月の光も届くだろう

tsuki no hikari mo todkudarou

月の光も届くだろう
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784861341366

あらすじ

5年前の夏、矢作拓朗の家に高校教師の兄・晃太郎が教え子のヒロと共に突然転がり込んできて、何故か共同生活をする事に。
明るいけれども時折陰を見せるヒロが気になり始める拓朗だが、兄とヒロが恋人同士だと知る。
戸惑いつつも受け入れた拓朗だが、次第にヒロを本気で好きになってしまう。
だがヒロの兄・礼一郎に居場所がばれた時から、運命が大きく変わり始め――

表題作月の光も届くだろう

矢作拓郎、恋人の弟/北崎礼一朗、兄
北崎洸夢、24歳

その他の収録作品

  • 太陽のもとで手をつなごう

評価・レビューする

レビュー投稿数1

執着愛の果ては…

1冊丸々一つの話で、全体的にシリアスな展開です。緋色さんの作品は、ギャグっぽいのばかり読んでいたので新鮮でした。お話は、兄・晃太郎の付き合っている彼氏・ヒロに惚れてしまった弟・拓郎の、5年間に及ぶ片思いが成就するまでのラブストーリーです。

だけど、ヒロに執着してる実の兄の礼一郎が晃太郎を殺したり、ヒロを犯したりと、拓郎と結ばれるまでの紆余曲折が胸に痛かったです。だからこそ、無事にハッピーエンドを迎えた時には嬉しくなります。ただ、あんなにヒロに執着していた礼一郎が、あっさりと改心したのは拍子抜けだったけど…。
でも、3人の男を翻弄したのも分かるほど、ヒロが可愛くて小悪魔で魅力いっぱいでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ