女王と仕立て屋

joou to shitateya

女王と仕立て屋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神156
  • 萌×2125
  • 萌55
  • 中立31
  • しゅみじゃない15

--

レビュー数
39
得点
1476
評価数
382
平均
4 / 5
神率
40.8%
著者
スカーレット・ベリ子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
ISBN
9784403665042

あらすじ

その店のスーツを身につけたものは成功を収めると言われている骨董通りにある仕立て屋・SHIDA。
仕事の合間に店を訪れたインテリア・デザイナーの城野大海は、強面の無愛想な男と出会う。
彼こそが伝説の仕立て屋・志田だった。
仕事に誇りを持つ志田の姿に、仕事で行き詰まりを感じていた大海はあこがれ、惹かれていく――。

意地っ張りのインテリアデザイナー×強面の仕立て屋の恋。

表題作女王と仕立て屋

城野大海,20代前半,インテリアデザイナー
志田哲也,30代後半, 仕立て屋

その他の収録作品

  • 1.5針(描き下ろし)
  • 2.5針(描き下ろし)
  • 3.5針(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数39

おじ様の色気でお腹痛い(良い意味で)

前作のみのりの手と四代目も好きで、新刊はどんな感じかな??と楽しみにしておりました!!
今回は女王と仕立て屋ということで、前作の雰囲気とは全然違ったのですが、個人的には私の好きなツボにヒットしたので満足でした。
端的に言えば、おじ様の萌えとツンデレワンコ萌えの1冊でした!!
攻の大海さんは女王様と言えば女王様なのかな??という感じて、私の印象的にはツンデレワンコ攻な感じでした。
受の哲也さんはとても大人で色気が凄かったです!!その色気で大海さんを翻弄してました(笑)
哲也さんが、完璧でスマートで大人の余裕があるからこそ、大海さんが女王様でいれるんだなというお話でした。
大海さんが成長して、哲也さんが大海さんの影響で変化するという成長物語かなと思いました。
おじ様受が好きな方、ツンデレワンコが好きな方、スーツ好きな方にはヒットする作品だと思います。
因みに66ページの哲也さんが最高です!!是非そのページを堪能してください!!

9

おじ様の色香に卒倒してしまいそうです!

 マットな表紙がデザイナーと仕立屋というお洒落な感じにピッタリで、画像で見るよりもずっと素敵です。中の絵も相変わらずの美しさで、三白眼の志田は好みだなぁ~。なんていうか芳醇に香る香水みたいな色気がある。目も口も体も、全てにエロスが漂って、卒倒してしまいそうですよ! 
 方や大海は色素の薄い可愛い容姿で、キャンキャン吠える子犬みたいだと思えば、ツンツン女王様猫みたいな一面もあり、強くなりたい強くなりたいと頑張る「男の子」なのですが、頑張って成長して、甘えたくないけど、甘えたくて、そんな二人なので肝心な所(攻め受け)をインタビューページで読んでしまったのを後悔しました!これは知らずに読んだ方が絶対に楽しめます。
 さりげないですが一人称の変化もとてもよかった。大海の「僕」が「俺」に変わって、志田は店主としての「私」から「僕」へ、そして「俺」に変化していきます。「俺」と「俺」、男として志田を愛したい大海と、男として大海を受け入れる志田。大海が男として大人としてもっと自信を付けた頃にはリバになりそうな関係性がとてもよかった。かっこつけは大海だけじゃなかったところも好きだなぁ。
 大海の姉が暴いた志田の過去は男性との過去だった方がよかったと思います。志田も大海もゲイと言う設定で良かったと思うのです。
 そして既刊の作品と比べてエロは控えめですが、色気では負けていません。この色気があまりにも素晴らしいので、志田の立ち籠める色香に『神』を付けます!

7

どストライクでした

初めてベリ子先生の作品を読みました

おじ様受けは好きなので期待はしてましたが、まずイラストがすごく綺麗
受けの表情が好きです
大人の表情、笑った表情、いちいち美しいです、すごくいい
仕立て屋という設定も最高でした
スーツとか好きな方は好むと思います
びしっとしててかっこよかったです
エロいシーンはありますが、しつこくなく、ふわふわっとして、でもあっさりしてない感じ
体のラインも最高に綺麗でした

読めばわかるこの感じ、カプで惹かれたら読んでみるべきです
これは、布教したくなります

6

「成長」が萌える!!

表紙を見たとき、「こっちのかわいい顔の子が受けかな?」と思ったら、まさかの仕立て屋が受け…!?正直「四代目・大和辰之」に出ていた当て馬キャラ・櫓木も個人的受けにしか見えなかったので、ベリ子さんのオヤジ受けも見られるなんて感激するしかなかったです(泣)即購入しました…!

まず攻めの大海、いかにもな金持ちの息子ぶりが、完全に女王様。素直になれない性格だけど、仕事に努力している姿に母性本能が湧きました。受けの為に奔走しまくって、いろんな顔を見せてくるようになる大海の成長過程も楽しめていいです。描き下ろしの3.5針で、仕事の事を考えていて周りが見えていない状態でも、受けの事も気遣っていたシーンがお気に入りです^^

次に受けの志田、私の好みドストライクで、キャラも期待以上でした。オジサマの余裕と色気たっぷりな姿が最高でした!素直になれない攻めも優しく受け止める懐の深さも必見です。強面な見た目だけど、仕草がかわいらしい、全部かわいらしい。

話が進むにつれて二人の一人称が変わるところが、二人の距離が近付いてるのを表現しているようでキュンときました。色んな成長が見られる作品で、何度読んでも新鮮な気持ちで読みました。

私は特典付きのものと合わせて2冊購入しました。続編、ドラマCD化などがないか、望みまくってます。
そしてベリ子さんの強面受が今後も読めるのが楽しみです^^

5

攻めかと思った


このコミックで初めておじさま受けを知りました

べリ子先生のコミックは他にも2冊読んでいたのですが店頭でべリ子先生ということで購入したのですが初めておじさま受けを読みましたw

感想としてはすごく読んでいて楽しかった!萌えた!

ページ途中にある4コマもそこだけでも何回も読んでしまうほどでしたw

エロは少な目なんですがそれでも十分なくらい描写やテンポがよく、大好きな本です!

この終わり方がきれいだとはわかっているんですが少しでいいので後日談など読みたいですね

5

すごくドキドキ。すごく色っぽい。


スカべリ先生は作者買い!ってほどはまってます。
可愛い顔→攻め
強面顔→受け
っていうのがスカベリ先生のお好みなんだろうなぁ~っと思いましたw

大海くんがツンデレなワンコ系だけど、すごく健気で好きな気持ちを抑えきれなくなっていく。
そんな大海くんにどんどんはまっていく哲也さんも色気むんむんでたまらん・・・。
煙草吸いながら新聞読んでる姿が、きっと日常的な光景なんだろうけど、すごくドキドキさせられました。
あと、年の差カップルもいいですね~。
お客と仕立て屋の関係だから、年上の哲也さんが大海くんに敬語使ってるのがすごく好きです!
「どこが好き?」っと大海くんに聞かれて、言葉を発するわけではなく、哲也さんは大海くんの手を・・・・・きゃああああ//////っとなります。
名前のカラクリも最後にスカベリ先生があとがきに書かれてて納得!!!
スカベリ先生大好きですーーー!!!

4

極めつけはオッサン!!!

世界観が素敵!
凄いエロいイメージの作家さんが、こんなに綺麗な世界を描いちゃうのか!?しかも服飾系来たこれ!

極めつけはオッサン!!!


これはもうね、愛おしい感じですね。
この先生の作品は楽しみで
今大注目なんですが
とにかくどんどん書いてほしい。

長編とかも書いてほしいし
この作品はエロ少な目なんですが
エロよりも俺は、心の描き方
物語の進め方とかのが好きなので
やっぱり注目し続けてしまいます。


お部屋のね、絵が綺麗なの。
お風呂とか、キッチンとか、玄関とか
これどこを見本にしたんだろう…って言う位素敵で
住みたいって思いました。

3

良作

久々に素晴らしい一冊に出会いました。
私は年の差やおっさん受けはあまり買いませんが、本作は発売前から気になっていたものです。
物語は「スーツの仕立て」をベースに進んでいきます。
互いに惹かれるまでの展開が少し早いと感じましたが、その後に突き当たる壁や孤独などの描写が忠実で引き込まれました。
上にも書いたように普段買わないジャンルだったのですが、読み終わったあとに「良かった」と思えた作品でした。
また、絵も綺麗ですしタイトルにも先生の遊び心(?)がみられてとても良い一冊でした。

3

逆でも好きかも

初めて、スカーレットベリ子さんの本を読みました、
兎に角、絵が美しい!
光がさしている絵とか、背景など、ため息が出るくらい美しいです。
お互いが出会った時から惹かれ合っているけど、攻の大海くんは自分の気持ちを言葉にするのが苦手で、いつもツンケンしている女王さま?受の哲也さんは、そんな大海くんを柔らかく包み込むオトナな雰囲気。
この2人のキャラ私は好きです。

受、攻が私の希望では、逆なのですが、読んでいると、有りかなぁという気持ちになり、何だかクセになる感じです。

登場人物の名前と作品名をかけたのも、なるほど!っとなります。すごいなぁ

休日にのんびり読みたい一冊です。

2

スカーレットベリ子先生祭りの一端です~

良かった…

今、個人的にスカーレットベリ子先生祭りなんですが、本当に良かった!

腕の良いテーラー、まあ仕立て屋と飛び込み客のお話。

仕立て屋の志田と大海。性格も年齢も、共通する知人、会話もない。

なのに惹かれ合うんです。

調度品も品良く、クラシカル。物腰柔らかな、腕の良い志田。
彼がメジャーで体の採寸をするんですが、どきどきしますよ…
大海が、どきどきして志田が気になって仕方なくなるのわかる。志田みたいな人に仕立ててもらったスーツは、どんなに素敵なんだろうと、うっとり。

さて、仕事でもプライベートでも思慮不足な感じが合った大海が志田と出会って、好きになって恋人になって。
明らかに、大海が成長するんですよね~
大海は、志田にふさわしい男、きっと彼が仕立ててくれたスーツがぴったりはまる男に成りたかったのですね。

志田にも、過去は在り。あと大海の姉の弟離れできない為の仲を裂く行動で、大海と志田のぐらつく展開も有ったり。

ただ、二人は何だろ、ちゃんとお互いが大切な愛しい人に成っていくんですよね。

何が良いって、大海の頑張りと志田のしどけないセクシーさ。
体格、年も違います。でも大海が攻めなんですよ❗良い…
一応、志田に受けでいいか確認するけど、志田には必然的だったようで。志田の色気が、もうこぼれる。
やっぱり、仕立て屋だから指先とか所作が普段からセクシー。セックスでも、醸成された色気。
大海が、たまらなくなるの仕方ないよ~❤️

スーツの仕立てと、大海の男としての成長がリンク。志田自身も、大海のパートナーとして寄り添って行けて。

いやいや、何て素敵な作品に出会えたんだろう!スカーレットベリ子先生ありがとうございます。
読後に、私自身が大海みたいにピンと背筋が伸びた、気持ちも伸びやかになりました!

なので、まだまだ個人的な祭りが続きそうです❤️

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う