走り出した恋は止まらない!

てっぺんのひまわり 2

teppen no himawari

てっぺんのひまわり 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
24
評価数
8件
平均
3.3 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784861341229

あらすじ

全校生徒の9割がホモと噂される高校の1年・大野竜平は、クラスメートの今泉国久と共に、生徒会副会長の能勢の補佐を引き受けることになった。 だが、能勢と国久の親しげな様子に竜平は苛立ちを覚え、国久を好きだと自覚する。 そのまま気持ちを伝える竜平だが、それに対してとまどう国久は??!? ついに完結!
描き下ろしは住吉×生徒会長の長編他、なんと63ページ!!
(出版社より)

表題作てっぺんのひまわり 2

大野竜平 高校生
今泉国久 高校生

同時収録作品ココロだけより カラダだけより

住吉礼至 高校生
梢 文晶 高校生

その他の収録作品

  • 4コマ&あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

あなたは僕のひまわり

1巻と同じく、あらすじは割愛させていただいて思い入れだけを語ります。ごめんなさい…。

大好きな作品の完結巻です。ここでは、気持ちを自覚した竜平が今泉へのアピールに奮闘する姿がこれでもかーと描かれています。
最初の失恋の時と同じように、望みが薄くても拒否られて凹んでも、前向きにあの手この手で体当たりしていく様子はちょっぴり痛々しく、見ていてなんとも切ない気持ちに…(涙) でも竜平への好感度がこれでぐぐ〜↗︎と上がりましたw
一方の今泉くんはそのアピールに戸惑い反発します。ただものすごく竜平を意識して、無自覚に実はかなり心を傾けてるのでは?と問いたくなるような表情を見せたりするんです。モノローグも無しで。この辺ひょうたさん上手いなーと感心することしきり。

見所は屋上での行き詰まるやり取りと、最終回のひまわり畑のシーン。この二つがあるからこその神評価です。
どちらも手と表情の演技…というか魅せ方が素晴らしくて惚れ惚れ。そして引きずり込まれて胸をギュッと鷲掴みにされる名シーンだと強く思います。

竜平のあからさまなアピールに戸惑うあまりに、自分のそれ以外の気持ちに全く気付続きけない今泉。屋上で大野に最後通告をするんですが、その時拒絶された竜平と同じくらい傷ついた顔をします。その後の星の科学展のチケットのやり取りも、2人の表情が切なくて泣けるんですよ…。

ひまわり畑では今だに自分の気持ちを自覚出来ない今泉が、竜平との押し問答の末、引きずり出されるようにやっと竜平への気持ちを認めます。いやー、道のりが長い!でもノーマルとして生きてきた子が男同士の恋愛に踏み出すには、これぐらいが普通なのかなと思わせてくれます。
そしてキスシーンがすごく……なんというか叙情的で、感動します。タイトルの意味もここで判明する素晴らしいシーンです。

書き下ろしは会長と会長補佐がメインのアダルティーなお話ですが、個人的には2人の恋愛に全く興味が無いので、脇でバタバタしてる竜平と今泉の初々しいイチャつきっぷりだけ楽しみました。ちょっと進展して幸せそうな2人がすごく可愛いですww

可愛らしい2人のその後をもっと追いかけたいという気持ちと、実はものすごく不器用で損をし勝ちな能勢先輩のその後が気になる!という気持ちを含め、少しの物足りなさと寂しさを感じる読後感も味になって、この作品を特別なものにしてくれます。

0

第2巻完結篇です‼

今泉を好きだと自覚した竜平。
悩むのかと思いきや…あっけらかんと、自覚してすぐに告白し…振られてしまいます。

動揺して困ってしまう今泉‼
キライじゃないから…友達として好きだから…とノンケの今泉は、真面目に竜平の事を悩み始めます。

今泉を困らせまいと明るく振る舞う竜平…でも逆に、その態度が納得いかない今泉!

竜平の軽いノリに、戸惑い、苛立ち、ついつき離すような言動で傷つけてしまって…尚グルグル思い悩む今泉!

そして、夏休み前に出した2人のそれぞれの答え…これは2人ともにせつなかったです。

竜平の潔さは男前でした。
今泉の態度に凹んでるのに、押し殺して明るく振る舞い、アピールし続ける男前さ…恋にけじめをつける潔さも男前でした。

そんな竜平に、押し切られちゃった感の強い今泉(笑)
でも、真面目過ぎる彼は、彼なりに思い悩み…考え…きちんと意思表示もしていている姿は好感的です。

そして、1番気になってた事が分かったシーンは印象的でした。
前作で、竜平が初恋に例えた花は「たんぽぽ」でした。
じゃ〜「ひまわり」の相手は…話の流れ的に分かってはい続きるけど、何故と思っていたので⁉

あ〜確かに、彼はまさに「ひまわりだ」と思いました。
相変わらず、ひょうた先生のセンスには感動です。

脇キャラも含め、魅力的なキャラも多いですし、構成もよく立っているので、引き込まれていく展開ではあるんですけど、引っ掻き回されるエピソードがあるわけでもなく、本当に平和に2人の恋愛模様だけでお話は進んで行きます。

なので、盛り上がりには欠ているかなあとは感じました。
でも、ひょうた先生の優しい雰囲気の絵柄と、心情の細かい変化を丁寧に描かれているので、楽しめました。

描き下ろしは、会長補佐•住吉 × 会長•梢のお話。
実は主従関係だったとは…(笑)
畳にお布団のシーンと、一番この作品の中では、お色気担当カップルで美味しかったです‼
能勢が一番可哀想な役割だったかな⁉せつないです(笑)

全体的にエロは薄いですけど、可愛らしい、ほのぼのしたお話を読みたい方にはいいかもしれません。

『わりと〜』から始まりは、
『落下速度』…
そして、『てっぺんのひまわり』
全部で五冊リンクしているお話でした。
私的には、『落下速度』が大のお気に入りなんですけど♡
男子校的恋愛事情を楽しまれたい方は、揃えて読まれると楽しめるかと思います。

0

これぞ学園王道BLの真髄!

ホモのるつぼ学園BL・2冊目であります。
攻とおぼしき竜平君、がんばってます。
がんばってるけど、玉砕、そして再起! あぁ…忙しい。
学園BLの主役攻には、やっぱり図太さと根性は標準装備(笑)
そして受とおぼしき今泉…進むのが遅いんです。この子はゲイの奥手(笑)
学園BLの主役受けたるもの、焦れったさ無くしては魅力も半減。
いや、この焦れったさこそが学園モノの真髄であります。
ありきたりって言えばありきたり。王道っ言えば王道なのが学園モノ。
この2人ってば、コミックス2冊分使っても、まだ…
最後までヤッて無いんです。もはや読者に対する焦らしプレイなのか!?
腐れ切るほど眼の越えた腐女子の姐様衆は、
ここで切ないほどキュンッとした肩すかしをくらうのです。
あぁ…新鮮、初々しいのね…と☆
そうなんです、ありきたりと王道ってのは、天と地ほどに差があるものです。
「またかよ…もう飽きた…」と言わせてしまうのがありきたりBL。
「やっぱり…そうきたか!」と唸らせてしまうのが王道BL。
王道には(先を予想できるだけに)焦れったさが付きもので、
ありきたりには(もう続き何度も見たような)既視感が付きもの。
だからやっぱり、王道作品になるほど、それなりのピュア感が楽しめます☆
で…あの場面ですが、期待しちゃいけません。一応、高校生ですし(コホン…)
清く正しく生徒会室で(?)途中まででお終いでした。

0

完結編

今泉への気持ちに気づいた竜平はさっそく告白するが玉砕、それでも諦めきれずにアタックを続けるが……
恋に一生懸命な男の子たちはかわいいけど、これといった目新しさもなく。
王道と言えば王道なんだけどな。うーん。
個人的にはもうちょっとぐるぐる悩んでくれた方が好みです。

番外編は会長と補佐の主従モノ。ですが、なんか関係性とか状況とか色々把握する前に読み終わってしまった気がします。どうせだったらもっとじっくり読みたかったかも。

0

爽やか学園モノ続編

大野竜平と今泉国久の爽やか学園ラブストーリーの第二段です。
焦れったい系の王道ですねーw
なかなかくっついてくれませんし、くっついても最後の最後までエッチまで至らず、もうすぐやっちゃうんだろうなーという予感を残して寸止めエンドですが、それでこそ富士山ひょうたw
ああ、汚れた私を潤してくれるピュアキュンラブストーリー大好きです。プラトニック最高。

番外編の「ココロだけより カラダだけより」は、梢と礼至の話です。こっちはエッチしてます。番外編のカップルにエッチさせるっていうのがこのシリーズの特徴なのかなw

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ