カモミールおばさんさんのマイページ

レビューした作品

女性カモミールおばさんさん

レビュー数128

ポイント数809

今年度38位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

絵の密度が濃い分、読み応えがない

もくじを見ると「#1 SIDE攻」「#2 SIDE受」の文字。
これだけで、普段と違うBLを期待させるに十分な今作。
小学校からの付き合いで攻・ハルと受・光は現在大学生。ルームシェアをする仲で、ハルはずっと明るくていい奴な光を好きでたまらない。
光はといえば、友人としての域を出ず、特に意識してはいないようだ。
執着攻と光属性タイプの元気な子犬系受。1話からその執着っぷり、受をどう落とすのか、興味津々にさせられる。

読後の私「なんだなんだ!?もう終わりか?!?」

テーマも素材も申し分ない。
相葉キョウコさんの絵も美しく、色気がある。
コマ割りをとっても、さすが読みやすい。
だが、攻と受、お互いの気持ちを提示しスタートしたストーリーは、読者が「知ってる」という事実が常に付きまとう。
例えば、ずっと攻視点でなかなか落ちない受に焦れたり、受視点で進んで何を考えているのかわからない攻にやきもきしたり、そういう手法ではダメだったのだろうかと考えざるを得ない。

先ほども書いたが、読者は攻がどうしたいかも受がどうなりたいかもお互いの気持ちが「わかってしまう」のだ。
だから、ストーリーの展開がどうなるかハラハラしない。
感情移入をどちらへしていいのか混乱したまま導かれ、ラストへと向かう。
読者が「知ってる」以上のどんでん返しがあれば、神作品へ昇華したのではないだろうかと私は思う。
絵の密度が濃い分、ストーリーが消化不良で終わるため「読みごたえがない」という気にさせられた。

だが、どちらの気持ちも見える描き方なのに、どちらの考えていることなのかすぐわかるし、ごっちゃにならないのは本当にすごい。
視点以外のことをいえば、神一択です。色気ある絵とかずっと見ていられる。

すれ違いカップル

超・鈍感α芳野虎次郎と意地っ張りだけど実は健気なΩ四ノ宮千昭のカップリング。
ちなみに、αには彼女がいるので、ベッドシーンはないけどお気をつけあれ。

ふたりは、友人でもなければ恋人でもない。
高校の時、千昭が発情して以来の発情したらヤるだけの関係だ。
薬だと気分が悪くなるから仕方ないと自分に言い訳して関係を続ける千昭。
本当は虎のことが好きで発情期のたびに呼び出すけど、虎には彼女がいるから心はあきらめるしかない。

虎が千昭への好きを自覚していくのが、なんともキュンキュン来る。
当て馬的存在が、千昭のバイト先の店長(β)なんだけど、彼と仲良くなっていくというか、純粋に慕っている千昭にだんだんモヤモヤしだす虎。
でも、なかなかくっつかない。虎から「体質に合う薬あるかもしれないぞ」って言われてそれを薬使ってどうにかしろ発言に取っちゃう千昭とか、すれ違いが続く続く。
千昭もだいぶ一途なんだよなぁ……。虎に言われてから薬探したりさ。全然虎からのスキを欲しがらない。憶病というか、どちらかといえば分をわきまえてる系の受。

すれ違い方の描き方が上手だった。
ラスト、虎が気持ちに気づいたあともひと悶着あるんだけど、クライマックスに向かうのに良いシーンだったように思う。
なんやかんやすれ違い、戸惑い、敬遠してっていう流れもテンポ良く進んで、読み手が嫌になる前に次の展開へ進んでいく。

中立の理由は、単に好みの問題。目新しさがない。そのベッドシーンに意味はあるのかっていうものもあって、それいれるくらいなら主人公たちの心理を深く描き出せばもうちょっと厚みが出たんじゃないかなって思いました。いい意味で読みやすく、悪い意味で空気のように通り過ぎる作品。心に引っかからない。

ダメな人はダメな描写があります

注意、メイン攻とは別の攻とえっち描写あり。
三角関係でもNTRでもなし、ただΩが発情してそこにたまたま居合わせた友達のαとヤッてるだけなんですけどね。
Ω・たつるが「α相手なら誰とでも気持ちよくなっちゃうみたい」って、事後に床に転がりながらつぶやくんだけど。α・山岡が「そんなもんだろΩなんて」っていうセリフがこの作品の前半の中核を成している。
たつるは周囲にβを偽って生活していた。薬で発情期来る前に抑えていたが、α・山岡に会って事態は急展開。よりにもよってαの前で発情してしまう。
本能に抗えぬまま、学校で体を繋げる二人。
たつるの将来の夢はβと結婚して、βとして一生を平穏無事に終えることだった。けれど、発情の前ではαもΩも理性なんてないに等しいと悟る。
だからこその「そんなもんだろΩなんて」だ。

体だけ繋げて理性がなくなった二人が、どう心を寄り添わせていくのか。
山岡の家庭事情、この世界でのαの扱い共に絡めて、二人が番になる決断をするまで。高校生で、初めて迎えた発情に心はどう引っ張られていくのか。

とりあえず、エロを求めてるならいいぞ、これは。
一話につき、一回はヤってる。
ヤってるけど、私的にちょっと淡泊にも見えてしまって、熱量が足りない。
もっと、こっち側まで汗飛ばすくらい、ハッスルしてほしいです!!!

セフレから本命へ

受・明希には本名がいる。高校からずっと片想いしている相手だ。
攻・竜二は明希が好きでたまらないのに、明希の本命のせいで全然振り向いてもらえない。
本名はノンケで、結婚もしてる。ついでに、明希の高校の同級生。竜二は、2人の後輩。
明希には隠された願望があって、「可愛い」って言ってもらうのが好き。ほんとは、本命に言ってもらいたいけど、相手はノンケで明希を親友だと思ってるから望みはない。
竜二が代わりに夜毎囁く。「明希さん、かわいい」と。

明希と竜二の関係がセフレから本命へスライドしていく過程や竜二の恋が実ったことへの喜びが読者を惹きつける。
ちなみに、えっちはえっちな仕様。明希さんがかわいい。

腐女子のためのBL

これは新しい。いろんなアイドルものがあるけど、これはアレだ。

「腐女子のためのBL漫画!!」

ちょっと何を言っているかわからないと思う。私も何を言っているかわからない。
そもそもBLって腐女子のためのものでは?って思うかもしれない。ちがう、そうじゃないんだ。いや、そうなんだけど、そうじゃない。
もう話がややこしい。

うっかり自分たちの二次創作を見つけてしまった、HRのふたり。
R-18も踏み抜いてしまい、つい思わず雰囲気に流されてヤッチャウ。
そこへ登場するマネージャー(34歳・男性)!!
いきなり、関係がバレ、ついでにHRのファンは「特にもうほんとにすごいめっちゃ多いシェア率ナンバーワンといっても過言ではない(原文ママ)」ほど、腐女子が多いと明かされる。
そっちの需要に向けて路線変更をすることになるが、このマネージャーはわかってる。ほんとにもうわかってる。
このへんが、「腐女子のためのBL漫画じゃん」と思わされた次第。

もうね、腐女子なら読んでほしい。
しょっぱなからトバしてる。
コメディ路線のBLいっぱいちゅき。

てか、なんで私ひびるいのいる世界線にいないの?正気?

これは、いいアイドルもの

シリーズものだって知らないで手を出しましたが、これ単体でも楽しめる仕様でした。

もともと仲が良かった(付き合ってた)2人が、受・アツトが先にデビューしたことをきっかけに疎遠になり、ドラマの競演がきっかけでまた仲良くなっていく話。

アツトと同じグループ「エルプラネット」の他のメンバーもかわいくて推せる、メインCPだけじゃなくて応援できる作品でした。
今後ますますこの世界観で広がっていきそう。

アツトの攻・ユキに対する尊敬っぷりとか、好きなんだろうなっていうのを、しょっぱなからぷんぷんにおわせてくる。見てるこっちが幸せになれる。
昔は仲が良かったのに、一回のほころびで気まずくなる。よくある話だ。
本当は好きなのに、一回気まずくなった関係は元に戻らない。大好きだったからこそ余計に憶病になる。でも、勇気をもって一歩踏み出した先に待ってる未来は得難い幸せが待っている。

中立の理由はこれBLじゃなくて、友情アイドルものでもイケるんじゃないかと思わされたから。
恋愛要素挟まなくても十分おもしろい。そういうところがちょっと考えさせられた。
端的にいうと、萌えなかった。
読後、恋愛漫画読んだっていう気分より、アイドルたちの青春・友情ものっていうイメージが強く残ったなって印象です。倉橋先生の描く世界観って、関係性がまとまってて読みやすい分、「綺麗」で終わっちゃう。
私は個人的にもっと「アツく!!心を燃やして!!」みたいな漫画のほうが好みなんで、中立にしてしまった。

ガチ兄弟もの

原作読んでないけど、コミカライズ単体で楽しめました。
原作も読んでみたくさせられる。

ガチ兄弟もので、体格が正反対の弟×兄が主役です。
水泳をやっているからしっかりした体格の弟。背も高くて男前。
一方兄ちゃんは、細くてちっちゃくて合法ショタ。体格を生かして「弟かふぇ」なるものでバイト中。

長子はわかると思うんですが、一番上って弟や妹に「譲る」とか「我慢する」っていうのが当たり前になっていく。もちろん、小さいころから親に甘えられない。下が優先。そんな気質が身についてしまう。
そこに目をつけた今作。一番上だって甘えたい!と、弟カフェで「弟」として働く兄・カナタ。正直、ここの設定がおもしろい。
兄で弟っていう煽り文句で購入を決意した。次男とかじゃなく、長男が「兄で弟」ってどういうこと?みたいない。
で、読んでみて納得。なるほど、そりゃ兄ちゃんだって甘えたいよなって。

でも、この兄弟圧倒的に会話が足りないだけで、実はお互いが家族愛(?)であふれていた。
弟はちょっと家族愛じゃなかったけど。そこがまたいい。

ガチ兄弟ものが嫌いでなければ読んでほしいです。
まだ、二人の誤解が解けて、和解したとこまでしか話進んでないけど、今後の展開が今から楽しみ。水泳部編を早く読みたい!

雪国のやさしく厳しい空間が詰まった一冊

雪国の独特な空気というものがある。
しんしんと降り積もる大粒の雪の中では、音という音が吸収され、静謐があたりを覆う。夜の中、誰もいなくなったような気にさせられるのに、その静かさはなぜか温かい。
かと思えば、手のひらを返したかのように、人間に過酷な試練を課す。風が踊り狂い、雪が視界を埋め、空気は凍る。いてもたってもいられず、人間を畏まらせる。

この作品の舞台は雪国。
彼らは雪国の中で愛を育んでいく。独特な空気感そのものが、作品に詰め込まれていると感じました。

って、いい感じでまとめたあとでこんな話をするのは恐縮ですけど、描き下ろしでしかえっちしてないのが不満でしたね。雪国の空間感うんたらかんたらって言っといて結局、おま、えろかよ!って言われようと、わたしそこだけは譲らないから!
えっちなのいらない人はぜひとも!
ついでに、なんで中立かっていいますと、えっちな件とは別にして、そうしさんがじれったすぎてですね「ちゃんと喋れよ」ってなりましたけど、その言葉にできないそうしさんがこの作品の根幹なので、なんともいえないですけどね。
私がただ「じれったい!!」ってなっただけです。

買うなら紙!!

電子書籍で買ったんですが、これは失敗。
買うなら、絶対紙がいいやーつ!印刷の線とかがたまらなく映えるだろうなぁ…データで見るべき絵ではないと思いました。

こういう世界観嫌いじゃない…というか、いっぱいちゅき!
でも、BL…なのかな……?一応、描き下ろしでは体繋げてるけど、ブロマンスでもよかったような…。
雰囲気と世界観が最高に萌える、童話系BLの最高峰。
将来、同性愛が当たり前に認められる社会になったとき、中学生の課題図書にしたいくらいなんですけど、この良さはある程度育たないとわからない気もしてる。
大人になったからこそわかる作品の良さ。
あたたかい世界観。
最後、ウルと太郎を取り巻いていた環境に気づき、物語の核に触れたとき、本を抱きしめずにはいられない。比喩ではなく。ほんとに抱きしめたくなる。
それほどまでに、この作品には人間が大切にしてきた心や愛しさが詰まっている。

執着攻めだけど、ちょっと歪んでるタイプのやつ

性欲強めの受・諒が、攻・赤西に体から堕とされていくはなし。
最初に注意しておきますが、女モブ、男モブともにセックスあり。
純愛が好きな人は無理かもしれないです。

BL禁忌的扱いの女性とのえっちしーんが盛り込まれているが、女はカオナシモブ。女性との絡みがメインなわけではないから、あくまで諒と赤西の身体的描写が多い。女をあまり感じさせないというか、いるけど道具扱いというか。
あとで判明するが、実は赤西がずっと諒に片思いしてて、女を通して諒の感じてる顔見てるだけだった。高度だ。

相手を監禁してまで束縛したい赤西が諒に逃げていかれないように、慎重に何年もかけて諒を落とすっていう執着攻めがキラリと光る。
女とヤッても、別の男とヤッても物足りなくなるまで赤西に快楽を刷り込まれるから、すごく…えっちです……。

後半、諒が赤西へ心を開き、赤西も諒を大好きって言ったあとの想いが通じ合ったえっちは、ストーリー通してきて一番美しい体の重ね方でした。
ひなこさんの作品は攻がよくあと一歩ってとこで、尻込みするんだけど、これもそういう感じ。肝心なとこで逃げ出して、本当に好きで好きでたまらないっていう感情を再確認して受のこと抱きに来る。
今作は、全体的にエロスと昏さが覆っている作品でした。