テトくんさんのマイページ

レビューした作品

女性テトくんさん

レビュー数12

ポイント数107

今年度138位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

もう騎士にエルフに冒険に愛がてんこ盛り♡

読んで「サイコー(♡-♡)」と惚れていながら、評価をすっかり忘れていたなんて、アタシのバカバカ!
本を整理するつもりで、「あ、こんな所にあった!」と又しても何もかもほっぽり出して一気読み♡♡
もう本当に最高の最高です。
『エルフ』『ダークエルフ』『騎士(エルフだけど)』『美しい迫害されてる人間の男の子』
が、冒険(攫われた姉を探す)を通して二人愛を育んで行く!!!
キャーっこんなん大好き( ✧﹃✧)ジュルル。
しかも『切ない』まであるんスよお客さん!!
ヤバいぃ~~~。

攻め レオ=エーリク
エルフの父と人間の母をもつハーフエルフ
辛い過去から一切の感情を削ぎ落としてしまった。
その凄まじい剣の担い手として妖精王の《四つの護り手》とされている
受け メルヴィ
早くに両親を無くし、美しく人々を治す手を持つ姉との二人暮らし。しかし本人は村人全てから『厄介者』『災いの元』と忌み嫌われている。

レオは妖精王から「人の間に間違ってエルフが生まれている。ダークエルフの手に渡る前にエルフの里に連れ戻す事」な司令を受け人の振りをして人里に降りる。
そんな折、メルヴィの姉が人攫いにあい必死で取りと戻そうと二人は出会い旅をする・・・。
なストーリーな訳でございますが、これが本当に良いのであります!!
少しずつ少しずつ二人の距離が縮まり、レオがこの気持ちが何であるのかを模索する。
それが無理なく自然に描かれて夢中で読み進むことになるのです。
二人の絡みもガッツリで、ムフフ♡(≧∇≦)♡好きの私も大満足。
ラストの切ないハラハラには、もぉ全部持ってかれたぞーーー!
『王道』との感想がございますが、『王道』のどこがいかんねんっ!王道こそファンタジー&BLちゃうんかい!パァーンチ(っ・᷄ὢ・᷅ )≡⊃))

王道&ファンタジー(妖精系)&美しい&騎士好きさんは絶対読んでください!!
数年前の本なので見付けるのが難しいかも知れませんが、あらゆる手段をこうじて探してくださいませ!
手に入れて良かったぁ(灬ꈍ ꈍ灬)とほのほの♡♡思ってくださいますことよ!
まだシアワセの余韻が引きませぬ。

人魚姫はしあわせに…

高校生から始まった二人の恋
いや、恋なのに全く気づかなかった二人

この『お伽噺は泡と消え』なんだか脆く消え去りそうで、ドキドキしながら二人の跡を追いました。
本当に丁寧に丁寧に筆致が重ねられて行きます。
この絵にこのストーリー、本当に美しい。
本当にじゃのめ先生の絵は心に優しく美しく刺さりますね。
このストーリーにぴったりで、余計切ない。
攻めも受けも真っ直ぐ前を向き、お互いを思い遣り、そしてそれ故離れてしまう事もあったけど、それは全て長いこれからの二人の人生への踏み石で。
受けの見た図書室でのあの涙のシーン、何回も何回も想います。
そしてデカダンスな絵柄なのに、怠惰にならないストーリー運びの上手さ!攻め受け以外の登場人物の巧みさに、その人生の背景。
いやぁ凄いです。
惹き込まれ全てが愛おしい。

やたもも コミック

はらだ 

エロくて切ない

はらだ先生、ここまでがっつり内面を描かれるのって珍しいですよね。
って私が知らないだけ???
エロくてノンストップで登場人物達をグイグイ掘り下げていく。
最初「コイツ、やな奴、キライだ!」
がどんどん解けて、心情が理解出来て、あぁ切ない。みんな幸せになってくれよぉぉ、な。
途中女の人も出て来ますが、これがまた切なくて。
もぉ誰に同情して誰を救えば良いのか分かんなくなっちゃう。

でも色々あって、この二人がしっかり結び付いたんだよね、を一冊丸々使っての物語でした。

転換オメガの攻め×攻め サイコー♡

オメガバース大好きぃ(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ♡
しかもαからΩに転換しちゃうのって凄いぃ~~~♡♡、めちゃめちゃ萌えちゃう!
元々『攻め×攻め』が好きなので、そこにズキューンと刺さっちゃったよ(≧▽≦)

攻め 榊 慶介 日本の高校生 α
背が高くてカッコ良くて学校でもモテモテで。幼い頃に父親の仕事の関係で受けに会ってる。幼いながらも運命の人だと判る
受け ライ・ザラーヴァント アラブの王子様(元々αだった) 年上
幼い『慶介』が余りに可愛く即自分のハーレムに入れたかったが、余り相手が幼いため、渋々父親の手に返した。が、大きくなれば必ず我がハーレムに入れようと思った。

そして時は経ち、いよいよ王子が成長した慶介を探し当て日本まで迎えに来る所から物語はスタートするのですが・・・。
そう、慶介は昔の面影など微塵もなく、そりゃ立派な男へと成長を遂げていたのです。はい、ライより遥かにデカく。
そして我が手に抱く筈が反対に襲われ「運目の番」だと項まで噛まれ!!

ここですぐ様アツアツラブラブになるのかと思いきや!、さぁ~~~ここからが大変!
相手はハーレム迄持つアラブのαであるはずの王子様。いくら慶介を長年好きだったとしても、自分のαとしての王子としての矜恃が許さない!それなのにαからΩへと転換してしまった!!!
本当にどうなるんだろう、どうにか幸せになって欲しい!ともうハラハラドキドキさせられっぱなしでした。
だって慶介はライが『運目の番』だと解るのに、ライは『運目の番論』を決して認めない!

1度はお互いもう別々の人生を歩もう、とまでなり、ライは国へ戻り誰でも良いからαで身体を鎮めようとし、慶介は全てを諦め日本での生き場所を求めようとする。
もぉ切なくて・・・。
ダメだよ!ここは慶介、あんたが漢におなり!!と必死で激を飛ばしてしまいました。
はい、めっちゃ『漢』になりましたよぉ~~~!
過去に他の人の『運目の番』の脆さを見て来たライは『番』と言うのを信じられなくなっていたのですが、慶介は違いました!これこそが『真実の番』その為に己のバース迄が変わった『運目の番』♡♡
あわやのところで本当にお互いを諦めず良かったよぉ。
何が凄いって、ストーリー後半まで慶介がライへの『挿入』を我慢して我慢したこと。
高校生なのに本当によく我慢した!と百点満点を上げたい! そんな慶介だからライも認めたんだよねー。
認めてからの二人のエッチがサイコー♡!♡
ガタイの良い者同士の絡み合いって、これぞBL!たまらんっっ(´,,•﹃ •,,`) ハァハァと。しかもここまでお預けが長かったもんねーーー。
いやぁ、サイコー♡♡
また読んじゃいたくなるじょ♡♡♡♡

まぢサイコー♡♡攻めも受けもね♡

もう今更ではありますが、でもどうしても言いたい!
本当にマヂで
にやま先生史上最強の二人です♡!♡!♡
そうなんです!
『攻め』も『受け』も、これ以上ないほどえぇのどす(*´³`*) ❤️
『攻め』だけが良くてもパーフェクトに傷が付くし、『受け』だけが良くても欲求不満が溜まりまくりで!
そこぇー行くとぉもおこんなにサイコーの二人で良いのか?ねぇ良いの??
と、何度も聞きたくなっちゃうよ。
BL好きだと自認する方がこれを読まなきゃ『腐』の名が廃るってぇもんでさ!
また二人を取り巻くサブキャラがこれまた花まる。
『受け』の同僚、ブラボー!あなたが居なきゃこの物語は始まらなかった。過言じゃないよ。
そして『攻め』が通うバーの《ツインズ》めっちゃえぇ味出してる。このツインズがめちゃめちゃ花を添えてるよね!

ここ二人の先の話も読みたいなぁ。
『僕のおまわりさん』みたく、まだまだ物語を続けて欲しいです!!!

王国同士の10年以上の拗らせ愛♡♡

高城リョウ先生の大ファンになり、昔の作品を探して探して!!

あぁやっぱりステキ"♡"♡(*///ᴗ///*)♡"♡"
どうしてこう、攻めも受けも私のツボにハマってしまうのでしょうか!!
しかも今作品は王国の王子サマぁぁぁぁ♡♡

お互い拗れて(いや、主に受けが拗らしちゃうんだよね)10年も経ってしまった。
男らしくめっちゃカッコいい隣国の赤の王の攻め
自分だけが攻めを思い続けていると思い込んでいる受けの白の王
今では『敵国同士』になってしまっていたが、お互いの国の大きな問題の為に、会議の為に顔を合わせる事になった。
かぁーらぁーのぉー、スタートですが、まぁ受けが可愛い可愛い。10年前からちっとも心が成長出来てなぁーい!
そりゃ攻めからしたらタマラン可愛いだろぉなぁー。
拗らしたまま、やはりお互い愛しているのだと確認しつつもぉ(もちバッチリHあります♡)まだまだ拗らすよぉぉぉ。
あー可愛い。
可愛い過ぎて鼻血出ちゃうよ!

このお互い『攻め』✕『攻め』みたいな二人はサイコーですよね♡
この本見つかって良かった♡
自分のモノに出来て本当に良かった♡♡
そしてカラーイラストだけでもう〘 神 〙よ〘 神 〙!
これからも先生、追っ掛けしますよー!♡!♡!

独特の絵に惚れちゃうよ♡♡

大好きなオメガバースの作品で、まぁあると言えばあるストーリーなのですが、「いさき李果」先生の絵になると、ひと味もふた味も違って来ちゃうのが不思議です!

オメガとアルファの出逢いのパーティー
そこで二人は出逢います。
本来なら身元の確かな(セレブ)でないと出られないパーティーに、オメガは仕事(売り)の延長で出掛け、超一流のセレブであるアルファは番(と言っても何人も囲って優秀な子供を産ます為だけに)を見付ける為に、無理矢理出席させられ………。

そこで初めはお互いを利用する為に『偽りの番契約』をする訳ですが・・・。
この物語は二人の成長の物語なのですよね。
愛を知らず利用するだけで、将来に何の希望もないオメガ
大きな一族にアルファとして生まれたが為に、敷かれたレールをより上に昇る為だけに生きてきた人生

この出逢いにより、やっと本当の人生を二人手に手をとって歩き始める!
いやん、カッコいいじゃん!
そこに至るまでは大きな山や川が存在します。
もちイヤなヤツも出てきます。
でも全てこれ、この二人の本気を問うた神が与えたもうた試練と(後で)思えます。

全てを乗り越え、攻め(アルファ)も殻を脱ぎ捨て、1度は引き離された受け(オメガ)を探し見付け、自分の本心をさらけ出し受けへのプロポーズは……あぁ素敵☆**+☆でした♡
そしてお互いを愛し求め合ったS○Xは、愛が溢れていて本当にステキでした。
この描写の為にここまで来たんだなぁ~~~と幸せに。
どうか二人の先に幸あれと!
いやいやこの攻めはなかなかのヤツですから、一大コンツェルを創り上げちゃう気がします!

受けの可愛さにキュンキュンです♡

表紙の金髪の男の子、攻めの黒髪に惹かれて呼んだのですが、これが大正解!

二人は製薬会社に務めており、攻めはカッコ良くて女子にモテまくりエリート役員、受けは平社員。本来なら接点なんてないのだけど幼なじみの様な関係で。っても攻めは五つ上だけど。
受けはずっと攻めに憧れていて……。

子供が出来にくくなった現代では、薬の力に寄って男性も妊娠が可能になって来た社会です。
受けは淡い期待を掛けて薬で身体を作り替えて行き、丁度それが上手く行き掛けた…からのスタートです。

とにかくね、絵が良いの♡
独特の絵で凄く惹かれました。
お話も短いながらしっかりしていて、後で読み返して、え?こんなに短かったの??と驚きました。なのに読み応え充分!!
攻めの本当の心が掴めずに、受けがぐるぐるしちゃうのが切ないけど、切なくてハッピーエンドが好きな私にはモロにツボに!♡!♡!
大好きな作品になりました♡

可愛い受けの可愛いお尻♡

いやぁ可愛いです
全編全部可愛いですぅ♡

実は攻めが受けに一目惚れで、でも小学生か!なレベルの愛情表現しか出来ず、つまりイジメちゃう?!、なので受けはひたすら攻めを苦手として・・・な所から始まります。

二人が務めているのはテキスタイル会社。
攻めはメンズのチーフデザイナー
受けはヒラヒラフリフリのレディース所属

今日も今日とて攻めは受けに会いたいが為に、レディース部署にイヤミを言いにやって来る。
そこへ降って湧いた『メンズアンダーウェア』のデザインをする話しが舞い込み、チーフデザイナーの攻めが任される事になったのだが、やっと掴んだ千載一遇のチャンス!
攻めがそれを逃す手はなかった!!笑
ソッコー「乃咲(受け)を俺の尻トルソーとして指名する!」からいよいよ物語は動き出します。

受けは攻めが自分を好きなんて知らないし(読書も知らなかった!)、新手のイジメかと思うし、お尻は触られまくりクンと匂いまで嗅がれ ウワォ。
拗れながらも可愛いハッピーエンドへと流れて行くのですが、まぁ絵が可愛くて♡✧。(〃>ᴗ<〃)。✧♡、本当に受けのお尻の可愛い事と言ったら!そりゃカッコいい攻めも夢中になっちゃうよねー!
表紙裏も有難い。二人の出逢いがちゃんと描いてくださってます。
本当にキュートな絵柄で、『みなみ遥』先生のファンになりましたー!♡!♡!

これは面白い!♡

ととふみ先生初読みで!
もぉめぇぇぇぇぇっちゃ面白かった٩(๑>ᴗ<๑)۶
読んで良かった!
しかも分厚い!
読み応えハンパないっっ。
余り前知識なく、
《オメガバース大好き》
《黒髪攻め♡茶髪受け》のどストライクで読んでみたのですが、これが大大大正解でした!
『攻め α』高3
『受け Ω』教師
と言う学園物で、スタートはまぁあるある的な感じだったのですが、その後の展開が『神』。
まった『攻め』のなんともケモノ的なワル的な「お顔」に痺れちゃった(๑////๑)
『受け Ω』もα‪たらんと必死で(恋も全てを諦め)生きて来て、この二人のめぐり逢い……萌える♡
この分厚さが物語の厚み!
キラキラしていてしっとりしてる♡
って訳ワカラン事を言ってごめんなさいね。
もう読んで直後で興奮しちゃってるの。

『受け』はΩである事を罪悪とし、必死で努力して今の土台を築いて来た訳だけど、こんなに良い『教師』居ないよ!生徒一人一人に向き合い、αの仮面を必死になって被っているんだけ(と本人は思っている)、それは『受け』の心根の優しさピュアさが全て出てるだけなんだよね。
そんな『受け』の大きさに『攻め』はどんどん惹かれて行く。
この『攻め』のスイッチの入った時の顔がサイコー。
こんな『攻め』に犯されたいわ♡ \( ̄д ̄;)ォィォィ。
そして二人の玄関ドア越しの会話がもぉ胸きゅんで持ってかれちゃったーっ♡!
こんなに切なくて愛しい描写ってアリですか!!これは絶対に読んで確かめてください!
ハートを鷲掴みされちゃいますよ!
途中不穏なヤツが出て来て、大きな嵐が巻き起こるのですが……はぁ手に汗かいてお読み下さい。損はさせませんぜ、お客さん 笑笑。
モチのロン、ハッピーエンドです、これ大事ですよね(๑ت๑)♡
『攻め』はまだまだこれからの伸びしろがたっぷり。この後のスパダリぶりが是非とも見たいです!!
ふぉーじゅんぷろだくとさま!ととふみ先生!
何とぞの又この二人に会わせてください!お願いします!!!