頼光くんごめん

yorimitsukun gomen

頼光くんごめん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
17
評価数
5件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403661242

あらすじ

塾講師夏木は高校時代のつらい別れと元カレを忘れられない。とはいえ若い夏木は、酔った勢いでコンビニ店員・頼光にキスしてしまう。実は相手は高校生。生徒同然の相手のキスを奪ってしまった!! と落ち込む夏木を、頼光は包むように甘やかす。ところがその居心地の良さに慣れ始めた夏木の前に、元カレ・榊が現れ……。描き下ろし番外篇19ページも収録!!

表題作頼光くんごめん

頼光政文 (高校生)
夏木涼平 (塾講師)

その他の収録作品

  • 頼光くんそれから

評価・レビューする

レビュー投稿数4

頼光くんが素敵

高校時代の彼氏を忘れられなくて恋に臆病になってる塾講師の夏木と、夏木を包むように甘やかす高校生の頼光の、一途なラブストーリーです。

頼光は9人兄弟の3番目で、兄弟の中でもカッコ良くて男らしいと高校でもモテてます。そんな頼光が気になるのは、自分家の仕事場のコンビニに買いに来る夏木です。密かに夏木は、頼光兄弟からカッコイイと噂されていた人で。

夏木がそのコンビニに宅配を頼んだことから、夏木と頼光は知り合いになります。少しずつ仲良くなっていく二人。優しく甘やかしてくれる頼光の傍は、夏木にとってとても居心地が良くて。
男らしく告白してくる頼光に、惹かれてる自分に気付くのですが、過去のことや頼光が元ノンケだというのが引っ掛かって素直になれない夏木。

夏木の元恋人のヤクザとも再会して混乱する夏木。でも、やっぱり夏木の心に響いたのは、頼光の一途な愛情でした。
すぐ不安になる夏木を、いつも安心させる頼光がほんとカッコイイです。高校生なのに、男の色気もあって。家事もパーフェクトだし。夏木はイイコを捕まえたな~と思います。
夏木はちょっと頼りないけど、頼光の影響で良い方に変われると続き思います。
年下攻めの魅力を存分に楽しめる1冊でキュンキュンできます。

1

頼光くんがとっても大人でした

評価を萌にするか萌x2にするか迷ったのですが、思い切って萌x2にしました。

お話がよく練られていたのと、登場人物が脇役も含め魅力的だったと思います。
久しぶりに三角関係らしいお話が読めた気がします。ここまで3人のキャラが深く絡む作品はBL漫画ではそれ程多くないのではないのかな…私は余り出会ったことがないような気がします。

特に魅力的だったのは、高校生なのに大人の余裕と色香を漂わせる頼光くんでした。^^
こんな高校生、いないよ…とは思うのですが(笑)、外見もさることながら性格も穏やかで懐が深くて、掃除・洗濯・料理も得意でって…なんか考えてみたらスーパーな子ですね^^;
過去につらい恋をしている受け様も、頼りなげで目を離したらどこかに行ってしまいそうな感じが放っておけない感じでした。
受け様視点で描かれているのですが、彼の気持ちの揺れが丁寧に描かれていたと思います。
攻め様の家族もなんだか暖かい感じがしてよかったです。

1

面白かった~

これ、タイトルで損してるような気がします。
すごいキュンキュンするいいお話で、この微妙なタイトルからは想像つかなかったよー、と思いました。

二人の男の板挟みになっちゃう受けが主人公です。
片方は包容力抜群の年下くん。彼の家は大家族で、兄弟姉妹を絡ませたエピソードがいろいろ微笑ましくて笑える。
片方はずっと忘れられなかった高校時代の元カレ。ヤクザになっちゃってるんですが、こちらも魅力的です。再会モノ好きな私のツボをくすぐるんだよねー。
三角関係で、攻めが二人とも魅力的っていうのはタマランですね。
どちらかを選ばなきゃいけないわけだけど、どっちを選んでも、もう片方のために切ない気持ちになる。
両者とのエピソードの作り方が上手かったな。
酔わないと素直になれない受けの意地っ張りぷりも可愛いし。

とにかく大好きです、このお話。
なんかあったかい。

1

包容力抜群の年下攻め

塾講師・夏木は高校時代のつらい恋と元カレを忘れられない。
ある夜、コンビニのデリバリーサービスを利用した夏木は、
酔った勢いで配達に来た店員・頼光にキスしてしまう。
その後、食事に掃除にと世話を焼かれるようになるのだが
頼光が実は高校生だったと知り―――。

恋愛に関して、臆病で逃げ腰な夏木が、ぐるぐるしてます。
相手はストレートの高校生、
俺のせいで人生変わっちゃったら…と罪悪感に苛まれ、
おまけに、昔の恋人・榊とも再会して、悩みが尽きません。

それに対して、頼光くんは、背が高くて、かっこよくて、
落ち着いていて、優しくて、料理も上手い、
九人兄弟の三男で、しっかりしたお兄ちゃんタイプ。
子供っぽいところのある夏木を、上手に甘やかしてくれます。

「さんにいちゃん(※三男だから)」と、頼光くんに懐いている
弟くんや姪っ子ちゃんは、微笑ましくて、癒されました。
ちょっぴり切なくて温かい、梅太郎先生らしい作品。
包容力のある年下攻めクンがお好きな方に、お薦めです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ