくださるので、今回はより一層、残念に感じました。
単に、私が今回の登場人物の心情を掴みきれなかっただけかもしれませんが。

なんだか

電子書籍で購入。
小山田あみ先生の挿絵が素晴らしい作品。
ごめんなさい、「中立」評価です。
「しゅみじゃない」と迷い、挿絵の評価をプラスしました。

私にしては珍しく、あらすじや皆様のレビューを読んでから手に取ったからでしょうか。
思っていた方向と違いました。
あれ?あれ?と随所に違和感。

なんでしょう?

うまく攻め様の溺愛をキャッチができず。
たくらみのある、腹に一物のある攻め様だと思っていたので、最後に拍子抜け。

あとがきでの作者様の「好きで好きでたまらない初恋物語」の言葉に衝撃を受けました。
全然、読み取れてなかった。
あれ?そんな感じでしたけっ?
ものすごく得体の知れないおどろおどろしくて怖い攻め様の行動に背筋が寒くなっていたのですが。。。
最後にニヤリと暗い微笑みを浮かべるようなメンヘラ気質の執着攻め様なら納得ですが、いろいろあったにせよ、攻め様の精神状態は健やかでそこまで病んではいない様子。

というわけで、おそらく素直に読めていれば皆様のように高評価だったのかもしれませんが、相性が悪く、違和感に楽しめませんでした。残念。


微妙にツボと違った

電子書籍版を購入。
「萌」評価です。

あらすじを読んで、これは、好みど真ん中と確信して購入。
受けが面倒でグルグルするのは大好物なのです。しかも、ちゃんと面倒な自分を自覚してるのかさらに良し。
そして、マイノリティへの葛藤。
それを包む包容力あるスパダリ攻め。
文句なしの萌要素満載なはずが、ごめんなさい。
微妙に好みとは外れてて、消化不良でした。

なんでかな。
うーん。

そうだ、攻め視点がなかったからかな。
これで、攻め視点のSSがひとつでもあれば萌えられたのに違いない。

攻めの嫉妬や受けが自分で思っているほどダメダメじゃないことはちゃんと描かれているのだけど、ちょっと足りない。
攻め視点で受けのツンツンでグルグルと面倒なところが、逆に愛おしい的な描写が読みたかったなぁ。
って、単なる個人の好みの話ですけどね。

お話としては、とても楽しめました。
ありがとうございます。

涙が止まらない作品

今まで「神」評価をつけた作品を読み返しています。
本作も、随分前に読んだまま、放置していたもの。
内容も思い出せないまま再読。

やっぱりね、涙が止まりませんでした。
何度読んでも感動は薄れません。
評価を見ると全員が神評価。
それも納得。

といっても、本編は、それほどでもなく、番外編のみの評価です。
この3巻のみだけでも大丈夫なので是非、手に取って欲しい。
まぁ、恐らくその後の子どもたちが気になるので、全巻読んでしまうことになるのでしょうが。

想像力の限界

電子書籍で購入。
ごめんなさい。中立評価です。

なんだろう?期待値が高かったのかな?
作家買いしている作者様の作品ということで、あらすじも読まずに購入。
小山田あみさんの表紙が美しく、ワクワクしながら手に取りました。

印象的な出会いから始まり、目に浮かぶような情景が描かれています。

が、肝心なエッチのシーンになると、私の想像力の限界が、、、、
ん?
攻めがどうで、受けがどうなって???
ちょ、なんでここに挿絵がないの??
状況がわからない、ヘルプミー!!な、状態に。

攻めはこうあるべき!という、固定概念のせいですかね?
自ら、想像することをやめてしまったところもあります。

双頭って、私の中ではネコ同士のアイテムなんですよ。
ちょっと、想像出来ない、むしろ想像したくなかったかも。

作中ででてくるオナクラは、以前読んだ『鑑賞倶楽部』のようなイメージだったので、そこも混乱したのかもしれません。

混乱と違和感、絵がうかばない(←私にとっては)の三状況のため、今回は物語に浸れず、中立評価とさせて頂きました。

同じ傷跡 電子 コミック

ミナカミ理久 

特装版

電子書籍の特装版を購入。
評価は悩みましたが、「萌×2」です。

特装版は、表題作「同じ傷跡」全4話と、別のお話の「強制両想い」全3話が収録されています。

この作家様の「キミに眠る俺の罪」を読んでものすごく衝撃をうけ、他の作品も気になり本作を手に取ることになりました。

お話も絵もしっかりしてて、完成度高いなぁというのが、読後の印象です。

このお話は、まだまだ続くのでしょうか?
続くのであれば、色々な伏線が回収され、神評価になりそうな予感がします。

というのは、物語の序盤といったところで、いわゆるBLのラブなところが明らかになってません。
伏線的に、ラブな矢印は描かれているので、これからそこが明らかになり物語が動くのかな?と予想しているのですが。

現時点では、私の中での萌とはちょっと違いますが、今後の期待も含めて「萌×2」とさせていただきます。

続巻を読んでも読まなくてもOK

電子書籍で購入。
続編の目眩2も含めての感想です。

2000年の作品で、なんと21年前です。
ですが、違和感なくむしろ逆に新しいと感じてしまう作品。
展開が、今のものと違うからでしょうか。

で、感想ですが、続編をタイトルのとおり、読んでも読まなくてもOK。

というのは、否定的な意味でなく、このまま1巻で終わっても完成度が高く充分楽しめます。
ですが、目眩2を読むと、全く印象が変わります。
別のお話になってしまいます。
登場人物の印象も随分と変わります。

私としては、1巻のハチャメチャでありながら余韻の残る終わり方も好きな感じでOKだし、2巻の感動風の終わり方も好きな感じでOK。

どちらでも好きな方をお選びいただければと思います。

違和感?

電子書籍で購入。
前知識なしに、作家買いで手に取りました。
当然、続編と知らずに読み始めました。

途中で、どうも話がすんなりと入ってこないなぁと思い、改めて情報を確認すると続編である事が判明。
前作は読んでいたはずだったのですが、キレイさっぱり忘れていて思い出せず。
この後、読み返してみたいと思います。

本作ですが、なんだか凄く読みにくかったです。
なんでかな。
物語がすっと、流れないのです。
細切れの情報を寄せ集めてる感があって(それが伏線ってことになるのでしょうが)、うまく脳内処理出来ませんでした。
前作を読んでから読み進めたら違ったのかな。

それぞれの登場人物の心情も、読み解けなかったです。
登場人物が多すぎて。

なんとなく、不完全燃焼ですっきりせずに終了。
いや、物語的にはキチンと終結してます。
ただ、あらあら、それでいいの?感が半端なかったです。
多分、攻めにとってはすごい決断だと思うのです。
そこまでの決断をするほど、攻めと受けが深い関係性を築いていたようにも見えなかったので違和感がありました。
当然、読者の私たちと同じように受けも疑問に思って、作中で攻めに問いかけています。それに対する攻めの回答をもってしても、やはり違和感は拭えず。

ということで、「萌」評価とさせて頂きました。

嫌いじゃない

電子書籍で購入。
番外編SSが2話収められています。
番外編1は、受けと攻めのある休日の朝の会話。
番外編2は、攻め視点の受けがやってくる日の攻めの心境。

さて、本編ですが、いつもの西野花先生の展開。
これは、一種のNTRですよね?
結構、好きな展開。

ただね、折角だし、もう少し、攻めの執着を書いて欲しかったなというのが正直な感想。
いや、ちゃんと伝わってくるのですが、あっさり気味なのですよ。
受け視点だし仕方がないっちゃ、仕方ないのですが。

という訳で、萌とさせていただきました。


恋愛より仕事脳??

電子書籍を購入。

タイトルやあらすじから、萌えを確信して手に取りましたが、萌えることができず、中立評価です。

キャラ設定と行動に違和感があると、どうも気になってしまって萌えられないのです。
ごめんなさい。

受けの奏は、仕事優先で休日はデートより寝て過ごしたい派。
そして、恋愛より仕事脳と自分を評しています。
でもね、全然読み取れない。
めちゃくちゃ仕事に私情をからめて公私混同だし、仕事中もLINEなんかしちゃって同僚に、はしゃいでるといわれるほどだし、仕事に集中せずにウジウジと攻めの事を考えてるし。
どう考えても恋愛脳。
漢って設定みたいだけど、めちゃくちゃ、オトメンです。

今回は今までの相手と違うって言いたいのかわかりませんが、最初っから受けの恋愛脳な所しか示されていないので、私には違和感しか残りませんでした。

作家買いしている作家様ですが、今回はちょっと私には萌えることが出来ませんでした。残念。