ワンコ赤松×リーマン国吉の激甘ラブ!

年下の彼の彼

toshishita no kare no kare

年下の彼の彼
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×29
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
75
評価数
23
平均
3.4 / 5
神率
13%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403664588

あらすじ

国吉の恋人は大学生の赤松。
素直な気持ちを伝え合いラブラブな二人だけど、すれ違うこともあって!?

表題作年下の彼の彼

赤松拓巳 大学二年生 20歳
国吉紘史 ソフトウェア会社営業 25歳

評価・レビューする

レビュー投稿数9

ほのぼのあまあま!

丸ごと1冊、隅から隅まで表題作の二人の甘い話です!
まっすぐで揺らがない二人のラブが短編連作で描かれています。

「年下の彼の彼」
誕生日に無頓着な国吉に赤松がすねるという既に恋人同士の二人。

「年下の彼の夢」
赤松は夢見る寝起きのチューをしようとするも、国吉の寝相の悪さに邪魔されて…。

「年下の彼の彼」
act1 バレンタイン。おんなじチョコを買ってしまう二人が愛いです。
act2~5 藤堂は赤松が好きなのですが、赤松にとっては友人に過ぎず、眼中にないという話です。二人の間に挟まれた友人の五十垣が良い男でした。
act6 当事者である赤松より国吉が藤堂の気持ちに気づき、ヤキモチを焼いて指輪を贈る話。受けだけど大人ってこういうときズルイ!
act7~10 二人の馴れ初めから恋人になるまでの話。男ということで最初は驚く国吉ですが、不快感は最初から持っていなかったというのが今の甘い二人につながって良い感じでした。
act11~Final お祭りに浴衣で出かける二人。キスからエッチまでの濃厚な甘い展開でした!

「年下の彼の彼~その後の目隠し~」
Fin続きalでまたがって欲しいという要求には応えるけれど恥ずかしいからと赤松に目かくしをさせる国吉でしたが…いや、もう二人とも可愛すぎる!

カバー下までしっかり甘く可愛い作品でした!とにかくほのぼのしたい方にお勧めです。

1

てれたら負け

社会人と大学生の、ウフフな初恋物語。
既に付き合っている二人のエピソードから始まるこの本。
短いエピソード2編の後に、あらためて二人のなれそめが描かれます。
大学のゼミ室の出入り企業の営業さん、国吉・25歳・男に一目惚れしてしまった19歳の男子大学生・赤松。
国吉の方は女子ならそれなりに警戒しても、赤松が男子だったのもあって、単に人懐こい子と認識してうっかり気を許していたら、実は最初からラブでしたと告白されてしまいます。
途中、ちょっとしたおじゃま虫も登場したりしますが、おじゃま虫であることを認識されもしないで丸く収まっちゃう。
二人とも最初からゲイではないのに、そんな出会いでお付き合いが始まるなんて、実にフワフワしたお話ですが、20歳と25歳なんて、実は全然子どもな訳で、こんな風にちょっとずつ関係が深まっていくのは、読んでいてもなんだかほのぼのとします。
ここは素直に初々しい二人を楽しみましょう。

1

いいひと同士の年の差ほっこりカップル

ひょうた先生の作品はもともと大好きなのですが、あらすじを読んで年下攻めモノでほっこり幸せな気持ちになれそうだなと思い購入したところ、案の定終始あたたかな気持ちになりながら萌えさせていただきました。

読んでみるとまさかのノンケ×ノンケでびっくりしたのですが、お互いを慮れるいいひと同士の受け攻めがゆっくり絆を深めていく様子がとても愛しかったです。
夢見がちなワンコ攻めがリーマン受けに夢中なのがかわいい…!!
表紙でちっちゃい攻めくんがわちゃわちゃしながら受けの周りを漂っていますがまさにこんな感じで、ただただゾッコンで幸せな様子にほっこりしました。

初めてがまさかの浴衣エッチということでびっくりでしたが、怖がりつつも最後は「来て…」と自分から思わず誘ってしまう大人な受けが扇情的でとても良かったです。
描き下ろしもそうでしたが、ある意味でとても初心者なカップルなので、思わぬ方向につっこんでいく二人を見守るのも楽しいなと思いました。
(目隠し&縛りプレイはどんな風に盛り上がったのかとても気になります…)
最初から最後まで落ち着いた気持ちで萌えられる、素敵な作品でした。

4

年下ワンコが可愛い

富士山さんの最新作は、できあがって落ち着いてるけど、甘々なカップルを楽しめる1冊です。

サラリーマンの国吉の恋人は、5つ年下の大学生の赤松。穏やかに、でもラブラブなお付き合いをしてます。
赤松は、記念日を大切にして、国吉を好きなことを隠さないので、清々しくて読んでて気持ちイイです。普段から素直なのも可愛いらしいし、初めてのエッチで好きって言われて泣くとか、たまりません。
対して、国吉は、そんな赤松を甘やかしたいのが伝わってきて、ニヤニヤしてしまいます。ところどころで、カッコ良く赤松を引っ張っていくのもツボです。

国吉が意外と学生たちに人気があったり、赤松を好きな友達が現れるけど、二人の揺るぎない関係に安心できます。
ほんと、甘々な二人に癒されるし、幸せな気持ちになれます。富士山さんの描く、夫婦のようなカップルが好きです。

9

最初から最後まで安心安全カプ

私の高評価ポイント、ノンケメガネリーマン年上受け。
綺麗な男性で男前だとね、読んでいてとっても気持ちがイイ。
すがすがしいです。
ずっとイチャイチャな話がこの漫画では続きますが、むしろこれっくらいドドーンとのっけてくれてありがたいです。
イヤ~~~になるような事柄は何一つ出てきません。
ほんわかほんわかカップルですよ。
安心安全をモットーにしている方は是非読まれる事をおすすめしたい。
エッチシーンがとにかく綺麗♡
初キスもきゅんきゅんきますぜ。

6

ひたすら穏やかで幸せで、良いなぁ・・・・

既に付き合っているカップルの幸せな日々と、そして気になるなれ初めが描かれています。

私はBLにおいては、無事結ばれたカップルは末永く幸せに、ひたすら幸せに暮らして欲しい・・・と思うタイプなので、このカップルの穏やかで、特に危機も波乱も喧嘩もない日々は、読んでいて本当に心地よくて幸せでした。

なれ初めもノンケ同士っぽい二人が恋に落ちる中で、大きな葛藤やドラマが起こるわけではないのだけれども、それに物足りなさも覚えず、ひたすらほのぼの気分で楽しむことができました。
でも、そんなほのぼのムードながらも二人のHには萌え満点!!!

泣けたり、切なかったり、やきもきしたり、波乱があったり・・・なお話も良いですが、こういう穏やかな流れのお話もとても良いなぁ~と思います。
疲れた心が癒され、満たされる一冊でした。

3

正直さにきゅーん

代わり映えのない日常の中である日恋を自覚しゆっくりと近づいていく。
恋愛の敷居を上げないフレンドリーさから始まり、その過程の自然な流れの巧さに寄りかかり過ぎていたせいか。
最初から付き合っている2人の会話に物足りなさを感じてしまいました。
1話1話の短さに雑誌掲載時はたぶん箸休め的な存在だったのだろうと思うのですが、あとがきにあるようにふわふわしていて今ひとつキャラが見極めきれません。

act8でようやく2人の馴れ初め。
当初藤堂に牽制する国吉をみてゲイだとばかり思っていたのですが、女の子だったらと自問している時点でノーマル確定に。
ここからじっくりと付き合うまでの2人の温度差を楽しめました。
国吉の天然さと流されやすさにいざって時には動揺したりするかな?
とも思っていたのですが、思い切りの良さに赤松を甘やかしたい年上彼氏の甲斐性が見れて満足度の高い「初めて」に。

勝手に深読みしてキャラの性格を二転三転させてしまいましたが、読み返す度に甘さを感じる作品です。

3

これはよいワンコな年下攻め

年下攻めも、ワンコ攻めも好きなので、たのしめました。
ほのぼのしてて、おもしろかったです。

一途な攻めもかわいいですが、そんな彼に巻き込まれてしまったリーマンの受けもかわいかったです。BLらしい、ありえなさが、いい案配に効いていて、ほのぼのラブラブをめいっぱい味わえました。

どっちのキャラも天然おとぼけで、途中で出てくる攻めに岡惚れしている当て馬?も天然くんだったし、天然最強かと。

あと、最近、富士山さんの絵柄が不安定で心配だったんだけど、これはわりと安定しててよかったです。ちょっと絵柄が変わったのかな? いいカンジで雰囲気が変わったような気がします。
好きなマンガ家さんだけに安心しました。

1

ほのぼのあまあま

一話一話が結構短い感じがしましたが、一冊丸々一つのお話です。
最初から付き合ってる設定で物語が進んでいくんですが、攻めはワンコ系20歳大学生で受けはちょっとインテリっぽいけどどこか天然な25歳リーマン。てか、25歳でこの落ち着きようは何…!!!35歳位に見える…そこがちょっと不自然な気はしつつもお話自体は穏やかなラブラブカップルの日常がほわんと最初に描かれていて、当て馬登場。といっても一方的な当て馬の片想いで告白されても受けは気付きもしないという残念な形で終わる当て馬 笑 このままで終わらせるのは非常にもったいないなーと思いました。常に当て馬と一緒にいるお友達の子と幸せにしてあげればいいのに…残念ながらそんな展開はありませんでした。あと受け以外顔が似てて判断するのにちょっと時間が掛かった 笑
後半は付き合うなれ初めの話から付き合いたての浴衣デートで初えっちまでが描かれていて、この展開は結構リアルで良かったですね。普段はあまり思わないのですが、攻めの赤松くんが可愛くて…!!!年下感が抜群に出てましたね。決して幼顔とか、女顔とかじゃないのに可愛く見える。年下攻めが特に好きってわけではな続きいですが、なんか萌える気持ちがこれを読んでわかった気がします。えっちシーンも愛情がこもっててよかったです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ