夜が明けたら

夜が明けたら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835214610

あらすじ

会社帰り、毎日同じコンビニに寄り、弁当を買って帰る。その端正なサラリーマンのことが、店員としてバイトをしている内に、いつしか気になりだしてしまう。
そして一方で、ある事情から彼をストーキングすることに…! 描き下ろし収録!(裏表紙より)

表題作夜が明けたら

渡辺勇利,大学1年,21才
水野秀一,サラリーマン

同時収録作品GREEN/愛の激場

同時収録作品愛の間

鵜飼,トラブルシューター
本宮陽,依頼に来た少年,高校2年生

同時収録作品ガケっぷち天国

ゼロ,囚人のトップ
士郎,元ボクサーで囚人

同時収録作品サディスティック モジュール

緒津太陽,陸上部の後輩/満月,太陽の兄弟
カゴヤ,学生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

萌えまであと少し

この作家さんの作品を読むのはこれが3冊目です。
2001~2003年に雑誌に掲載された作品が収録されています。
流石に絵柄の古さを感じました。体の大きさに対して頭が小さすぎる全身のバランスと裸体になった時の骨格の歪みも気になりました。グニャっと体が曲がっているように見えて、最初ぎょっとしました(汗)。
全部で5組のカップルの短編が収録されているのですが、全体的にダークな雰囲気の作品の方が多かったです。
「Green」と「愛の激場」はあとがきによると「リバース」の登場人物のお話のようで、私は「リバース」は読んでいないので背景がよく分からず、これだけだと少し?な感じです。
ラブ度が全体的に少し低いような気がしたので、それほど萌は感じられず、中立評価にしました。

0

深い愛に泣けた…(つд⊂)

『夜が明けたら』
攻めが幼い頃に両親は別居し、母親と家を出る時も父親はただ黙って玄関で見送っていた。
その父親が死に、遺品の整理に来てみると部屋中写真が貼ってあり、どこかに盗聴器もしかけてあり、ストーカーをしていた事を知る。
盗聴していた相手は自分がアルバイトしているコンビニにいつも来ていた男性(受け)だった。
それ以来その男性が気になる攻めだった。

この話、父親に泣けました。
o(TヘTo)
この父親はただ口ベタなだけで、愛情がいっぱいの人でした。
このストーカー行為にも深い意味がありました。
最後はこれがまた深い意味でのハッピーエンドだと思います。
この後の二人を知りたいです。

『GREEN』
いつも病院へ見舞いに来る男性。
相手は植物状態の恋人。
実験的に、脳に直接プラグを埋め込み、怒りや憤りの感情を赤、憂鬱を青、穏やかな時を緑で表現している。
男性がいくら話しかけても緑のまま。
他の色に変化して、生きてるって思わせてくれと号泣する男性。
そして別の作品『リバース』のカイトと上総が登場します。
そしてカイトがもし自分だったら、緑の色で続き愛してると言い続けると上総に話します。
泣き出す上総。
私もこの話、泣いちゃいそうでした。
(つд⊂)

他に4作品収録されてます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ