aquamarine♢さんのマイページ

レビューした作品

女性aquamarine♢さん

レビュー数0

ポイント数2

今年度203位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

リバース コミック

麻生ミツ晃 

偽りのない円を抱いた場面は熱い。2020年のTOP3に入る感動オメ作品

オメガバース作品は多く世に出ていますが、こんなにも好きになる作品は実は初めてです。このような作品に出会えるなんて思っていませんでした。

2人の過去が悲しいもので…円がずっと抱えてきた彼のための秘密。スリルとサスペンス…怪奇事件。そして2人に愛あるからこその行為にとても魅力を感じました。凄く濃厚な作品です。2020年、私の中でTOP3…その中でも1.2を争う作品です。麻生ミツ晃先生の美しい絵も魅力でコミックスも分厚く大ボリュームですので、集中して音の無い場所で読んで頂きたい。何もかもが最後にスッキリします。全てが完璧。声を大にしてオススメの熱い作品です!!!!!

perfectBLCD!感動の原作をそのまま美しく…水音もBGMも最高

-----------------------------------------------------------
11月29日発売『いつかの恋と夏の果て』
-----------------------------------------------------------

フィフスアベニュー通販さまから3日も早くに
届きました。本編は勿論、番外編CDもたっぷりで
全てに癒され全てに愛を感じました!

本編CDは[深原一夏]受/[小野寺修](攻)の
一つの恋が成熟するまでの、切ないけど温かな
恋模様を…。番外編CDは10年越しの恋が実り
寒い冬のある日の日常。全てが素晴らしかった!

BLCDが大好きで多く聴いてきましたが、
声優さまが彼らにあてる声に違和感など
全くなく!ずっと聴いていたいCDの1つです!

古川慎さん新垣樽助さん…たまらない///
御二方のCD大好きなので安心していましたが
何より原作であるコミックスが素晴らしいので…
ドラマCD決定が本当に嬉しかったです。

息遣い、キスの音、口を塞ぎ喋る声優さまの技、
効果音、BGM、本当に全て良きでした///-///♡
特にキスのタイミング、噛み合わせ…って聴く側
特にしっかり聴いていらっしゃいますよね。
本当にイイんですよ!!!上手く伝えられない
けど、本当にキスが…せっXが美しくえろい。
聴いてて心地いい!

私の中で理想だったBLコミックスとCDに
出会えました。篠崎マイ先生、全ての声優さま、
制作に携わってくださった方々に感謝です。

本編聴いているときは時間あっという間に感じて
おりましたが、実際長く収録いただけてるので
時間の関係、本編は1日目1回のみ。特装版は1日で8回
気づけば聴いていました。『本編聴けたよ!…』と
なっていたり(笑)感動し過ぎて怖いのは久しぶり。

修が10年の間に一夏の想いに気づいてあげられ
なかったことに対して…また、これから一夏を
離さず愛していくと心の中で固く誓った言葉を
聴けて何度と繰り返してもこの場面感動します。

何年、何十年先も
2人が温め合えていますように…

-----------------------------------------------------------

涙腺崩壊しました。。。

-----------------------------------------------------------
ブライト・プリズン-学園の王に捧げる愛 [7]
-----------------------------------------------------------

6巻が今年の4月に発売されてから1年経たず
ブライト・プリズンの世界に入り込めることが
でき嬉しかったです。
のの先生ありがとうございます。

他の方のレビューと重なる部分がありましたら
申し訳ありません。※軽ネタバレ注意

♥︎読み終えた率直な感想♥︎
[1巻]〜[6巻]を拝読してまいりましたが
[7巻]が大好きです(どの巻も素晴らしい世界観)

6巻を振り返りながら……
というのも[6・7]は繋がりが強いので
(シリーズ作なので当たり前なのですが(^-^;)

前巻→《学園に忍び寄る影 -6- 》にて

”神子が誕生したのではないか”という疑いが
これまでにないほど強い(確信に近い)ものが
浮上し、教祖の命により公開儀式(肉体審問)を
行うという絶体絶命の危機が彼らを襲います。

竜虎隊隊長である常盤は愛する薔を何度と守り
抜いてきましたが彼も今回ばかりは崖っぷちに
近く、誰にも薔を抱かせない、渡さない……
強い独占欲から辿り着いた案は・・・

----恋人(薔)の父親である教祖の命を奪う----

計画を薔に話をしたところで6巻が終わったので
続きである7巻が楽しみでなりませんでした♡

-----7巻読み終えて感じたこと-------------------------

これからも先生はブライト・プリズンの世界を
書いてくださると思うのですが、どのキャラも
良き相手、良き場所へ繋がり向かっているなと
読んでいて思いました。

常盤だけでなく楓雅も複雑な心境を抱えていて
『薔の実の兄は俺だ』と、抑えきれぬ想いが
彼の行動を見て読んで涙が溢れ出ました。
頭の中で96ページの光景、2人を想像すると
今でも涙腺が緩みます。←大好きな場面。

個人的な想いとしては柏木班長と白菊ちゃん
いつか2人の恋模様も拝読したいです。
そして忘れてはならない楓雅と椿の恋模様も。
彼らはどこか似ている気がします。
みんなが幸せで生きられますように。

----------------------------------------------------------

拙い感想で作品の良さが伝わらないかも
しれませんが犬飼先生が生んで下さる作品は
本当に美しく作中に引き込まれます。

ご購入を検討されている読者さんは是非
特典付きをオススメいたします!!!

大人気シリーズのブライト・プリズンを
犬飼のの先生をずっと応援しております。
素敵な作品をありがとうございました。

[8巻]ゆるりと楽しみに生きます(*´꒳`*)♡
-------------------------------------------------------------

追伸♥︎登場人物紹介がほんとボリューム大で
素晴らしいです!