極東の花婿

kyokutou no hanamuko

極東の花婿
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
オークラコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775510797

あらすじ

帝都花街の男娼・吉弥を身請けしたのは、異国から遊学にきた浅黒い肌の金髪王子・アスラだった。吉弥は、王子が滞在中の屋敷で周囲の冷たい視線に耐えながら暮らすうち、言葉は通じないものの優しいアスラに惹かれていく…。大正ロマンの香り漂う表題作と描き下ろし番外編を筆頭に、東欧の内戦を舞台にした軍服拷問H、組の
若頭と補佐役との秘めた想いを描くシリーズなど、華やかなドラマティック・アダルトLOVE読切作品集!

表題作極東の花婿

アスラ 帝都に遊学中のアラブの第二王子
吉弥 花街男娼で檻から救い出してくれる人を待つ

同時収録作品戦場の花

レオン 東軍の少佐
ユリウス 西軍の大尉

同時収録作品恋華仁義

東郷組若頭 政宗
側近 仁

同時収録作品僕のヒーロー

東郷組若頭補佐 浅見明
イジメられっこ 修平

同時収録作品仮装遊戯

男子校教師 由良圭司
リーマン 村上真人

その他の収録作品

  • 異国の花婿(表題作)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

絵が割と好みでした

初読み作家さんです。
表紙の絵柄が好みと合うかな~?と思いながら選んだんですが、中の絵は綺麗でした。
短編集で、全部で5組のカップルが登場します。
お話の展開は割とどれも王道かなという感じで安心して読めました。

表題作は少し古い時代の日本を思わせる時代設定です。
架空の国の王族が登場するんですが、イメージとしてはアラブっぽい。
でもアラブの攻め様の典型的な俺様なキャラという印象ではありませんでした。もっとソフトな感じです。
受け様が最初は強気な感じなんですが、だんだん乙女になっていくのがもしかしたら好みが分かれるかもしれません。

全体的には王道的なストーリー展開で、登場する人物が外国人、軍人、王族、極道、教師と幅は広めだと思います。
和服や軍服、民族衣装など綺麗な洋服が眼福でした。
お話に捻りのようなものは余り感じられませんが、安心して読める作品集だと思います。

0

プロマイドに一目ぼれ

時代的には帝都花街なんて言葉が出てくる時期だから明治くらいなのでしょうか、
花街で男娼をしていた吉弥は、いつの日か誰かが自分をこの花街の檻から
連れ出してくれるのを夢見ている。

そんな時に現れたのが中東の国から日本へ遊学中のアラブの王子様。
花街で男娼の吉弥を指名したかと思ったらいきなり身請けして連れ去る。
しかし言葉も通じない相手だけど、気遣われ優しくされている事は解るが、
王子の従者に所詮下賎のものと詰られ、日本にいる間の戯れだと言われ、
吉弥は切なさと悲しみに涙するが、身体は売っても心は売らないと男娼なりの
プライドで前を向く。

そんな時に貴族パーティーに吉弥は王子に伴われ出向くがそこでかつて男娼時代の
客から迫られ、虐げられていた時に王子に助けられ言葉は通じなくても心から
信頼出来、そして王子に対していつの間にか思いが育っていた。
抱き合いながら、理解出来ないと解りながらも好きだと告げる吉弥。
しかし、返って来た反応は吉弥が思っていたものと違い喜びに満ちた王子の姿。
言葉が通じないフリで吉弥からの本音を聞きたいが為に話せないふりをしていた。
続き
更に王子は国にいる時から吉弥を知っていて、吉弥に会う為に日本に来たオチ。
アラブの国で男娼のプロマイドが出ていたなんて内容です(笑)

0

おしい!

花町、この檻の中から抜け出すことをずっと夢見ていた。
そんな時、外の世界から迎えに来た異色の人物とは・・・?!
そもそもが、日本と、アラブの融合っていうのがなんとも。
良くあるアラブものですが、遊郭を合わせてくるっていうのはまさに革命。
違和感はぬぐいきれないですが、これはこれで面白かった。
設定としては。
なにが残念って、男娼である受!
最初は、どれだけ上流の人であっても、勝気で「男の客はしばらくとらねぇっていっただろ」なんていってたのに・・・実際に囲われてみると乙女でどうしようかと。
最初の印象が良かっただけに。(゚うェ´゚)゚。

とはいいましたが、全体的には悪くない短編集でした。
表紙はイマイチと思っていた絵柄も、中はわりときれいです。
ヤクザの話が選ぶとしたら一番好きかなw
インパクトはやっぱり表題作になりますが。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ