臆病な指先

okubyo na yubisaki

臆病な指先
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835210841

あらすじ

いつもは自信に満ちあふれた君。でも今、俺を抱きしめる君の指先が震えている・・・。
勉強、スポーツ、容姿、全てが上クラスの榛(はしばみ)は、ある日街で同じ学校の芦野に出くわす。頼りない芦野に、イライラする榛。しかし・・・?!

表題作臆病な指先

榛俊雄 高校生
芦野和志 高校生

同時収録作品ピュア

鷹塔 エリート会社員
杉野諒一郎 17歳 祖父の店甘栗屋さん手伝い

同時収録作品水に棲む

雨宮直巳 高校生
雨宮 司 亡くなった母の再婚相手

評価・レビューする

レビュー投稿数1

暗くはないけど物悲しい

主人公の榛は、亡くなった兄の幻影に悩まされています。
どこかに向かう途中、事故に遭い返らぬ人となった兄の幽霊を追って向かった先で待っていたのは同じ学校の芦野。
榛は芦野と兄の関係が知りたくて芦野に近づきます。

兄に対する複雑な思いと、芦野に対して芽生えていく感情、芦野と兄の間にあった感情と3人の感情が描かれたお話ですが、三角関係というのもちょっと違う。
お兄さんが生きていれば三角関係になったかもしれませんが、兄が亡くなったことにより、芦野と榛2人が出会うという悲しさを軸にした作品になっています。

登場人物の1人がすでに亡くなっているという設定ですが、暗いお話ではなく前向きで暖かいお話でした。ですが、兄が好きだという芦野が榛に心が移っていくのが少し早い気が・・・付き合っていたわけではないのですが、榛とお兄さんがタイプが全く違うだけに、ちょっとしっくりこない気がしました。

他に2作入っています。
ラストの「水に棲む」というお話が一番好きです。
母親がなくなり2人きりになった義理の父親と息子。
兄弟ものは好きなんだけど何故か親子というのがどうもニガデ・・・です続きがこれは親子というより「母親」という存在を間において繋がっていた同居人という感じでした。
大きな存在を欠いてぽっかり穴の開いた2人。
息子である直巳は強く、義理の父親に「義理の息子を育てる義務」に目を向けさせ、生きていかせようとします。
互いに名前で呼び合うのも対等な同居人という感じでした。
共通の「大事なもの」を失った2人がいる空間という、せつないけど1人ではないという未来もあるお話でした。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ